ヒューマンドラマのネタバレあらすじ一覧(3ページ目)

邦画や洋画等、おすすめのヒューマンドラマの映画をまとめています。ヒューマンドラマとは主に人間ドラマ(人の心の交流や、人の一生を描いたものなど)が分類されます。ヒューマンドラマは深いテーマや感動の傑作が多いことも魅力の一つです。

読書する女の紹介:1988年公開のフランス映画。本の朗読が職業の女性と、彼女をめぐる人々の姿を描いた作品。レイモン・ジャンの小説が原作。監督は「真夜中の恋愛論」のミシェル・ドヴィル。音楽はベートーベンの曲が使われており、主演は「バルスーズ」や「ドライ・クリーニング」のミュウ・ミュウ。

ネタバレを読む

ハンナ・アーレントの紹介:2013年公開の伝記映画。ナチス戦犯の裁判に関するレポートを発表し、大きな波紋を呼んだ政治理論家であり、哲学者のドイツ系ユダヤ人ハンナ・アーレントの姿を描いた作品。監督は「ローザ・ルクセンブルク」のマルガレーテ・フォン・トロッタ。撮影は「ポネット」のカロリーヌ・シャプティエ。主演は「クレイドル・ウィル・ロック」のハンク・アザリア。

ネタバレを読む

ロレンツォのオイル/命の詩の紹介:1992年公開。ALDという難病に冒された息子を救うため、奮闘する両親の姿を実話を元に描いた作品。監督は「マッドマックス」シリーズのジョージ・ミラー。撮影は「イングリッシュ・ペイシェント」のジョン・シール。編集は「ショーシャンクの空に」のリチャード・フランシス=ブルースや「ピアノ・レッスン」のリー・スミスが参加。出演は「48時間」のニック・ノルディ、「デッドマン・ウォーキング」のスーザン・サランドン、「スパルタカス」のピーター・ユスティノフら。

ネタバレを読む

ラビット・ホールの紹介:愛する息子を交通事故で失ったベッカ。絶望の淵にいる彼女は、息子を轢いた少年を尾行する。
ピュリツァー賞を受賞したデヴィッド・リンゼイ=アベアーの同名戯曲を映画化。2010年・米アカデミー賞主演女優賞ノミネートのほか、20賞以上にノミネートされた。子を亡くした夫婦の再生を描いた人間ドラマ。ラビット・ホールとは『不思議の国のアリス』でアリスが落ちた穴に由来する。

ネタバレを読む

リリーのすべての紹介:2015年製作のイギリス&アメリカ&ドイツ合作映画。1930年代に世界で初めて性別適合手術を受けたデンマーク人、リリー・エルベの実話を描く人間ドラマ。自分の内側に潜んでいた女性の存在に気付き苦悩する主人公と、変わっていく夫に困惑する妻の姿が描かれる。

ネタバレを読む

リトル・フォレスト 冬・春の紹介:2015年公開の日本映画。五十嵐大介の同名コミックを橋本愛主演で実写映画化したヒューマンドラマ。故郷での自給自足の生活を通して、都会で失った自信や生きる力を取り戻していくヒロインの姿を、旬の食材を使った料理などとともに描く。岩手県奥州市などで約1年にわたる撮影を敢行。東北のうつろいゆく四季を映し出した4部作の完結編。

ネタバレを読む

大統領の執事の涙の紹介:2013年公開の実話を元に着想を加えた映画。ホワイトハウスで、7人の大統領に使えた黒人執事の波乱に満ちた生涯を描いた作品。監督は「プレシャス」のリー・ダニエルズ。制作には「プリティ・ウーマン」のローラ・ジスキンが参加。今作は彼女がプロデュースした最後の作品。主演は「ラスト・キング・オブ・スコットランド」のフォレスト・ウィテカー。ロビン・ウィリアムズやジョン・キューザック、マライア・キャリーなど豪華キャストで贈る映画。

ネタバレを読む

彼らが本気で編むときは、の紹介:トランスジェンダーの女性が、恋人の育児放棄された姪と過ごした60日間をあたたかに綴る人間ドラマ。
『かもめ食堂』や『めがね』の荻上直子の5年ぶりの監督作。監督本人が“荻上直子・第二章″と公言するように、これまでの彼女の作品とは一風違うテイストの感動物語。2017年2月の公開作で、第67回ベルリン国際映画祭テディ審査員特別賞・監督賞を日本映画として初めて受賞し、文部科学省選定作品にも指定された。

ネタバレを読む

上意討ち 拝領妻始末の紹介:1967年製作の時代劇映画で、「人間の條件」で知られる小林正樹がメガホンを取り、主人公の会津松平藩士を三船敏郎が演じ、その親友役を仲代達矢が演じた。息子の妻をめぐる藩の理不尽な仕打ちに翻弄される藩士の姿を描いていく。

ネタバレを読む

ブラッドワース家の人々の紹介:2011年の映画。妻子を捨てた男性が、40年ぶりに故郷に帰ってきて家族と向き合う姿を描いた作品。音楽は「クレイジー・ハート」でアカデミー歌曲賞を受賞したT・ボーン・バーネット。主演は「スター誕生」のクリス・クリストファーソン。歌手としても有名な彼が、今作で書き下ろした曲が劇中で使用されている。他にも「バットマン フォーエヴァー」のヴァル・キルマーや「スリング・ブレイド」のグラミー賞受賞者の歌手のドワイト・ヨッカム、「シンデレラ・ストーリー」に主演し、歌手としても有名なヒラリー・ダフが出演。

ネタバレを読む

ミルコのひかりの紹介:不慮の事故によって視力を失った少年が一度は心を閉ざしながらも、己の豊かな想像性から希望を生み出していく感動の実話。
イタリア映画界で活躍中のサウンドデザイナー、ミルコ・メンカッチの幼少期の経験を基に描かれた作品。2006年のイタリア映画で、日本では2007年に公開された。原題は『ROSSO COME IL CIELO』(空のように赤いという意。)

ネタバレを読む

ぼくを探しにの紹介:2013年のフランス映画。幼い頃に両親を亡くし、そのショックで言葉を話すことができないまま大人になった男性の不思議な記憶の旅を描いた作品。監督・脚本は「ベルヴィル・ランデブー」のシルヴァン・ショメ。制作総指揮には「ミラル」のフランソワ=ザヴィエ・デクレーヌが参加。主演は「赤い手帳」のギヨーム・グイ。

ネタバレを読む

リトル・フォレスト 夏・秋の紹介:2014年公開の日本映画。五十嵐大介の同名コミックを橋本愛主演で実写映画化したヒューマンドラマ。故郷での自給自足の生活を通して、都会で失った自信や生きる力を取り戻していくヒロインの姿を、旬の食材を使った料理などとともに描く。岩手県奥州市などで約1年にわたる撮影を敢行。東北のうつろいゆく四季を映し出した4部作の夏・秋編となる。

ネタバレを読む