ヒューマンドラマのネタバレあらすじ一覧

邦画や洋画等、おすすめのヒューマンドラマの映画をまとめています。ヒューマンドラマとは主に人間ドラマ(人の心の交流や、人の一生を描いたものなど)が分類されます。ヒューマンドラマは深いテーマや感動の傑作が多いことも魅力の一つです。

テンダー・マーシーの紹介:カントリーシンガーとして成功したが落ちぶれて哀愁漂う男。彼の音楽と人生の再起を描いたヒューマンドラマ。
1983年ゴールデングローブ賞主演男優賞、84年米アカデミー賞主演男優賞・脚本賞のほか多数の賞を獲得・ノミネートしながら、日本では未公開の作品。オーストラリア出身のブルース・ベレスフォード監督がアメリカに進出した一本目の作品。

ネタバレを読む

神のゆらぎの紹介:2014年製作のカナダのヒューマンドラマ。カナダを舞台に、生と死をテーマに男女の群像劇が繰り広げられる。「Mommy/マミー」でカンヌ国際映画祭審査員特別賞を受賞した新進気鋭の映画監督グザヴィエ・ドランが、宗教上の戒律から白血病治療を拒む青年を熱演している。

ネタバレを読む

命をつなぐバイオリンの紹介:2011年製作のドイツ映画。バイオリンとピアノの才能に恵まれた少年少女達が、それを頼りに強制収容所を逃れようとする様を描いている。アトランタ映画祭最優秀観客賞など多数の賞を受賞した作品。脚本には「暗い日曜日」のロルフ・シューベルが参加。出演は「レジェンド・オブ・ロンギヌス」のカイ・ヴィージンガーや「逢いたくてヴェニス」のギデオン・ブルクハルト、「9000マイルの約束」のミヒャエル・メンデルなど。

ネタバレを読む

シティ・オブ・ドッグの紹介:2006年製作のドイツ映画。スラムで暮らす子供達の狂った日常を描いている。脚本には「レッド・バロン(2008年)」のニコライ・ミュラーション、制作総指揮には「オープン・ウォーター2」のシュテファン・バルトが参加した作品。

ネタバレを読む

さあ帰ろう、ペダルをこいでの紹介:2008年製作のロードムービー。事故で記憶を失った孫と祖父が、自転車に乗って記憶を取り戻す旅を描いた作品。劇中ではボードゲーム「バックギャモン」や「タンデム自転車」が登場。主演は「パパは、出張中!」「アンダーグラウンド」のミキ・マノイロヴィッチ。

ネタバレを読む

エレファント・マンの紹介:1980年製作のイギリス・アメリカ合作映画。デヴィッド・リンチ監督作品。19世紀のイギリスでエレファント・マンと呼ばれた青年ジョゼフ・メリックの半生を描く。ジョン・ハート、アンソニー・ホプキンスが熱演。

ネタバレを読む

フランス外人部隊 アルジェリアの戦狼たちの紹介:2002年製作のイギリス映画。フランス外人部隊に入隊した隊員の生き様を描いた作品。音楽は「オスカー・ワイルド」のデビー・ワイズマンが担当。出演は「マッドマックス 怒りのデス・ロード」のトム・ハーディ、「秘密の花園」のケイト・メリバリーなど。

ネタバレを読む

ピアノマニアの紹介:2009年公開のオーストリア・ドイツ合作のドキュメンタリー映画。ピアニストを陰で支える調律師の途方もない格闘の奇跡を描いた作品。ロカルノ映画祭批評家週間部門グランプリや、サンフランシスコ国際映画祭最優秀ドキュメンタリー賞など数々の賞を受賞した。ピアニストのピエール=ローラン・エマールやラン・ラン、アルフレート・ブレンデル、ルドルフ・ブッフピンダーらが出演している。

ネタバレを読む

フライド・グリーン・トマトの紹介:アメリカ南部で暮らす平凡な中年主婦エヴリンが老人ホームで出会った老女ニニーを通して、かつての激しい差別や偏見の中、自由に力強く生きた南部の女たちを知り、励まされ変わっていくという1991年のアメリカ映画。原作はファニー・フラッグの同名小説「Fried Green Tomatoes at the Whistle Stop Cafe」。製作/監督は「8月のメモワール」のジョン・アヴネット。現代に生きる中年主婦役を「ミザリー」のキャシー・ベイツ、老女ニニー役を「ドライビングMissデイジー」のジェシカ・タンディが演じ、数々の賞にノミネートされた。

ネタバレを読む

理由なき反抗の紹介:中流階級の少年たちを主人公とした1955年製作のアメリカの青春映画。少年独特の繊細さを表現したジェームズ・ディーンの演技は当時の若者たちに大きな影響を与えた。また、主人公が交流を深める友人を演じたナタリー・ウッド、サル・ミネオらの演技も高い評価を受けた。

ネタバレを読む

なまいきシャルロットの紹介:1985年公開のフランス映画。思春期を迎えた13歳の少女の揺れ動く感情を描いている。ジェーン・バーキンの娘のシャルロット・ゲンズブールがセザール賞新人女優賞、ベルナデット・ラフォンがセザール賞助演女優賞を受賞した作品。監督は「ある秘密」のクロード・ミレール。

ネタバレを読む

パパ、アイ・ラブ・ユーの紹介:2012年制作。最愛の妻を失った夫が、2歳の息子と共に過ごす日々を描いた作品。監督・脚本・主演は「痛いほどきみが好きなのに」のマーク・ウェバー。「ワン・ミス・コール」のシャニン・ソサモンも出演。そして「親愛なるきみへ」のアマンダ・セイフライドや「スーパーバッド 童貞ウォーズ」のマイケル・セラら豪華キャストがカメオ出演している。

ネタバレを読む

3月のライオン 前編の紹介:2017年3月18日公開の日本映画。羽海野チカの人気コミックを『るろうに剣心』シリーズの大友啓史・監督が、神木隆之介・主演で実写映画化した2部作の前編。孤独な青年棋士が三姉妹との出会いを通して成長していく姿を描く。主人公を癒す三姉妹を倉科カナ、清原果耶、新津ちせが演じ、ライバルの二海堂を特殊メイクによってまるで別人に変身した染谷将太が熱演。

ネタバレを読む