「涼宮ハルヒの消失」のネタバレあらすじ結末

涼宮ハルヒの消失の紹介:涼宮ハルヒに学園生活を振り回されていた主人公キョンは、ある日、突然世界が変わってしまったことに気がつきます。ハルヒが存在ごと消失していたのです。この謎を解明しようとするうちに、キョンは未来が改変された事を知り、、元の世界に戻すべく過去に未来に飛び回ることになります。

この映画を無料で観る

予告動画

涼宮ハルヒの消失の主な出演者

キョン(杉田智和)涼宮ハルヒ(平野綾)長門有希(茅原実里)朝比奈みくる(後藤邑子)古泉一樹(小野大輔)

涼宮ハルヒの消失のネタバレあらすじ

【起】- 涼宮ハルヒの消失のあらすじ1

主人公キョン(本名不明、一般人)は、ひょんなことから涼宮ハルヒ(本人は気付いていないが神のような能力を持っている)が結成したSOS団に入団させられ、他のメンバー(長門有希(実は宇宙人)、古泉一樹(実は超能力者)、朝比奈みくる(実は未来人))と毎日のようにハルヒの横暴な命令に振り回されていました。
クリスマスも近い冬のある日学校に行くと、いつもと様子が変わっていました。なんと、同じクラスにいるはずのハルヒがいないのです。それどころか、ハルヒの存在すら誰も知りませんでした。
ハルヒと日々行動を共にしていたSOS団のメンバーすらハルヒの存在を知らず、それどころかキョンと初めて会うような振る舞いすら見せました。 この映画を無料で観る

【承】- 涼宮ハルヒの消失のあらすじ2

これはおかしい。キョンは、謎を解明しようとしますが、SOS団の面々は、キョンを不審者とみなし話になりません。その時、何か事情を知っているであろう今の世界になる前の長門が残したメッセージを見つけます。
ある条件をそろえると何かが起きるとしか書いていなかったことから、キョンは、とりあえずSOS団のメンバーを探します。行方不明だったハルヒは、なんと近隣の高校に進学していました。
キョンの高校に行き、キョンと出会い、SOS団を結成する、という未来が変わってしまっていたのです。最初キョンを不審者扱いしていたハルヒですが、ハルヒしか知りえない秘密をキョン(キョンが知っている事をハルヒは知らなかった)が話したため、ハルヒは、キョンを信用するようになりました。
そうして、SOS団メンバーをなんとかSOS団だった場所に集めると、長門のメッセージにあった”何か”が起き、キョンは意識を失いました。

【転】- 涼宮ハルヒの消失のあらすじ3

キョンが目覚めると、そこは3年前の七夕の日。先に登場したハルヒとキョンの”秘密”が生まれた日です。そこには、未来からタイムスリップしてきた大人になったみくるがいました。
そして、キョンとみくるで、長門の家を訪れます。そこにいた長門に事情を話すと、長門はすべてを理解して、今回の事件の原因を話しました。ハルヒの度重なる横暴で疲弊していた長門は、ついに無意識のうちに、”ハルヒのいない”未来に改変してしまったのです。
改変された未来とは、ハルヒは別の高校に進学し、SOS団が結成されない、まさにキョンが体験していたあの空間です。未来を改変させないためには、3年後の改変しようとする長門に修正プログラムを打ちこむしかありません。
キョンは、未来を元に戻る事を決意します。

【結】- 涼宮ハルヒの消失のあらすじ4

みくる、長門と共に3年後のあの日に戻ったキョンは、まさに改変しようとする長門を見つけ、修正プログラムを打ち込もうとしましたが、寸前で長門の護衛をしていた朝倉に刺されてしまいます。
意識が遠のくキョンでしたが、そこに自分の声を耳にします。目が覚めると、そこは病院でハルヒが傍らで寝ていました。ハルヒを起こして事情を聴くと、キョンは階段から転げ落ちて意識を失ったとのことでした(実は、未来からやってきた”キョン”が、朝倉に刺された自分を助け、長門に修正プログラムを打ちこんだ)。
元の世界に戻り安心するキョンでしたが、世界を改変するというとんでもないことをやってしまった長門は、所属する宇宙人組織から処分される運命でした。
しかし、キョンは、絶対に処分させない、と言い、長門は、ただ「ありがとう」と言ってキョンを見つめるのでした。

みんなの感想

映画の感想を投稿する

映画「涼宮ハルヒの消失」の商品はこちら