ヒューマンドラマのネタバレあらすじ一覧(48ページ目)

邦画や洋画等、おすすめのヒューマンドラマの映画をまとめています。ヒューマンドラマとは主に人間ドラマ(人の心の交流や、人の一生を描いたものなど)が分類されます。ヒューマンドラマは深いテーマや感動の傑作が多いことも魅力の一つです。

ぱいかじ南海作戦の紹介:2012年公開の日本映画。椎名誠の同名小説が原作。放送作家・脚本家として活躍する細川徹が映画監督デビューを飾った大人のためのファンタジー。気分転換で訪れた西表島で全財産を盗まれても、のほほんと生きる男を描いた物語。

ネタバレを読む

劇場版 猫侍の紹介:2014年公開の日本映画。東名阪ネット6が中心の制作『イヌゴエ』『ネコナデ』『幼獣マメシバ』『ねこタクシー』等に次ぐ動物ドラマシリーズの第10弾。シリーズでは初の時代劇。設定はテレビドラマ版と同じだが内容は大きく異なる。

ネタバレを読む

フライ,ダディ,フライの紹介:2005年制作の日本映画。金城一紀の小説を原作とする。岡田准一と堤真一が共演する青春劇で、平凡な中年男が娘を暴行した男に復讐するため、ブルース・リー顔負けの高校生に鍛えられ、涙ぐましい奮闘を繰り広げる作品。

ネタバレを読む

水曜日のエミリアの紹介:2009年制作のアメリカ映画。映画『ブラック・スワン』でアカデミー賞主演女優賞に輝いたナタリー・ポートマンが、不倫相手と略奪婚をするものの、さまざまな困難に見舞われる女性を演じたヒューマンドラマである。

ネタバレを読む

雨あがるの紹介:2000年公開の日本映画。98年に逝去した黒澤明監督の助監督として活躍し、本作でデビューした小泉堯史が監督を務め、山本周五郎による短編をもとに黒澤明が脚本を手がけた(遺稿)。謙虚な武士とそれを陰から支える妻の絆を描いた作品。

ネタバレを読む

阪急電車 片道15分の奇跡の紹介:2011年公開の日本映画。有川浩の連作短編小説を原作とする。阪急電鉄今津線の宝塚駅と西宮北口駅間の全8駅、全長7,7km、片道15分の路線を舞台に繰り広げられる、乗客たちのエピソードを集めた物語である。

ネタバレを読む

きな子~見習い警察犬の物語~の紹介:2010年公開の日本映画。警察犬試験に何度も失敗している見習い警察犬きな子と、見習い訓練士・杏子の成長物語。きな子は香川県丸亀警察犬訓練所に実際に所属している「ズッコケ見習い警察犬」をモデルとしている。

ネタバレを読む

ラストサムライの紹介:2003年公開のアメリカ映画。明治初頭の日本を舞台に、最後の侍の姿を描いた作品。トム・クルーズを主演に据え、日本人と武士道を偏見なく描く意欲作で、渡辺謙、真田広之、小雪など多数の日本人俳優も起用され、高く評価された。

ネタバレを読む

太平洋ひとりぼっちの紹介:1963年公開の日本映画。海洋冒険家の堀江謙一が出版した手記を映画化した、石原プロモーションの映画製作第一回作品である。当時設立間もない円谷プロが特撮を手掛けたことでも有名である。

ネタバレを読む

少年Hの紹介:2013年公開の日本映画。テレビ朝日開局55周年記念作品で、妹尾河童が自身の少年時代について描き、国民的ベストセラーとなった同名の小説を、実際の夫婦である水谷豊・伊藤蘭が共演した。戦争の中を必死で生き抜く家族の姿を描いた作品。

ネタバレを読む

硫黄島からの手紙の紹介:2006年公開のアメリカ映画。『父親たちの星条旗』につづく、第二次世界大戦においての硫黄島での戦いを、日米双方の立場から描いた「硫黄島プロジェクト」の、日本側の視点からの作品である。

ネタバレを読む

ブラック会社に勤めてるんだが、もう俺は限界かもしれないの紹介:2009年公開の日本映画。インターネットの掲示板2ちゃんねるの書き込みをもとに新潮社から発売された書籍を原作とする。元ニートの青年がブラック会社に就職して人間的に成長する物語。

ネタバレを読む