ヒューマンドラマのネタバレあらすじ一覧(3ページ目)

邦画や洋画等、おすすめのヒューマンドラマの映画をまとめています。ヒューマンドラマとは主に人間ドラマ(人の心の交流や、人の一生を描いたものなど)が分類されます。ヒューマンドラマは深いテーマや感動の傑作が多いことも魅力の一つです。

エクスタシー(2005年)の紹介:2005年公開。元恋人と復縁したい青年と、妻と別れたエリート男性の会話を中心に描いた作品。原題はLondon。出演は「キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー」のクリス・エヴァンス、「テキサス・チェーンソー」のジェシカ・ビール、「メカニック」シリーズのジェイソン・ステイサム。3人は「セルラー」でも共演をしている。

ネタバレを読む

大鹿村騒動記の紹介:2011年公開の日本映画。阪本順治監督が、デビュー作『どついたるねん』以来6本にわたって起用し続けている名優・原田芳雄を主演に据えて描いた人間ドラマ。長野県の山村・大鹿村に伝わる伝統の村歌舞伎を題材に、そこに関わる人々の悲喜こもごもを映し出す。

ネタバレを読む

Ray/レイの紹介:2004年公開。ソウルの神様、レイ・チャールズの人生を描いた作品。主演のジェイミー・フォックスは今作でアカデミー賞主演男優賞を受賞。また、今作はアカデミー賞録音賞も受賞し、音楽を担当したクレイグ・アームストロングはグラミー賞を受賞。監督は「愛と青春の旅だち」のテイラー・ハックフォード。撮影は「戦場のピアニスト」のパヴェル・エデルマン。編集は「スター・ウォーズ」のポール・ハーシュ。

ネタバレを読む

リバー・ランズ・スルー・イットの紹介:1992年公開のアメリカ映画。1920年頃のモンタナを舞台に、フライフィッシングで結ばれた家族の絆を描いた作品。アカデミー賞では撮影賞を受賞。ノーマン・マクリーンの小説が原作。監督は「モンタナの風に抱かれて」のロバート・レッドフォード。音楽は1990年にグラミー賞を受賞したマーク・アイシャム。主演は「トロイ」のブラッド・ピット。「エイリアン」のトム・スケリット、「秘密と嘘」のブレンダ・ブレッシンも出演。

ネタバレを読む

あの日の声を探しての紹介:2014年製作のフランス・ジョージア合作による人間ドラマ。「アーティスト」で第84回アカデミー賞作品賞、監督賞などを受賞したミシェル・アザナヴィシウスが監督、製作、脚本を務めた。1948年の「山河遥かなり」を現代に置き換えてリメイクした作品で、チェチェン紛争に翻弄される少年とEU職員、そしてロシア軍兵士の姿が描かれていく。

ネタバレを読む

ボーイズ・オン・ザ・ランの紹介:2010年公開の日本映画。残酷な現実にあがいて成長していく不器用な青年の姿を描いた作品。花沢健吾の漫画が原作。監督・脚本は「何者」の三浦大輔。主演は銀杏BOYZの峯田和伸で、原作の大ファンの彼は主題歌の「ボーイズ・オン・ザ・ラン」を書き下ろした。「走れ、絶望に追いつかれない速さで」の黒川芽以、「悪夢探偵」シリーズの松田龍平も出演。

ネタバレを読む

銀のエンゼルの紹介:2004年公開の日本映画。北海道のコンビニを舞台に、オーナーと家族、従業員やお客達の人間模様を描いた作品。「銀のエンゼル」とはチョコボールの当たりマーク。監督は「river」の鈴井貴之。音楽は「レイクサイド マーダーケース」の長嶌寛幸。主演は「犬飼さんちの犬」の小日向文世。

ネタバレを読む

恋しくての紹介:バンド活動に夢中になった石垣島の高校生たちの恋や友情、家族愛を描いた青春物語。『ナビィの恋』や『ホテルハイビスカス』をヒットさせた沖縄在住の中江裕司監督が、石垣島出身のバンドBEGINのエッセイ『さとうきび畑の風に乗って』から着想を得てオリジナルストーリーを製作し、映像化。2007年の公開作。

ネタバレを読む

マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙の紹介:2011年公開の伝記映画。強い信念をもってリーダーシップを発揮した、イギリス史上初の女性首相「鉄の女」ことマーガレット・サッチャーの姿を描いた作品。監督は「マンマミーア!」のフィリダ・ロイド。音楽は「ショーシャンクの空に」のトーマス・ニューマン。主演は「ソフィーの選択」のメリル・ストリープ。今作で2度目のアカデミー賞主演女優賞を受賞。

ネタバレを読む

死ぬまでにしたい10のことの紹介:2003年公開。癌を宣告されて余命僅かの女性が、残りの人生を悔いなく生きる様を描いた作品。監督・脚本は「あなたになら言える秘密のこと」のイザベル・コイシェ。主演は「ドーン・オブ・ザ・デッド」のサラ・ポーリー。「アベンジャーズ」のハルク役のマーク・ラファロや「ヘンリー&ジューン/私が愛した男と女」のマリア・デ・メディロスも出演。

ネタバレを読む

さよなら渓谷の紹介:2013年公開の日本映画。隣人の殺人事件に夫が関与したと妻が告発して、記者が夫妻の過去を探っていく姿を描いた作品。吉田修一の小説が原作。モスクワ国際映画祭で審査員特別賞を受賞。監督は「まほろ駅前多田便利軒」の大森立嗣。弟で「ハゲタカ」で主演を務めた大森南朋も出演。主演は「脳内ポイズンベリー」の真木よう子。主題歌は椎名林檎が書き下ろした「幸先坂」で、主演の真木よう子が歌を務めた。

ネタバレを読む

1001グラム ハカリしれない愛のことの紹介:科学者のマリエは計測のエキスパート。予測不可能な人生に、彼女は心のハカリを見つけられるのか。
北欧を代表する監督のベント・ハーメルが脚本・製作も手掛けた。2014年アカデミー賞外国語映画部門ノルウェー代表のほか、ノルウェーのアマンダ賞では6部門でノミネートした作品。

ネタバレを読む