ヒューマンドラマのネタバレあらすじ一覧(4ページ目)

邦画や洋画等、おすすめのヒューマンドラマの映画をまとめています。ヒューマンドラマとは主に人間ドラマ(人の心の交流や、人の一生を描いたものなど)が分類されます。ヒューマンドラマは深いテーマや感動の傑作が多いことも魅力の一つです。

ボクの妻と結婚してください。の紹介:2016年11月5日公開の日本映画。織田裕二が愛する家族の未来のために、再婚相手を探す男を演じるラブストーリー。世の中のいろんな事を好奇心で“楽しい”に変えてきた放送作家が、人生の最後に妻のために最高の結婚相手を探そうとする姿が描かれる。

ネタバレを読む

ポプラの秋の紹介:2015年公開の日本映画。父を亡くした少女と、天国に手紙を届ける役目をもつ老人との交流を描いた作品。湯元香樹実の小説が原作。大森研一がメガホンをとり、本田望結、中村玉緒、大塚寧々らが出演。

ネタバレを読む

パピヨンの紹介:劣悪な環境で知られた南米ギアナのサン・ローラン刑務所に送られた胸に蝶のタトゥを入れた男パピヨンの不屈の脱走劇を描く1973年のアメリカ映画。原作は世界で1000万部のベストセラーとなったアンリ・シャリエールの自伝的同名小説。監督は「猿の惑星」「パットン第戦車軍団」のフランクリン・J・シャフナー。脚本は「ジョニーは戦場へ行った」のダルトン・トランボと「コンドル」のロレンツォ・センプル・Jr。主演は6~70年代を風靡した「大脱走」のスティーブ・マックイーンと「真夜中のカーボーイ」のダスティン・ホフマン。音楽は数々の名作で知られるジェリー・ゴールドスミス、テーマ曲は映画史に残る名曲である。

ネタバレを読む

夢売るふたりの紹介:2012年公開の日本映画。『ディア・ドクター』の西川美和監督が、火事で店を失った夫婦が再出発のために結婚サギを繰り返す姿を描くラブストーリー。松たか子と阿部サダヲが夫婦役で初共演を果たし、タイプも様々な女性たちを騙していく姿が痛快。

ネタバレを読む

ハッピーエンドの選び方の紹介:発明好きのヨヘスケルは延命治療に苦しむ親友から安楽死できる発明を頼まれる。しかし隠していたはずの発明がなぜか広まってしまう…。
2014年製作のイスラエル映画で、監督は長編初挑戦となるシャロン・マイモンとタル・グラニット。ヴェネチア国際映画祭観客賞を獲得したほか、世界中の映画祭で受賞し喝采を浴びた。現代社会が抱える問題をシリアスなだけではなく、ユーモアも交えながら綴ったヒューマン・ドラマ。

ネタバレを読む

白いカラスの紹介:2003年公開のアメリカ映画。心に傷を負った人々の人間ドラマを描いている。フィリップ・ロスの傑作小説が原作。名匠ロバート・ベントンが監督を務め、アンソニー・ホプキンスとニコール・キッドマン共演で贈る作品。

ネタバレを読む

モンスターズクラブの紹介:2012年公開の日本映画。雪山にこもり、企業を標的にして、爆弾を送り続ける若者を描いている。アメリカに実在した爆弾魔「ユナボマー」、セオドア・カジンスキーから着想を得た作品。豊田利晃が監督・脚本を務め、瑛太主演で贈る。RIZEのベーシスト、KenKenの初出演作。

ネタバレを読む

真田十勇士(2016年)の紹介:2016年公開の日本映画。天下の名将として知られる真田幸村が実は腰抜けの武将だったら?という仮想で描かれるユニークな戦国ドラマ。中村勘九郎が幸村をサポートする真田十勇士の中心的存在である猿飛佐助を演じるほか、同じく忍者の霧隠才蔵を松坂桃李が演じる。

ネタバレを読む

永い言い訳の紹介:2016年10月公開の日本映画。他人の家族との交流を通し、人を愛する素晴らしさを実感する男を描く、本木雅弘主演のラブストーリー。『ディア・ドクター』の西川美和がオリジナル脚本を書き上げ、妻を亡くした男と、母を亡くした子供たちによる新しい家族の形を描く。

ネタバレを読む

トガニ 幼き瞳の告発の紹介:韓国の作家である孔枝泳(コン・ジヨン)による同名小説の実写化。韓国の聾学校で起きた性的虐待事件を基に描いた作品。主演は原作を読んで映画化を申し出たコン・ユ。日本公開は2012年。

ネタバレを読む

ミンボーの女の紹介:1992年公開の日本映画。監督・脚本は伊丹十三。主演は宮本信子。ヤクザの民事介入暴力をテーマにしており、伊丹十三は映画の公開直後、暴力団関係者の襲撃を受けるが、映画は大ヒットを記録した。

ネタバレを読む