アニメ映画のネタバレあらすじ一覧(2ページ目)

日本のアニメ映画や、ディズニーのCGアニメ映画、ジブリ映画など、おすすめの新作や泣ける名作のネタバレをまとめています。アニメ映画は表現の幅が非常に広く、恋愛、ファンタジー、アクション、ホラー等、その題材や作風は多岐にわたります。

名探偵コナン 純黒の悪夢(ナイトメア)の紹介:2016年公開の日本アニメーション映画。劇場版『名探偵コナン』シリーズの第20作目にあたる。コナンの体を小さくしてしまった張本人である黒ずくめの組織の構成員ジンや、FBI捜査官の赤井、公安警察の安室らが登場し、記憶喪失の女性とのエピソードや、原作でも謎の部分が多い、黒ずくめの組織の内部が明らかになる。

ネタバレを読む

名探偵コナン 江戸川コナン失踪事件~史上最悪の二日間~の紹介:2014年12月に放送された日本アニメーションドラマ。テレビアニメ『名探偵コナン』の、原作連載20周年を記念して製作されたスペシャル番組。毛利蘭と灰原哀と一緒に銭湯へやって来たコナン。ところが、コナンが転倒し、記憶喪失になってしまう…。

ネタバレを読む

名探偵コナン 絶海の探偵(プライベート・アイ)の紹介:2013年公開の日本アニメーション映画。劇場版『名探偵コナン』シリーズの第17作目にあたる。海上自衛隊の最新イージス艦に乗り込んだコナンらが、艦内で発生した自衛隊員殺害事件の謎に挑む。海上自衛隊の全面協力を得て、アニメとはいえ、国家機密でもある最新鋭自衛艦の内部が描かれるという点にも注目。

ネタバレを読む

名探偵コナン 11人目のストライカーの紹介:2012年公開の日本アニメーション映画。劇場版『名探偵コナン』シリーズの第16作目にあたる。Jリーグ設立20周年記念プロジェクトの一環として、ガンバ大阪をはじめとする実在のチームや選手が続々登場。臨場感あふれるサッカーシーンを織り交ぜながら、謎めいた脅迫事件の真相に迫る。

ネタバレを読む

超時空要塞マクロス 愛・おぼえていますかの紹介:1984年公開の日本のアニメ映画。1982年から放送され、斬新なメカ設定や美少女キャラ、そして壮大なSF設定などが話題となって大人気となったテレビアニメ『超時空要塞マクロス』の劇場版である。監督は石黒昇と、チーフメカデザイナー出身の河森正治との共同で、脚本は富田祐弘。映画化に際してテレビ版の設定を一新してストーリーも再構成され、大きく違う作品として製作された。ハードなメカアクションとアイドルソングと恋愛ドラマという要素をミックスさせた本作の魅力は数多くのファンを集め、「マクロス」シリーズとしてオリジナルビデオ作品やテレビシリーズが何作も作られている。

ネタバレを読む

名探偵コナン 銀翼の奇術師(マジシャン)の紹介:2004年公開の日本アニメーション映画。劇場版『名探偵コナン』シリーズの第8作目にあたる。東京・汐留を舞台に、名探偵コナンがライバルである怪盗キッドのトリックに翻弄されつつも、難事件の解決に挑む。

ネタバレを読む

パンダコパンダ 雨ふりサーカスの紹介:ミミ子とパパンダ・パンが暮らす街にサーカスがやってくるが、大雨が降ったせいで騒動が起きる。前年に公開された『パンダコパンダ』の続編で1973年の中篇アニメーション作品。スタッフは前作同様、のちにジブリを設立する高畑勲や宮崎駿。媒体によってはタイトルが『パンダコパンダ 雨ふりサーカスの巻と表記されているものもある。

ネタバレを読む

パンダコパンダの紹介:天真爛漫な女の子ミミ子と、不思議なパンダの親子パパンダとパンの交流物語。1972年公開の劇場用アニメーション。監督は高畑勲、原案・原画・脚本・画面設定は宮崎駿。高畑・宮崎両氏にとって、一番大切な作品と言われている。翌年に続編の『パンダコパンダ 雨降りサーカス』が公開された。

ネタバレを読む

機動戦士ガンダムIII めぐりあい宇宙編の紹介:1982年に公開されたアニーション映画。人気テレビアニメ『機動戦士ガンダム』の劇場版3部作の完結編である。テレビシリーズの第31話後半から第43話までを再編集したもので、宇宙に上がった主人公たちのさまざまな人との出会いと、敵との最終決戦が描かれる。監督は前作までと同じく富野喜幸(現在では富野由悠季)。またテレビシリーズでは病気のため降板した作画担当の安彦良和が復帰し、多くのカットを新規に描き直したことで、作画のクオリティは格段に向上している。本作で描かれた連邦とジオンとの決戦は、その後いくつも作られたゲームで繰り返し描かれて数多くのマニアに親しまれている。また本作以降もガンダムのブームは続き、プラモデルではオリジナルのMSV(モビルスーツ・バリエーション)が展開された後、1985年には続編としてテレビシリーズ『機動戦士Zガンダム』が製作された。

ネタバレを読む

機動戦士ガンダムII 哀・戦士編の紹介:1981年7月に公開されたアニメーション作品。テレビシリーズ『機動戦士ガンダム』の再編集映画版であり、同年2月に公開された劇場版に続く2作目である。監督は1作目と同じく富野喜幸(現在では富野由悠季)。テレビシリーズの第16話から第31話を中心に編集され、地上での転戦と再び宇宙に向かうまでが描かれる。

ネタバレを読む

機動戦士ガンダムの紹介:1979年より放送され、放送終了後に発売されたプラモデル、通称ガンプラによって一大ブームを起こし、以後30年以上にわたってシリーズが制作されてきた同名テレビアニメ作品の再編集劇場版。新作カットを追加し、ストーリーや設定を改変して独立した劇場用映画として製作された。監督は富野喜幸(現在では富野由悠季)。この最初のガンダムは「ファーストガンダム」などとマニアの間で呼ばれ、放送から30年を経た現在でも数多くのファンに支持され、プラモデルやフィギュア、ゲームなどが頻繁に発売されている。その後のテレビアニメーションにも大きな影響を与え、日本のアニメーションの歴史に残る作品と言える。この劇場版が初めて公開された時も、関係者の予想を超える大ヒットを記録した。

ネタバレを読む

名探偵コナン ベイカー街の亡霊の紹介:2002年公開の日本アニメーション映画。劇場版『名探偵コナン』シリーズの第6作目。キャッチコピーは「待ってろ…絶対、また逢えっから…」「夢か幻か!?歴史の迷宮に隠された真実をつかめ!」。19世紀末ロンドンに歴史の光と闇として存在した、シャーロック・ホームズと切り裂きジャックを大きなテーマにしている。

ネタバレを読む

ウォレスとグルミット、危機一髪の紹介:1995年製作のイギリス映画。世界中に熱狂的なファンを持つ、イギリスの名アニメ工房アードマン・スタジオによる人気クレイアニメーション。発明家ウォレスと、しっかり者の犬のグルミットのコンビが織りなすシリーズの第3弾で、羊のショーンの初お目見えの回でもある。

ネタバレを読む

ウォレスとグルミット チーズ・ホリデーの紹介:1990年製作のイギリス映画。世界中に熱狂的なファンを持つ、イギリスの名アニメ工房アードマン・スタジオによる人気クレイアニメーション。発明家ウォレスと、しっかり者の犬のグルミットのコンビが織りなすシリーズの記念すべき第1作。

ネタバレを読む