アクション映画のネタバレあらすじ一覧(5ページ目)

邦画、洋画を問わず、話題の新作からおすすめの名作まで、様々なアクション映画をまとめています。アクション映画は、銃撃戦や格闘技、戦争、スパイ、特殊部隊、カーチェイスなどが題材に使われていることが多く、大迫力の映像とアクションが見物です。

キス・オブ・ザ・ドラゴンの紹介:フランス人の悪徳警官に騙され罪を着せられ追われる身となった中国人捜査官の攻防を描いた2001年公開の米仏合作のアクション映画。マーシャルアーツの覇者ジェット・リー自身が原案をリュック・ベッソンに持ち込み製作にも参加。製作/脚本はリュック・ベッソン。アクション監督は数々の中国映画でも活躍し「ロミオ・マスト・ダイ」「トランスポーター」でも知られるコリー・ユン。共同脚本は「ダニー・ザ・ドッグ」「トランスポーター」のロバート・マーク・ケイメン。監督は「エンパイア・オブ・ザ・ウルフ」のクリス・ナオン。音楽は「ラブ・アクチュアリー」のグレイグ・アームストロング。

ネタバレを読む

メカニック(2011年)の紹介:2011年公開。証拠を残さず、機械のように完璧に暗殺をこなすメカニックと呼ばれる殺し屋の姿を描いている。1972年のチャールズ・ブロンソン主演の「メカニック」をリメイクした作品。監督は「コン・エアー」「ブラックホーク・ダウン」のサイモン・ウェスト。出演は「トランスポーター」シリーズのジェイソン・ステイサム、「パンドラム」のベン・フォスターほか。

ネタバレを読む

アルティメットの紹介:2004年公開。パリの中で隔離された無法地帯で、ギャングに仕掛けられた時限爆弾を解除するために立ち向かう二人の男の姿を描いた作品。「96時間」では監督を、「トランスポーター」では撮影を担当したピエール・モレルの初監督作品。出演は「YAMAKASI」のモデルになったパルクールの創始者ダヴィッド・ベル、「キス・オブ・ザ・ドラゴン」のシリル・ラファエリ。

ネタバレを読む

キック・アスの紹介:同名のコミックス作品を原作に、2010年に製作されたアクション・コメディ。監督は『X-MEN』シリーズや『キングスマン』などのマシュー・ヴォーン。スーパーヒーローに憧れるオタク少年が、実際にヒーローになってみたことから起こるコミカルな騒動を、ハードなバイオレンスタッチで描いたことで人気を集めた。特にクロエ・グレース・モレッツ演じる美少女ヒーローによる容赦のない殺戮描写は、多くの映画ファンの注目を集め、同時に賛否両論の話題となった。

ネタバレを読む

ネイビーシールズ(2012年)の紹介:2012年公開。アメリカ海軍特殊部隊Navy SEALsの隊員達がCIA工作員の救出からテロ阻止に動く姿を描いた作品。隊員役には現役隊員が出演し、兵器や戦闘機は本物を使用している。医師になりすまして潜入しているCIA工作員のモラレスは、麻薬武器密輸を行っているクリストの部下に拉致される。Navy SEALsに彼女の救出命令が下されるのだが…。

ネタバレを読む

エージェント・ウルトラの紹介:2016年1月公開のアメリカ映画。向精神薬によって一般市民をスパイに改造しようとする、CIAが実際に行っていたマインドコントロール・プログラムを題材にしたアクション・コメディ。ジェシー・アイゼンバーグがある日突然、エリート・スパイとして覚醒する田舎のコンビニバイト青年に、クリステン・スチュワートがその恋人役を演じる。

ネタバレを読む

三銃士/王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船の紹介:2011年公開。ダルタニアンと三銃士の活躍を壮大なVFXを駆使して描いた作品。アレクサンドル・デュマ・ペールの小説「三銃士」を原作として、「バイオハザード」シリーズのポール・W・S・アンダーソンが監督した映画。「パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々」のローガン・ラーマン、「バイオハザード」のミラ・ジョヴォヴィッチ、「パイレーツ・オブ・カリビアン」のオーランド・ブルームなど豪華キャストが出演。

ネタバレを読む

デス・レース(2008年)の紹介:2008年公開。民営化された刑務所で、改造マシンによる命がけのレースと陰謀を描いた作品。ロジャー・コーマンが1975年に制作した「デスレース2000年」を「エイリアンVS.プレデター」「バイオハザード」のポール・W・S・アンダーソンがリメイク。「トランスポーター」シリーズのジェイソン・ステイタムが主演。

ネタバレを読む

ジェイソン・ボーンの紹介:2016年10月7日公開のアメリカ映画。マット・デイモンが最強の暗殺者、ジェイソン・ボーンを演じたシリーズ前3作の流れを継ぐサスペンスアクション。すべての記憶を取り戻したはずのボーンが、自身の家族を巡る謎や、新たな敵に挑む姿を描く。トミー・リー・ジョーンズらが新たに加わり、シリーズ2作を手がけたポール・グリーングラスが監督を務める。

ネタバレを読む

ラスト・ブラッド(2008年)の紹介:2008年制作。日本刀でオニ達と戦いを繰り広げる少女の姿を描いている。アニメ「BLOOD THE LAST VAMPIRE」を実写化した作品。。主人公小夜を演じるのは「猟奇的な彼女」のチョン・ジヒョン。オニ達の主であるオニゲンは小雪が演じている。小夜は秘密組織に所属しながら米軍基地の高校に潜入する。オニゲンをおびき出すため、オニ達を始末する小夜。現場を見てしまったクラスメイトのアリスを助ける小夜だったのだが…。

ネタバレを読む

ノッキン・オン・ヘブンズ・ドアの紹介:1997年公開。病によって残された寿命が僅かな男達の人生最期の冒険を描いた作品。脳腫瘍と診断されたマーチンと骨肉腫と診断されたルディ。二人は同じ病室となって、僅かとなった命の終わりを待つだけだった。テキーラを見つけた二人は酔いつぶれながら、海を見たことのないルディの一言から病院を抜け出すことに。事故を起こしてしまったギャングが駐車していたベンツを奪って、マーチンとルディの人生最期の冒険が始まる。

ネタバレを読む

ゴーストライダー2の紹介:2012年公開のニコラス・ケイジ主演のアメリカ映画。人気コミックのダークヒーロー、ゴーストライダーの活躍を描いた作品。悪魔のロアークと契約をしてしまったジョニーは、制御できない復讐のゴーストライダーを宿して絶望していた。ロアークの息子を宿す契約をしたナディアは追手から逃げていた。神父のモローはジョニーにライダーの呪いを解く方法を教える代わりに、ナディアの息子ダニーを助けるようにと依頼する。

ネタバレを読む