ヒューマンドラマのネタバレあらすじ一覧(3ページ目)

邦画や洋画等、おすすめのヒューマンドラマの映画をまとめています。ヒューマンドラマとは主に人間ドラマ(人の心の交流や、人の一生を描いたものなど)が分類されます。ヒューマンドラマは深いテーマや感動の傑作が多いことも魅力の一つです。

ピザ!(2014年)Crow’s Eggの紹介:2014年製作のインド映画。南インドの都市に初めてピザ店がやってきた! ピザを食べるため幼い兄弟は1か月分の生活費を稼いでピザを購入しようとするが…。兄弟の騒動が次第に街全体の問題に発展していく。

ネタバレを読む

幸せをつかむ歌の紹介:かつて家族を捨て音楽に生きた女性が、家族と再会したことで子供との溝を埋めようと葛藤する人間ドラマ。
『羊たちの沈黙』のジョナサン・デミが監督した2016年の公開作。アカデミー女優メリル・ストリープがワイルドなミュージシャン役を熱演し、実娘メイミー・ガマーが劇中でも娘役を演じ話題となった。

ネタバレを読む

ランブルフィッシュの紹介:1983年製作のアメリカ映画で、S・E・ヒントンの同名小説を原作としたヒューマンドラマ。フランシス・フォード・コッポラが監督を務め、主人公の兄弟をミッキー・ローク、マット・ディロンが演じた。数年ぶりに帰郷した兄と、兄に強い憧れを抱く弟との数日間の交流を描く。

ネタバレを読む

孤独のススメの紹介:孤独に暮らす中年男フレッドの前に言葉も過去もない男が現れ、フレッドの生活が鮮やかに変わっていく。生きるヒントが綴られた感動の人間ドラマ。
俳優としても活動しているオランダのディーデリク・エビンゲ監督の長編処女作ながら、ロッテムダム国際映画祭で観客賞、モスクワ国際映画祭で最優秀観客賞・批評家賞など数多くの賞を獲得した。2013年の作品で日本では遅れて16年に公開された。

ネタバレを読む

ワルボロの紹介:2007年公開の日本映画。1980年代の立川市を舞台に、不良に転身した元優等生と仲間たちとの熱い友情や、他の中学との勢力争いを描いている。ゲッツ板谷の小説が原作。主演は松田翔太が務め、オールバック姿で熱演をしている。主題歌はザ・クロニヨンズの「ギリギリガガンガン」。

ネタバレを読む

リトル・ダンサーの紹介:2000年公開のイギリス映画。バレエ・ダンサーを目指す少年の姿を描いている。映画監督として、すべての作品がアカデミー賞監督賞や作品賞にノミネートされているスティーブン・ダルドリーが監督を務めた。大勢の候補者から選出されたジェイミー・ベル主演作品。

ネタバレを読む

家族はつらいよの紹介:2016年3月公開の日本映画。巨匠・山田洋次監督が『男はつらいよ』シリーズ以来ひさびさに手がけるコメディ。突然の両親の離婚問題に揺れる子供たちら8人が繰り広げる騒動を描き出す。橋爪功と吉行和子が離婚の危機を迎えた熟年夫婦を演じるほか、西村雅彦、夏川結衣といった『東京家族』で一家を演じた8人のキャストが再集結し、別の家族を演じている。

ネタバレを読む

ピンク・スバルの紹介:中東イスラエルとパレスチナの境界線近くの街タイベ。車泥棒が横行するその街で苦節20年、妹の結婚を機にようやく買った新車スバル・レガシィを盗まれた男の悲喜劇を描く2010年製作の日伊合作映画。紛争地域イスラエルの逞しくも明るい人々の日常を描いた事で高く評価され、ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2011審査員特別賞、シネガーアワードをW受賞した。監督/脚本/編集は「人形の首と愛国心」「口裂け女 in L.A.『ウメコの友達』」の小川和也。

ネタバレを読む

飛べないコトリとメリーゴーランドの紹介:恋を覚えた女性が嫉妬や不安に苛まれ、現実と空想の世界を行き来し始める。
期待の新人監督市川悠輔の2015年公開の中篇作品。注目のフレッシュな俳優に加え、ベテラン陣が脇を固める。劇中歌・主題歌を担当したチャラン・ポ・ランタンも演技初挑戦にして、現実界と空想界の一人二役で出演している。

ネタバレを読む

わたしは、ダニエル・ブレイクの紹介:2016年製作のイギリス・フランス・ベルギー合作映画で、名匠ケン・ローチによるイギリス労働者を描いた傑作。病のために就労不可能と医師から診断を受けているにもかかわらず、国から生活補助手当受給が許されない一人の老大工の奮闘を描いていく。第69回カンヌ国際映画祭では最高賞となるパルム・ドールを受賞し、ケン・ローチにとっては「麦の穂をゆらす風」以来二度目の受賞となった。

ネタバレを読む

ゆめのかよいじの紹介:2013年公開の日本映画。父を亡くし、東京から田舎に引っ越してきた少女が、時を越えてさまよう少女との交流を通して再生していく姿を描いている。大野安之の漫画が原作。監督・脚本は五藤利弘が務め、石橋杏奈、竹富聖花のダブル主演で贈る作品。

ネタバレを読む

ベネディクト・カンバーバッチ ホーキングの紹介:2004年公開のイギリス映画。難病に侵されつつも宇宙の研究に貢献したスティーヴン・ホーキングの半生を描いている。天才物理学者ホーキングの若き日をベネディクト・カンバーバッチが演じた作品。

ネタバレを読む

人生タクシーの紹介:テヘランのタクシー乗客を通して語られるイラン社会の核心をついた社会派ドラマ。ドキュメンタリータッチで描くユーモアと愛に溢れた作品。
イランの名匠ジャファル・パナヒ監督が政府への反体制的な活動を理由に映画監督禁止令を受けながらも、自身がタクシー運転手に扮しダッシュボードに置いたカメラで撮影した意欲作。2015年ベルリン国際映画祭金熊賞・国際映画批評家連盟賞をW受賞したほか、多数の映画賞を獲得した。

ネタバレを読む