コメディ映画のネタバレあらすじ一覧(5ページ目)

31年目の夫婦げんかの紹介:2012年公開。お互いの関係を見つめ直そうと、カウンセリングに挑む熟年夫婦の姿を描いた作品。監督は「プラダを着た悪魔」のデヴィッド・フランケル。音楽は「ワン チャンス」のセオドア・シャピロ。撮影は「RED/レッド」のフロリアン・バルハウス。主演はオスカー女優のメリル・ストリープと、日本でもBOSSのCMでお馴染みのトミー・リー・ジョーンズ。

ネタバレを読む

キス&キルの紹介:2010年公開。運命的な出会いで結婚した夫が、元凄腕のスパイで命を狙われる事になった夫婦の逃走劇を描いた作品。監督は「キューティ・ブロンド」のロバート・ルケティック。音楽は「サイドウェイ」のロルフ・ケント。撮影は「タイタニック」のラッセル・カーペンター。主演は「バタフライ・エフェクト」のアシュトン・カッチャーと「かぞくはじめました」のキャサリン・ハイグル。

ネタバレを読む

無ケーカクの命中男/ノックトアップの紹介:2007年公開のアメリカ映画。無責任で自堕落な生活を送る無職の男性が、一晩を共に過ごした女性を妊娠させてしまったことから変わっていく様を描いた作品。監督・脚本・制作は「40歳の童貞男」のジャド・アパトー。主演は「グリーン・ホーネット」のセス・ローゲン、「幸せになるための27のドレス」のキャサリン・ハイグル。

ネタバレを読む

ヘアスプレー(2007年)の紹介:2007年公開。1960年のアメリカを舞台に、人気番組のダンサーになることを夢見る女子高生と周囲の人々を描いたノンストップ・ミュージカル・コメディ。監督は「ベッドタイム・ストーリー」のアダム・シャンクマン。脚本は「ミセス・ダウト」のレスリー・ディクソン。音楽は「天使にラブソングを」のマーク・シャイマン。ジョン・トラボルタが特殊メイクをして女性を演じて話題を呼んだ作品。

ネタバレを読む

幸せになるための27のドレスの紹介:2008年公開のアメリカ映画。花嫁付添い人に生き甲斐を感じていた女性が、自分の幸せに向かって成長していく姿を描いた作品。「プラダを着た悪魔」の制作スタッフが贈るロマンチック・コメディ映画。監督は「ステップ・アップ」のアン・フレッチャー。音楽は「ラスト・オブ・モヒカン」のランディ・エデルマン。主演は「ラブ&マネー」のキャサリン・ハイグル。

ネタバレを読む

自虐の詩の紹介:2007年公開の日本映画。幼い頃から不幸にばかり見舞われてきた女性の半生を描いた作品。業田良家の漫画が原作。監督は「天空の蜂」の堤幸彦。主題歌は安藤裕子の「海原の月」。主演は「嫌われ松子の一生」の中谷美紀と「テルマエ・ロマエ」の阿部寛。

ネタバレを読む

小野寺の弟・小野寺の姉の紹介:連続テレビ小説「とと姉ちゃん」の脚本を務めたことで知られる西田征史が、自身が著した同名小説を映画化。主人公の姉弟は舞台版に引き続き、片桐はいりと向井理が演じた。2014年製作の作品で、小野寺姉弟の不器用な恋愛模様をコメディタッチで描いていく。

ネタバレを読む

恋の門の紹介:2004年公開の日本映画。石で漫画を描く漫画芸術家と、コスプレと漫画を描くことが好きな女性との恋愛を描いたラブコメディ。羽生生純の漫画が原作。監督は「クワイエットルームにようこそ」の松尾スズキ。今作が初監督。音楽は「グッモーエビアン!」の葉山たけし。主演は「舟を編む」の松田龍平と「木更津キャッツアイ」の酒井若菜。主題歌はサンボマスターで「月に咲く花のようになるの」。

ネタバレを読む

ウワサの真相/ワグ・ザ・ドッグの紹介:1997年製作のアメリカのブラックコメディ映画。大統領のスキャンダルをごまかす男たちの奮闘を描いた作品で、「レインマン」で数々の賞に輝いたバリー・レヴィンソンが監督を務めた。第48回ベルリン国際映画祭で銀熊賞を受賞。タイトルの「ワグ・ザ・ドッグ」は主客が転倒した状況を意味することわざ。

ネタバレを読む

守護天使の紹介:2009年公開。貧乏サラリーマンが、一目惚れした女子高生を守ろうと奮闘する姿を描いた作品。監督は「キサラギ」の佐藤祐市。脚本は「映画 ビリギャル」の橋本裕志。音楽は「ALWAYS 三丁目の夕日」の佐藤直紀。主演は「ねこタクシー」のカンニング竹山。主題歌はエイジアエンジニアの「僕にできる事のすべて」。

ネタバレを読む

ウソツキは結婚のはじまりの紹介:2011年公開。ウソをついてしまった男性が、結婚したい女性のために周りの人々を巻き込んでいく騒動を描いた作品。1969年の「サボテンの花」のリメイク。監督は「ビッグ・ダディ」のデニス・デューガン。主演は「50回目のファースト・キス」のアダム・サンドラーと「グッド・ガール」のジェニファー・アニストン。「めぐりあう時間たち」のニコール・キッドマンも出演。

ネタバレを読む

ウェディング・クラッシャーズの紹介:2005年公開。結婚式を荒らして女性達をナンパする二人の男性が、ある女性と出会った事がきっかけで起こる騒動と愛を描いた作品。多数の豪華な出演者で贈るロマンチック・コメディ。監督は「ジャッジ 裁かれる判事」のデヴィッド・ドブキン。主演は「クーデター」のオーウェン・ウィルソンと「ドッジボール」のヴィンス・ヴォーン。

ネタバレを読む