ヒューマンドラマのネタバレあらすじ一覧

邦画や洋画等、おすすめのヒューマンドラマの映画をまとめています。ヒューマンドラマとは主に人間ドラマ(人の心の交流や、人の一生を描いたものなど)が分類されます。ヒューマンドラマは深いテーマや感動の傑作が多いことも魅力の一つです。

キット・キトリッジ アメリカン・ガール・ミステリーの紹介:2008年公開。新聞記者になることを夢見る少女と家族、個性的な下宿人達との触れ合いを描いた感動作。製作総指揮にはジュリア・ロバーツが参加。主演は「リトル・ミス・サンシャイン」のアビゲイル・ブレスリン。「イン&アウト」のジョーン・キューザックや「ラブリーボーン」のスタンリー・トゥッチ、ウィル・スミスの娘で歌手のウィロー・スミスも出演。

ネタバレを読む

ブレックファスト・クラブの紹介:1985年公開の青春映画。学校から休日登校を言い渡された男女5人の高校生が、友情の絆に結ばれていく姿を描いている。ブラット・パックの代表作品。監督・脚本は「ホームアローン」シリーズで脚本と制作に携わったジョン・ヒューズ。出演者は「ヤングガン」のエミリオ・エステベス、「デッド・ゾーン」のアンソニー・マイケル・ホール、青春映画のナンバーワン女優と呼ばれたモリー・リングウォルドなど。

ネタバレを読む

酔いどれ詩人になるまえにの紹介:自称詩人のヘンリー・チナスキーは、作品が認められず酒浸りの日々を送っていた。多くのアーティストに支持されている作家で詩人のチャールズ・ブコウスキーの自叙伝的長編小説『勝手に生きろ!』を映画化。ノルウェー人のベント・ハーメルが監督・脚本・製作を務めた2006年公開のアメリカ・ノルウェーの合作。

ネタバレを読む

バベルの紹介:2006年公開のアメリカ映画。モロッコで起こった銃撃事件が、アメリカ、メキシコ、日本の人々の運命へと連鎖する様を描いた作品。カンヌ国際映画祭では監督賞を受賞。監督は「レヴェナント: 蘇えりし者」のアレハンドロ・ゴンザレス・イニャリトゥ。脚本は「21グラム」のギジェルモ・アリアガ。出演は「マネーボール」のブラッド・ピット、「ブルージャスミン」のケイト・ブランシェット、「モーターサイクル・ダイアリーズ」のガエル・ガルシア・ベルナルなど。日本からは菊地凛子や役所広司らが出演。

ネタバレを読む

みなさん、さようなら(2013年)の紹介:2013年公開の日本映画。団地から一生外に出ないと決意した男性の姿を描いた作品。久保寺健彦の小説が原作。監督は「ゴールデンスランバー」の中村義洋。主演は「アヒルと鴨のコインロッカー」の濱田岳。「ウェルかめ」の倉科カナ、「あさが来た」の波瑠も出演。

ネタバレを読む

愛の小さな歴史の紹介:東京の片隅で、捨てた家族と再会を果たした二組の家族の愛憎を描く。そこから始まった物語とは…。
2015年製作のインディーズの新鋭中川龍太郎監督作。前作に続き2年連続で東京国際映画祭に入選し、今作ではチケットが即日完売した。キャッチコピーは「ここから、家族になろう」。

ネタバレを読む

ウォーリアーの紹介:2011年公開のアメリカ映画。総合格闘技を通して、二人の兄弟をメインに人々との絆を描いた作品。監督・脚本・制作は「ミラクル」のギャヴィン・オコナー。主演は「マッドマックス 怒りのデス・ロード」のトム・ハーディと「ティモシーの小さな奇跡」のジョエル・エドガートン。「白い刻印」のニック・ノルティや「ルール2」のジェニファー・モリソン、「パージ:アナーキー」のフランク・グリロも出演。

ネタバレを読む

真夜中のカーボーイの紹介:テキサスのど田舎からNYへ一獲千金を夢見てやってきたカウボーイ姿の若者ジョーとNYの最底辺で生きる男ラッツォの出会いと別れを描いた1969年公開のアメリカ映画。原作はジェームズ・レオ・ハーリヒーの「真夜中のカウボーイ」。監督は「イナゴの日」「マラソンマン」のジョン・シュレシンジャー。製作はジェローム・ヘルマン、脚本はウォルド・ソルト。主演はジョン・ヴォイトとダスティン・ホフマン。音楽は「愛と哀しみの果て」のジョン・バリー、主題歌はハリー・ニルソン「Everybody’s Talkin(うわさの男)」。1969年アカデミー賞作品賞ほか3部門、NY批評家協会賞主演男優賞、英国アカデミー賞6部門他多くの賞を獲得、1994年にはアメリカ国立フィルム登録簿に登録された。

ネタバレを読む

モヒカン故郷に帰るの紹介:2016年4月公開の日本映画。『横道世之介』などの沖田修一が監督と脚本を担当し、数年ぶりに故郷に戻った売れないバンドマンが余命わずかの父親のために奮闘する姿を描くコメディードラマ。恋人の妊娠を報告するために瀬戸内海に浮かぶ故郷の島に帰るバンドマンを『舟を編む』などの松田龍平が、昔かたぎの頑固な父親を『悪人』などの柄本明が演じる。

ネタバレを読む

ボヴァリー夫人とパン屋の紹介:文学好きのパン屋初老のマルタン。愛読書は『ボヴァリー夫人』という彼の隣に、ボヴァリーという名前の夫妻が引っ越してくる。やがて誰しもが予測しなかった出来事が起きる…。
ポージー・シモンズのコミックを2014年に映像化。監督は『ココ・アヴァン・シャネル』などのアンヌ・フォンテーヌ。ユーモアたっぷりだけど、官能的でファンタジー要素も強い人間ドラマ。

ネタバレを読む

最高の人生をあなたとの紹介:結婚生活30年の円満夫婦が、老いを見据え人生を見つめ直す。いつしか不安や心境の変化が、夫婦間に亀裂を芽生えさせる。
フランス・ベルギー・イギリスの合作で、日本では2012年に公開。アンチ・エイジングから、老化と寄添う生き方のウィズ・エイジへと発想を変える女性への応援歌。第61回ベルリン国際映画祭正式出品作品。

ネタバレを読む

アマデウス ディレクターズ・カットの紹介:2002年公開。アントニオ・サリエリを中心に、モーツァルトの物語を描いた作品。ブロードウェイの舞台を映画化した作品で、アカデミー賞では8部門を受賞した。1984年の「アマデウス」の20分のカット場面を復元した作品。監督は「カッコーの巣の上で」のミロス・フォアマン。制作は「イングリッシュ・ペイシェント」のソウル・ゼインツ。主演のトム・ハルスはアカデミー賞主演男優賞にノミネートされ、F・マーリー・エイブラハムはアカデミー賞主演男優賞を受賞した。

ネタバレを読む

ミルカの紹介:インド陸上界の英雄、ミルカ・シンの壮絶な人生を描いた大巨編。主人公のミルカを演じたファルハーン・アクタルは体脂肪率を5%まで絞り陸上選手の肉体を再現。その熱演が高い評価を受け、インドアカデミー賞では14部門に輝いた。2013年製作のインド映画。

ネタバレを読む