おもひでぽろぽろ

「おもひでぽろぽろ」のネタバレあらすじ結末

おもひでぽろぽろの紹介:1991年公開の日本長編アニメーション映画。スタジオジブリ制作。岡本螢・刀根夕子共作の漫画を原作とし、監督・脚本を高畑勲が務める。キャッチコピーは「私はワタシと旅に出る(糸井重里)」。

映画「おもひでぽろぽろ」のネタバレあらすじを結末まで解説しています。まだ映画を観ていない方は「おもひでぽろぽろ」のネタバレあらすじに注意ください。

予告動画

おもひでぽろぽろの主な出演者

岡島タエ子(今井美樹)、トシオ(柳葉敏郎)、小5の岡島タエ子(本名陽子)、タエ子の母(寺田路恵)、タエ子の父(伊藤正博)、タエ子の祖母(北川智絵)、ナナ子(山下容莉枝)、ヤエ子(三野輪有紀)、広田秀二(増田裕生)

おもひでぽろぽろのネタバレあらすじ

【起】- おもひでぽろぽろのあらすじ1

1982年の夏、27歳のタエ子は会社に10日間の休暇をもらい、長姉・ナナ子の嫁ぎ先である山形県の高瀬へ出かけます。高瀬にお邪魔するのは2回目でした。東京で生まれ育ったタエ子に帰る故郷はなく、小学5年生のとき、さみしい思いをした経験がタエ子にはありました。ところがナナ子の結婚によって、タエ子にも「田舎」ができたのです。タエ子が喜ばないわけはありません。山形に向かう夜行列車の中で、タエ子は小学5年のできごとを思い出します。そして、小学5年の自分(という感傷に近い思い)を連れて、山形におりたったのでした。

【承】- おもひでぽろぽろのあらすじ2

ナナ子の嫁ぎ先の親戚の青年トシオが駅まで迎えに来てくれていました。タエ子より2歳年下の青年は好ましく、タエ子はすぐに彼と打ち解けます。トシオは有機農業に挑戦していました。田舎に着いたタエ子は、10日間の滞在期間を使って、いろいろな農作業を手伝わせてもらいます。早朝のベニバナ摘み、きゅうりの収穫…タエ子は作業をすることで、農業のことが分かったような気持ちになっていました。

【転】- おもひでぽろぽろのあらすじ3

タエ子が東京に戻る前日の夜、タエ子はお邪魔した先のおばあちゃんから、トシオの嫁になってくれと懇願されます。それはタエ子にとって思いもかけないことで、タエ子は冷水を浴びせられたような気がしました。おばあちゃんの発言によって、タエ子は自らが「観光気分での、かりそめの農作業」しかしていなくて、地に足のついた農業について考えたことがなかったことを思い知らされたからです。タエ子は動転し、自己嫌悪から家を飛び出してしまいます。

【結】- おもひでぽろぽろのあらすじ4

飛び出したタエ子を軽トラで迎えに来てくれたのはトシオでした。車中は沈黙で満たされます。タエ子は沈黙のおかげで冷静さを取り戻し、自分の気持ちを見つめ直しました。そして、トシオに好意を持っている自分に気づきます。翌日、おばあちゃんたちに別れを告げて、タエ子は東京に戻ろうとします。トシオに駅まで送ってもらい、タエ子は列車に乗り込みました。が、このまま東京に戻ってよいものかと、ぎりぎりまで迷うタエ子の背中を、小学5年のタエ子が押します。27歳のタエ子は列車から急いで降り、同じく軽トラで引き返してきたトシオと手を取り合うのでした。

みんなの感想

映画の感想を投稿する

映画「おもひでぽろぽろ」の商品はこちら

おもひでぽろぽろ [DVD]