紅の豚

「紅の豚」のネタバレあらすじ結末

紅の豚の紹介:1992年公開の日本長編アニメーション映画。スタジオジブリ制作。監督は宮崎駿。世界大恐慌時代のイタリア・アドリア海を舞台に、飛行艇を乗り回す空賊(空中海賊)と、それを相手に賞金稼ぎで生きる豚の姿をした退役軍人の操縦士の物語。

映画「紅の豚」のネタバレあらすじを結末まで解説しています。まだ映画を観ていない方は「紅の豚」のネタバレあらすじに注意ください。

予告動画

紅の豚の主な出演者

ポルコ・ロッソ(森山周一郎)、マダム・ジーナ(加藤登紀子)、ピッコロおやじ(桂三枝、現・桂文枝)、マンマユート・ボス(上條恒彦)、フィオ・ピッコロ(岡村明美)、ドナルド・カーチス(大塚明夫)、フェラーリン少佐(稲垣雅之)

紅の豚のネタバレあらすじ

【起】- 紅の豚のあらすじ1

主人公のポルコは、第一次世界大戦のときにエースパイロットとして活躍していましたが、軍隊社会そして人間社会に嫌気がさして、自らに魔法をかけて豚の姿になります。人間でいたくなかったからです。そして現在は、アドリア海に現れる空中海賊を退治して賞金稼ぎをする生活を送っていました。空賊たちはポルコを邪魔に思い、腕の立つアメリカ人・カーチスを雇います。カーチスはエンジン不調のポルコを急襲し、撃墜しました。ポルコは愛機を修理するために、アドリア海を一旦離れます。

【承】- 紅の豚のあらすじ2

カーチスは惚れっぽい性格でした。ポルコの過去の飛行機仲間で、現在はホテルを経営しているジーナにカーチスはひとめぼれをし、言い寄ります。しかしジーナは「私には待っている人がいる」と言って、カーチスを相手にしませんでした。一方、ポルコは愛機を修理工場に運びこみます。馴染みの修理工場のピッコロおやじは、孫娘・フィオを紹介しました。飛行機の設計を勉強しているフィオに、ポルコは愛機の修理を任せます。できあがった飛行機は、以前よりもパワーアップしていました。初めての自身の作品のアフターケアをしたいと申し出るフィオを連れて、ポルコはアドリア海に戻ります。

【転】- 紅の豚のあらすじ3

ポルコとフィオが潜伏先に戻ると、そこには空賊たちが待ち構えていました。地上で決着をつけようとする空賊たちを、フィオは一喝します。空賊なら空で決着をつけろと言うのでした。今度はフィオ相手にひとめぼれをしたカーチスは、再試合を呑むかわりに、試合に勝てばフィオを手に入れられることを条件にあげます。ポルコの勝利を疑わないフィオは、賭けを承諾しました。試合の前夜、フィオはポルコに過去の話を聞きます。試合の日、ポルコとカーチスの戦いをひと目見ようと、続々と観客が集まり、お祭り騒ぎとなりました。試合は決着がなかなかつかず、最後は肉弾戦にもつれこみます。

【結】- 紅の豚のあらすじ4

最後まで立っていたのはポルコでした。賭けはポルコの勝利です。イタリア空軍の見回りが来たので、観客たちも空海たちも逃げ出しました。その騒ぎに乗じて、フィオはポルコにキスをして、ポルコの魔法を解きます。ポルコは人間の姿に戻りました。さて、ジーナが待っている人とは、ポルコのことでした。もし自分のプライベートの庭までポルコが会いに来てくれたら、愛そうと思って待っていたのです。ラストシーンでは、その庭に赤い飛行機(ポルコの愛機)がひっそりと停められていました。ハッピーエンドです。

みんなの感想

ライターの感想

一番興奮するのは、ラストシーンのポルコとカーチスの一騎打ちです。真っ赤な飛行機のポルコと、ブルーの飛行機のカーチスとの色彩のコントラストが鮮やかだし、何より空を自由自在に飛行機が飛びまくる姿には、監督の宮崎駿の美学とロマンに溢れていて、胸が熱くなります。
飛行機での戦いが終わった後の、拳での延々と続く一対一の殴り合いは、ジョン・フォード監督の「静かなる男」のオマージュで、元ネタを知らなくてもコミカルで楽しい場面に仕上がっています。

    通りすがりさんの感想

    紅の豚には、
    飛ばない豚はただの豚という名言がありましたが

    宮崎さんの意志はそちらではないのでしょう。
    他の作品至り、人間的な欲に溺れたり欲望がなくなったとき豚になってしまう
    作品が多いように感じます。

    マルコは戦争という人間の欲望に嫌気をさし、経済的利益だけを考え、
    人を愛したり、自分のやりたい事への意志を忘れ、豚の姿に宮崎魔法をかけられてしまったのではないでしょうか。

    子供の頃、紅の豚が大好きで。
    何度見ても応え合わせができなかった記憶があります。
    なんで豚になる魔法をかけられたのか。

    大人になりながら
    宮崎監督の作品を見ていくと紐とかれる気持ちになりました。

    しょせん飛んでも豚はただの豚。ライバルからの熱いメッセージ。
    私はこれが一番胸にしみます。

    監督が引退宣言をされた時。
    金曜ロードショーで、ナウシカでもなく、ラピュタでもない。
    紅の豚を1番に流された時、感動で涙がでました。
    女性が主役ではないのは、
    紅の豚、応え合わせできた風立ちぬではないでしょうか。

    その位に素敵な作品だと思います。
    宮崎監督のことだから、

    あと1作度肝をぬく作品がきっと趣味がてら残されていそう。願ってます

映画の感想を投稿する

映画「紅の豚」の商品はこちら

紅の豚