ヒューマンドラマのネタバレあらすじ一覧(57ページ目)

邦画や洋画等、おすすめのヒューマンドラマの映画をまとめています。ヒューマンドラマとは主に人間ドラマ(人の心の交流や、人の一生を描いたものなど)が分類されます。ヒューマンドラマは深いテーマや感動の傑作が多いことも魅力の一つです。

バリー・リンドンの紹介:スタンリー・キューブリック監督による18世紀のヨーロッパを舞台に、バリー・リンドンという男の生涯を描いた映画である。原作はウィリアム・メイクピース・サッカレー。キューブリック監督の完璧主義が撮影から衣装など細部にまでわたり18世紀の暮らしを忠実に再現している。

ネタバレを読む

ものすごくうるさくて、ありえないほど近いの紹介:2011年制作のアメリカ映画。アメリカ同時多発テロで父を亡くした少年の希望と再生を描いた、ジョナサン・サフラン・フォアの同名ベストセラー小説を映画化。

ネタバレを読む

イン・ハー・シューズ:美人で陽気な性格だけど難読症のマギーと、マギーの姉で弁護士で頭がいいけど外見に自信が持てないローズ、何から何まで対照的だけど、靴のサイズだけは同じ二人の姉妹を描いた作品。

ネタバレを読む

ジェーン・エアの紹介:19世紀のイギリスを舞台にした、恋愛映画。あまり美人ではなく孤児のジェーン・エアという一人の女性が、財産や身分にとらわれない自由恋愛をする。シャーロット・ブロンテの同名小説の映画化作品である。

ネタバレを読む

レインメーカーの紹介:1997年制作のアメリカ映画。フランシス・フォード・コッポラ監督のもと、ジョン・グリシャムの小説『原告側弁護人』を映像化した。悪徳が巣食っている法廷に挑む、若い弁護士の苦闘を描いた法廷ドラマである。

ネタバレを読む

写楽の紹介:1995年公開の日本映画。寛政6年から7年にかけて突如として浮世絵界に現れ、約140種の役者絵と相撲絵を残して消えた、謎の浮世絵師・写楽の正体に迫るドラマを、写楽研究家として知られるフランキー堺が企画総指揮および脚色を手掛けた。

ネタバレを読む

男はつらいよの紹介:「フーテンの寅」こと車寅次郎が20年ぶりに故郷柴又へ帰って来た。そこで実の妹さくらと感動的な再会を果たし、めでたしめでたし・・という訳には行かず、様々な珍騒動を巻き起こす。国民的人気映画は、ここからはじまった!

ネタバレを読む

男はつらいよ 寅次郎相合い傘の紹介:ひょんなことから蒸発サラリーマン兵頭と旅をすることになった寅さん。旅の途中で立ち寄った函館で、以前恋をした流しの歌手リリーと奇跡的な再会を果たす。そこから3人の珍道中が始まるのだが・・・シリーズ最高傑作との誉れ高い作品。

ネタバレを読む