もののけ姫

「もののけ姫」のネタバレあらすじ結末

アニメ映画

もののけ姫の紹介:1997年公開の日本長編アニメーション映画。スタジオジブリ制作。森を侵す人間と荒ぶる神々との対立を軸とし、もののけ姫と呼ばれる少女・サンと青年・アシタカとの出会いを描いた作品である。

映画「もののけ姫」のネタバレあらすじを結末まで解説しています。まだ映画を観ていない方は「もののけ姫」のネタバレあらすじに注意ください。

もののけ姫の主な出演者

アシタカ(松田洋治)、サン(石田ゆり子)、エボシ御前(田中裕子)、ジコ坊(小林薫)、モロの君(三輪明宏)、乙事主(森繁久彌)、甲六(西村雅彦)、ゴンザ(上條恒彦)、山犬(渡辺哲)、ヒイさま(森光子)、タタリ神(佐藤允)

もののけ姫のネタバレあらすじ

【起】- もののけ姫のあらすじ1

エミシ一族の青年・アシタカの住む里を、ある日西からやって来たタタリ神という大イノシシが襲います。アシタカはタタリ神を倒しますが、そのせいで右腕に死の呪いをかけられてしまいました。タタリ神の体からは鉛の塊が出てきます。西で何かが起こっていると思ったアシタカは、呪いを解くため西へ旅に出ました。道中、アシタカは犬神モロの君に襲われた甲六を助け、甲六の住むタタラ場に立ち寄りました。タタラ場は巨大な製鉄工場で、アシタカは女頭首エボシ御前と知りあいます。タタラ場は製鉄業で栄えていました。原料である砂鉄を得るためにタタラ場ではシシ神の森を削っていました。

【承】- もののけ姫のあらすじ2

人間の森林伐採が原因で、ナゴの守という猪神はタタリ神になり、アシタカに呪いがかかったのです。ある夜タタラ場を山犬と少女・サンが襲います。サンは犬神モロに育てられた娘で、タタラ場では「もののけ姫」と呼ばれていました。自然を荒らすエボシ御前を憎むサンと、エボシ御前との戦いを止めようとしたアシタカは重傷を負います。しかしサンを背負ってアシタカは山へ逃げました。人事不省に陥ったアシタカをサンは殺そうとしますが、アシタカの中に他の人間と異なるものを感じたサンは、生命を司る神・シシ神(シシ神は主に生命の授与を司る役目)にアシタカをゆだねることにします。

【転】- もののけ姫のあらすじ3

シシ神はアシタカの傷を治癒させました。しかしそのころ森では人間たちの暴挙を快く思わない乙事主(おっことぬし)という猪神が、人間を攻めようと仲間を引き連れてシシ神の森へ集結します。また人間側のほうも、不老長寿の薬になるシシ神の首を狙うジコ坊と、サンを邪魔に思うエボシ御前が手を組もうとしていました。神と人間との戦いをアシタカは阻止しようとしますがそれはかなわず、とうとう戦いが始まってしまいます。サンと山犬は乙事主の味方につきます。ジコ坊はシシ神の首を討ちとりました。

【結】- もののけ姫のあらすじ4

首をなくしたシシ神はディダラボッチ(ディダラボッチは主に生命の略取を司る役目)となって暴走を始め、周囲の触れるもの全ての生命を吸い取り始めます。森はどんどん枯れていきました。アシタカはジコ坊から首を奪い返し、ディダラボッチに返します。ディダラボッチは首を返してもらうと、消えました。シシ神の消えた森を見てサンは嘆きます。「森とタタラ場、双方生きられる道はないのか」アシタカは悩みました。自然破壊は確かによくないことですが、人間のほうも生きるために必死になっているのです。両者がともに共存できる道はないか探そうと言って、サンとアシタカは別れます。そのとき、アシタカの右腕の呪いは消えていました。

みんなの感想

ライターの感想

モロの君という山犬役の声優を美輪明宏さんが務めています。心の広い神様という設定ですが、森を侵そうとする者には大変厳しいので、時に声を荒げることも。そんなときに発した「黙れ小僧!」という迫力あふれる名台詞。聞いたことがある!という方も多いことかと思います。
あくまで、劇中の「モロの君」の台詞だったのですが、最近ではものまねタレントなどが美輪さんご本人のお言葉のように、マネするようになってしまいました…。上品な美輪さんはきっと、現実ではこんな荒々しいお言葉は発さないはず…。美輪さんのファンの一人としては、上記のような誤解をされたくないので、まだ『もののけ姫』をご覧になってない方には、ぜひ作品を見て再確認していただきたいです。

映画の感想を投稿する

映画「もののけ姫」の商品はこちら

もののけ姫