アクション映画のネタバレあらすじ一覧(5ページ目)

邦画、洋画を問わず、話題の新作からおすすめの名作まで、様々なアクション映画をまとめています。アクション映画は、銃撃戦や格闘技、戦争、スパイ、特殊部隊、カーチェイスなどが題材に使われていることが多く、大迫力の映像とアクションが見物です。

エンジェル・オブ・デス(2009年)の紹介:2009年の映画。脳に損傷を受けた殺し屋が、殺した人物の幻覚を見始めて、彼らの復讐を行っていく姿を描いた作品。主演は「キル・ビル」シリーズでスタントを務め、ベストスタント賞を受賞したこともあるゾーイ・ベル。「ヘルボーイ」シリーズに出演したダグ・ジョーンズや「パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々」に出演したジェイク・アベルも出演。

ネタバレを読む

ビバリーヒルズ・コップ2の紹介:1987年公開のアメリカ映画。大ヒットした「ビバリーヒルズ・コップ」の続編。現金強奪事件に挑む刑事のハチャメチャな活躍を描いた作品。主演は前作同様、エディー・マーフィ。監督は「エネミー・オブ・アメリカ」のトニー・スコット。制作は「アルマゲドン」のジェリー・ブラッカイマーと「ザ・ロック」のドン・シンプソン。音楽担当は前作と同じで「トップガン」のハロルド・フォルターメイヤー。

ネタバレを読む

フルスロットルの紹介:2014年公開。凄腕の刑事と驚異的な身体能力を持つ男がタッグを組み、爆弾を阻止する姿を描いている。2004年の「アルティメット」のハリウッドリメイク作品。脚本はオリジナル版と同じで「96時間」のリュック・ベンソン。監督は「トランスポーター イグニッション」のカミーユ・ドゥラマーレ。主演は「ワイルド・スピード」シリーズのポール・ウォーカー。彼の最期の主演作。

ネタバレを読む

エンド・オブ・キングダムの紹介:2016年公開のアメリカ映画。ジェラルド・バトラーが最強のシークレットサービスを演じたアクション『エンド・オブ・ホワイトハウス』の続編。イギリスの首相の葬儀のためにロンドンを訪れた各国首脳がテロに遭遇し、アメリカ大統領を守るために戦うシークレットサービスの活躍が描かれる。大統領役のアーロン・エッカートらが前作に引き続き出演する。

ネタバレを読む

バトルフロントの紹介:2013年公開。元麻薬潜入捜査官が、壊滅させた麻薬組織から報復を受けて、娘を守るためにたった一人で立ち向かう姿を描いた作品。監督は「サウンド・オブ・サイレンス」のゲイリー・フレダー。脚本は「ロッキー」のシルヴェスター・スタローン。出演は「トランスポーター」シリーズのジェイソン・ステイサム、「127時間」のジェームズ・フランコ、「若草物語」のウィノナ・ライダー、「ブルークラッシュ」のケイト・ボスワース。

ネタバレを読む

ビバリーヒルズ・コップの紹介:1984年公開のアメリカ映画。腕は良いけど問題児の警官が、麻薬組織を相手に大活躍する姿を描いている。「ビバリーヒルズ・コップ」シリーズの第一作目にあたる作品。主演は「ドクター・ドリトル」のエディ・マーフィ。今作で彼は一躍スターの仲間入りを果たした。監督は「ジョー・ブラックをよろしく」のマーティン・ブレスト。音楽はハロルド・フォルターメイヤーで、今作のサウンドトラックでグラミー賞を受賞。主題歌はグレン・フライの「Heat Is On」。

ネタバレを読む

ROCK YOU!の紹介:2001年公開。中世ヨーロッパを舞台に、平民出身の若者の活躍をロックミュージックをバックに描いた作品。監督は「42 ~世界を変えた男~」のブライアン・ヘルゲランド。音楽は「トワイライト」シリーズのカーター・バーウェル。主演は「ブロークバック・マウンテン」のヒース・レジャー。彼のハリウッドでの初主演作。

ネタバレを読む

彼岸島の紹介:2010年公開の日本映画。松本光司の同名人気コミックを「火山高」のキム・テギュン監督が実写化した、サバイバル・アクション。吸血鬼の巣くう孤島を舞台に、行方不明の兄を探す高校生の死闘を描く。

ネタバレを読む

アドレナリンの紹介:2006年公開。アドレナリンを出し続けなければ死ぬ毒を盛られた主人公が、様々な方法でアドレナリンを出しながら復讐を行う姿を描いた作品。アドレナリンシリーズの一作目。監督は「ゴーストライダー2」のマーク・ネヴェルダインとブライアン・テイラー。主演は「トランスポーター」シリーズのジェイソン・ステイサムと「バタフライ・エフェクト」のエイミー・スマート。

ネタバレを読む

プリズン・サバイブの紹介:2008年公開の監獄アクション映画。家族を守るために強盗を殺した男が、刑務所に入って苦難を乗り越えていく姿を描いた作品。主演・製作総指揮に「バック・ビート」のスティーヴン・ドーフ。「ドアーズ」のヴァン・キルマー、「マトリックス」シリーズなどに出演したハロルド・ペリノー、「今そこにある危機」のアン・アーチャー、「ライトスタッフ」のサム・シェパード。

ネタバレを読む

THE NEXT GENERATION パトレイバー 首都決戦の紹介:2015年公開。人気アニメ「機動警察パトレイバー」の新作を実写映画化した作品。人間型機械のレイバーによる犯罪に対抗するために組織された、警視庁警備部特科車両二課第二小隊の活躍を描いている。このパトレイバーシリーズでは最後の作品で、ディレクターズカット版と比べて27分の短縮版となっている。総監督は「イノセンス」の押井守。今作では「警視庁失踪人捜査課」の森カンナ、「東京センチメンタル」の吉田鋼太郎が出演。

ネタバレを読む

THE NEXT GENERATION パトレイバー/第7章の紹介:2015年公開。人気アニメ「機動警察パトレイバー」の新作を実写映画化した作品。人間型機械のレイバーによる犯罪に対抗するために組織された、警視庁警備部特科車両二課第二小隊の活躍を描いている。実写版のパトレイバーシリーズでは7作目にあたり、総集編とエピソード12が描かれている。総監督は「イノセンス」の押井守。今作ではキングオブコメディの今野浩喜や香川耕二が出演。

ネタバレを読む

THE NEXT GENERATION パトレイバー/第6章の紹介:2014年公開。人気アニメ「機動警察パトレイバー」の新作を実写映画化した作品。人間型機械のレイバーによる犯罪に対抗するために組織された、警視庁警備部特科車両二課第二小隊の活躍を描いている。実写版のパトレイバーシリーズでは6作目にあたり、エピソード10と11が描かれている。総監督は「イノセンス」の押井守。今作では「腐女子彼女。」の大東駿介、鶴瓶の息子の駿河太郎が出演。

ネタバレを読む

THE NEXT GENERATION パトレイバー/第5章の紹介:2014年公開。人気アニメ「機動警察パトレイバー」の新作を実写映画化した作品。人間型機械のレイバーによる犯罪に対抗するために組織された、警視庁警備部特科車両二課第二小隊の活躍を描いている。実写版のパトレイバーシリーズでは5作目にあたり、エピソード8と9が描かれている。総監督は「イノセンス」の押井守。出演は「リアル鬼ごっこ」の真野恵里菜、「ドッジGO!GO!」の筧利夫。今作では「極道の妻たち」の高島礼子、「ガメラ」で大迫役の螢雪次朗も出演。

ネタバレを読む