ヒューマンドラマのネタバレあらすじ一覧

邦画や洋画等、おすすめのヒューマンドラマの映画をまとめています。ヒューマンドラマとは主に人間ドラマ(人の心の交流や、人の一生を描いたものなど)が分類されます。ヒューマンドラマは深いテーマや感動の傑作が多いことも魅力の一つです。

痴人の愛(1967年)の紹介:1967年公開の日本映画。自分の妻にしようと少女を育成する真面目な男性が、次第に彼女にとりつかれていく様を描いている。谷崎潤一郎の長編小説が原作で、今作は3度目のリメイク作品。監督は増村保造が務め、河合役は小沢昭一、ナオミ役は安田道代で贈る。

ネタバレを読む

セカンド・カミングの紹介:2012年製作のアメリカ映画。元人気バンドのギタリストが、突然つきつけられた過去の過ちと今回の事件によって、追い込まれていく姿を描いている。「トレインスポッティング」の出演でも知られる人気俳優、ロバート・カーライルが主演・製作を務めた作品。カーライル自らが奏でる主題歌、世界中の豪華な面々が手がけた劇中曲に酔いしれる。

ネタバレを読む

ポルノグラフィア 本当に美しい少女の紹介:2003年製作のポーランド映画。ナチス政権下のポーランドを舞台に、二人の男が美少女と美男子の間を取り持とうとする姿を描いている。ポーランドアカデミー賞では5部門を受賞し、ヴェネチア国際映画祭に正式出品された作品。

ネタバレを読む

ミヒャエルの紹介:35歳独身のミヒャエルは、自宅の一室に10歳の少年を軟禁するという秘密を抱えていた。ある時ミヒャエルが事故に遭ったことをきっかけに、少年との関係が変質していく…。
2011年製作のオーストリア映画。数々の映画製作に携わってきたマルクス・シュラインツァーの監督処女作で、誘拐事件が多いオーストリアで問題解決のためにタブーな題材に挑んだ。カンヌ国際映画祭など世界中の映画祭で上映され、ダブリン国際映画祭をはじめ多数の賞を獲得した。

ネタバレを読む

プライズ 〜秘密と嘘がくれたもの〜の紹介:2011年製作。70年代、軍事政権化のアルゼンチンを舞台に、母と二人きりで孤独な生活を送る少女の姿を描いている。女性監督パウラ・マルコヴィッチの実体験を元に描かれた作品で、世界の数々の賞に輝いた。セシリア役のパウラ・ガリネッリ・エルツォクの天才的な演技力に注目。

ネタバレを読む

リトル・バード 164マイルの恋の紹介:2012年製作のアメリカ映画。都会の青年に恋をした少女が、親友と共に会いに旅に出て、成長していく様を描いた作品。ジュノー・テンプル主演、「ブルーバレンタイン」のスタッフが贈る青春ドラマ。ケイ・パナベイカー、レスリー・マン、ケイト・ボスワースら実力派が脇を固める。

ネタバレを読む

インフォーマーズ 〜セックスと偽りの日々〜の紹介:2008年公開。1980年代を舞台に、セレブたちの退廃的な人間関係を描いている。ブレット・イーストン・エリスの小説が原作。ドラッグとセックスに溺れ、欲望に翻弄されていく登場人物を豪華キャストで贈る作品。ビリー・ボブ・ソーントン、キム・ベイシンガー、ミッキー・ローク、ウィノナ・ライダー、アンバー・ジーンらが出演。

ネタバレを読む

ギミー・ザ・ルート 〜NYグラフィティ〜の紹介:2012年制作のアメリカ映画。スタジアムのビッグ・アップルに、前代未聞のグラフィティを描こうとする若者の姿を描いている。NYのリアルなストリートの感覚を表現したアメリカン・ストリート・ムービー。各国の映画祭で評価され、「羊たちの沈黙」のジョナサン・デミが製作に加わった作品。

ネタバレを読む

アイアン・メイデン 血の伯爵夫人バートリの紹介:2010年制作。吸血鬼伝説のモデルともなった貴婦人、エリザベート・バートリの生涯を描いたスペクタクル。永遠の美しさを保つために、大勢の処女を拷問して殺害したのは事実なのだろうか。16世紀のハンガリーを舞台にした美しいロケーションにも注目の作品。

ネタバレを読む

永遠のマリア・カラスの紹介:2002年製作のイタリア&フランス&イギリス&ルーマニア&スペイン合作映画。伝説的なオペラ歌手マリア・カラスの晩年を描く感動作。カラスの友人だったフランコ・ゼフィレッリ監督が創作を織り交ぜ、彼女の情熱的な人柄や天才ゆえの苦しみを描き出す。

ネタバレを読む