アクション映画のネタバレあらすじ一覧(2ページ目)

邦画、洋画を問わず、話題の新作からおすすめの名作まで、様々なアクション映画をまとめています。アクション映画は、銃撃戦や格闘技、戦争、スパイ、特殊部隊、カーチェイスなどが題材に使われていることが多く、大迫力の映像とアクションが見物です。

ビッチ・スラップ 危険な天使たちの紹介:2010年公開のアメリカ映画。3人の美女と裏社会の大物の手下達との、ダイヤを巡る血と汗とエロスにまみれた壮絶な戦いを描いた作品。出演は「マニアック」のアメリカ・オリーヴォ、「アンドロメダ」のケヴィン・ソルボ、「キル・ビル」のスタント・ウーマンとして有名なゾーイ・ベルなど。

ネタバレを読む

アドレナリン:ハイ・ボルテージの紹介:2009年公開のアメリカ映画。アドレナリンシリーズの2作目。人工心臓を取り付けられた男が、心臓を取り戻しに立ち向かう姿を描いた作品。監督は前作同様、マーク・ネヴェルダインとブライアン・テイラー。出演も前作と同じく、「トランスポーター」シリーズのジェイソン・ステイサムや「バタフライ・エフェクト」のエイミー・スマートなど。

ネタバレを読む

コロンビアーナの紹介:2011年公開。美しき暗殺者、カトレアの復讐の物語を描いた作品。主演は「アバター」のゾーイ・サルダナ。監督は「96時間/レクイエム」のオリヴィエ・メガトン。脚本は「レオン」のリュック・ベッソンと「ベスト・キッド」シリーズのロバート・マーク・ケイメン。「ブロウ」のジョルディ・モリャや「エイリアス」のマイケル・ヴァルタンも出演した映画。

ネタバレを読む

サルバドル/遙かなる日々の紹介:1986年公開。アメリカ人ジャーナリストが、エルサルバドル内戦の実体験を描いた作品。監督は「プラトーン」のオリヴァー・ストーン。音楽は「アグネス」のジョルジュ・ドルリュー。撮影は「アビエイター」のロバート・リチャードソン。編集は「愛を読むひと」のクレア・シンプソン。主演は「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・アメリカ」のジェームズ・ウッズ。

ネタバレを読む

処刑請負人の紹介:2008年のアクション映画。逃亡犯を追いかける賞金稼ぎと、殺し屋の3日間の戦いを描いた作品。罪を犯して逃亡を続けるプレスコット。賞金稼ぎのブロックとラウルが彼を捕まえにきた時、現れたのは謎の神父だった。銃撃戦の末、プレスコットは再び逃げ出す。ブロックとラウルはプレスコットを捕まえられるのだろうか。そして神父の正体とは…。

ネタバレを読む

カオス(2006年)の紹介:2006年のカナダ・イギリス・アメリカの合作映画。謎の男の率いる銀行強盗団とベテラン・新米の刑事コンビの対決を描くクライム・サスペンス作品。監督は『Uボート最後の決断』などのトニー・ジグリオ。アメリカではDVD発売のみだが、日本では2006年に全国で公開された。

ネタバレを読む

マグニフィセント・セブンの紹介:2016年製作のアメリカのアクション西部劇。黒澤明の名作「七人の侍」、同作のリメイク作品の「荒野の七人」を原案とした作品で、「トレーニング デイ」で知られるアントワーン・フークアがメガホンを取った。デンゼル・ワシントン、クリス・プラット、イーサン・ホークら豪華俳優陣が出演している。

ネタバレを読む

ストリートファイター ザ・レジェンド・オブ・チュンリーの紹介:2009年公開。バンコクを舞台に、闇の組織に父をさらわれた娘が立ち向かう姿を描いた作品。カプコンの人気ゲーム「ストリートファイターⅡ」に登場する春麗を(チュンリー)を主人公とした映画。監督は「ブラック・ダイヤモンド」のアンジェイ・バートコウィアク。主演は「ヤング・スーパーマン」のクリスティン・クルック。

ネタバレを読む

ディストラクション・ベイビーズの紹介:2016年公開の日本映画。ももいろクローバーが出演した『NINIFUNI』などで国内外で高い評価を受ける真利子哲也監督が、狂気に駆られる若者たちの姿を描くバイオレンス。柳楽優弥や菅田将暉といった若手実力派をメインに据え、愛媛県松山市を中心にロケを敢行。現代の若者たちの暴力と対比し、松山の伝統的な喧嘩祭りとして知られる秋祭りも登場する。

ネタバレを読む

バンコック・デンジャラスの紹介:2008年公開。完璧な暗殺者が自身に課した掟を破って、壮絶な戦いへと向かう姿を描いた作品。監督は「レイン」のパン兄弟。今作は「レイン」をセルフリメイクした作品。制作には「ディパーテッド」のグレアム・キングが参加。音楽は「エクスペンダブルズ」シリーズのブライアン・タイラー。主演は「リービング・ラスベガス」のニコラス・ケイジ。「セブンソード」のチャーリー・ヤンも出演。

ネタバレを読む