コメディ映画のネタバレあらすじ一覧(2ページ目)

普通じゃないの紹介:1997年製作のイギリス・アメリカ合作のブラックコメディ映画。監督を務めたのは、後に「スラムドッグ$ミリオネア」でアカデミー賞作品賞を獲得するダニー・ボイルで、主演を務めたのは同じくダニー・ボイル監督の「トレインスポッティング」で高い評価を受けたユアン・マクレガー。ヒロインはキャメロン・ディアスが演じた。主人公の男女二人が真実の愛に辿り着くために波乱万丈な日々を過ごす様を描く。

ネタバレを読む

ダウンタウン物語の紹介:1976年製作のイギリスのミュージカル映画。出演の多くは子役俳優で、そのため、ギャングの激しい抗争を描いた映画ながら愉快で楽しい物語となっている。弱冠13歳のジョディ・フォスターが歌姫として出演しており、主人公らギャングを惑わせる妖艶なキャラクターを好演している。

ネタバレを読む

余命90分の男の紹介:いつも怒ってばかりいる初老のヘンリー。彼に腹を立てた医師が告げたのは余命90分という嘘だった。2014年に亡くなった名優ロビン・ウィリアムズの最後の主演作となったハートフル・コメディ。2014年製作のアメリカ映画。日本では『未体験ゾーンの映画たち2015』で公開された。

ネタバレを読む

迷子の警察音楽隊の紹介:2007年公開のイスラエル映画。90年代のイスラエルを舞台に、現地に迷い込んだ音楽隊の団員と現地の人々との触れ合いを描いている。エラン・コリリン監督の長編映画デビュー作。カンヌ国際映画祭で3部門受賞するなど、海外の賞を多数受賞した作品。

ネタバレを読む

ハードウェア・ウォーズの紹介:『スター・ウォーズ』の元祖パロディ。ハードウェア(家電)でSF作品を再現した抱腹絶倒?!の短編映画。フェイクの予告編として製作された。本家ジョージ・ルーカス監督がお気に入りだと公言した1977年製作の映画で、世界で20以上の映画賞に輝いている。監督は本家作品にも携わったアーニー・フォセリアス。日本では未公開の作品で、2013年に待望のDVD化となった。

ネタバレを読む

荒野はつらいよ~アリゾナより愛をこめて~の紹介:2014年公開のアメリカ映画。『テッド』のセス・マクファーレン監督が自ら主人公を演じる、コミカルな西部劇。銃も撃ったことのないオタク青年が、ミステリアスな美女と知り合ったのをきっかけに、悪党に戦いを挑んでいく姿が描かれる。

ネタバレを読む

素敵な相棒 ~フランクじいさんとロボットヘルパー~の紹介:2012年制作のアメリカ映画。元泥棒の老人と最新型のロボットが、絆と友情を育んていく姿を描いている。ジェイク・シュライアー監督の異色のコメディドラマで、フランク・ランジェラ主演で贈る作品。

ネタバレを読む

キラー・スナイパーの紹介:2011年公開のアメリカ映画。多額の借金を背負った男性が、殺し屋に母親殺しを頼んで、家族と共に保険金を手に入れるために起こる騒動を描いた作品。ウィリアム・フリードキンが監督、トレイシー・レッツが脚本・原作、マシュー・マコノヒーとエミール・ハーシュ主演で贈るアメリカ合衆国の南部ゴシック・コメディ。

ネタバレを読む

ライラにお手あげの紹介:2007年公開のアメリカ映画。新婚早々に妻の豹変ぶりに幻滅した男性が、理想の女性と出会ってしまってドタバタする姿を描いている。1972年の「ふたり自身」のリメイク。ブルース・J・フリードマンの「A Change Of Plan」が原作。監督はファレリー兄弟が務め、ベン・スティラー主演で贈る作品。

ネタバレを読む

イン&アウトの紹介:1997年製作のアメリカ映画。結婚式を目前に控えた高校教師が、オスカー賞授賞式で自分の教え子にゲイだと公表されたことから巻き込まれる騒動を描いた映画。トム・ハンクスが「フィラデルフィア」(93)でアカデミー主演男優賞を受賞した際、スピーチでゲイである恩師に感謝した実話を基に作られた。

ネタバレを読む

人喰猪、公民館襲撃す!の紹介:韓国の山合いの小村で発生した無差別連続殺人事件が巨大な人喰いイノシシの仕業と知った村人たちの攻防を描く2009年制作のモンスターパニック・コメディ。原題は「차우(Chaw/チャウ)」(”捕獲罠””噛む””喰い尽くす””不出来な”などの意)。監督/脚本は「漁村の幽霊パクさん、出張す」のシン・ジョンウォン。音楽は「王になった男」のキム・ジュンソン。出演は「家族の誕生」のオム・テウン、「トガニ 幼き瞳の告発」のチョン・ユミ他、チャン・ハンソン、ユン・ジェムンなどベテラン俳優らが脇を固めている。

ネタバレを読む