魔女の宅急便

「魔女の宅急便」のネタバレあらすじ結末

魔女の宅急便の紹介:1989年公開の日本長編アニメーション映画。スタジオジブリ制作。角野栄子の児童書を原作とし、宮崎駿が監督を務めたスタジオジブリの長編映画としては初の、他者の原作による作品であった。

映画「魔女の宅急便」のネタバレあらすじを結末まで解説しています。まだ映画を観ていない方は「魔女の宅急便」のネタバレあらすじに注意ください。

魔女の宅急便の主な出演者

キキ(高山みなみ)、ウルスラ(高山みなみ・ダブルキャスト)、ジジ(佐久間レイ)、トンボ(山口勝平)、コキリ(信沢三恵子)、老婦人(加藤治子)、オキノ(三浦浩一)、ドーラ(斉藤昌)、おソノ(戸田恵子)

魔女の宅急便のネタバレあらすじ

【起】- 魔女の宅急便のあらすじ1

田舎町に住むキキは魔女の一族の女の子でした。「魔女として生きるためには、13歳の満月の夜に故郷を旅立って、魔女のいない街に移り住み、魔女としての修行を積むこと」というのが掟です。魔女になることを決めたキキは両親にそのことを告げ、キキと話のできる猫のジジとともに、満月の夜、旅立ちました。そして海の向こう側にある街コリコを住む場所に決めます。コリコは大都会で、初めて目にする都会に夢中のキキの思いをよそに、そこに住む人間たちは冷たい人たちばかりで、相手にされないキキは落ち込みました。しかし偶然、ある客の忘れ物を届けたことから、パン屋のおかみさんであるおソノに気に入られます。

【承】- 魔女の宅急便のあらすじ2

おソノのはからいで、キキはおソノの家に間借りし、おソノのパン屋の店先で宅急便を開業することにしました。初めての仕事に燃えるキキですが、お届け物を配達中に森に落としてしまいます。そのぬいぐるみをウルスラという少女が拾ってくれ、キキに友人ができました。また街ではトンボという少年と知り合います。トンボはキキを飛行クラブのパーティーに招待しました。キキは喜びましたが、孫娘に手作りのパイを届けてくれと老婦人に頼まれ、パーティーに参加できなくなります。おまけに届け先では孫娘に「私、このパイ(ニシンのパイ)嫌いなのよね」と冷淡な反応をされ、落胆しました。

【転】- 魔女の宅急便のあらすじ3

雨に降られたキキは風邪を引き体調を崩します。そんな折キキはトンボとデートしました。人力飛行機に憧れるトンボの姿を見て、キキの心も元気を取り戻しかけました。しかしそのときトンボの仲間に、冷淡な反応をした例のニシンパイの少女がいることを知ったキキは、前にもまして落ち込んでしまいます。キキは空も飛べなくなり、愛猫ジジのことばも理解できなくなりました。飛べないこと、ことばが分からないことの原因を、キキ自身は風邪のせいだと思いますが、実は思春期特有の感情の起伏のせいだと考えられます。トンボに恋をしたことや初めての挫折、初めての体験などが重なり、修行の過渡期に一時的にあらわれた症状なのでしょう。

【結】- 魔女の宅急便のあらすじ4

落ち込むキキのもとをウルスラが訪ねてきて、キキを自宅に招きます。ウルスラに相談に乗ってもらっているうちに、キキは心の平静を取り戻しました。老婦人に呼ばれて訪問したキキは、先日のお礼にとケーキをプレゼントされます。老婦人の厚意に感激するキキですが、そのときテレビのニュースが流れました。飛行機のロープにトンボがひっかかったまま宙づりになっているというものです。急いでキキは現場に駆けつけます。勇気を振り絞って掃除夫から借りたデッキブラシにまたがり、キキは空を飛びました。スランプ脱出です。無事にトンボを救出したキキは、湧きあがる歓声のなか、群衆のもとにおりたっていきました。

みんなの感想

ライターの感想

キキが魔女としてスランプになってしまった時に、友人の画学生の元を訪れます。その友人が描いていた絵にキキは感動するのですが…。
実はこの絵にはモデルがあります。昭和52年度当時、青森県の八戸市立湊中学校養護学級の美術を指導していた坂本小九郎先生と、その教え子たちの『虹の上をとぶ船 完結編』という版画作品に宮崎監督が感銘を受け、アレンジしたものを劇中で使ったそうです。なお、モデルになった作品は青森県立美術館、シリーズ作品は青森県立郷土館が所蔵しています。
時々展覧会にも登場するので、生で見ると感動が倍増しますよ!

ライターの感想

冒頭の場面で主人公のキキが、箒に乗って空を飛ぶ場面の浮遊感は、宮崎監督らしいダイナミックな演出が光ります。また、この映画では、風で揺れる草の動き一つ一つまで、見事にアニメーションで表現したことでも有名です。
その他にも、この映画は監督は宮崎さんだけど、音楽演出は高畑勲さんが担当していて、映画の途中でキキが仕事で失敗して落ち込んで帰る途中に雨にぬれる場面での、雨音の繊細な使い方は高畑さんらしく、宮崎駿と高畑勲のお互いの長所が作品に反映されていると思います。

映画の感想を投稿する

映画「魔女の宅急便」の商品はこちら

魔女の宅急便 [DVD]