ヒューマンドラマのネタバレあらすじ一覧(4ページ目)

邦画や洋画等、おすすめのヒューマンドラマの映画をまとめています。ヒューマンドラマとは主に人間ドラマ(人の心の交流や、人の一生を描いたものなど)が分類されます。ヒューマンドラマは深いテーマや感動の傑作が多いことも魅力の一つです。

追憶と、踊りながらの紹介:初老の中国人女性と、彼女の息子の友人であるイギリス人の青年。大切なものを失った二人が、悲しみを分かち合えずにいた。そこには隠された現実があった。カンボジア出身のホン・カウ監督の初長編作のイギリス映画。2014サンダンス映画祭最優秀撮影賞受賞、ブリティッシュ・インディペンデント・フィルム・アワード三賞にノミネート、2015BAFTA英国アカデミー賞英国デビュー賞ノミネート作品。

ネタバレを読む

ショート・タームの紹介:2013年公開。未成年者の保護施設を舞台に職員と子供達との交流を描いている。サウス・バイ・サウスウエスト映画祭で初上映された際は、観客や批評家から熱烈な歓迎をされた。インディペンデント・スピリット賞など海外の多数の賞を受賞、ノミネートした作品。出演は「ルーム」でアカデミー賞主演女優賞を受賞したブリー・ラーソン、ミュージカル・テレビドラマ・映画で活躍のジョン・ギャラガー・ジュニアやラミ・マレックなど。

ネタバレを読む

セーラー服と機関銃-卒業-の紹介:2016年に公開された日本映画。1981年に公開され大ヒットした薬師丸ひろ子主演『セーラー服と機関銃』の続編にあたる作品で、原作は前作と同じく赤川次郎の『卒業-セーラー服と機関銃・その後』。ネット発の人気アイドルの橋本環奈の初主演として話題となった。監督は『婚前特急』『わたしのハワイの歩きかた』の前田弘二。角川映画40周年記念作品でもある。

ネタバレを読む

PiCNiCの紹介:心に病を抱えた若者が世界の終焉を見るために、病院と社会を隔てる塀の上を歩いて探検に出る幻想的なヒューマンドラマ。1994年製作の岩井俊二監督・脚本作。当時世間を賑わせていた事件の影響で公開が遅れ、暴力シーンをカットした“日本版”が96年に公開された。現在は完全版もDVD化されている。PG12指定作品。

ネタバレを読む

ヘドウィグ・アンド・アングリーインチの紹介:2001年公開。男性から性転換したロックシンガーの数奇な人生を描いた作品。オフ・ブロードウェイで大ヒットしたロックミュージカルを映画化。サンダンス映画祭では最優秀監督賞、最優秀観客賞を受賞するなど、海外の賞を多数受賞した作品。監督・脚本・主演は舞台版と同じく、「ラビット・ホール」で監督を務めたジョン・キャメロン・ミッチェル。トミー役には「シルク」のマイケル・ピットが出演。

ネタバレを読む

闇金ウシジマくん dビデオ powered by BeeTVスペシャル 後編の紹介:2014年製作の日本テレビドラマ。真鍋昌平による同名漫画を原作とし、2010年より毎日放送(MBS)で制作・放送されたドラマ『闇金ウシジマくん』の映画版『闇金ウシジマくんPart.2』公開を記念して、原作でも人気の高い「スーパータクシーくん編」を完全実写化!

ネタバレを読む

闇金ウシジマくん dビデオ powered by BeeTVスペシャル 前編の紹介:2014年製作の日本テレビドラマ。真鍋昌平による同名漫画を原作とし、2010年より毎日放送(MBS)で制作・放送されたドラマ『闇金ウシジマくん』の映画版『闇金ウシジマくんPart.2』公開を記念して、原作でも人気の高い「スーパータクシーくん編」を完全実写化!

ネタバレを読む

黄昏の紹介:風光明媚な湖ゴールデンポンドの畔の別荘で過ごす老夫婦とその娘、娘の恋人親子の交流を描いた1981年のアメリカ映画。老夫婦が迎えた人生の黄昏、皮肉屋の父と奔放な娘との長年に渡る確執、老人と少年という3つの視点から描かれた物語は、どの世代が見ても共感を憶える名作である。原作は1978年のブロードウェイで上演されたアーネスト・トンプソンの同名戯曲で脚本も担当。監督は「ローズ」のマーク・ライデル、音楽は「天国から来たチャンピオン」のデイヴ・グルーシン。1981年アカデミー賞主演男優賞、主演女優賞、脚色賞受賞作。

ネタバレを読む

オリバー・ツイストの紹介:2005年公開。チャールズ・ディケンズの小説を「戦場のピアニスト」のロマン・ポランスキーが監督して映画化した。孤児の少年が幾多の苦難を乗り越えて幸せをつかむまでを描いた作品。原作と比べて、フェイギンとブラウンロー氏の対照的な愛情をもらうオリバーの悲しい運命を描いている。登場人物のフェイギン役は「ガンジー」のベン・キングズレー。

ネタバレを読む

ボルベール〈帰郷〉の紹介:15歳の娘を持つライムンダに降りかかった二つの死。娘は父を殺害、母親同然の伯母も亡くなる。更に数年前に亡くなった母親の姿を見たという噂も広がり、やがて衝撃的な秘密が暴かれていく。
監督はスペイン映画界を代表するペドロ・アルモドバル。今作ではペネロペ・クルスほか出演女優6名が第59回カンヌ国際映画祭で女優賞を獲得するという快挙を達成。2007年のアカデミー賞では外国語映画賞のスペイン代表かつ、主演女優賞にもノミネートされるなど多数の賞を獲得し、アルモドバルの最高傑作と呼ばれている。

ネタバレを読む

海峡の紹介:1982年製作の日本映画。「八甲田山」で青森の雪山の厳しさを描いた森谷司郎監督が、本作では日本一の長さを誇る青函トンネルの着工から完成までの壮絶なドラマをテーマとして取り上げた。「八甲田山」でも主演を務めた高倉健が本作でも主人公を演じ、吉永小百合がヒロインを演じている。

ネタバレを読む