ヒューマンドラマのネタバレあらすじ一覧(2ページ目)

邦画や洋画等、おすすめのヒューマンドラマの映画をまとめています。ヒューマンドラマとは主に人間ドラマ(人の心の交流や、人の一生を描いたものなど)が分類されます。ヒューマンドラマは深いテーマや感動の傑作が多いことも魅力の一つです。

仕立て屋の恋の紹介:殺人事件の容疑者として浮上した中年男イール。彼がいつものように美しい娘の部屋を覗いていると、彼女の方からイールに接近を始める…。
サスペンス調で綴る孤独な男の人間ドラマ。監督は『髪結いの亭主』や『橋の上の娘』などで知られるフランスのパトリス・ルコント。1989年の作品で、日本では遅れて1992年に公開された。原作は同名(邦題)小説で、今作以前にも別タイトルで映像化されている。

ネタバレを読む

緑色の髪の少年の紹介:戦争孤児となった少年に起きた驚くべき出来事や、戦争によって遺された傷跡を綴った映画史に名を刻む作品。
1948年のアメリカ映画。反戦映画の名作と名高いものの、反戦を謳う内容により公開当時は上映を問題視された。のちにパルムドールやセザンヌ賞を獲得する名匠ジョゼフ・ロージーの処女作。

ネタバレを読む

ミスター・ロンリーの紹介:2008年公開。マイケル・ジャクソンになりきっている青年が、マリリン・モンローのそっくりさんの女性と出会い、本当の自分を見つけていく様を描いた作品。鬼才、ハーモニー・コリンが監督を務め、ディエゴ・ルナ、サマンサ・モートン主演で贈る。

ネタバレを読む

夢駆ける馬ドリーマーの紹介:2005年公開のアメリカ映画。厩舎を経営する父親を持つ娘と、骨折して再起不能になった元競走馬との触れ合いを描いている。ジョン・ケイティンズが監督・脚本を務め、カート・ラッセル、ダコタ・ファニング、クリス・クリストファーソン、エリザベス・シューら豪華出演者で贈る感動作。

ネタバレを読む

オケ老人!の紹介:2016年11月公開の日本映画。勘違いで、演奏経験の浅い老人ばかりの交響楽団に入団してしまった主人公の奮闘を描く、荒木源の同名小説を主人公を女性に置き換えて、杏主演で映画化したコメディ。左とん平、小松政夫といったベテラン俳優たちがヒロインを翻弄する老人に扮し、ユニークな物語を盛り上げる。放送作家や演出家としても活躍する細川徹が監督を務める。

ネタバレを読む

サブウェイの紹介:1985年公開のフランス映画。パーティーに招かれた男性が、重要な書類を盗み出し、逃げ込んだ地下で奇妙な運命に巻き込まれていく様を描いている。リュック・ベッソンの長編映画第2作目。イザベル・アジャーニ、クリストファー・ランバート、ジャン・レノら豪華出演者で贈る作品。

ネタバレを読む

エール!の紹介:家族の中で唯一耳が聴こえるポーラは歌手としての才能を見出される。しかしポーラの歌声が聴こえない家族は彼女の夢に猛反対し、ポーラ自身も諦めようとするが…。
2014年製作のフランス映画で、本国で驚異的なヒットを記録。奇跡の歌声と称賛された歌手ルアンヌ・エメラのスクリーンデビュー作ながらセザール賞、ルミエール賞の新人賞をW受賞。その他の映画賞も多数受賞するなど、フランスを笑顔と涙で包んだ感動作。

ネタバレを読む

スーパーの女の紹介:1996年公開の日本映画。原作は安土敏の小説「小説スーパーマーケット」を基に、伊丹十三監督が実写化。主演は宮本信子。スーパーマーケットが大好きな主婦が、幼馴染が経営する潰れかけのスーパーを立て直していくコメディ作品。

ネタバレを読む

海辺のリアの紹介:2016年製作の日本映画で、「愛の予感」で知られる小林政広監督がメガホンを取った仲代達矢主演のヒューマンドラマ。認知症を患った元有名俳優が海辺へと逃げ出し、芝居と現実とを交錯させながら家族への思いを独白する。

ネタバレを読む

3-4X10月の紹介:1990年公開の日本映画。監督・北野武の第2作品。タイトルの読み方は「さんたいよんえっくすじゅうがつ」で、「3-4X」は草野球の試合のスコアボードに由来する。10月に公開予定だったので「10月」と付けられたが、実際の公開は9月となった。

ネタバレを読む