ヒューマンドラマのネタバレあらすじ一覧(4ページ目)

邦画や洋画等、おすすめのヒューマンドラマの映画をまとめています。ヒューマンドラマとは主に人間ドラマ(人の心の交流や、人の一生を描いたものなど)が分類されます。ヒューマンドラマは深いテーマや感動の傑作が多いことも魅力の一つです。

ウォント・バック・ダウン -ママたちの学校戦争-の紹介:2012年制作のアメリカ映画。読字障害のある娘のために、適切な教育を行わない小学校を変えようとする二人のシングルマザーの姿を描いている。マギー・ギレンホール、ヴィオラ・デイヴィス、ホリー・ハンター共演の豪華キャストで贈る作品。

ネタバレを読む

招かれざる客の紹介:1967年製作の人種差別問題を主題としたアメリカの人間ドラマ。黒人男性との結婚を望む娘を前に、白人の老夫婦が結婚の承諾の決断を迫られる。第40回アカデミー賞ではキャサリン・ヘップバーンが主演女優賞を獲得し、脚本賞も受賞した。

ネタバレを読む

ペーパー・ムーンの紹介:1973年製作のアメリカのコメディドラマ映画。ジョー・デヴィッド・ブラウンの小説「アディ・プレイ」を映画化した作品で、ライアン・オニールとテータム・オニールの親子が主演を務めた。大恐慌時代のアメリカを舞台に、カンザスとミズーリを旅する男と少女のロードムービー。第46回アカデミー賞ではテータム・オニールが助演女優賞を受賞、史上最年少受賞記録を打ち立てた。

ネタバレを読む

砂漠でサーモン・フィッシングの紹介:2011年公開のイギリス映画。アラブの大富豪からイエメンで鮭釣りをしたいという依頼に奔走する人たちをコミカルに描いている。監督はラッセ・ハルストレムが務め、脚本はサイモン・ボーフィが手がける。ユアン・マクレガーとエミリー・ブラント共演で贈る感動作。

ネタバレを読む

シーヴァス 王子さまになりたかった少年と負け犬だった闘犬の物語の紹介:同級生に馴染めない少年が闘いに敗れた瀕死の犬を引き取り、己を重ねるように再生させていく姿を純粋ながら骨太に描いた作品。
監督はトルコの新鋭カアン・ミュジデジ。長編デビューとなった今作で、2014年のベネチア国際映画祭で審査員特別賞、主演のドアン・イズジが金のビサト賞を獲得するなど、世界各国で多数の賞に輝いた。

ネタバレを読む

たみおのしあわせの紹介:父と二人暮らしの奥手な青年民男。お見合いで出会った女性と結婚に進むなか、周囲の大人たちが引き起こす騒動に巻き込まれていく。
ドラマ時効警察の名コンビを主演に、同じく熊本課長役で出演していた俳優でもある岩松了が、14年ぶりにメガホンを取った結婚エンターテイメント作。脚本も岩松の完全オリジナルで、2008年の公開作品。

ネタバレを読む

闇金ドッグス4の紹介:2016年12月公開の日本映画。闇金業界を舞台に、欲望渦巻く赤裸々な人間模様に迫った『闇金ドッグス』シリーズの第4弾。ラストファイナンスの忠臣の前に、刑務所を出所したヤクザ時代の兄貴分・豊田が現れる…。

ネタバレを読む

ジャッキー/ファーストレディ 最後の使命の紹介:2016年製作のアメリカ・チリ・フランス合作によるケネディ大統領夫人ジャクリーンの伝記映画。ジャクリーンがケネディ大統領暗殺後の数日間をどう生きたかに迫った作品で、オスカー女優ナタリー・ポートマンがジャクリーンを演じた。第73回ヴェネツィア国際映画祭では脚本賞を受賞した。

ネタバレを読む

闇金ドッグス3の紹介:2016年5月公開の日本映画。闇金業界を舞台に、欲望渦巻く赤裸々な人間模様に迫った『闇金ドッグス』シリーズの第3弾。前作の主人公が経営する闇金会社で働く元ホストが、債務者を苦しめる悪徳芸能事務所の社長と対決する。

ネタバレを読む

ボビー・フィッシャーを探しての紹介:1993年公開のアメリカ映画。7歳の天才的なチェスの才能を持つ男の子と、才能を伸ばしてあげたい父親とのドラマを描いた感動作品。感動の映画ベスト100の一つで、監督・脚本はスティーヴン・ザイリアン。制作にはスコット・ルーディンが参加し、製作総指揮はシドニー・ポラック。音楽はジェームズ・ホーナー、撮影はコンラッド・L・ホール。出演はジョアン・アレン、ジョー・マンテーニャなど。

ネタバレを読む

森山中教習所の紹介:2016年公開の日本映画。偶然の出会いを機に、一緒に非公認の自動車教習所に通う事になった高校の同級生たちの、ひと夏の物語を描く青春ストーリー。「月刊!スピリッツ」に連載された真造圭伍の同名コミックを映画化。

ネタバレを読む

たかが世界の終わりの紹介:2016年製作のカナダ・フランス合作映画で、家族愛をテーマにした人間ドラマ。原作はジャン=リュック・ラガルスによる戯曲「まさに世界の終わり」で、2009年の監督デビュー以来、国際的に高く評価を受けてきたグザヴィエ・ドランがメガホンを取った。キャストにはオスカー女優のマリオン・コティヤールを始めフランスのトップ俳優が集結し、愛を伝えられず傷つけ合ってしまう家族を熱演した。第69回カンヌ国際映画祭グランプリ受賞作品。

ネタバレを読む

皆さま、ごきげんようの紹介:2015年製作のフランス・ジョージア合作映画で、ジョージアが生んだ巨匠オタール・イオセリアーニによる偶像劇。フランス革命の時代、どこかの戦場、現代のパリと、様々な時代に生きる人々の生き様をほのぼのと描いていく。2015年リスボン&エストリル映画祭審査員特別賞受賞作品。

ネタバレを読む