コメディ映画のネタバレあらすじ一覧(2ページ目)

ポルノ☆スターへの道の紹介:2011年公開。両親が昔ポルノスターだったことを知った青年が、ポルノスターを目指していく姿を描いた作品。脚本・制作には「再会の街で」のアダム・サンドラーが参加。出演は「バッファロー’66」のクリスティーナ・リッチ、刑事ドラマ「特捜刑事マイアミバイス」のドン・ジョンソン、「SOMEWHERE」のスティーヴン・ドーフ。

ネタバレを読む

ビッグ・リボウスキの紹介:1998年公開。同じ名前の富豪と間違われた男性が、富豪の妻の誘拐事件に巻き込まれた騒動を描いた作品。監督・脚本・制作は「ファーゴ」のコーエン兄弟。出演は「クレイジー・ハート」のジェフ・ブリッジス、「エデンより彼方に」のジュリアン・ムーア、「カポーティ」のフィリップ・シーモア・ホフマン。

ネタバレを読む

モール★コップの紹介:2009年公開のアクション・コメディ映画。ショッピングモールの警備員ことダメ男のポールが、立てこもり事件に巻き込まれた大好きなエイミーを助けるために大活躍する姿を描いた作品。制作には「50回目のファースト・キス」のアダム・サンドラーが参加。出演は「闘魂先生 Mr.ネバーギブアップ」のケヴィン・ジェームス、テレビシリーズ「glee/グリー」のジェイマ・メイズ、「雨のなかの女」のシャーリー・ナイトなど。

ネタバレを読む

プラクティカル・マジックの紹介:1998年公開のサンドラ・ブロックとニコール・キッドマン共演の映画。魔法の力を持つ美しい姉妹の成長をファンタスティックに描いた作品。監督は「恋におぼれて」のグリフィン・ダン。脚本は「天使と悪魔」のアキヴァ・ゴールズマンなど。音楽は「バック・トゥ・ザ・フューチャー」シリーズのアラン・シルヴェストリ。出演は「ゼロ・グラビティ」のサンドラ・ブロック、「めぐりあう時間たち」のニコール・キッドマン、「ブロードウェイと銃弾」のダイアン・ウィースト、「アクロス・ザ・ユニバース」のエヴァン・レイチェル・ウッドなど。

ネタバレを読む

プリティ・プリンセスの紹介:2001年公開。地味で内気な女の子が、突然プリンセスになってしまう姿を描いた作品。メグ・キャボットの「プリンセス・ダイアリー」が原作。監督は「プリティ・ウーマン」のゲイリー・マーシャル。制作にはホイットニー・ヒューストンも参加。音楽は「シン・シティ」のジョン・デブニー。出演は「メリー・ポピンズ」のジュリー・アンドリュース、「レイチェルの結婚」のアン・ハサウェイなど。

ネタバレを読む

ぼくの大切なともだちの紹介:仕事で成功している男性が、友達がいないことを指摘され、夢中になって友達探しを始める。中年の悲哀やシュールな笑いが詰まった心あたたまるヒューマンコメディ。監督は『髪結いの亭主』や『橋の上の娘』で知られるパトリス・ルコント。2006年の作品で、日本では2008年に公開された。

ネタバレを読む

ラストキスの紹介:2006年のラブコメディ映画。現代カップルの実情を様々な角度から絶妙に描いている。脚本は「ミリオンダラー・ベイビー」「クラッシュ」のポール・ハギス。製作総指揮には「幸せのちから」のガブリエレ・ムッチーノ。出演は「WISH I WAS HERE 僕らのいる場所」のザック・ブラフ、「ジェシー・ジェームズの暗殺」のケイシー・アフレック、テレビドラマ「The O.C.」のレイチェル・ビルソンなど。

ネタバレを読む

紀元1年が、こんなんだったら!?の紹介:2009年公開。遥か昔、禁断の果実を食べて村を追い出されたゼドが、仲間のオーと様々な場所に旅をして起こす騒動を描いた作品。監督は「恋はデジャ・ブ」のハロルド・ライミス。出演は「スクール・オブ・ロック」のジャック・ブラック、「JUNO/ジュノ」のマイケル・セラ。

ネタバレを読む

HK/変態仮面 アブノーマル・クライシスの紹介:2016年公開の日本映画。あんど慶周・原作の漫画の映画化第2弾。前作に引き続き監督・脚本は福田雄一、主演は鈴木亮平が務める。世界中からパンティが消えるという危機、さらに新たな敵が変態仮面に襲いかかる。

ネタバレを読む

マドモアゼル a Go Goの紹介:フランス・ニースの別荘地で、仲良し女性4人組が大金を奪う作戦を企むスラップスティック・コメディ。監督はリシャール・バルデュッチ、音楽はセルジュ・ゲンズブールが担当。1973年公開のイタリア・フランスの合作。日本では翌年に『女の望遠鏡』という邦題で公開されたが、1998年の再公開時に現在のタイトルに改題された。

ネタバレを読む

クロコダイル・ダンディー2の紹介:1988年公開。オーストラリアの奥地からやってきたミック・ダンディーの活躍を描いた作品。クロコダイル・ダンディーシリーズの2作目。前作同様、ダンディー役にはポール・ホーガン、スー役にはリンダ・コズラウスキー。

ネタバレを読む

クロコダイル・ダンディーの紹介:1986年公開。オーストラリアの奥地に住む探検家が、ニューヨークにやってきて巻き起こす騒動を描いた作品。「クロコダイル・ダンディー」シリーズの第一作目。アカデミー賞では脚本賞にノミネートされた。撮影は「ライアー ライアー」のラッセル・ボイド。出演者のポール・ホーガンとリンダ・コズラウスキーは共演がきっかけで結婚。

ネタバレを読む

殿、利息でござる!の紹介:2016年5月公開の日本映画。千両もの大金を藩に貸し付け、その利子を配分し、寂れた宿場町の復活を成功させたという、江戸時代の実話を映画化した時代ドラマ。阿部サダヲが町の復興のために仲間とともに奇策に挑む、造り酒屋の十三郎を演じ、『予告犯』の中村義洋が監督を務める。仙台藩主役でフィギュアスケートの羽生結弦が映画初出演を果たしている。

ネタバレを読む