アニメ映画のネタバレあらすじ一覧(14ページ目)

日本のアニメ映画や、ディズニーのCGアニメ映画、ジブリ映画など、おすすめの新作や泣ける名作のネタバレをまとめています。アニメ映画は表現の幅が非常に広く、恋愛、ファンタジー、アクション、ホラー等、その題材や作風は多岐にわたります。

ルパン三世ルパンVS複製人間の紹介:モンキー・パンチ原作のアニメ「ルパン三世」の劇場版第一作。日本テレビ系全国ネットで放送された「ルパン三世」の第2シリーズの高視聴率を受け、約五億円かけて制作された。本作は「初期の頃の大人向けのルパンが見たいという声にお応えします」という制作趣旨が明示されており、当時放送中だった第2シリーズの広い年齢層向け作風よりも初期の第1シリーズの作品の趣向に近くなっている。1999年11月19日に『金曜ロードショー』で放送された際は視聴率19.7%を記録。これは同作がテレビ放送された中で最も高い視聴率で、劇場版作品としては2位である。

ネタバレを読む

うる星やつら2 ビューティフル・ドリーマーの紹介:高橋留美子原作「うる星やつら」の劇場版オリジナル長編アニメーションの第2作。“学園祭の前日”という1日を無限ループするあたるたちは、やがてそれが誰かの夢の世界にいるのだと気付く。1984年公開。監督・脚本:押井守、音楽:星勝。TVアニメシリーズを手がけた押井守が放った渾身の一撃…いや一作で、本作品は押井守の世界観の原点と言われている。

ネタバレを読む

ルパン三世DEADORALIVEの紹介:1996年4月20日に公開された、モンキー・パンチ原作のアニメ「ルパン三世」の劇場版第6弾。モンキー・パンチがシリーズ史上初めて監督を担当した作品である。また、前作「ルパン三世くたばれ!ノストラダムス」より、二代目ルパン三世の声優としてデビューした栗田貫一が本作品でもルパンを演じている。また、他の映画やTVシリーズと比較して、キャラクター全員が最も原作に近い風貌で描かれているのも特徴のひとつである。

ネタバレを読む

王立宇宙軍 オネアミスの翼の紹介:地球とは違う星、オネアミス王国のお話。王国には王立の宇宙軍が存在しており、「人類初の有人人工衛星」を打ち上げる計画があった。その計画に名乗りを上げたのが、これまでお気楽な人生を送っていたシロツグであった。「エヴァンゲリオン」で有名なガイナックス初の長編アニメ映画で手描きでリアルな描写を実現している。

ネタバレを読む

宇宙戦艦ヤマト2199 星巡る方舟の紹介:劇場のイベント公開やその後テレビ放映もされた「宇宙戦艦ヤマト2199」に当初は無かったエピソードで追加的に制作された作品である。時間軸としては「宇宙戦艦ヤマト2199」の第24話と第25話の間にあたる。

ネタバレを読む

ペットの紹介:2016年8月11日公開のアメリカ映画。世界中で大ヒットを記録した『ミニオンズ』のイルミネーション・スタジオとユニバーサル・スタジオが手がけた、人間のペットとして暮らす動物たちの知られざる姿を映し出すユニークなアニメ。ニューヨークで迷子になってしまった2匹の犬が大好きな飼い主のいる家に帰ろうと奮闘する姿が描かれる。

ネタバレを読む

ルドルフとイッパイアッテナの紹介:2016年8月6日公開の日本アニメーション映画。ノラ猫たちの交流を描き、ベストセラーとなった斉藤洋の児童文学を3DCGでアニメ映画化。都会で迷子になってしまった猫のルドルフが、ボス猫のイッパイアッテナと出会い、ノラ猫としての生き方を学び、絆を深めていく姿がつづられる。主人公ルドルフの声を井上真央、イッパイアッテナの声を鈴木亮平が演じる。

ネタバレを読む

トイ・ストーリー3の紹介ピクサーアニメーションの人気シリーズ、トイ・ストーリーの三作目。成長の段階で誰もが一度は経験するおもちゃとの別れ、それをおもちゃ側からの視点で描いた愉快でちょっぴり切ない作品です。

ネタバレを読む

犬夜叉時代を越える想いの紹介:高橋留美子原作漫画の劇場版第一段。戦国時代にタイムスリップした現代の少女かごめと半妖の少年犬夜叉、その仲間たちの冒険を描いた物語。漫画は週刊少年サンデーで1996年〜2008年まで連載され、テレビアニメは2000年〜2004年放送された。

ネタバレを読む

アクセル・ワールドINFINITE∞BURSTの紹介:電撃文庫の川原礫の人気ライトノベルを原作に、2012年に放送されたテレビアニメ「アクセル・ワールド」の完全新作劇場版。ネットワークによって、仮想世界にフルダイブすることが可能となった2040年代の東京を舞台に、いじめられっ子の中学生・有田春雪が、憧れの上級生・黒雪姫によって「加速世界(アクセル・ワールド)」に導かれ、数々の敵や仲間との出会いを通じて成長していく物語であり、数多くのファンに支持されている。本作は原作者本人によるオリジナルストーリーで、テレビシリーズには未登場のキャラクターたちも登場する。

ネタバレを読む

ドラゴンボールZ 復活の「F」の紹介:2015年公開の日本長編アニメーション映画。原作者・鳥山明が自ら脚本を担当した劇場版第19弾は、17年ぶりの劇場版として13年に公開された『ドラゴンボールZ 神と神』の続編。原作にも登場し、宇宙最強の存在として恐れられた“悪の帝王”フリーザが復活。圧倒的なパワーアップを果たしたフリーザと悟空やベジータとの壮絶な戦いが繰り広げられる。

ネタバレを読む

ファインディング・ドリーのあらすじ:2003年に公開され、全世界で8億6463万ドルの収益を記録したピクサー・アニメーション・スタジオ製作の3Dアニメーション作品『ファインディング・ニモ』の14年ぶりの続編。監督は前作に引き続き、アンドリュー・スタントンが担当した。
日本語吹き替え版では、前作からの引き続きの室井滋、木梨憲武に加え、上川隆也、中村アンが新たに参加している。さらに主題歌を担当した八代亜紀も水族館のアナウンス役で特別出演している。

ネタバレを読む

ベルセルク 黄金時代篇Ⅲ 降臨の紹介:前作から1年後。鷹の団と再会したガッツは協力して地下牢に囚われているグリフィスを救出するが、1年に渡って拷問を受け続けたグリフィスは変わり果てた姿になっていた。絶望し命を絶とうとするグリフィスの前に4人の守護天使(ゴッド・ハンド)が現れ、「最も大切にしているものを生贄に捧げることで夢を叶えられる」と語る。「ベルセルク 黄金時代篇」三部作、ここに完結。2013年公開(R15指定)。監督:窪岡俊之、脚本:大河内一楼、音楽:鷺巣詩郎、主題曲:平沢進。

ネタバレを読む

ファインディング・ニモの紹介:2003年公開のアメリカ映画。ディズニー&ピクサー製作の長編アニメーション作品第5弾で、2012年には同作の3D版も公開された(内容は同じ)。2016年7月16日にシリーズの次作品『ファインディング・ドリー』も公開予定。

ネタバレを読む