コメディ映画のネタバレあらすじ一覧(4ページ目)

わんぱくデニスの紹介:1993年のコメディ映画。ハンク・ミッチャムの漫画に登場する人気キャラクター、デニスの実写映画化作品。いたずら好きな少年が巻き起こす騒動を描いている。監督は「スター・ファイター」のニック・キャッスル。脚本は「ホーム・アローン」シリーズのジョン・ヒューズ。撮影は「ジュマンジ」のトーマス・アッカーマン。音楽は「グレムリン」のジェリー・ゴールドスミス。出演は「バック・トゥ・ザ・フューチャー」シリーズのクリストファー・ロイドやリー・トンプソン、「恋人よ帰れ!わが胸に」のウォルター・マッソーなど。

ネタバレを読む

Mr.ディーズの紹介:2002年公開。突如巨額の遺産が舞い込んだ田舎の純粋な青年が、スクープと金目当てに近づいた女性と恋に落ちる姿を描いている。往年の名作、1936年のフランク・キャプラ監督の「オペラハット」のリメイク作品。主演は「50回目のファースト・キス」のアダム・サンドラー。「バートン・フィンク」のジョン・タトゥーロや「若草物語」のウィノナ・ライダーらも出演。

ネタバレを読む

デーヴの紹介:1993年公開。大統領とそっくりな容姿から、影武者を演じる羽目になった男の姿を描いた作品。監督は「キンダガートン・コップ」のアイヴァン・ライトマン。脚本は「カラー・オブ・ハート」のゲイリー・ロス。音楽は「プリティ・ウーマン」のジェームズ・ニュートン・ハワード。撮影は「天使にラブ・ソングを…」のアダム・グリーンバーグ。主演は「ワンダとダイヤと優しい奴ら」でアカデミー賞助演男優賞を受賞したケヴィン・クライン。

ネタバレを読む

スクービー・ドゥー2 モンスターパニックの紹介:2004年のコメディ映画。アメリカで大人気のTVアニメ、スクービー・ドゥーの実写映画第2作目。ミステリー社の4人の探偵と、おどじな犬のスクービーが、何者かの陰謀に立ち向かう姿を描いた作品。監督は「スマーフ」シリーズのラジャ・ゴズネル。脚本は「ドーン・オブ・ザ・デッド」のジェームズ・ガン。撮影は「天使にラブソングを2」のオリヴァー・ウッド。

ネタバレを読む

オースティン・パワーズ ゴールドメンバーの紹介:2002年製作のアメリカ映画。60年代の花形スパイが、世界征服を企む宿敵の悪の帝王と対決するため90年代に復活して大騒動を繰り広げるナンセンス・コメディ『オースティン・パワーズ』の第3弾。父親救出のために奮闘するスーパー・エージェントの珍活躍を、アッと驚く豪華キャストで魅せる痛快爆笑作。

ネタバレを読む

オースティン・パワーズ:デラックスの紹介:1999年製作のアメリカ映画。60年代の花形スパイが、世界征服を企む宿敵の悪の帝王と対決するため90年代に復活して大騒動を繰り広げるナンセンス・コメディ『オースティン・パワーズ』の続編。1990年代で暮らしていたオースティンがDr.イーブルを追って1960年代に戻る。

ネタバレを読む

ズーランダーの紹介:2001年製作のアメリカ映画。ハンサムだが、頭はトコトン悪い男性スーパーモデルが巻き起こす騒動を描くコメディ。自己中心的で、とっぴょうしもない行動に出る主人公・ズーランダーが活躍する。超豪華なキャストが惜しげもなくカメオ出演していることにも注目!

ネタバレを読む

教授のおかしな妄想殺人の紹介:2015年製作のアメリカ映画。完全犯罪の殺人計画を妄想し、活力を得ていく大学教授が巻き起こす騒動を描く、ウディ・アレン監督によるダークなコメディ。ホアキン・フェニックスが、“人生は無意味である”という真理に到達してしまったニヒルで変人な大学教授を、彼に思いを寄せるキュートな大学生をエマ・ストーンが演じる。

ネタバレを読む

ロード・オブ・クエスト ドラゴンとユニコーンの剣の紹介:2011年公開のファンタジー・コメディ映画。さらわれた姫君を救出するために向かった兄弟王子の活躍を描いた作品。監督は「スモーキング・ハイ」のデヴィッド・ゴードン・グリーン。出演は「マーシャル博士の恐竜ランド」のダニー・マクブライド、「127時間」のジェームズ・フランコ、そして「ブラック・スワン」のオスカー女優ことナタリー・ポートマンなど。

ネタバレを読む

エルフ ~サンタの国からやってきた~の紹介:2003年公開。エルフの国で育った人間が、父親に会いに街にやってきて起こる騒動を描いた作品。監督は「ザスーラ」のジョン・ファヴロー。音楽は「プリティ・プリンセス」のジョン・デブニー。主演は「俺たちニュースキャスター」のウィル・フェレル。「ゴッドファーザー」のジェームズ・カーンや「New Girl / ダサかわ女子と三銃士」のズーイー・デシャネル、「メルビンとハワード」のメアリー・スティーンバージェンなど豪華キャストで贈るファンタジー・コメディ。

ネタバレを読む