ヒューマンドラマのネタバレあらすじ一覧(4ページ目)

邦画や洋画等、おすすめのヒューマンドラマの映画をまとめています。ヒューマンドラマとは主に人間ドラマ(人の心の交流や、人の一生を描いたものなど)が分類されます。ヒューマンドラマは深いテーマや感動の傑作が多いことも魅力の一つです。

ボーイズ・オン・ザ・ランの紹介:2010年公開の日本映画。残酷な現実にあがいて成長していく不器用な青年の姿を描いた作品。花沢健吾の漫画が原作。監督・脚本は「何者」の三浦大輔。主演は銀杏BOYZの峯田和伸で、原作の大ファンの彼は主題歌の「ボーイズ・オン・ザ・ラン」を書き下ろした。「走れ、絶望に追いつかれない速さで」の黒川芽以、「悪夢探偵」シリーズの松田龍平も出演。

ネタバレを読む

銀のエンゼルの紹介:2004年公開の日本映画。北海道のコンビニを舞台に、オーナーと家族、従業員やお客達の人間模様を描いた作品。「銀のエンゼル」とはチョコボールの当たりマーク。監督は「river」の鈴井貴之。音楽は「レイクサイド マーダーケース」の長嶌寛幸。主演は「犬飼さんちの犬」の小日向文世。

ネタバレを読む

恋しくての紹介:バンド活動に夢中になった石垣島の高校生たちの恋や友情、家族愛を描いた青春物語。『ナビィの恋』や『ホテルハイビスカス』をヒットさせた沖縄在住の中江裕司監督が、石垣島出身のバンドBEGINのエッセイ『さとうきび畑の風に乗って』から着想を得てオリジナルストーリーを製作し、映像化。2007年の公開作。

ネタバレを読む

マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙の紹介:2011年公開の伝記映画。強い信念をもってリーダーシップを発揮した、イギリス史上初の女性首相「鉄の女」ことマーガレット・サッチャーの姿を描いた作品。監督は「マンマミーア!」のフィリダ・ロイド。音楽は「ショーシャンクの空に」のトーマス・ニューマン。主演は「ソフィーの選択」のメリル・ストリープ。今作で2度目のアカデミー賞主演女優賞を受賞。

ネタバレを読む

死ぬまでにしたい10のことの紹介:2003年公開。癌を宣告されて余命僅かの女性が、残りの人生を悔いなく生きる様を描いた作品。監督・脚本は「あなたになら言える秘密のこと」のイザベル・コイシェ。主演は「ドーン・オブ・ザ・デッド」のサラ・ポーリー。「アベンジャーズ」のハルク役のマーク・ラファロや「ヘンリー&ジューン/私が愛した男と女」のマリア・デ・メディロスも出演。

ネタバレを読む

さよなら渓谷の紹介:2013年公開の日本映画。隣人の殺人事件に夫が関与したと妻が告発して、記者が夫妻の過去を探っていく姿を描いた作品。吉田修一の小説が原作。モスクワ国際映画祭で審査員特別賞を受賞。監督は「まほろ駅前多田便利軒」の大森立嗣。弟で「ハゲタカ」で主演を務めた大森南朋も出演。主演は「脳内ポイズンベリー」の真木よう子。主題歌は椎名林檎が書き下ろした「幸先坂」で、主演の真木よう子が歌を務めた。

ネタバレを読む

1001グラム ハカリしれない愛のことの紹介:科学者のマリエは計測のエキスパート。予測不可能な人生に、彼女は心のハカリを見つけられるのか。
北欧を代表する監督のベント・ハーメルが脚本・製作も手掛けた。2014年アカデミー賞外国語映画部門ノルウェー代表のほか、ノルウェーのアマンダ賞では6部門でノミネートした作品。

ネタバレを読む

キット・キトリッジ アメリカン・ガール・ミステリーの紹介:2008年公開。新聞記者になることを夢見る少女と家族、個性的な下宿人達との触れ合いを描いた感動作。製作総指揮にはジュリア・ロバーツが参加。主演は「リトル・ミス・サンシャイン」のアビゲイル・ブレスリン。「イン&アウト」のジョーン・キューザックや「ラブリーボーン」のスタンリー・トゥッチ、ウィル・スミスの娘で歌手のウィロー・スミスも出演。

ネタバレを読む

ブレックファスト・クラブの紹介:1985年公開の青春映画。学校から休日登校を言い渡された男女5人の高校生が、友情の絆に結ばれていく姿を描いている。ブラット・パックの代表作品。監督・脚本は「ホームアローン」シリーズで脚本と制作に携わったジョン・ヒューズ。出演者は「ヤングガン」のエミリオ・エステベス、「デッド・ゾーン」のアンソニー・マイケル・ホール、青春映画のナンバーワン女優と呼ばれたモリー・リングウォルドなど。

ネタバレを読む

酔いどれ詩人になるまえにの紹介:自称詩人のヘンリー・チナスキーは、作品が認められず酒浸りの日々を送っていた。多くのアーティストに支持されている作家で詩人のチャールズ・ブコウスキーの自叙伝的長編小説『勝手に生きろ!』を映画化。ノルウェー人のベント・ハーメルが監督・脚本・製作を務めた2006年公開のアメリカ・ノルウェーの合作。

ネタバレを読む

バベルの紹介:2006年公開のアメリカ映画。モロッコで起こった銃撃事件が、アメリカ、メキシコ、日本の人々の運命へと連鎖する様を描いた作品。カンヌ国際映画祭では監督賞を受賞。監督は「レヴェナント: 蘇えりし者」のアレハンドロ・ゴンザレス・イニャリトゥ。脚本は「21グラム」のギジェルモ・アリアガ。出演は「マネーボール」のブラッド・ピット、「ブルージャスミン」のケイト・ブランシェット、「モーターサイクル・ダイアリーズ」のガエル・ガルシア・ベルナルなど。日本からは菊地凛子や役所広司らが出演。

ネタバレを読む

みなさん、さようなら(2013年)の紹介:2013年公開の日本映画。団地から一生外に出ないと決意した男性の姿を描いた作品。久保寺健彦の小説が原作。監督は「ゴールデンスランバー」の中村義洋。主演は「アヒルと鴨のコインロッカー」の濱田岳。「ウェルかめ」の倉科カナ、「あさが来た」の波瑠も出演。

ネタバレを読む

愛の小さな歴史の紹介:東京の片隅で、捨てた家族と再会を果たした二組の家族の愛憎を描く。そこから始まった物語とは…。
2015年製作のインディーズの新鋭中川龍太郎監督作。前作に続き2年連続で東京国際映画祭に入選し、今作ではチケットが即日完売した。キャッチコピーは「ここから、家族になろう」。

ネタバレを読む

ウォーリアーの紹介:2011年公開のアメリカ映画。総合格闘技を通して、二人の兄弟をメインに人々との絆を描いた作品。監督・脚本・制作は「ミラクル」のギャヴィン・オコナー。主演は「マッドマックス 怒りのデス・ロード」のトム・ハーディと「ティモシーの小さな奇跡」のジョエル・エドガートン。「白い刻印」のニック・ノルティや「ルール2」のジェニファー・モリソン、「パージ:アナーキー」のフランク・グリロも出演。

ネタバレを読む