アクション映画のネタバレあらすじ一覧(5ページ目)

邦画、洋画を問わず、話題の新作からおすすめの名作まで、様々なアクション映画をまとめています。アクション映画は、銃撃戦や格闘技、戦争、スパイ、特殊部隊、カーチェイスなどが題材に使われていることが多く、大迫力の映像とアクションが見物です。

ウォールストリート・ダウンの紹介:2013年公開。金融機関に利用され、全てを失った男の復讐劇を描いた作品。監督・脚本は「ザ・テロリスト」のウーヴェ・ボル。出演は、テレビドラマ「プリズン・ブレイク」のリンカーン役で有名なドミニク・パーセル、「ターミネーター2」のジョン・コナー役のエドワード・ファーロング、「ストリート・オブ・ファイヤー」のマイケル・パレ、「暴走機関車」でバック役を演じたエリック・ロバーツ。

ネタバレを読む

マスター・アンド・コマンダーの紹介:2003年公開。太平洋を舞台に、伝説的艦長と少年兵士達との絆と成長を描いた作品。パトリック・オブライアンの小説が原作。アカデミー賞には10部門にノミネートされ、撮影賞と音響効果賞を受賞した。監督は「トゥルーマン・ショー」のピーター・ウィアー。編集は「ピアノ・レッスン」のリー・スミス。主演は「グラディエーター」のラッセル・クロウ。

ネタバレを読む

バッドボーイズ2バッドの紹介:2003年公開。麻薬密輸ルート撲滅に乗り出した刑事マーカスとマイクのバッドボーイズの活躍を描いた作品。1995年公開の「バッドボーイズ」の続編。監督は前作同様「アルマゲドン」「トランスフォーマー」のマイケル・ベイ、制作はジェリー・ブラッカイマー。主演の二人のバッドボーイズも前作同様、ウィル・スミスとマーティン・ローレンス。

ネタバレを読む

ローグ アサシンの紹介:2007年公開のジェット・リーとジェイソン・ステイサム主演によるアクション映画。伝説の暗殺者ローグと、復讐に燃えるFBI捜査官のジョンの戦いを描いた作品。撮影は「96時間」で監督を務めたピエール・モレル。主演は「HERO」のジェット・リー、「メカニック」のジェイソン・ステイサム、「ラストエンペラー」のジョン・ローン、「ニンジャ・アベンジャーズ」のケイン・コスギ、「Aサインデイズ」の石橋凌。

ネタバレを読む

バッドボーイズ(1995年)の紹介:1995年公開。警察署から盗まれた大量のヘロインを追う二人の刑事の活躍を描いた作品。監督は「アルマゲドン」などビックヒットを連発したマイケル・ベイで、彼の監督デビュー作品になる。出演は「ブーメラン」のマーティン・ローレンス、「幸せのちから」のウィル・スミス、「ディープ・インパクト」のティア・レオーニ。

ネタバレを読む

ザ・ロックの紹介:1996年製作のアメリカ映画。主演を務めたショーン・コネリーは撮影当時50代ながら激しいガンアクションを披露した他、製作にも参加。化学兵器専門家と元諜報部員の囚人が、猛毒ガスミサイルの危機にさらされたアメリカを救うべく立ち上がる。

ネタバレを読む

水爆と深海の怪物の紹介:1955年製作のアメリカ映画。特撮映画界の巨人レイ・ハリーハウゼンが、サンフランシスコを襲う巨大タコの姿を描き出す。撮影当時のアメリカでは世界初の原子力潜水艦を進水させたばかりだったが、本作では巨大タコに対抗する兵器として原子力潜水艦を早速登場させている。

ネタバレを読む

TAXiの紹介:フランス映画界を牽引するリュック・ベッソンによる人気アクションシリーズの第1作目となった作品。フランスのマルセイユを舞台に、凄腕タクシー運転手が強盗団を逮捕すべくカーチェイスを繰り広げていく。1998年製作のフランス映画。

ネタバレを読む

レッド・ドーンの紹介:2012年製作の日本映画。突如現れた敵から家族や仲間を守るために戦う高校生たちの姿を描き話題を呼んだジョン・ミリアス監督作『若き勇者たち』。同作の敵の設定を共産圏連合軍から北朝鮮に変更し、リメイクしたサバイバル・アクション。ダン・ブラッドリー監督作品。

ネタバレを読む

ホワイトハウスの陰謀の紹介:1997年製作のアメリカのスリラー映画。原作は、第33代大統領トルーマンの娘マーガレット・トルーマンの著した「ホワイトハウス殺人事件」。主人公の刑事をウェズリー・スナイプス、ヒロインのシークレットサービスをダイアン・レインが演じている。

ネタバレを読む

ゴーストライダーの紹介:2007年公開。マーベル・コミック社の同名コミックが原作。炎を吹き上げるヘルバイクと共に、ドクロの顔をしたダークヒーローが戦う姿を描いた作品。監督・脚本は「デアデビル」のマーク・スティーヴン・ジョンソン。出演は「アダプテーション」のニコラス・ケイジ、「最後の恋のはじめ方」のエヴァ・メンデス、「イージー・ライダー」のピーター・フォンダ、「バッファロー・ガールズ」のサム・エリオット。

ネタバレを読む

ニード・フォー・スピードの紹介:2014年公開。極限までカスタムされた超高額スポーツカーで、自らの車を賭けてレースをする男達の姿を描いた作品。原作はレースゲームの「ニード・フォー・スピード」。出演は、テレビシリーズ「ブレイキング・バッド」のアーロン・ポール、「恋人まで1%」のイモージェン・プーツ、「フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ」のダコタ・ジョンソン。

ネタバレを読む