アクション映画のネタバレあらすじ一覧(27ページ目)

邦画、洋画を問わず、話題の新作からおすすめの名作まで、様々なアクション映画をまとめています。アクション映画は、銃撃戦や格闘技、戦争、スパイ、特殊部隊、カーチェイスなどが題材に使われていることが多く、大迫力の映像とアクションが見物です。

ラストミッションの紹介:2014年公開のアメリカ映画。マックGが監督、リュック・ベッソンが脚本を担当した。余命3か月を宣告されたエージェントが、史上最高に危険な仕事と娘との関係という2つの問題に振り回される姿が描かれた作品。

ネタバレを読む

300<スリーハンドレッド>の紹介:2007年公開のアメリカ映画。フランク・ミラー原作のグラフィックノベル『300』を元に、ペルシア戦争のテルモピュライの戦いを描いた作品。日本ではR15+指定。

ネタバレを読む

300 〈スリーハンドレッド〉 〜帝国の進撃〜の紹介:2014年公開のアメリカ合衆国のファンタジー・アクション映画である。2007年の映画『300 〈スリーハンドレッド〉』の続編であり、前作の出来事の前後の物語が描かれた作品。

ネタバレを読む

トゥームレイダー2の紹介:2003年制作のアドベンチャー・アクション映画。本作ではパンドラの箱を求めてララが世界を飛び回る。『トゥームレイダー』と同じく主演はアンジェリーナ・ジョリーだが、監督はヤン・デ・ボンに交代した。

ネタバレを読む

ボーン・アルティメイタムの紹介:主演マットデイモンのアクションが光る大ヒットシリーズ完結編。記憶を失った元CIAジェイソン・ボーンはすべての悲劇の始まりである自分のアイデンティティを取り戻すため、いよいよCIA極秘作戦の本拠地へと乗り込む衝撃の最終話

ネタバレを読む

眠狂四郎多情剣の紹介:1966年公開の日本映画。市川雷蔵主演のシリーズ映画の7作目にあたる。眠狂四郎は柴田練三郎の小説に登場する剣客で、転びバテレンと日本人との混血という出自を持ち「円月殺法」という剣術を用いて活躍するキャラクターである。

ネタバレを読む

眠狂四郎魔性剣の紹介:1965年公開の日本映画。市川雷蔵主演のシリーズ映画の6作目にあたる。眠狂四郎は柴田練三郎の小説に登場する剣客で、転びバテレンと日本人との混血という出自を持ち「円月殺法」という剣術を用いて活躍するキャラクターである。

ネタバレを読む

眠狂四郎炎情剣の紹介:1965年公開の日本映画。市川雷蔵主演のシリーズ映画の5作目にあたる。眠狂四郎は柴田練三郎の小説に登場する剣客で、転びバテレンと日本人との混血という出自を持ち「円月殺法」という剣術を用いて活躍するキャラクター。

ネタバレを読む

眠狂四郎女妖剣の紹介:1964年公開の日本映画。市川雷蔵主演のシリーズ映画の4作目にあたる。眠狂四郎は柴田練三郎の小説に登場する剣客で、転びバテレンと日本人との混血という出自を持ち「円月殺法」という剣術を用いて活躍するキャラクター。

ネタバレを読む

チャーリーズ・エンジェルの紹介:2000年制作のアメリカ映画。大人気テレビドラマ『地上最強の美女たち! チャーリーズ・エンジェル(邦題)』を映画化したもので、2003年に続編『チャーリーズ・エンジェル フルスロットル』も作られた。

ネタバレを読む

眠狂四郎円月斬りの紹介:1964年公開の日本映画。市川雷蔵主演のシリーズ映画の3作目にあたる。眠狂四郎は柴田練三郎の小説に登場する剣客で、転びバテレンと日本人との混血という出自を持ち「円月殺法」という剣術を用いて活躍するキャラクター。

ネタバレを読む

ハンガー・ゲームの紹介:2012年公開のアメリカのアクション映画。スーザン・コリンズの同名のシリーズ小説(三部作)を原作としている。翌2013年に続編「ハンガー・ゲーム2」も公開され、映画も小説同様、三部作(3は二部構成)になる予定である。

ネタバレを読む