秒速5センチメートル

「秒速5センチメートル」のネタバレあらすじ結末

秒速5センチメートルの紹介:美しい背景描写で男女の切ない恋愛を描くアニメ映画。キャッチコピーは「どれほどの速さで生きれば、きみにまた会えるのか」。アジアパシフィック映画賞「Best Animated Feature Film」受賞作。

映画「秒速5センチメートル」のネタバレあらすじを結末まで解説しています。まだ映画を観ていない方は「秒速5センチメートル」のネタバレあらすじに注意ください。

予告動画

秒速5センチメートルの主な出演者

遠野貴樹(水橋研二)、篠原明里(近藤好美、尾上綾華)、澄田花苗(花村怜美)、澄田花苗の姉(水野理紗)、水野理紗(水野理紗)

秒速5センチメートルのネタバレあらすじ

【起】- 秒速5センチメートルのあらすじ1

第一話。親の都合により、東京都内に転校してきた遠野貴樹。そしてその一年後に同じクラスに転校してきた篠原明里。お互い転校生同士であり、またお互い図書館で本を読むことを好む内面を持っていることから、二人は親しみの感情を抱き始めました。やがて親の仕事の都合で明里は栃木へ転校、その後貴樹も鹿児島へ転校することが決まります。貴樹は遠くの鹿児島へ行く前に、一人電車に乗って栃木の明里へ会いに行くことを決意。しかし、大雪のため電車は大幅に遅延。焦燥感を募らせたまま明里の住む見知らぬ土地へ到着。待合室で一人ひっそり待つ明里の姿を見た貴樹は、彼女への想いをさらに募らせることになりました。

【承】- 秒速5センチメートルのあらすじ2

第二話。東京から鹿児島へ転校してきた遠野貴樹。自分のクラスに転校してきた彼に恋愛感情を抱く澄田花苗。貴樹に対する恋心を抱きながら彼と同じ高校に進学しますが、自分の好意を伝えることができないままでいました。やがて高校3年になり進路を決める時期に。花苗は自分の進路を決めかねていましたが、貴樹が東京へ行く決意があることを知りました。その頃、彼女は趣味のサーフィンでスランプ状態に陥っていたのですが、望むどおりに波の上に立つことが出来ました。そのことも精神的な後押しとなり、彼に告白することを決意するのでした。

【転】- 秒速5センチメートルのあらすじ3

第三話前半。社会人になった遠野貴樹は都内のIT企業でシステムエンジニアの仕事に就きました。明確ではないけれども何か高みのある場所を目指し、日夜キーボードを前にしてひたすら仕事に集中し続けます。しかし、そのモチベーションはどこから湧いてくるのか自分でも分からず、気がつけば仕事に負われる状態になっていました。そして心身ともに疲弊した彼は、自らの意志で仕事を辞めました。

【結】- 秒速5センチメートルのあらすじ4

第三話後半。その頃、3年間付き合っていた恋人から携帯電話にメールが届きます。「1000回メールしても、心は1センチくらいしか近づけなかった」という彼女の文面を最後に、2人の関係は終わります。貴樹の心は恋人ではなく、ずっと想いを募らせていた明里へ向かっていたのです。一方、明里の方は貴樹のことを覚えているものの、日常生活を過ごす過程で彼のことは次第に記憶の片隅に。そして彼女は別の男性と結婚が決まります。ある日、小学生時代に過ごした街の踏切で貴樹と明里はすれ違いました。お互い気付くのですが、二人は言葉を交わすことなく、そのまま自分の進むべき方向へ歩み続けるのでした。

みんなの感想

映画の感想を投稿する

映画「秒速5センチメートル」の商品はこちら

秒速5センチメートル [Blu-ray]