アクション映画のネタバレあらすじ一覧(2ページ目)

邦画、洋画を問わず、話題の新作からおすすめの名作まで、様々なアクション映画をまとめています。アクション映画は、銃撃戦や格闘技、戦争、スパイ、特殊部隊、カーチェイスなどが題材に使われていることが多く、大迫力の映像とアクションが見物です。

必殺! 主水死すの紹介:1996年製作の映画で、大人気時代劇ドラマ必殺仕事人シリーズの劇場版の第6作目。中村主水、飾り職人の秀、三味線屋の勇次ら江戸の仕事人たちが大奥の権力争いに巻き込まれていく。藤田まこと演じる主人公の敵となる大奥御掃除人を津川雅彦が怪演している。

ネタバレを読む

ホールドアップダウンの紹介:V6デビュー10周年にあたる1995年に製作されたSABU監督によるメンバー総出演の作品。クリスマスイブに青年二人が信用金庫に強盗に入るのをきっかけに、様々な人間が騒動に巻き込まれていく。古田新太、森本レオ、伊武雅刀ら豪華出演陣が脇役として出演し、それぞれ印象的なキャラクターを演じている。

ネタバレを読む

THE NEXT GENERATION パトレイバー/第1章の紹介:2014年公開。人気アニメ「機動警察パトレイバー」の新作を実写映画化した作品。人間型機械のレイバーによる犯罪に対抗するために組織された、警視庁警備部特科車両二課第二小隊の活躍を描いている。実写版のパトレイバーシリーズでは1作目にあたり、エピソード0と1が描かれている。総監督は「イノセンス」の押井守。出演は「リアル鬼ごっこ」の真野恵里菜、「ドッジGO!GO!」の筧利夫。アニメ版で声優を務めていた千葉繁も出演。

ネタバレを読む

逃走車の紹介:2013年公開。ヨハネスブルグを舞台に、犯罪に巻き込まれた男の逃走を描いた作品。主演は「ワイルド・スピード」シリーズのポール・ウォーカー。彼が製作総指揮に加わった唯一の作品と言われている。全編を通して、ポール・ウォーカーが乗り込む車内カメラで撮影されている。

ネタバレを読む

ボビーZの紹介:2007年公開のアメリカ映画。元海兵隊員で囚人の男が、伝説の人物になりすまして困難に立ち向かう姿を描いた作品。ドン・ウィンズロウの小説が原作。監督は「15ミニッツ」のジョン・ハーツフェルド。主演は「ワイルド・スピード」シリーズのポール・ウォーカー。脇を固めるのは「マトリックス」シリーズのローレンス・フィッシュバーン、「トロン:レガシー」のオリヴィア・ワイルド。

ネタバレを読む

キック・オーバーの紹介:2012年公開。大金を強奪した男が、無法地帯の刑務所に収容されて脱獄を図る姿を描いた作品。主演は「マッドマックス」のメル・ギブソン。彼は脚本・制作にも参加。マフィアから大金を強奪したドライバーと呼ばれる男が、メキシコ国境に向かって逃亡を図る。しかしメキシコに入って逮捕されてしまい、大金は汚職警官に奪われる。収監された刑務所は世界的に悪名高い。果たして彼は大金を取り戻して脱獄できるのだろうか。

ネタバレを読む

キック・アス/ジャスティス・フォーエバーの紹介:2013年に公開されたアメリカ映画で、2010年公開の『キック・アス』の続編である。前作の監督マシュー・ヴォーンはプロデューサーにかわり、今回の監督と脚本を務めたのは主にテレビ映画で活躍していたジェフ・ワドロウ。前作に続いてアーロン・テイラー=ジョンソン、クロエ・グレース・モレッツ、クリストファー・ミンツ=プラッセが同じ役で出演している。

ネタバレを読む

アラトリステの紹介:2006年公開。17世紀のスペインを舞台に、剣士アラトリステの活躍を描いた作品。アルトゥーロ・ぺレス=レベルテのベストセラー小説が原作。主演は「イースタン・プロミス」でアカデミー賞主演男優賞にノミネートされたヴィゴ・モーテンセン。「私が、生きる肌」のエレナ・アナヤ、「美女と野獣」ではペルデュカスを演じたエドゥアルド・ノリエガ、「トーク・トゥ・ハー」のハビエル・カマラも出演。

ネタバレを読む

イングロリアス・バスターズの紹介:2009年公開の戦争映画。ナチス壊滅を目論む部隊と復讐をする女の姿を描いた作品。第82回アカデミー賞では8部門にノミネートされ、海外の賞を多数獲得した大ヒット作。監督・脚本は「ジャンゴ 繋がれざる者」のクエンティン・タランティーノ。出演は「マネーボール」のブラッド・ピット、「オーケストラ!」のメラニー・ロラン、「ナショナル・トレジャー」のダイアン・クルーガーなど。

ネタバレを読む

エクストラクションの紹介:2015年製作のアメリカ映画。『ザ・ヘラクレス』のケラン・ラッツがブルース・ウィリス、ジーナ・カラーノ(『デッドプール』)と共演したノンストップ・スパイ・アクション。CIA職員として働く男が、輸送任務中に消息を絶った凄腕工作員の父を救出するため、テロリストと対決する。

ネタバレを読む

エージェント・マロリーの紹介:2012年公開。並外れた戦闘能力と知性を兼ね備えた女性スパイの活躍を描いた作品。監督は「トラフィック」のスティーブン・ソダーバーグ。主演は女性総合格闘家で「デッドプール」ではエンジェル・ダスト役を務めたジーナ・カラーナ。脇を固める豪華な出演者には、「ムーラン・ルージュ」のユアン・マクレガー、「ツイスター」のピル・パクストン、「ステップ・アップ」のチャニング・テイタム、「SHAME -シェイム-」のマイケル・ファスベンダー、「ウォール街」のマイケル・ダグラス。

ネタバレを読む

デス・プルーフ in グラインドハウスの紹介:2007年公開。ガールズ・トークで花を咲かせるる2組の女性達と、快楽殺人男との殺すか殺されまいかを描いた作品。監督・脚本は「パルプ・フィクション」のクエンティン・タランティーノ。制作にはロバート・ロドリゲスも参加。出演は「ポセイドン」のカート・ラッセル、スタントウーマンのゾーイ・ベル。タランティーノ自身も出演している。

ネタバレを読む

スモーキン・エース/暗殺者がいっぱいの紹介:2006年公開。マフィアのボスが賭けた賞金を巡って、FBIと暗殺者達の抗争を描いた作品。監督は「特攻野郎Aチーム THE MOVIE」のジョー・カーナハン。音楽は「ブラック・スワン」のクリント・マンセル。出演は「デッドプール」のライアン・レイノルズ、「ゴットファーザー PART Ⅲ」のアンディ・ガルシア、「パール・ハーバー」のベン・アフレック、「スター・トレック」のクリス・パイン。ミュージシャンのアリシア・キーズとコモンの映画デビュー作。

ネタバレを読む