アニメ映画のネタバレあらすじ一覧

日本のアニメ映画や、ディズニーのCGアニメ映画、ジブリ映画など、おすすめの新作や泣ける名作のネタバレをまとめています。アニメ映画は表現の幅が非常に広く、恋愛、ファンタジー、アクション、ホラー等、その題材や作風は多岐にわたります。

ソーセージ・パーティーの紹介:2016年公開の3Dアメリカ映画。ソーセージやパンなど食材たちが、待ち受ける過酷な運命と戦う姿を過激かつ下品な笑いと共に描き、話題を呼んだ大人向けのコメディ。日本でもグロテスクな描写、下品な言葉や描写などの理由で映倫からR15+を受けた。

ネタバレを読む

アーロと少年の紹介:2015年製作のアメリカ3Dアニメーション映画。地球に隕石が衝突せず、恐竜が絶滅を免れた架空の世界を舞台に、文明と言葉をもつ恐竜と言葉をもたない人間の少年との出会いと冒険を描く、ディズニー/ピクサーによるアドベンチャー。

ネタバレを読む

ドラえもん のび太の宇宙小戦争の紹介:1985年公開の日本アニメーション映画。映画ドラえもんシリーズ第6弾。スネ夫の趣味で特撮映画を作っていたのび太たちが知り合った宇宙人パピの窮地を救うため、ドラえもんたちが立ち上がる。

ネタバレを読む

ドラえもん のび太の大魔境の紹介:1982年公開の日本アニメーション映画。映画ドラえもんシリーズ第3弾。2014年にリメイクもされた。春休みを使ってアフリカの秘境を探検しようと考えたのび太たちと、バウワンコ王国の王子ペコたちの冒険を描く。

ネタバレを読む

ドラえもん のび太の宇宙開拓史の紹介:1981年公開の日本アニメーション映画。映画ドラえもんシリーズ第2弾。2009年にリメイクもされた。超空間での事故で生じた入り口から、開拓星・コーヤコーヤ星へ行けるようになったドラえもんとのび太たちの活躍を描く。

ネタバレを読む

ドラえもん のび太の恐竜の紹介:1980年公開の日本アニメーション映画。映画『ドラえもん』シリーズの記念すべき劇場第1弾。2006年にリメイクもされた。恐竜がいたとされる白亜紀中期を舞台に、恐竜の卵を孵化させて育てたピー助を、自然界に返そうとするのび太たちの奮闘が描かれる。

ネタバレを読む

LUPIN THE IIIRD 血煙の石川五ェ門 後篇の紹介:2017年2月公開の日本アニメーション映画。アニメ『ルパン三世』の劇場版第8弾で、前篇後篇の二部作で連続公開された。2012年放送のテレビシリーズ『LUPIN the Third -峰不二子という女-』の流れをくむスピンオフシリーズ「Lupin the Thirdシリーズ」の第3弾で、ルパンと出会う前の石川五ェ門に降りかかる試練を、アクション描写満載で描く、後篇。

ネタバレを読む

LUPIN THE IIIRD 血煙の石川五ェ門 前篇の紹介:2017年2月公開の日本アニメーション映画。アニメ『ルパン三世』の劇場版第8弾で、前篇後篇の二部作で連続公開された。2012年放送のテレビシリーズ『LUPIN the Third -峰不二子という女-』の流れをくむスピンオフシリーズ「Lupin the Thirdシリーズ」の第3弾で、ルパンと出会う前の石川五ェ門に降りかかる試練を、アクション描写満載で描く。

ネタバレを読む

宇宙戦艦ヤマト 2202 愛の戦士たち/第一章 嚆矢篇の紹介:往年の大ヒットSFアニメ『宇宙戦艦ヤマト』を現代的にリメイクした2012年の大ヒット作『宇宙戦艦ヤマト 2199』の続編。2017年3月より劇場公開された。旧作ヤマトシリーズの第2作『さらば宇宙戦艦ヤマト愛の戦士たち』のストーリーを元に、『亡国のイージス』『機動戦士ガンダム UC』などの原作者・福井晴敏がシリーズ構成と脚本を担当した。監督は、前作の出渕裕から交代し、『ブレイク ブレイド』『蒼穹のファフナー』の羽原信義が担当。前作から3年後、かつての仇敵ガミラスと同盟を結んだ地球が新たな敵ガトランティスと対決する中、時代に取り残されたヤマト乗組員たちの苦悩を描く。全7章で構成された物語のうちの第1章で、第1話『西暦2202年・甦れ宇宙戦艦ヤマト』、第2話『緊迫・月面大使館に潜行せよ』の2話で構成されている。

ネタバレを読む

パラノーマン ブライス・ホローの謎の紹介:遠い昔、魔女狩りが行われていた町に住む死者と話せる少年が魔女の災いを阻止する役目を言い渡され、町を救うために立ち上がる。
3Dストップモーションで制作されたアメリカのホラー・ファンタジーアニメ。2013年のアカデミー賞長編アニメ映画賞にノミネート、アニー賞では2部門を受賞した。

ネタバレを読む

機動戦士ガンダム THE ORIGIN IV 運命の前夜の紹介:2016年11月に劇場公開された日本のアニメ作品。『機動戦士ガンダム』のキャラクターデザインを担当した安彦良和によるコミカライズ作品『機動戦士ガンダムTHE ORIGIN』の映像化で、『THE ORIGIN I 青い瞳のキャスバル』 から始まる「シャア・セイラ編」の最終作であり、初代ガンダムの背景となっている「一年戦争」が始まる前夜を描く物語。監督は『GUNDAM EVOLVE』『機動戦士ガンダム MS IGLOO』など、数々のガンダムシリーズに携わってきた今西隆志。安彦良和自身も総監督を務め、キャラクターデザインも担当している。

ネタバレを読む

楽園追放 -Expelled from Paradise-の紹介:2014年に公開された日本のフルCGアニメーション映画。監督は『機動戦士ガンダム00』『鋼の錬金術師』などの水島精二。脚本は『魔法少女まどか☆マギカ』『仮面ライダー鎧武/ガイム』などの虚淵玄。東映アニメーションとニトロプラス合作による製作。常にアニメファンの注目を集めてきた監督・脚本のコンビの新作ということで話題となり、全国13館という限定された上映にも関わらず、公開一ヶ月で1億7千万円を越える興行収入を記録。2015年には第24回日本映画批評家大賞アニメ部門で作品賞を受賞した。

ネタバレを読む

GANTZ:0の紹介:2016年10月14日公開の日本アニメーション映画。テレビアニメや実写映画にもなった奥浩哉のコミック「GANTZ」。その中でも人気の「大阪編」をフル3DCGで劇場アニメ化。大阪を舞台に、星人と呼ばれる謎の敵と戦うハメになった人々の姿を映し出す。

ネタバレを読む

ファンタスティック Mr.FOXの紹介:2009年のアニメーション映画。「チャーリーとチョコレート工場」などで知られるロアルド・ダールの原作小説「父さんギツネバンザイ」を基に、ウェス・アンダーソンが監督した。日本公開は2011年。

ネタバレを読む