アクション映画のネタバレあらすじ一覧(3ページ目)

邦画、洋画を問わず、話題の新作からおすすめの名作まで、様々なアクション映画をまとめています。アクション映画は、銃撃戦や格闘技、戦争、スパイ、特殊部隊、カーチェイスなどが題材に使われていることが多く、大迫力の映像とアクションが見物です。

テルマ&ルイーズの紹介:1991年公開のアメリカ映画。友人を救うために罪を背負った女性と、友人との逃避行を描いた作品。アカデミー賞では脚本賞を受賞。スーザン・サランドンとジーナ・デイビス共演のロード・ムービー。監督はリドリー・スコット、脚本はカーリー・クーリなど出演者のみならず制作陣も豪華。

ネタバレを読む

ザ・ヘラクレスの紹介:2014年公開のアメリカ映画。全知全能の神ゼウスを父に持つヘラクレスが、愛する姫を奪った兄や暴君である父に挑む姿を描いている。監督はレニー・ハーリンが務め、主演はケラン・ラッツで贈る作品。原題はThe Legend Of  Hercules。

ネタバレを読む

ザ・シューター/極大射程の紹介:2007年公開のアメリカ映画。元海兵隊の凄腕スナイパーが、陰謀に立ち向かう姿を描いている。アントワーン・フークアが監督を務め、マーク・ウォールバーグ主演で贈るサスペンス・アクション作品。原作はスティーヴン・ハンターの小説、ボブ・リー・スワガー三部作の一作目。

ネタバレを読む

グレートウォールの紹介:2016年にアメリカと中国の合作で製作された歴史ファンタジー映画。人類最大の建造物である万里の長城を舞台に、60年に一度押し寄せる怪物の軍勢との壮絶な戦いが描かれる。監督は『紅いコーリャン』『初恋のきた道』『HERO』など幅広い作風で知られるチャン・イーモウ。製作は『パシフィック・リム』や『ジュラシック・ワールド』などのSF・ファンタジー系の大作で知られるレジェンダリー・ピクチャーズ。同社は2016年に中国の大手企業大連万達グループに買収されたことで有名。本作にもその影響が噂されている。

ネタバレを読む

アイアンクラッドの紹介:2010年制作。13世紀のイングランドで実際に起こったロチェスター城をめぐる攻防を描いている。1000人近い敵を相手に、20人足らずの戦士が城を守るべくバトルを繰り広げる。剣や斧、弓や棍棒の白兵戦や投石機による攻撃など圧巻のスペクタルシーンが満載の作品。

ネタバレを読む

ダークマンの紹介:1990年公開のアメリカ映画。全身に火傷を負った男が復讐の鬼と化し、黒マントに身を包み異形のヒーローとなって活躍する姿を描いた作品。サム・ライミ監督・原案、リーアム・ニーソンとフランシス・マクドーマンド共演で贈るホラー・アクション。

ネタバレを読む

48時間の紹介:1982年公開のアメリカ映画。サンフランシスコを舞台に、期限付きで囚人と強面刑事がタッグを組んで、凶悪な脱走犯を追う姿を描いた作品。48時間シリーズの一作目で、エディ・マーフィーの出世作。監督はウォーター・ヒルが務め、ニック・ノルティが強面刑事を演じる。

ネタバレを読む

SAFE/セイフの紹介:2012年公開のジェイソン・ステイサム主演のアメリカ映画。全てを失った元特捜班の凄腕刑事が、少女を救うためにマフィアや陰謀に立ち向かう姿を描いている。監督・脚本はボアズ・イェーキン、製作総指揮にはケヴィン・スペイシーが参加。格闘戦、銃撃戦、カーチェイスなどがスリリングでドラマティックに繰り広げられるノンストップアクション作品。

ネタバレを読む

頭文字D Legend 1−覚醒−の紹介:走り屋たちを主人公としたしげの秀一による大人気漫画「頭文字D」のアニメーション映画。群馬で静かに暮らす一人の高校生が、走り屋たちのプライドをかけたバトルに巻き込まれていく。宮野真守、中村悠一、小野大輔ら人気声優が主要キャラの声を演じている。

ネタバレを読む

グリーン・ホーネットの紹介:2011年公開のアメリカ映画。テレビやラジオ、コミックスで知られる「グリーン・ホーネット」の映画化作品。コートと帽子、緑のマスクで正体を隠す謎のヒーローの活躍を描いている。監督は「エターナル・サンシャイン」のミシェル・ゴンドリー。制作は「ラストサマー」シリーズのニール・H・モリッツ。音楽は「ソルト」のジェームズ・ニュートン・ハワード。撮影は「アルマゲドン」のジョン・シュワルツマン。豪華な出演陣は「ネイバーズ」のセス・ローゲン、「頭文字D THE MOVIE」のジェイ・チョウ、「メリーに首ったけ」のキャメロン・ディアスなど。

ネタバレを読む