「LUPINtheThird峰不二子という女vol.2ルパン三世」のネタバレあらすじ結末

LUPIN the Third -峰不二子という女- vol.2の紹介:2012年放送のテレビアニメ。アニメ『ルパン三世』の放送開始40周年を記念して作られたスピンオフ作品の第1弾の第2巻(全4巻)。深夜の放送にもかかわらず好評を博し、第2弾は次元、第3弾は五ェ門を据えて劇場アニメーション化もされた。

この映画を無料で観る

予告動画

LUPINtheThird峰不二子という女vol.2ルパン三世の主な出演者

ルパン三世(栗田貫一)、次元大介(小林清志)、峰不二子(沢城みゆき)、銭形警部(山寺宏一)、オスカー警部補(梶裕貴)、ルイス・勇・アルメイダ伯爵(古舘寛治)、梟頭/ミネルバの梟(長克巳、橋本一子)、Dr.フリッツ・カイザー(高岡瓶々)、アイシャ(小林沙苗)、支配人(山野井仁)、ノーラ(東條加那子)、スカルピン(髙階俊嗣)、アイヤーン・マイヤー(深見梨加)、ダレンゾ(仲野裕)、少年(矢島晶子)、老婆(京田尚子)、イゾルテ・ブラッハ(慶長佑香)、アンゼリカ(桑島法子)

LUPINtheThird峰不二子という女vol.2ルパン三世のネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

①第4話…銭形と関係を持った不二子、第5話…ルパンと次元が出会う、第6話…ルパンと不二子が協力。不二子、オスカー警部補の怒りを増幅させる

【起】- LUPINtheThird峰不二子という女vol.2ルパン三世のあらすじ1

〝さあ すべてのことをやめ
胸だけをときめかせながら
アタシのことを見つめて
盗むこと それは壊すことでも 奪うことでもない
特別に甘い悪徳
秘密と重罪と 悪戯と恐怖のアマルガム
嵐が丘のヒースクリフのように
盗み続けることは人生を賭けた最高の官能
永遠に出られないセクシーな牢獄
心理的根拠は 不明
誰が奴隷なのか 誰が主人なのか
神が見ているのか 神に見捨てられているのか
盗むことだけが全てを忘れさせ
かすかに思いださせる
しゃべらないで逃げて 逃げないで隠して
見つけたら罰して 罰したら殺して
アタシを救って
でも やわな坊や
アナタからもう盗むものはないの
アナタはとっくに もぬけの殻
このアタシと同じように
だからアタシの事を見つめたいならば
すべてのことをやめ
心臓だけを動かしながらにしなさい〟(『新・嵐が丘』)


〔第4話 歌に生き、恋に生き〕
逮捕された不二子は、銭形警部と関係を持つことで釈放を求めます。
ベッドインを覗く警備員を押しのけたオスカー警部補は、不二子のことをメス豚呼ばわりし、さらに後には痰壺呼ばわりします。
これは銭形警部への思慕の情がなせる、嫉妬の念からでした。

情事が終わった後、銭形警部が出した不二子への釈放の条件は、稀少なマスクをつけた世界的な女性歌手アイヤーン・マイヤーを警護するということでした。
ルパン三世から、アイヤーン・マイヤーの仮面を盗むという予告状を受け取った銭形警部は、敢えて泥棒に泥棒をあてがうことで、防ごうと考えたのです。

アイヤーン・マイヤーは美しい歌声の持ち主で、聞く者はうっとりします。かつて熱狂的なファンに襲われて顔を傷つけられたアイヤーンは、宝石をちりばめた仮面をつけて傷跡を隠していました。
オペラ劇場・ゲルニラ宮の屋上は養蜂場となっており、地下は枯れた地下水道です。
舞台裏を見て回った不二子は、柱に『影に気をつけろ』という用紙が貼られているのを見ました。裏方のスタッフは縁起を担ぐ者が多く、幽霊話が伝わっているのです。

舞台の幕が開きました。銭形警部とオスカー警部補は、観客席から見守ります。
舞台の上で馬が暴走すると、不二子を連れ去りました。馬に化けていたのはルパンです。
ルパンと不二子が舞台裏で話をしている時、舞台では天井からライトが落ちていました。アイヤーンには当たっていませんでしたが目の前に落ちており、オペラ座の怪人の仕業かと皆が噂します。
『トースカは私のもの』という血文字が残されていたため、幽霊の仕業ということになりました。アイヤーンが幽霊を怒らせてしまったのだろうと皆が噂し、急遽、不二子が代役を務めることになります。

代役を務めている最中に、不二子が立っていた場所の装置が降下しました。不二子は驚きますが、代わりにアイヤーンが舞台に出て歌いあげ、何事もなかったかのように舞台は続きます。
不二子の立っていた舞台装置の下に「右から5番目のバミリ(目印を示す舞台用語)に移動しろ」というメモ用紙を見た不二子は、先ほどのライト落下が事故ではなく、仕組まれたものだと知りました。

不二子の代わりに出て来たアイヤーンですが、屋上の蜂がマスクめがけて飛んで来て、思わず払いのけます。 この映画を無料で観る

【承】- LUPINtheThird峰不二子という女vol.2ルパン三世のあらすじ2

マスクを外した女性はアイヤーンではなく、かつて小道具係をしていたノーラという女性でした。舞台の上で、アイヤーンの正体がばれます。
ルパンは仮面に、蜂の好きな香りのする薬を塗っていました。ルパンは仮面を持ち去ろうとしますが、白いマスクをつけたダレンゾが現れ、持ち去ります。
ルパンは銭形警部に追われました。
不二子はオスカー警部補に追われ、地下に降ります。そこには忘却の川と呼ばれる水がうっすら流れており、不二子は幼少期の記憶らしき映像を見ました。
オスカー警部補からは逃げおおせた不二子ですが、背後から首を絞められて気絶します。

気がつくと、不二子は地下の一室にいました。洞窟の中には生活感あふれる、秘密の部屋がありました。
左目にやけどの傷を負った女性アイヤーン・マイヤーが出てきて、不二子に説明します。
アイヤーンはダレンゾと恋に落ちたものの、その人気ゆえに舞台を降りることが許されませんでした。
その頃、小道具係のノーラに歌の才能があることを見つけたアイヤーンは、ノーラに稽古をつけます。
そして薬品で自分の顔を焼き、やけどを隠す口実でマスクをつけるようになったのです。マスクで顔を隠せるようになってから、ノーラにアイヤーン役をやらせ、アイヤーンは地下の洞窟でダレンゾと愛の生活を送っていました。

地位も名声もいらず、愛さえあればそれでよいと言うアイヤーンは、追ってきたルパンの目の前でマスクを暖炉の火にくべます。
惜しげもなく宝石を焼くアイヤーンに不二子は絶句し、ルパンも「あらら」と言いますが、アイヤーンに夕食を誘われた不二子は「いただくわ」と答えました。


〔第5話 血塗れた三角〕
超長い首飾り(首にかけると股間まで届く長さ)を盗みご満悦の不二子のところへ、花束を抱えたルパンがやってきます。
ルパンが持っていたのはアレキサンドライトという、光の加減によって色を変える宝石の花束でした。日光の下では青く、炎の下では赤く光る宝石です。
その宝石で口説くなら、スミソニアン博物館にある現存する最大のものをと、不二子が要求しました。
しかし最近になって、エジプトで新たなピラミッドが発見されました。そこに、赤い色の羽根を持った孔雀の話をした不二子は、ルパンにそのお宝をねだります。

エジプト。
エジプトでは死者の心臓を天秤にかけ、生前の罪をはかるという死者の審判という教えが伝わっています。
露店でその天秤のゲームをしないかと持ちかけられた次元は、心臓の形をした置物を触るために荷物を置いたところ、置き引きに遭遇しました。少年と置き引きの男はグルでした。
男を足止めしたものの、少年の飼っていたサルまでグルになっており、次元は荷物を盗まれます。
財産は身につけていたマグナムだけになった次元は、にっちもさっちもいかず、質屋にマグナムを預けることにしました。
質屋の老婆は、面白い仕事を紹介すると言います。それは、赤い羽根の笑孔雀(えみくじゃく)を盗み出せというものでした。
老婆は、赤い羽根ならばよいが、青い羽根は死をもたらすと言い添えます。

古井戸からピラミッドに潜りこんだ次元は、そこでルパンと出会います。

【転】- LUPINtheThird峰不二子という女vol.2ルパン三世のあらすじ3

ルパンと撃ち合った次元は、互いに「できる男」だと気づきました。天井が崩落したため、一旦ルパンと次元は分かれます。
さらに奥へ進むと、巨大石像が動き始めました。銃で撃退した次元は、弾が着弾するとはじける炸裂弾にすり替えられていることに気づきます。ルパンの仕業でした。
ルパンと次元が奥の部屋に行くと、そこには罪の重さをはかる天秤と、ミイラと、ミイラを置くべき窪みがあります。
ルパンと次元がミイラを抱き上げると、部屋の床が傾きました。あわてて窪みにミイラを置きますが、床は傾いたままです。これはどうやっても解除できない仕組みだったのです。
しかもミイラからサソリもわんさか湧いてきて、ルパンと次元は傾いた床に沿って砂地に落ちました。そこは砂状のアリ地獄です。

アリ地獄に逆らうルパンと次元を、建物の上部から不二子が見ていました。
不二子はどうやっても最後の仕掛けが解除できないことを知っており、トラップ解除の捨て駒としてルパンか次元を利用しようと思っていました。別のルートもあり、そこを通って不二子は辿り着いています。
本当の意味での最後のトラップは、アリ地獄に落ちた者の血を吸うと、そのアリ地獄のジューサーが止まる仕組みでした。
ルパンと次元は互いに撃ち合い、そこで次元は相手がルパン三世だと知ります。ルパンは、不二子が何やら次元のことに詳しいので、嫉妬します。不二子がわざと意味深長なことを吐くから余計に苛立ちます。
揉み合いになった2人の姿は消えますが、トラップを解除したのは青い血…大量に湧いたサソリの血でした。ルパンと次元は無事です。

トラップは解除され、出て来たお宝はスミソニアン博物館のものより巨大な、孔雀の彫像を模したお宝です。
ところが不二子が手に取ると、サソリが湧いてきました。さらに油が部屋に充満し、炎に包まれます。
部屋の抜け道の扉を開くためには、宝の孔雀を置かねばなりません。あきらめた不二子はそこに孔雀を置き、3人は脱出しました。
外に出た不二子はルパンに、スミソニアン博物館のお宝を盗んで持ってきてくれと言います。

改めてルパンと次元は決着をつけようとしますが、その時、野生の孔雀が鳴きながら飛び立ちました。気をそがれた2人は対決をやめます。
ルパンは孔雀を見ながら「孔雀だってその気になれば飛べるのに」と思いました。
(タイトルの「三角」はピラミッドのこと。不二子&ルパン&次元も示唆しているか)

〔第6話 愛の牢獄〕
ある女学園に、不二子が女教師として赴任しました。赴任早々、不二子は女子生徒の憧れの的となります。
転入したばかりの三つ編みの女子生徒イゾルテ・ブラッハも、不二子への思いをラブレターに書き綴っていました。
その時、女学園のリーダー格の女子生徒である、バンダナを巻いたアンゼリカが不二子に告白し、キスしているのを目撃します。
アンゼリカにキスされた不二子は驚きますが、すぐに自分がリードしました。アンゼリカは頬を染めて立ち去ります。
現場を見られたことに気づいた不二子は、イゾルテのところへ近づき、話しかけました。
「ごめんなさい。可愛いわ」と言った不二子は、イゾルテに急接近します。

不二子とイゾルテが近づくのを、アンゼリカとその取り巻きは快く思いませんでした。

【結】- LUPINtheThird峰不二子という女vol.2ルパン三世のあらすじ4

そしてある夜、イゾルテを襲ったアンゼリカと取り巻きは、不二子が「あなたの黒髪、とても素敵だなって、初めて見た時感じたの」と言っていたイゾルテの髪を切ります。
アンゼリカと取り巻きに襲われてずだぼろにされたイゾルテは、そのまま不二子の部屋を訪ね、キスの仕方を教えてくれと言いました。

…その頃、不二子は最後の仕上げをしようと考えています。
不二子が女学園に潜入したのは、イゾルテに接近するためでした。イゾルテの父は有名な物理学者で、先月突然亡くなったのですが、その時に重要な論文を残していました。
論文は1つだけでは読み解けず、2つで初めて論文の体裁をなします。
ルパンがこの論文を盗む予告状をしていました。そしてその鍵となるのは、イゾルテが持つペンダントだったのです。

そろそろペンダントを盗もうと思っていた矢先にイゾルテの訪問を受けた不二子は、イゾルテを部屋に招きます。
ところがイゾルテは不二子の腹に膝を食らわし、気絶させました。実はイゾルテは、女装したオスカー警部補だったのです。
ルパンから予告状を受け取った銭形警部に話し、オスカーは3か月前に転入予定だったイゾルテの元へ行きました。そしてイゾルテに事情を話し、変装して転入したのです。

〝恍惚も絶望も、全てがお前を構成する因子達
不二子、お前の全てを記録しよう。
血も涙も唾液も――
峰不二子という名の物語を全て。
そうお前のありのままの姿を〟

気絶した不二子は、フクロウの顔をした男たちによって、幼少期に繰り返し実験を受ける様子を夢に見ます。
不二子を気絶させたオスカー警部補は、不二子を裸にすると、ワインを身体にかけました。
銭形警部と関係を持った身体を見ながら、オスカー警部補は不二子を餌にしてルパンを必ず捕らえようと決意します。
(オスカー警部補は男同士だが銭形警部のことが好き。思慕の域を越えて少々危ない域に達している。不二子の身体を通して、オスカー警部補は銭形警部を見ている。…ので、不二子に性的な悪戯はしていない。キス程度)

不二子を部屋に監禁したイゾルテの姿のオスカー警部補は、さらにルパンにもイゾルテの振りをして接近しました。先日、襲撃された折に手下にしたアンゼリカたちに、ルパンを銃撃させます。
(どうやってアンゼリカたちを支配下に置いたのかまでは触れられないが、女の園なのでアンゼリカたちに「お姉さま…」と思わせる魅力的な何かを示して見せたのであろう)
銃撃されたルパンを温室に閉じ込めたオスカー警部補はガスで眠らせました。
銭形警部からの電話に喜んで出たオスカー警部補ですが、不二子の声と、拷問される銭形警部の声に動揺します。
不二子はペンダントを盗んでおり、解除コードを教えないと銭形警部をもっと拷問するぞと言いました。オスカー警部補は白状します。
電話の後、銭形警部がやってきました。オスカー警部補は銭形の無事を知り、喜びます。
ところが温室にはルパンの姿はありませんでした。銭形警部は拷問を受けていません。
不二子は銭形警部に迫った時の一時始終の声を録音しており(第4話『歌に生き、恋に生き』参照)、それを聞かせただけでした。
ロック解除コードは「ZNGT(ぜにがた)」でした。不二子はオスカー警部補のことを、どれだけ銭形警部好きなのかとあきれます。
不二子に煮え湯を飲まされたオスカー警部補は、絶対に不二子だけは許せないと思いました。

みんなの感想

ライターの感想

なんかいろんな意味でびっくりどっきりな巻。
まず…え、不二子って銭形警部と関係持っちゃうの!?
これにノックダウンされた。かなりの衝撃。びっくり。
あれ…振り返るとこのシリーズ、ルパンがいちばん可哀そうな感じ。
次元はもともと不二子のことを悪女と思っているからいいとして、(たぶん)不二子のことをさほど好きでもない銭形に身体を許す!?
そういえば五ェ門もちと不憫だなあ。
それにしても一番不可解なのは今シリーズで出てくるオスカー警部補。このトンデモ設定には驚かされた。

映画の感想を投稿する

映画「LUPINtheThird峰不二子という女vol.2ルパン三世」の商品はこちら