耳をすませば

「耳をすませば」のネタバレあらすじ結末

耳をすませばの紹介:1995年公開のスタジオジブリ制作の日本長編アニメーション映画。監督は近藤喜文。柊あおいの同名コミックを原作とし、脚色・絵コンテ・製作プロデューサーを宮崎駿が務める。「猫の恩返し」は月島雫の描いた作品という設定である。

映画「耳をすませば」のネタバレあらすじを結末まで解説しています。まだ映画を観ていない方は「耳をすませば」のネタバレあらすじに注意ください。

耳をすませばの主な出演者

月島雫(本名陽子)、天沢聖司(高橋一生)、月島靖也(立花隆)、月島朝子(室井滋)、月島汐(山下容莉枝)、フンベルト・フォン・ジッキンゲン男爵(露口茂)、西司朗(小林桂樹)

耳をすませばのネタバレあらすじ

【起】- 耳をすませばのあらすじ1

中学3年生の月島雫は、読書を趣味に持つ女の子です。学校の図書館や市立図書館で、本を借りて読むのが好きでした。雫のお父さんは市立図書館に勤めています。あるとき雫は、自分の借りている本の貸し出しカードに天沢聖司という名前を見つけます。その後、注意して貸し出しカードを見てみると、雫の借りた本には必ず先に天沢聖司という名前があるのでした。雫の中で少しずつ、天沢聖司という人物への興味が高まってきます。

【承】- 耳をすませばのあらすじ2

中学3年生の夏休み、周囲の友だちは進学のことや恋愛のことで大忙しですが、雫にはぴんときません。というのも、雫の両親は子どもの自主性を重んじる主義で、雫に勉強を強制しませんでした。好きなように生きればよいと思っているようです。また雫は恋愛にうといので、恋らしき恋をしたこともありませんでした。夏休みのある日、図書館への道で雫は猫を見つけ、追いかけます。猫は小さなアンティークショップに入っていきました。そのお店・地球屋は西司朗という老人が経営しています。

【転】- 耳をすませばのあらすじ3

雫はその店で、司朗の孫で自分と同級生の男の子と出会います。男の子は祖父の店の地下の工房で、ヴァイオリンを作る修行をしていました。そしてなんと、その男の子こそが、雫がずっと気になっていた「天沢聖司」その人だったのです。聖司はヴァイオリン職人になりたいという夢を持っており、中学卒業後はイタリアに渡って本格的に修行をしようという具体的なプランを立てていました。自分と同い年なのに明確なビジョンを持って生きている聖司と出会い、何も考えずに安穏と生活していた雫は刺激を受けます。

【結】- 耳をすませばのあらすじ4

聖司と雫は徐々に心の距離を縮めていきます。それと共に雫は、自分は何をすべきか考えるようになりました。そしていままでは漠然と本を読むのが好きだったけれど、物語をつづる側に立ってみようと思います。イタリアへの出発を控えた朝、聖司は街を見渡せる丘に雫を誘いました。朝焼けに染まる丘で聖司は雫に「一人前の職人になったら結婚してくれ」とプロポーズします。雫は小さく頷きました。聖司はイタリアへ、雫は高校へ、それぞれ進む先は異なりますが、見据える未来は同じであるという確固たる思いを持って、2人は未知の世界へ歩みを進めていきました。

みんなの感想

ライターの感想

少年少女の初恋をみずみずしい感性で描いた名作です。特に、イタリアにバイオリン作りの修行に行くために日本を離れる天沢聖司が朝日が見える丘の上に月島雫を連れ出して、告白をするラストシーンは悪く言うと青臭いですが、ロマンティックな名シーンだと思います。また、ジブリの作品においてこの作品ほどストレートに初恋をテーマにしたものは珍しいです。
監督は、宮崎駿・高畑勲の後継者として期待されていた近藤喜文ですが、47才の若さで亡くなり、「耳をすませば」が唯一の長編監督作となりました。

映画の感想を投稿する

映画「耳をすませば」の商品はこちら

耳をすませば