ヒューマンドラマのネタバレあらすじ一覧

邦画や洋画等、おすすめのヒューマンドラマの映画をまとめています。ヒューマンドラマとは主に人間ドラマ(人の心の交流や、人の一生を描いたものなど)が分類されます。ヒューマンドラマは深いテーマや感動の傑作が多いことも魅力の一つです。

東ベルリンから来た女の紹介:2012年公開のドイツ映画。ベルリンの壁崩壊前の時代に、役人に監視されながらも脱出を試みる女性の姿を描いている。クリスティアン・ペツォールトが監督を務め、ベルリン国際映画祭で銀熊賞に輝いた作品。主人公の女医を演じるのは、ニーナ・ホス。

ネタバレを読む

日本の悲劇の紹介:末期の肺ガンで余命宣告を受けた老父が、失業し家族にも見捨てられ出戻った息子のため、年金の不正受給をさせようと思い立ち、自殺を決意するという2012年の日本映画。2010年に発覚した”所在不明高齢者””年金不正受給”問題を題材としている。監督/脚本は「バッシング」「海辺のリア」の小林政広。老夫婦を仲代達也と大森暁美、息子夫婦を北村一輝と寺島しのぶが好演している。

ネタバレを読む

ジュリエット・ビノシュ in ラヴァーズ・ダイアリーの紹介:2011年製作のフランス・ドイツ・ポーランド合作映画。「ショコラ」や「イングリッシュ・ペイシェント」のオスカー女優ジュリエット・ビノシュ主演で贈るドラマ。身体を売る女子大生を取材するジャーナリストの姿を描いている作品。

ネタバレを読む

夜と霧の紹介:第二次世界大戦中のユダヤ人強制収容所で起こった真実を暴かんとした衝撃のドキュメンタリー。
1955年の仏映画で、監督したアラン・レネの名を世界中に知らしめることとなった作品。日本で初公開された時には、残虐なシーンが一部カットされて上映された。1956年のジャン・ヴィゴ賞、フランス・シネマ大賞受賞作。

ネタバレを読む

ある過去の行方の紹介:2013年製作のイラン・フランス・イタリアの合作映画。監督・脚本を務めたのはイランの巨匠アスガー・ファルハディ。主演のベレニス・ベジョは、本作で第66回カンヌ国際映画祭の女優賞を受賞した。日本公開は2014年。

ネタバレを読む

黙して契れの紹介:プロサッカー選手を夢見る兄弟。彼らを取り巻くベネズエラの過酷な現実や犯罪、家族愛や犠牲を感動的に描いたヒューマンドラマ。衝撃的なラストが待ち受ける。
2010年のベネズエラ映画で、日本では劇場未公開。マルセル・ラスキン監督の長編処女作にして、モスクワ国際映画祭やナポリ国際映画祭などで最優秀作品賞を受賞した。原題は“兄弟”を意味する『Hermano』。

ネタバレを読む

乳酸菌飲料販売員の女の紹介:2017年製作の日本映画。高校3年生の春樹と元喜は、春休みの課題『人物ドキュメント』論文で、副会長・千里の性癖を暴こうとしていた。そんな時、バス停で乳酸菌飲料を売る女を見掛け、2人はターゲットを乳酸菌飲料販売員の女に切り替えたが…。

ネタバレを読む

あゝ、荒野 後篇の紹介:2017年10月21日公開の日本映画。寺山修司が遺した唯一の長編小説を大胆に再構築し、2部作として映画化した青春ドラマの完結編。生まれも育ちも違う2人の男が出会い、共にプロボクサーを目指す姿がつづられる。

ネタバレを読む

あゝ、荒野 前篇の紹介:2017年10月7日公開の日本映画。寺山修司が遺した唯一の長編小説を大胆に再構築し、2部作として映画化した青春ドラマの前編。生まれも育ちも違う2人の男が出会い、共にプロボクサーを目指す姿がつづられる。

ネタバレを読む

ドローン・オブ・ウォーの紹介:2014年公開のアメリカ映画。ラスベガスの基地で無人機のドローンを操作し、クリック一つで標的を爆撃する兵士の姿を通し、現代の戦争の実態を描いている。アンドリュー・ニコルが監督と脚本を務め、イーサン・ホーク主演で贈る、実話に基づいて製作された作品。

ネタバレを読む

とうもろこしの島の紹介:激しい戦争状態にあるジョージアとアブハジア。両者の間に流れる川のほとりで、昔からの風習に倣いとうもろこしを育てるアブハジア人の祖父と孫。ある日2人の畑で負傷したジョージア兵が見つかる…。
ジョージアをはじめとする6か国の合作で、2014年の作品。ジョージアでの戦争を背景にした作品として、日本では2016年に『みかんの丘』と共に同時公開された。劇中の台詞を極力抑え、人々の運命や戦争の意味を寓話的に綴る。

ネタバレを読む

みかんの丘の紹介:みかんの木箱職人のイヴォは、戦闘で負傷した2人の兵士を自宅で介抱する。しかしその2人は互いの仲間を殺され合った敵兵同士だった…。戦争の不条理さが描かれたヒューマンドラマ。
2013年のエストニア・ジョージアの合作で、日本ではEUフィルムデーズ2015で上映後、2016年に劇場公開された。アカデミー賞、ゴールデングローブ賞の外国語映画賞にノミネートされたほか、世界中の映画祭で多くの賞を受賞した。

ネタバレを読む

王様のためのホログラムの紹介:2017年2月10日公開のアメリカ映画。エリート人生から転落し、異国サウジアラビアで王様相手に3Dホログラムをプレゼンするハメになる中年男をトム・ハンクスが演じるハートフルなドラマ。ピューリッツァー賞候補にもなったデイヴ・エガーズの原作を『クラウド アトラス』のトム・ティクヴァ監督が映像化。彼の作品ではおなじみのベン・ウィショーが脇を固める。

ネタバレを読む