コメディ映画のネタバレあらすじ一覧(2ページ目)

マザーズ・デイの紹介:2016年公開のアメリカ映画。それぞれ複雑な事情を抱えた人々が、母の日を迎える様を描いている。名匠ゲイリー・マーシャル監督の遺作となった作品で、家族と愛の絆をテーマに贈る傑作。ジュリア・ロバーツ、ジェニファー・アニストンなど豪華キャストが出演。

ネタバレを読む

腑抜けども、悲しみの愛を見せろの紹介:2007年公開の日本映画。本谷有希子による戯曲を原作としたブラックコメディ。主演は佐藤江梨子、監督は「紙の月」などで知られる吉田大八。劇中に登場する漫画は、ホラー漫画家の呪みちるが手がけたものである。

ネタバレを読む

アイ・アム・キューブリック!の紹介:2005年製作のイギリス&フランス合作映画。1990年代のイギリスで映画監督スタンリー・キューブリックになりすました詐欺師アラン・コンウェイを描いた犯罪コメディ映画。多少脚色はしているが、当事件は本当にあり、うそのような、本当の話。

ネタバレを読む

恋するパリのランデヴーの紹介:2012年製作のフランス映画。女の子を口説くことを生きがいにしている作曲家の男性が、ふとしたきっかけで知り合った女性に惹かれて、絆を深めていく様を描いた作品。ジェームズ・ユットがメガホンをとり、ソフィー・マルソー主演で贈るロマンチック・ラブ・コメディ。

ネタバレを読む

ダーティ・グランパの紹介:2016年製作のアメリカ映画。マジメな弁護士と自由奔放な祖父による珍道中を描く、ザック・エフロン&ロバート・デ・ニーロ主演のコミカルなロードムービー。デ・ニーロがハチャメチャな役どころで笑いを誘い、エフロンはコミカルな役を振り切って演じ、お得意の歌やダンスを披露する。

ネタバレを読む

ヘンリー・アンド・ザ・ファミリーの紹介:2012年公開のアメリカ映画。天才少年と風変わりな家族の愛と再生の物語を描いた作品。ジュリア・ロバーツが製作総指揮を務め、ジェイソン・スペヴァック、トニ・コレット、マイケル・シーンらが出演した。

ネタバレを読む

帰ってきたヒトラーの紹介:2015年製作のドイツ映画で、同国の作家ティムール・ヴェルメシュによる同名の風刺小説を映画化したブラックコメディ。2014年、死んだはずのヒトラーが現代に蘇り、70年前と同じようにドイツ国民の心を鷲掴みにしていく。

ネタバレを読む

フランス、幸せのメソッドの紹介:2011年公開のフランス映画。不幸続きのシングルマザーが、ある男性の家政婦に雇われることになって起こる騒動を描いた作品。セドリック・クラピッシュが監督・脚本を務めたハートフル・コメディ。

ネタバレを読む

ウソから始まる恋と仕事の成功術の紹介:2009年公開のアメリカ映画。ウソを知らない世界を舞台に、突然ウソをつくことができるようになった男が、世界に変化をもたらしていく様を描いている。リッキー・ジャーヴェイスやジェニファー・ガーナーら出演で贈るロマンチック・コメディ。

ネタバレを読む

ホテル・ハイビスカスの紹介:天真爛漫な少女美恵子の家族や出会った人々との交流や、美恵子のひと夏の冒険を沖縄の風土を背景に描いた痛快コメディ。
原作は1980年代に発刊された仲宗根みいこの同名コミック。『ナビィの恋』で一躍注目された中江裕司監督が4年ぶりにメガホンを取り、主人公を少女に絞って2002年に映画化した。東京国際映画祭審査員特別賞受賞作。

ネタバレを読む

迷い婚 -すべての迷える女性たちへ-の紹介:2005年製作のアメリカ映画。プロポーズされて結婚に悩む女性が、自分の母親と関係を持った男性を探す旅にでる姿を描いた作品。監督はロブ・ライナー、製作総指揮にはジョージ・クルーニーやスティーヴン・ソダーバーグらが名を連ねる。主演はジェニファー・アニストン、共演にはケヴィン・コスナーやシャーリー・マクレーンなど豪華。

ネタバレを読む