アニメ映画のネタバレあらすじ一覧(14ページ目)

日本のアニメ映画や、ディズニーのCGアニメ映画、ジブリ映画など、おすすめの新作や泣ける名作のネタバレをまとめています。アニメ映画は表現の幅が非常に広く、恋愛、ファンタジー、アクション、ホラー等、その題材や作風は多岐にわたります。

ゲド戦記の紹介:2006年公開の日本アニメ映画。スタジオ・ジブリ制作。アーシュラ・K・ル=グウィンの小説『ゲド戦記』の主に第3巻「さいはての島へ」を原作とし、宮崎駿の絵物語『シュナの旅』を原案としたもので、宮崎吾朗監督のデビュー作にあたる。

ネタバレを読む

名探偵コナン 戦慄の楽譜(フルスコア)の紹介:2008年公開の日本アニメ映画。劇場版『名探偵コナン』シリーズの第12作目にあたる。第32回日本アカデミー賞優秀アニメーション作品賞受賞作品。

ネタバレを読む

STAND BY ME ドラえもんの紹介:日本人なら誰でも親しんできたドラえもんの物語を3DCG化。「フレンズ もののけ島のナキ」を手がけた山崎貴と八木竜一が子供はもちろん、大人も楽しめるヒューマンドラマに仕上がっています。

ネタバレを読む

眠れる森の美女の紹介:とある国に生まれた王女様が魔女に呪いをかけられた為、森で生活をすることになります。15年後、その森で運命の相手フィリップ王子と出会うのですが・・・製作期間6年、総製作費600万ドルという、当時のアニメーション史上最高額を投じて制作された超大作です。

ネタバレを読む

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Qの紹介:2012年公開の日本アニメーション映画。一世を風靡したテレビアニメ『新世紀エヴァンゲリオン』の新劇場版全4部作の第3弾。前作よりもオリジナル要素が強く、渚カヲルを迎えクライマックスに向け話が展開する。

ネタバレを読む

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破の紹介:2009年公開の日本アニメーション映画。一世を風靡したテレビアニメ『新世紀エヴァンゲリオン』の新劇場版全4部作の第2弾。今作品以降は既存のストーリーを基盤にしつつ新たな機体やキャラクターが登場する。

ネタバレを読む

借りぐらしのアリエッティの紹介:2010年公開の日本アニメーション映画。メアリー・ノートンの児童文学「床下の小人たち」を下敷きとし、スタジオジブリの米林宏昌が監督を務めた。米林監督最新作『思い出のマーニー』が2014年7月19日から公開。

ネタバレを読む

塔の上のラプンツェルの紹介:塔の上に18年間閉じ込められているラプンツェルが夢を叶えるために外の世界へ足を踏み入れる、夢と感動に溢れたプリンセスストーリー。本作はディズニー長編映画50作目で、初の3Dプリンセス映画です。50作目に相応しい素晴らしい作品です。

ネタバレを読む

ターザンの紹介:漂流した両親と赤ちゃんが島に流れ着きやがて両親は無くなってしまいます。一人になった赤ちゃんはゴリラの母親に拾われゴリラとして育てられることになりますが、人間の女性との出会いが待っています。ディズニーの冒険アニメ映画です。主題歌You’llBeInMyHeartが話題になりました。

ネタバレを読む

映画けいおん!の紹介:軽音部に所属する少女たちの日常を描いた、大人気テレビアニメ作品の劇場版。今作はテレビシリーズでは描かれなかった卒業旅行の物語となっており、卒業を控えた軽音部の少女たちはロンドンへと旅立つのでした。

ネタバレを読む