「猫の恩返し」のネタバレあらすじ結末

アニメ映画

猫の恩返しの紹介:2002年公開の日本長編アニメーション映画。スタジオジブリ制作で、監督は森田宏幸。スタジオジブリの映画『耳をすませば』の主人公である月島雫が書いた物語、という位置づけの作品である。

この映画を無料で観る

予告動画

猫の恩返しの主な出演者

吉岡ハル(池脇千鶴)、バロン(袴田吉彦)、ムタ(渡辺哲)、トト(斉藤洋介)、ルーン(山田孝之)、ユキ(前田亜季)、ナトリ(佐戸井けん太)、ナトル(濱田マリ)、吉岡直子(岡江久美子)、ひろみ(佐藤仁美)、チカ(本名陽子)、猫王(丹波哲郎)

猫の恩返しのネタバレあらすじ

【起】- 猫の恩返しのあらすじ1

ハルは17歳の平凡な女子高校生です。片想いをしている男の子に美人の彼女がいることが分かり、最近少し落ち込んでいます。ある日ハルはトラックに轢かれそうになった猫を、友人ひろみのラクロスのスティックを使って助けました。するとその猫ルーンは突然二本足で立ち上がり、ハルに日本語でお礼を言って立ち去ります。その夜、ハルを猫王とお供が訪問しました。ハルが助けた猫は王子だったのです。翌日から「猫の恩返し」が始まりました。 この映画を無料で観る

【承】- 猫の恩返しのあらすじ2

ひろみには大量のラクロススティックが届けられ、ハルにはネズミや猫じゃらしのプレゼントが舞い込みます。更にハルのもとを猫国の秘書ナトルが訪れ、ハルをルーンの妃として迎えたいと言い出しました。そしてハルは猫の国に招待されます。事態の急激な進展に面食らうハルの耳に「猫の事務所に行って」という声が聞こえました。太った猫・ムタの先導によって半信半疑で猫の事務所を訪ねたハルは、そこで猫の男爵バロンとその相棒・トトに対面します。

【転】- 猫の恩返しのあらすじ3

ハルはバロンに一連の話をしました。バロンは懐疑的な見解を示しますが、ハルは半ば強引に猫の国に連れていかれてしまいます。ムタと共に猫の国にやってきたハルは、白猫ユキから「これより先に進まない方がよい」と忠告されますが、好奇心に負けて国に入り込みました。ハルはルーンの妃候補として丁重にもてなされます。豪華な衣装を与えられ、猫たちからちやほやされたハルは、「このまま猫になってもいいかも」と思い始めました。するとその瞬間、ハルは猫の姿になってしまいます。猫の国では、ルーンとハルの婚礼の準備が着々と進められました。

【結】- 猫の恩返しのあらすじ4

もうこのまま人間の世界に戻れないかもしれないと悲嘆に暮れるハルの前に、バロンが登場します。「自分を見失うな」とハルを戒めたバロンは、ハルを連れて猫国からの脱出をはかりました。バロンの助けを得て、同行者であるムタと共に、ハルは猫国の城から出ようとします。途中、まるで迷路のような堀や塔が目の前に立ちはだかりますが、ハルはなんとかクリアしました。最後にはバロンの相棒トトがカラスたちを引き連れて逃亡の手助けをしてくれます。元の世界に戻ることができたハルは、脱出を手伝ってくれた仲間たちにお礼の言葉を叫び、人間世界に戻っていきました。

みんなの感想

    みっちー777さんの感想

    バロン(フンベルト フォン ジッキンゲン男爵)カッコイイ!

映画の感想を投稿する

映画「猫の恩返し」の商品はこちら

猫の恩返し オリジナルサウンドトラック