アクション映画のネタバレあらすじ一覧(31ページ目)

邦画、洋画を問わず、話題の新作からおすすめの名作まで、様々なアクション映画をまとめています。アクション映画は、銃撃戦や格闘技、戦争、スパイ、特殊部隊、カーチェイスなどが題材に使われていることが多く、大迫力の映像とアクションが見物です。

ミッション:インポッシブルの紹介:1996年のアメリカ映画。アメリカのテレビドラマ『スパイ大作戦』を映画化。映画の邦題は原題のままである。2014年4月現在、シリーズが4作目まで作られている、人気作品である。

ネタバレを読む

眠狂四郎勝負の紹介:1964年の日本映画。眠狂四郎は柴田練三郎の小説に登場する剣客で、転びバテレンと日本人との混血という出自を持ち「円月殺法」という剣術を用いて活躍するキャラクター。映画は市川雷蔵版が最も有名で、雷蔵は当たり役となった。

ネタバレを読む

眠狂四郎殺法帖の紹介:1963年の日本映画。眠狂四郎は柴田練三郎の小説に登場する剣客で、転びバテレンと日本人との混血という出自を持ち「円月殺法」という剣術を用いて活躍するキャラクター。映画は市川雷蔵版が最も有名で、雷蔵は当たり役となった。

ネタバレを読む

トゥルーライズの紹介:1994年公開のアメリカ映画。「トゥルーライズ」を直訳すると「本当の嘘」という意味。アーノルド・シュワルツェネッガー演じる凄腕スパイが、正体を家族に隠しつつテロリストと戦う姿をコメディタッチで描いたアクション映画。

ネタバレを読む

グラディエーターの紹介:2000年公開のアメリカ歴史映画。リドリー・スコット監督。帝政ローマ時代中期を舞台にし、あるローマ軍将軍が自らを陥れた皇太子への復讐を誓い、グラディエーター(剣闘士)として名をあげていく物語である。

ネタバレを読む

チャーリーズ・エンジェル フルスロットルの紹介:2003年制作のアメリカ映画。映画版『チャーリーズ・エンジェル』の続編で3人のエンジェル達は前作と同じだが、ボスレー役のビル・マーレイが降板しコメディアンのバーニー・マックが抜擢された。

ネタバレを読む

ボーン・スプレマシーの紹介:マット・デイモン主演の大ヒットスパイアクション映画の第二弾。世界を逃亡する中で愛するマリ―を殺害されたジェイソン・ボーン。敵を打つべくヨーロッパへを舞い戻り、すべてに関わるトレッドストーン計画を明らかにします。

ネタバレを読む

クローズZERO Ⅱの紹介:2009年公開の日本映画。「クローズ」とはカラス(crow)の複数形で「カラスたち」という意味。映画『クローズZERO』の続編にあたり、またさらに新章にあたる『クローズEXPLODE』が2014年4月に公開予定。

ネタバレを読む

ボーン・アイデンティティーの紹介:マット・デイモン主演の新境地のスパイアクション映画です。ヨーロッパの街を縦横無尽に滑走するミニクーパーのカーチェイスは迫力満点。主人公のジェイソン・ボーンは果たして逃げ切れるのか、そして一体何者なのか。

ネタバレを読む

アイアンマン3の紹介:マーベル・コミックの代表作を実写化した、アイアンマンシリーズの第3弾。2010年公開映画「アイアンマン2」の続編であり、映画「アベンジャーズ」の1年後という設定。史上最悪のテロリスト”マンダリン”と戦うべく立ち上がった、億万長者にして天才発明家のトニー。彼のアイアンマンとしての最後の戦いが今始まろうとしていた・・・。

ネタバレを読む

STEAL〔スティール〕の紹介:「TAXI」で知られるジェラール・ピレス監督の贈るスーパーアクションムービー。スリルに魅了された若者四人の強盗計画は成功するも、彼らに忍び寄る闇組織と罠。彼らは無事に逃げ切ることができるのか。

ネタバレを読む