アクション映画のネタバレあらすじ一覧(3ページ目)

邦画、洋画を問わず、話題の新作からおすすめの名作まで、様々なアクション映画をまとめています。アクション映画は、銃撃戦や格闘技、戦争、スパイ、特殊部隊、カーチェイスなどが題材に使われていることが多く、大迫力の映像とアクションが見物です。

ドクター・ストレンジの紹介:2016年公開のアメリカ映画。同名のアメリカンコミックスの映画化作品でもある。マーベル・コミックのさまざまなヒーローを同じ世界で共演させる「マーベル・シネマティック・ユニバース」シリーズのひとつで、「フェイズ3」の作品群に該当する。この後には『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー: リミックス』、『スパイダーマン:ホームカミング』、『マイティ・ソー/ラグナロク』とシリーズが続けられ、本作内にもそれに繋がる伏線が用意されている。主演のストレンジ役に日本でも人気の高いベネディクト・カンバーバッチが起用され、全世界で大ヒットを記録した。

ネタバレを読む

ヘリオス 赤い諜報戦の紹介:2015年製作の中国のクライムスリラー作品で、香港、中国、台湾、韓国のトップスターが多数出演した。犯罪組織ヘリオスに奪われた韓国の超小型核兵器を奪還すべく韓国と香港が合同捜査を行うが、中国本土側は奪還した核兵器の政治利用を企んでいた。

ネタバレを読む

トップガン(1986年)の紹介:1986年公開のアメリカ映画。アメリカ海軍のパイロット育成学校の訓練生の青春を描いた作品。監督は「トゥルー・ロマンス」のトニー・スコット。制作は「アルマゲドン」のジェリー・ブラッカイマーと「ビバリーヒルズ・コップ」のドン・シンプソン。主演は「ミッション:インポッシブル」シリーズのトム・クルーズで、今作でスターの階段を駆け上がった。

ネタバレを読む

カンフーハッスルの紹介:2004年公開。ギャングになることを夢見る青年を主人公に、カンフーの使い手とギャングの抗争を描いた作品。2005年にアメリカで公開された映画の中で最大のヒット作となった。監督・主演は「少林サッカー」のチャウ・シンチー。アクション指導は、マトリックスやキル・ビルシリーズでも有名なユエン・ウーピン。

ネタバレを読む

12hours DEA特殊部隊の紹介:2016年製作のアメリカのアクションスリラー映画。メキシコ旅行を楽しんでいた主人公が、恋人を人質に取られアメリカへのコカイン運搬を強制される。12時間という制限時間の中、主人公は命がけでアメリカ越境を目指し困難を乗り越えていく。

ネタバレを読む

プリースト(2011年)の紹介:2011年公開。滅びたはずのヴァンパイアの脅威が迫っていることを知り、人類の存亡をかけた新たな戦いに挑む伝説の戦士の姿を描いている。韓国の漫画家のヒョン民友のマンファが原作。「レギオン」の主演のポール・ベタニーとスコット・スチュワート監督が再びタッグを組んだ作品。音楽は「エルム街の悪夢2 フレディの復讐」のクリストファー・ヤング。撮影は「スパイダーマン」のドン・バージェス。「白雪姫と鏡の女王」のリリー・コリンズや「人生はビギナーズ」のクリストファー・プラマーも出演。

ネタバレを読む

パブリック・エネミーズの紹介:2009年公開。社会の敵ナンバーワンと言われたジョン・デリンジャーと恋人の逃亡劇を描いた作品。監督は「コラテラル」のマイケル・マン。音楽は「S.W.A.T.」のエリオット・ゴールデンサール。撮影は「ラスト・オブ・モヒカン」のダンテ・スピノッティ。主演は「パイレーツ・オブ・カリビアン」シリーズのジョニー・デップ。他にも豪華なキャストが出演した作品。

ネタバレを読む

エンジェル・オブ・デス(2009年)の紹介:2009年の映画。脳に損傷を受けた殺し屋が、殺した人物の幻覚を見始めて、彼らの復讐を行っていく姿を描いた作品。主演は「キル・ビル」シリーズでスタントを務め、ベストスタント賞を受賞したこともあるゾーイ・ベル。「ヘルボーイ」シリーズに出演したダグ・ジョーンズや「パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々」に出演したジェイク・アベルも出演。

ネタバレを読む

ビバリーヒルズ・コップ2の紹介:1987年公開のアメリカ映画。大ヒットした「ビバリーヒルズ・コップ」の続編。現金強奪事件に挑む刑事のハチャメチャな活躍を描いた作品。主演は前作同様、エディー・マーフィ。監督は「エネミー・オブ・アメリカ」のトニー・スコット。制作は「アルマゲドン」のジェリー・ブラッカイマーと「ザ・ロック」のドン・シンプソン。音楽担当は前作と同じで「トップガン」のハロルド・フォルターメイヤー。

ネタバレを読む

フルスロットルの紹介:2014年公開。凄腕の刑事と驚異的な身体能力を持つ男がタッグを組み、爆弾を阻止する姿を描いている。2004年の「アルティメット」のハリウッドリメイク作品。脚本はオリジナル版と同じで「96時間」のリュック・ベンソン。監督は「トランスポーター イグニッション」のカミーユ・ドゥラマーレ。主演は「ワイルド・スピード」シリーズのポール・ウォーカー。彼の最期の主演作。

ネタバレを読む

エンド・オブ・キングダムの紹介:2016年公開のアメリカ映画。ジェラルド・バトラーが最強のシークレットサービスを演じたアクション『エンド・オブ・ホワイトハウス』の続編。イギリスの首相の葬儀のためにロンドンを訪れた各国首脳がテロに遭遇し、アメリカ大統領を守るために戦うシークレットサービスの活躍が描かれる。大統領役のアーロン・エッカートらが前作に引き続き出演する。

ネタバレを読む