ヒューマンドラマのネタバレあらすじ一覧(2ページ目)

邦画や洋画等、おすすめのヒューマンドラマの映画をまとめています。ヒューマンドラマとは主に人間ドラマ(人の心の交流や、人の一生を描いたものなど)が分類されます。ヒューマンドラマは深いテーマや感動の傑作が多いことも魅力の一つです。

8 Mileの紹介:2002年公開。ラッパーとしてレコードデビューを夢見る白人青年の姿を描いている。エミネムの初主演作で、彼の半自伝的作品。主題歌の「Lose Yourself」はアカデミー歌曲賞を受賞。監督は「イン・ハー・シューズ」のカーティス・ハンソン。脚本は「ザ・ファイター」のスコット・シルヴァー。制作には「ライアー ライアー」のブライアン・グレイザーが参加。撮影は「ブロークバック・マウンテン」のロドリゴ・プリエト。

ネタバレを読む

Dressing Up ドレッシングアップの紹介:他界した母がどんな人だったのか興味を持った中学生の育美。ある時母の壮絶な過去を知ってから彼女は混乱していく。
2012年大阪アジアン映画祭インディー・フォーラム部門CO2助成作品として上映され、15年に全国公開。2013年TAMA NEW WAVEグランプリ受賞、2015年度日本映画プロフェッショナル大賞新人監督賞受賞作。※本編にはホラー映画同等のショッキングな映像が含まれる。

ネタバレを読む

タイタンズを忘れないの紹介:2000年公開。人種差別が渦巻く時代で、高校フットボールの選手達が、人種が違っても共に力を合わせて奇跡を起こす様を描いた作品。監督は「アップタウン・ガールズ」のボアズ・イェーキン。制作には「アルマゲドン」のジェリー・ブラッカイマーが参加。音楽は「ナショナル・トレジャー」のトレヴァー・ラビン。撮影は「チャーリーとチョコレート工場」のフィリップ・ルースロ。主演は「トレーニング デイ」のデンゼル・ワシントン。

ネタバレを読む

ひゃくはちの紹介:2008年公開の日本映画。甲子園常連の名門校を舞台に、ベンチ入りを目指す補欠部員たちの姿を描いた作品。早見和真の小説が原作。監督・脚本は「宇宙兄弟」の森義隆。撮影は「地下鉄に乗って」の上野彰吾。主題歌は湘南乃風で「晴伝説」。斎藤嘉樹と中村蒼は今作が初主演。「白夜行」の高良健吾や「GROW 愚郎」の桐谷健太、「難波金融伝・ミナミの帝王」シリーズの竹内力も出演。

ネタバレを読む

ぼくんちの紹介:2003年公開。貧しくも逞しく生きる姉弟と周囲の人々の触れ合いを描いた作品。文藝春秋漫画賞を受賞した西原理恵子の漫画が原作。監督は「北のカナリアたち」の坂本順治。撮影は「亡国のイージス」の笠松則通。主演は「ナースのお仕事 ザ・ムービー」の観月ありさ。主題歌はガガガSPの「卒業」。

ネタバレを読む

ツー・マインズの紹介:2012年の映画。母の死後、総合失調症の妹を引きとった姉と、その家族の姿を描いた作品。脚本は「リバー・ランズ・スルー・イット」のリチャード・フリーデンバーグ。制作総指揮には「ナインハーフ」のフランク・コニグス・バーグが参加。主演は「セックス・アンド・ザ・シティ」のクリスティン・デイヴィス。

ネタバレを読む

ヒトラーの贋札の紹介:2007年公開。ナチス・ドイツによる贋札事件に参加させられたユダヤ人の姿を描いた作品。アドルフ・ブルガーの書籍が原作。ドイツ政府が行った史上最大の紙幣贋札事件「ベルンハルト作戦」に参加させられた、原作者アドルフ・ブルガーの証言に基づいて制作された。アカデミー賞では外国語映画賞を受賞。ベルリン国際映画祭コンペティション部門正式出品作品。

ネタバレを読む

I AM YOUR FATHER/アイ・アム・ユア・ファーザーの紹介:2015年製作のスペインのドキュメンタリー映画。SF超大作シリーズ「スター・ウォーズ」でダース・ベイダーを演じたデヴィッド・プラウズの俳優人生とスター・ウォーズ製作陣との確執の真相に迫る。第29回東京国際映画祭上映作品。

ネタバレを読む

国際市場で逢いましょうの紹介:2014年製作の韓国のヒューマンドラマ。日本でもドラマでリメイクされた「マイ・ボス マイ・ヒーロー」の ユン・ジェギュンが監督を務めた。一人の男性の人生を軸に、韓国の1950年代から現代に至る歩みを描いていく。韓国国内では大ヒットとなり、当時の歴代観客動員数第二位を記録した。

ネタバレを読む

オレンジと太陽の紹介:かつて実際に行われていたイギリス最大のスキャンダルとも言える児童移民。親と引き離された子供と家族を結び合わせるために活動した、一人の女性の感動実話。主人公でもあるマーガレット・ハンフリーズの原作を2010年に映像化。監督は今作が長編初メガホンとなったジム・ローチ。

ネタバレを読む