コメディ映画のネタバレあらすじ一覧(17ページ目)

女子ーズの紹介:桐谷美玲、有村架純、高畑充希、山本美月、藤井美菜ら、若手の美人女優たちが地球を守る戦隊5人組「女子ーズ」を演じるアクションコメディ作品。脚本家、監督、演出家として数多くのコメディ作品を手掛けてきた福田雄一が監督を務めた。

ネタバレを読む

ビバリーヒルズ・チワワの紹介:ビバリーヒルズでセレブな暮らしをしているチワワのクロエは旅行先のメキシコで犬の窃盗団に誘拐されるが元警察犬のデルガドに助けられる。窃盗団とその手先のドーベルマンから追われるクロエは果たして無事にビバリーヒルズに帰れるのか?2008年米国。監督:ラジャ・ゴズネル。犬目線で作られた犬たちが主役のディズニーの実写映画。台詞をしゃべっているかのように口を動かし、台本通りに演技する犬たちは専門の俳優犬ばかりではなく、中には保護施設で処分される寸前だった犬もたくさん含まれていた。(クロエの相手役のパピや、デルガドを演じた5頭のジャーマン・シェパードの中の2頭など)それらの犬たちは訓練を受けて映画に出演した後は、それぞれ飼い主が見つかり引き取られて行った。

ネタバレを読む

マイ・インターンの紹介:2015年公開のアメリカ映画。ニューヨークのオンラインサイトのCEOとして働くキャリアウーマンが、40歳年上のアシスタントとの出会いを機に、成長していく姿を描くコメディタッチのヒューマンドラマ。アン・ハサウェイがスマートで美しいヒロインを熱演、名優ロバート・デ・ニーロとの初共演にも注目。

ネタバレを読む

ぼくの妻はシャルロット・ゲンズブールの紹介:フランスの最強遺伝子を持つシャルロット・ゲンズブールを妻に持った男の、悩み多き日常を描いたラブコメディ。
私生活でもパートナーである、シャルロットとイヴァン・アタルが 夫婦役を演じ話題となった。イヴァン・アタルは監督・脚本も担当。2001年公開のフランス映画で、原題は『MA FEMME EST UNE ACTRICE』(訳:僕の妻は女優)

ネタバレを読む

ショーン・オブ・ザ・デッドの紹介:2004年にイギリスで公開された。発表当時はホラー映画とジャンル分けされていたが、今ではコメディ映画として扱われている。主人公はサイモン・ペッグが務める。日本では劇場未公開。

ネタバレを読む

サンバの紹介:前作「最強のふたり」の大ヒットを受けて、再度監督と主演俳優がタッグを組んだ、笑って泣けるラブコメディ。運はないけれど明るい移民青年と元キャリアの燃え尽き症候群のフランス人女性の恋と、移民問題を抱えるフランスのシビアな背景を描き、複層的な感情を呼び起こす作品。

ネタバレを読む

バチェロレッテあの子が結婚するなんて!の紹介:高校の同級生でさえないベッキーが結婚すると聞いて、美女軍団として校内で名をはせていたレーガン・ジェナ・ケイティは素直に祝福できずにいました。前夜祭のバチェロレッテパーティーで、なんとベッキーのウェディングドレスを破ってしまし、大騒ぎ!なんとか挙式に間に合わせるために奔走します。

ネタバレを読む

フィレーネのキライなことの紹介:わがままでトラブルメーカー。恋なんて長続きしないフィレーネが、初めて本当の恋に落ちた。美しい女性たちが吐き出すお下劣な言葉や、オープンな性描写が満載で、破茶滅茶だけど胸キュンのラブコメディ。原題は『 Phileine Zegt Sorry(Phileine Says Sorry)』。制作国オランダでは2003年に公開され、大ヒットした作品。日本では2007年に劇場公開。

ネタバレを読む

ラスト・ホリデイの紹介:ごく平凡な女性ジョージアが、余命3週間を宣告された事から、最後に好きなことをして思いっきり生きてやろうと決意。奔放になった彼女の周りで巻き起こる騒動と、周りの人物との心の交流を描いたハートフル・コメディです。

ネタバレを読む

SEXテープの紹介:2014年製作のアメリカ映画。『バッド・ティーチャー』のジェイク・カスダン監督が、キャメロン・ディアスとジェイソン・シーゲル共演で再びメガホンをとったドタバタコメディ。寝室での夜の営みを録画することで夫婦関係を改善しようと試みるカップルの姿を描く。

ネタバレを読む

インファナル・アンフェア 無間笑の紹介:香港ノワール映画の金字塔「インファナル・アフェア」の完全パロディ化作品。警察学校の落ちこぼれ3人組ヤン、キョン、デブ公はリック警視に潜入捜査を命じられ、学校を追い出されてアホな雑魚ヤクザのサムの手下になる。本家「インファナル・アフェア」のショーン・ユー、チャップマン・トゥ、エリック・ツァンが出演し、本家の名シーンを同じロケーション・カメラアングルとよく似た音楽で再現。香港映画界の奥行の深さを窺い知ることのできる作品である。2004年香港。脚本・監督・制作総指揮:バリー・ウォン。インファナル・アフェア3部作を観る際に、もし2作目の「インファナル・アフェア 無間序曲」の前にこの作品を観てしまうと、2作目以降の鑑賞がかなりびみょうな気分になってしまうので要注意。

ネタバレを読む

きっとここが帰る場所の紹介:派手なメイクやファッションをした主人公のシャイアンは元ロックスター。ひっそりと妻と暮らしていたが、父の危篤を知りアメリカへと向かうことに。父はホロコーストを生き延び、ナチスの隊員であったアロイス・ランゲを追っていた。それを知ったシャイアンは何かを感じ、ランゲを探す旅にでる。

ネタバレを読む

博士の異常な愛情 または私は如何にして心配するのを止めて水爆を愛するようになったかの紹介:スタンリー・キューブリック監督、ピーター・セラーズ主演のアメリカ映画。核戦争による人類滅亡の危機を描いたブラックコメディ。日本公開は1964年。

ネタバレを読む