ヒューマンドラマのネタバレあらすじ一覧

邦画や洋画等、おすすめのヒューマンドラマの映画をまとめています。ヒューマンドラマとは主に人間ドラマ(人の心の交流や、人の一生を描いたものなど)が分類されます。ヒューマンドラマは深いテーマや感動の傑作が多いことも魅力の一つです。

あの日のように抱きしめての紹介:2014年製作のドイツのヒューマンドラマ。第二次世界大戦終戦直後のドイツを舞台にした作品で、愛する夫への思いを断ち切れないユダヤ人女性の苦悩と葛藤を描いていく。原案となったのは、フランス人小説家ユベール・モンテイエによるサスペンス小説「帰らざる肉体」。

ネタバレを読む

ドミノ(2005年)の紹介:2005年公開。名優の父とモデルの母をもち、モデルとして将来を有望視されながらも、賞金稼ぎへの道を歩み始めた実在の女性の姿を描いた作品。監督は「デジャヴ」のトニー・スコット。音楽は「キングダム・オブ・ヘブン」のハリー・グレッグソン=ウィリアムズ。撮影は「エネミー・オブ・アメリカ」のダニエル・ミンデル。主演は「つぐない」のキーラ・ナイトレイ。

ネタバレを読む

いつか眠りにつく前にの紹介:人生の最期を迎える老いた母を看る二人の娘。混濁した意識の母が呼ぶのは、娘たちも知らない男性の名前だった。老婦人の回想と、人生を見つめ直す娘たちの愛と救いを描いたヒューマンラブストーリー。スーザン・マイノットの小説『Evening』(映画原題と同じ)を映像化。2007年公開の米・独合作で、メリル・ストリープ、ヴァネッサ・レッドグレイヴが共に実の娘と共演し話題となった。

ネタバレを読む

神童の紹介:2007年公開の日本映画。孤高の天才ピアノ少女が、人とのつながりを通して、音楽の喜びや温かさに目覚めていく姿を描いた作品。さそうあきらの漫画が原作。監督は「帰郷」の萩生田宏治。脚本は「色即ぜねれいしょん」の向井康介。音楽はチボ・マットのハトリ・ミホ。撮影は「トイレのピエタ」の池内義浩。主題歌は原田郁子で「リプルソング」。主演は「武士道シックスティーン」の成海璃子と「うさぎドロップ」の松山ケンイチ。

ネタバレを読む

スーパーサイズ・ミーの紹介:2004年公開のドキュメンタリー映画。マクドナルドのメニューを30日間食べ続けたらどうなるかを描いた作品。アカデミー賞では優秀ドキュメンタリー映画部門にノミネートされた。監督・制作・主演はモーガン・スパーロック。

ネタバレを読む

気球クラブ、その後の紹介:2006年公開の日本映画。久しぶりに再会したサークルのメンバーたちが、青春を振り返りながら自分を見つめ直す姿を描いた作品。監督・脚本は「愛のむきだし」の園子温。撮影は「ヒミズ」の谷川創平。編集は「冷たい熱帯魚」の伊藤潤一。出演は「HAZARD」の深水元基や「ひとりかくれんぼ 劇場版」の川村ゆきえ、「夫婦フーフー日記」の永作博美など。主題歌は畠山美由紀が歌う、荒井由実の名曲「翳りゆく部屋」。

ネタバレを読む

オーバー・ザ・トップの紹介:1987年公開。愛する息子のために、アームレスリングの大会でチャンピオンを目指すトラッカーの姿を描いた作品。監督・制作は「デルタ・フォース」のメナヘム・ゴーラン。制作には「グローイング・アップ」のヨーラム・グローバスも参加。主演・脚本は「ロッキー」シリーズのシルヴェスター・スタローン。脚本には「夜の大捜査線」のスターリング・シリファントも参加。音楽は「トップガン」のジョルジオ・モロダー。

ネタバレを読む

ドライビング Miss デイジーの紹介:1989年公開。25年の時の流れの中で、白人の老婦人と黒人運転手の心の交流と友情を描いた作品。アカデミー賞では作品賞、脚色賞、メイクアップ賞、主演女優賞を受賞した。アレフレッド・ウーリーの戯曲が原作。監督は「ダブル・ジョパディー」のブルース・ベレスフォード。製作総指揮は「ショコラ」のデイヴィッド・ブラウン。音楽は「パール・ハーバー」のハンス・ジマー。主演は「フライド・グリーン・トマト」のジェシカ・タンディと「ショーシャンクの空に」のモーガン・フリーマン。

ネタバレを読む

シングルマンの紹介:2009年公開。亡くなってしまった愛する者のもとへ旅立とうとする大学教授の姿を描いた作品。クリストファー・イシャーウッドの小説が原作。監督はトム・フォードで初監督作品。主演は「英国王のスピーチ」のコリン・ファース。「アリスのままで」のジュリアン・ムーアや「アバウト・ア・ボーイ」のニコラス・ホルトらも出演。

ネタバレを読む

琥珀色のキラキラの紹介:父と二人暮らしの涼子。ある忘れものをしたことから、思わぬハプニングが起きる。家族をつなぐ温かな琥珀色。さて、琥珀色とは一体。
2008年に文化庁若手映画作家育成プロジェクトに選出された中野量太監督の短編映画で、翌年に公開し高い評価を受けた。35ミリフィルムで撮影された作品で、中野監督作『チチを撮りに』のDVDに特別収録されている。

ネタバレを読む

チチを撮りにの紹介:母子家庭で育った葉月と呼春姉妹。父の記憶もほぼ無い二人に母が頼んだのは、もうすぐ死ぬ父の写真を撮って来るという“おつかい”だった。
『湯を沸かすほどの熱い愛』で世界中から高い評価を受けた中野量太監督の劇場長編処女作。SKIP国際Dシネマ映画祭2012にて、監督賞・SKIPシティアワードをW受賞し、全14賞を受賞。第63回ベルリン国際映画祭ではジェネレーション部門で正式招待された。

ネタバレを読む

エニイ・ギブン・サンデーの紹介:1999年公開。アメリカンフットボールに賭ける鬼コーチと選手達の熱い生き様を描いた作品。監督・脚本は「プラトーン」のオリバー・ストーン。脚本には「グラディエーター」のジョン・ローガンも参加。主演は「ゴッドファーザー」シリーズのアル・パチーノ。「チャーリーズ・エンジェル」シリーズのキャメロン・ディアスや「Ray/レイ」のジェイミー・フォックスなども出演し、豪華キャストで贈る映画。

ネタバレを読む

ぼくらの七日間戦争の紹介:1988年公開の日本映画。校則に反抗して廃工場に立て籠もった中学生達と、親や教師達との戦いを描いた作品。宗田理の小説が原作。主演は「紙の月」の宮沢りえ。監督は「ほたるの星」の菅原浩志。制作は「セーラー服と機関銃」の角川春樹。音楽は小室哲哉が担当し、主題歌はTM NETWORKで「SEVEN DAYS WAR」。

ネタバレを読む

FOUJITAの紹介:2015年製作の日本/フランス合作映画で、繊細な裸婦像を得意としパリで活躍した日本人画家、藤田嗣治の半生を映画化。「眠る男」、「埋もれ木」などの作品で国際的に高い評価を受けている小栗康平がメガホンを取り、オダギリジョーが藤田嗣治の青年期から中年期までを演じた。

ネタバレを読む