風の谷のナウシカ

「風の谷のナウシカ」のネタバレあらすじ結末

風の谷のナウシカの紹介:1984年公開の日本長編アニメーション映画。宮崎駿監督の、長編アニメーション映画第2作である。産業文明を崩壊させた最終戦争「火の七日間」から千年後の世界を描く、近未来SFファンタジー。

映画「風の谷のナウシカ」のネタバレあらすじを結末まで解説しています。まだ映画を観ていない方は「風の谷のナウシカ」のネタバレあらすじに注意ください。

予告動画

風の谷のナウシカの主な出演者

ナウシカ(島本須美)、アスベル(松田洋治)、クシャナ(榊原良子)、ユパ(納谷悟朗)、大ババ(京田尚子)、クロトワ(家弓家正)、ミト(永井一郎)、ジル(辻村真人)

風の谷のナウシカのネタバレあらすじ

【起】- 風の谷のナウシカのあらすじ1

人類はかつて繁栄を誇りましたが「火の七日間」と呼ばれる大戦争で、産業文明は滅びてしまいました。それから千年後、地球の大部分は瘴気を発する森「腐海」と、そこに住む巨大な蟲たちに占領され、人類はかろうじて生き残っているような状態です。小国・風の谷の姫ナウシカは、蟲たちと心を通わせる力を持つ少女でした。ある風の強い夜、谷にトルメキア王国の輸送船が墜落します。炎上した船のあとに燃え残ったのは、巨神兵の卵でした。巨神兵とは、火の七日間で使われた最終兵器です。世界統一の野望を抱くトルメキア国は、ペジテ市の地下に眠っていた卵が掘り出されたことを聞き、奪取したのでした。

【承】- 風の谷のナウシカのあらすじ2

輸送船が風の谷に落ちたことを知ったトルメキアの姫クシャナは、早速谷へ部隊を送り込みます。そして族長ジルを殺し、ナウシカを人質にして、トルメキアの大型船は、谷を出発しました。ところが移動中、妹ラステルを同じようにトルメキアに人質に取られたことを恨みに思う、ペジテの王子アスベルに襲われます。ナウシカのはからいでクシャナは一命をとりとめました。またナウシカは腐海に落ちたアスベルを助けに行きます。そこでナウシカとアスベルは腐海の秘密を知りました。腐海の樹木は汚染された地球の毒を浄化していたのです。枯れた樹木は綺麗な砂となって腐海の底に敷き詰められていました。蟲たちはそんな腐海を守っていたのです。

【転】- 風の谷のナウシカのあらすじ3

翌日、ペジテに戻ったナウシカとアスベルは、ペジテ市長から風の谷にいるトルメキア軍を全滅させるため、蟲を使って襲わせるという作戦を聞きます。作戦を止めたいナウシカは、アスベルの母の協力を得て捕らえられた船からメーヴェ(風を使う凧のような乗り物)で逃げ出し、谷へ向かいました。谷方向には、怒りで目を紅く染めた蟲たちの群れが続いています。そしてその先頭には、体中に銛を打ち込まれ瀕死の重傷を負った王蟲(オウム、蟲たちの王様)の子どもをぶらさげた飛行甕が飛んでいました。王蟲の子どもに蟲の注意を惹きつけて、谷方向へ蟲を送りこもうというのです。ナウシカは武器も持たず身ひとつで甕に体当たりします。

【結】- 風の谷のナウシカのあらすじ4

風の谷では蟲の群れの接近を知り、クシャナが巨神兵を使うことを決定しました。ところが卵から孵化した巨神兵は使うには時期尚早だったらしく、2回口からビームを出したあと、腐って崩れ落ちてしまいます。谷は蟲の急襲に、パニックになりました。そのとき瀕死の王蟲の子とナウシカが蟲たちの先頭に降り立ちます。ナウシカと王蟲の子は一瞬で蹴散らされますが、気づくと蟲の行進は止まっていました。ナウシカが命を投げ出して谷を守ったのです。ナウシカの気持ちは蟲たちに伝わり、蟲たちは触手でナウシカの遺体を持ちあげました。王蟲の不思議な力によってナウシカは息を吹き返し、蟲たちの黄金の触手の上を歩きます。その姿は古い言い伝えの姿そのものでした。蟲たちは森へと帰り、風の谷は救われ、物語は幕を閉じます。

みんなの感想

ライターの感想

何と言っても宮崎駿の世界観が一番よく出ている映画です。
未来の事を一切考えない高度な産業と「火の7日間」と呼ばれた戦争のせいで、全てを失ったのちに出来たのが「腐海」と呼ばれる土地が腐りきった森や町の事です。またその「腐海」の深部では人間が知らないうちに、「腐海」と呼ばれ人々を脅かす森達が自らの力で腐りきった土を浄化している様子がナウシカ達が「腐海」に落ちて行ったシーンで描かれています。そして人々達から恐れられている蟲達もまた、腐った土地にしてしまった人間たちから「腐海」を守る大事な役目がある為生まれたのです。
自然の大切さをテーマにした映画の中で登場する「腐海」と「蟲」は、まさに宮崎ワールドと言えるでしょう。

ライターの感想

風の谷のナウシカは、巨神兵と人間という悪と、蟲とナウシカとの善の戦いであるとも言われています。
しかしナウシカには原作の漫画があり、映画ではその一部しか描かれていません。原作を読み進めていくと、ナウシカは自分の方が悪の存在であると思い悩み、巨神兵と行動を共にする場面もあるのです。映画での善悪の構図が原作の漫画では少し違って描かれているので、ナウシカを深く知りたいと思う方にはオススメです。
巨神兵の作画を担当したのは当時無名だった「エヴァンゲリオン」の監督である庵野氏で、ボストンバックひとつで上京した庵野氏は風呂にもあまり入らず、スタジオジブリに泊まり込みで働いていたそうです。庵野監督は漫画版のナウシカを絶賛しており、映画で描かれなかった部分を自身が映画化したいと宮崎監督に頼んでいるとも言われています。

ライターの感想

作品の中で魅力的なのは、冒頭でナウシカがグライダーで宙をを舞う場面です。グライダーが実に優雅に旋回していくアニメーションの動きが見事で宮崎駿の才能がよく出ているシーンと言えます。また、ラストシーンで登場する巨神兵のインパクトも強烈です。大量に押し寄せてくる王蟲の大群を口から発射する光線で吹っ飛ばす映像のスペクタクル感抜群で痛快です。
結局腐って骨になってしまいますが、このシーンを演出したのはエヴァンゲリオンの庵野秀明で、この映画は二人の天才宮崎駿と庵野秀明が共演したと言う意味でも貴重な作品です。

映画の感想を投稿する

映画「風の谷のナウシカ」の商品はこちら

ワイド判 風の谷のナウシカ 全7巻函入りセット 「トルメキア戦役バージョン」 (アニメージュ・コミックス・ワイド版)