コメディ映画のネタバレあらすじ一覧(5ページ目)

俺たちフィギュアスケーターの紹介:2007年公開。フィギュアスケート界を舞台に、二人の男性が失った英光を取り戻すため、前代未聞の男子ペアを組んで再び舞い戻る姿を描いた作品。主演は「主人公は僕だった」のウィル・フェレルと「ナポレオン・ダイナマイト」のジョン・ヘダー。音楽は「プラダを着た悪魔」のセオドア・シャピロ。制作には「ズーランダー」のベン・スティラーやスチュアート・コーンフェルドが参加。

ネタバレを読む

キューティ・ブロンド/ハッピーMAXの紹介:2003年公開。超ポジティブなブロンド娘の大活躍を描いた作品。「キューティ・ブロンド」シリーズの2作目。主演・制作総指揮は「ウォーク・ザ・ライン/君につづく道」のリース・ウィザースプーン。音楽は「サイドウェイ」のロルフ・ケント。「プレイス・イン・ザ・ハート」のサリー・フィールドも出演。

ネタバレを読む

ブライズメイズ 史上最悪のウェディングプランの紹介:2011年公開。不運続きの女性を中心に、結婚式に付き添う花嫁介添人達が巻き起こす騒動を描いた作品。アカデミー賞では脚本賞と助演女優賞にノミネートされた。監督は「アイ・アム・デビッド」のポール・フェイグ。脚本・主演は「ゴーストバスターズ(2016年)」のクリステン・ウィグ。撮影は「グランド・ブダペスト・ホテル」のロバート・D・イェーマン。

ネタバレを読む

スクービー・ドゥーの紹介:2002年の映画。スクービー・ドゥーなどミステリー社の面々が大活躍する姿を描いた作品。アメリカで大人気のテレビアニメ「スクービー・ドゥー」の実写映画1作目。監督は「スマーフ」シリーズのラジャ・ゴズネル。脚本は「ドーン・オブ・ザ・デッド」のジェームズ・ガン。音楽は「102」のデヴィッド・ニューマン。出演は「Mr.ビーン」で知られるローワン・アトキンソンや「ラストサマー」シリーズのフレディ・プリンゼ・ジュニアら。

ネタバレを読む

ミラクル・ニール!の紹介:2015年製作のイギリス映画。モンティ・パイソンのテリー・ジョーンズが監督を務め、他のパイソン・メンバーも声優として出演している。この作品はロビン・ウィリアムズの最後の出演作品となった。地球の破壊をもくろむ宇宙人によって全知全能のパワーを与えられた男が、様々なトラブルに巻き込まれながら奮闘する。

ネタバレを読む

田沼旅館の奇跡の紹介:資金難で苦しむさびれた田沼旅館に来た宿泊客たちは、それぞれの最後を迎えようとしていた。客の長時間にわたる卓球ラリーが、突然旅館の運命を背負う重大な出来事になる。TBSのバラエティ番組を手掛けてきた井手比左士の映画処女作。『キングオブコント』の歴代王者が一堂に出演した2015年の公開作。

ネタバレを読む

アレクサンダーの、ヒドクて、ヒサンで、サイテー、サイアクな日の紹介:2014年製作のアメリカのコメディ映画。アメリカの絵本作家ジュディス・ビオーストの作品を原作としたファミリー映画で、スティーヴ・カレル、ジェニファー・ガーナーが主演を務めた。

ネタバレを読む

ビッグ・ダディの紹介:1999年公開。自由気ままに生活していた男と、彼の隠し子の奇妙な同居生活を描いた作品。監督は「ウソツキと結婚のはじまり」のデニス・デューガン。撮影は「ブレイド」のテオ・ヴァン・デ・サンデ。主演は「50回目のファースト・キス」のアダム・サンドラー。

ネタバレを読む

バーバー吉野の紹介:2003年製作の日本映画。町中の少年が同じ髪形をしている田舎町で起こる騒動と彼らの成長を描いた作品。監督・脚本は「かもめ食堂」の荻上直子。撮影は「象の背中」の上野彰吾。第16回東京国際映画祭ニッポン・シネマ・フォーラム メディア・セレクション出品、第54回ベルリン国際映画祭キンダー・フィルム・フェスティバル スペシャルメンション授与、第13回PFFスカラシップ作品。

ネタバレを読む

マンマ・ミーア!の紹介:2008年公開のミュージカル映画。結婚前日の花嫁が、父親探しを通じて母との間の愛情を再確認していく姿を描いている。大ヒットミュージカルを映画化した作品。音楽にABBAのメンバーのベニー・アンダーソンやビョルン・ウルヴァースが参加。主演は「プラダを着た悪魔」のメリル・ストリープ。他にも豪華な出演者で贈る大ヒット映画。

ネタバレを読む

40オトコの恋愛事情の紹介:2007年のコメディ映画。3人の娘をもつシングルファーザーが、偶然出会った女性に恋をして起こる騒動を描いた作品。音楽はソンドレ・ラルケが担当。主演は「フォックスキャッチャー」のスティーヴ・カレル。「ショコラ」のジュリエット・ビノシュや「アヴァロン 千年の恋」のブリット・ロバートソンらも出演。

ネタバレを読む

ルーニー・テューンズ:バック・イン・アクションの紹介:2003年公開。アニメと実写を組み合わせた大騒動を描いた作品。バッグス・バニーやダフィー・ダックといったワーナーが誇る「ルーニー・テューンズ」の人気キャラクターが多数出演。1996年の「スペース・ジャム」の続編。監督は「グレムリン」シリーズのジョー・ダンテ。撮影は「キャスパー」のディーン・カンディ。音楽には「パピヨン」のジェリー・ゴールドスミスが参加し、彼の遺作となった作品。

ネタバレを読む