アニメ映画のネタバレあらすじ一覧(2ページ目)

日本のアニメ映画や、ディズニーのCGアニメ映画、ジブリ映画など、おすすめの新作や泣ける名作のネタバレをまとめています。アニメ映画は表現の幅が非常に広く、恋愛、ファンタジー、アクション、ホラー等、その題材や作風は多岐にわたります。

クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶジャングルの紹介:2000年公開の日本アニメーション映画。テレビアニメ『クレヨンしんちゃん』の劇場作第8弾。南海の孤島を舞台に、お馴染みの嵐を呼ぶ幼稚園児・しんちゃんが世界征服を企む悪者相手に活躍する。

ネタバレを読む

クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ黄金のスパイ大作戦の紹介:2011年公開の日本映画。テレビアニメ『クレヨンしんちゃん』の劇場作第19弾。今作では主人公のしんのすけがスパイとなって、あるミッションに挑んでいく。スパイとして変装し、秘密道具を操る姿をユニークに描写。定番のおバカなシーンが繰り広げられる一方、しんのすけの家族の間にも秘密が生まれることに。

ネタバレを読む

クレヨンしんちゃん 超時空!嵐を呼ぶオラの花嫁の紹介:2010年公開の日本映画。テレビアニメ『クレヨンしんちゃん』の劇場作第18弾。原作者・臼井儀人の没後の第1作でもある。自分を救うはめになったしんのすけが、将来の花嫁とともに未来都市で大暴れする。

ネタバレを読む

クレヨンしんちゃん オタケベ! カスカベ野生王国の紹介:2009年公開の日本映画。テレビアニメ『クレヨンしんちゃん』の劇場作第17弾。カスカベの街で密かに進む“人類動物化計画”の恐ろしい陰謀を食い止めようと、しんのすけと仲間たちが大活躍する。

ネタバレを読む

マクロス7 銀河がオレを呼んでいる!の紹介:1995年のアニメ映画。テレビアニメシリーズ『マクロス7』の番外編として製作され、『マクロスプラス MOVIE EDITION』の同時上映作品として劇場公開された。テレビシリーズの途中に位置づけられる番外編的なエピソードである。同シリーズは1982年のテレビアニメ『超時空要塞マクロス』の続編として製作されたもので、太古の昔に遺伝子操作で戦闘用に作られた巨人「ゼントラーディ」の脅威から逃れるため、宇宙移民を進める船団マクロス7を舞台に、他の生命体の生体エネルギーを奪う謎の敵「プロトデビルン」の襲撃と、熱血漢のロックボーカリスト・熱気バサラの活躍を描く物語である。

ネタバレを読む

クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ! アッパレ戦国大合戦の紹介:2002年公開の日本アニメーション映画。テレビアニメ『クレヨンしんちゃん』の劇場作第10弾。野原家のある春日部の戦国時代の夢が出てきて…。本作を原案とした時代劇作品『BALLAD 名もなき恋のうた』が、草彅剛、新垣結衣、武井証ら出演、山崎貴監督で2009年に製作された。

ネタバレを読む

クレヨンしんちゃん 暗黒タマタマ大追跡の紹介:1997年公開の日本アニメーション映画。テレビアニメ『クレヨンしんちゃん』の劇場作第5弾。世界征服の鍵を握る不思議なタマをめぐるオカマ3兄弟とホステス軍団の争いに、おなじみしんちゃんたちが巻き込まれて大騒ぎを展開する。

ネタバレを読む

鬼神伝の紹介:2011年公開のアニメ映画。平安時代にタイムスリップして、人と鬼との戦いに巻き込まれた少年の姿を描いた作品。高田崇史の冒険小説が原作。監督は劇場版「スプリガン」の川崎博嗣。音楽は「カムイの剣」の宇崎竜童。主題歌は福原美穂で「STARLIGHT」。主演の声優を務めたのは「終わりのセラフ」の小野賢章。石原さとみや中村獅童も声優に参加。

ネタバレを読む

ほしのこえの紹介:2002年公開の日本アニメーション映画。『君の名は。』が大ヒットした新海誠・監督の初の劇場公開作品。本作は携帯電話のメールをモチーフに、宇宙に旅立った少女と地球に残った少年の遠距離恋愛を描く。DVD特典として『彼女と彼女の猫』モノクロアニメ入り。

ネタバレを読む

名探偵コナン 沈黙の15分(クォーター)の紹介:2011年公開の日本アニメーション映画。劇場版『名探偵コナン』シリーズの第15作目にあたる。都知事の殺人予告によってもたらされた地下鉄トンネル爆破事件と新潟県の雪山で起こる殺人事件という2つの謎に挑む。冬の雪山を舞台に、劇場版ならではのスケール感で物語が展開!

ネタバレを読む

名探偵コナン 天空の難破船(ロスト・シップ)の紹介:2010年公開の日本アニメーション映画。劇場版『名探偵コナン』シリーズの第14作目にあたる。人気キャラクターの怪盗キッドが登場し、巨大飛行船を舞台に、コナンと空中で壮絶な頭脳戦を繰り広げる。

ネタバレを読む

機動戦士ガンダム THE ORIGIN III 暁の蜂起の紹介:2016年に劇場公開された日本のアニメ作品。『機動戦士ガンダム』のキャラクターデザインを担当した安彦良和によるコミカライズ作品『機動戦士ガンダムTHE ORIGIN』の映像化作品で、『THE ORIGIN I 青い瞳のキャスバル』 『THE ORIGIN II 哀しみのアルテイシア』に続く3作目。人気キャラクター、シャア・アズナブルの成長を描く物語であると同時に『機動戦士ガンダム』という作品の前史にあたる物語でもある。監督は『GUNDAM EVOLVE』『機動戦士ガンダム MS IGLOO』など、数々のガンダムシリーズに携わってきた今西隆志。安彦良和自身も総監督を務め、キャラクターデザインも担当している。

ネタバレを読む

機動戦士ガンダム THE ORIGIN II 哀しみのアルテイシアの紹介:2015年に劇場公開された日本のアニメ作品。『機動戦士ガンダム』のキャラクターデザインを担当した安彦良和によるコミカライズ作品『機動戦士ガンダムTHE ORIGIN』の映像化作品であり、『THE ORIGIN I 青い瞳のキャスバル』に続き、人気キャラクター、シャア・アズナブルの成長を描く『シャア・セイラ編』の後編をアニメ化したもの。監督は『GUNDAM EVOLVE』『機動戦士ガンダム MS IGLOO』など、数々のガンダムシリーズに携わってきた今西隆志。安彦良和自身も総監督を務め、キャラクターデザインも担当している。

ネタバレを読む

グスコーブドリの伝記の紹介:大飢饉が起き少年ブドリは家族と生き別れてしまう。幾多の困難や自然災害に見舞われながらも、ブドリはイーハトーブの人々を救済しようと立ち向かう。宮沢賢治の晩年の同名原作を、静止画を中心に映像化した。監督は多くのアニメ作品を手がけた宇井孝司。1998年の作品。

ネタバレを読む