ファンタジー映画のネタバレあらすじ一覧(10ページ目)

子供向けから大人向けまで、おすすめのファンタジー映画をまとめています。ファンタジー映画は主に魔法や異世界、ドラゴン、魔法生物などが題材として扱われます。ファンタジーと聞くとディズニーや洋画の印象が強いですが、邦画にも魅力的な作品が数多くあります。

ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2の紹介:2011年公開のイギリス&アメリカ映画。ハリー・ポッターシリーズ第8弾、正真正銘最後の作品。原作をより忠実に映像化するためシリーズ中「死の秘宝」のみ前編と後編の2部作で制作・公開された。

ネタバレを読む

ハリー・ポッターと死の秘宝 PART1の紹介:2010年公開のイギリス&アメリカ映画。ハリー・ポッターシリーズ第7弾(最終章の前編)の作品。原作をより忠実に映像化するために、この最後の作品のみ前編と後編の2部作で制作・公開された。

ネタバレを読む

ハリー・ポッターと炎のゴブレットの紹介:2005年公開のイギリス&アメリカ映画。ハリー・ポッターシリーズ第4弾の作品。魔法界を揺るがす闇の魔法使い・ヴォルデモートの復活や、ハリーをはじめとする仲間たちの恋愛模様などが描かれている。

ネタバレを読む

ハリー・ポッターとアズカバンの囚人の紹介:2004年公開のイギリス&アメリカ映画。ハリー・ポッターシリーズ第3弾の作品。前2作を監督したクリス・コロンバスの降板により、メキシコ人監督アルフォンソ・キュアロンが監督を務めた。

ネタバレを読む

ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団の紹介:2007年公開のイギリス&アメリカ映画。ハリー・ポッターシリーズ第5弾の作品。前作で復活したヴォルデモートとの対決だけでなく、新たな仲間やハリーの恋の行方など見どころが満載である。

ネタバレを読む

ハリー・ポッターと秘密の部屋の紹介:2002年公開のイギリス&アメリカ映画。J・K・ローリングのファンタジー小説の映画化で、ハリウッドのワーナー・ブラザーズ製作のシリーズ第2弾の作品。ダンブルドア校長役のリチャード・ハリスの遺作となった。

ネタバレを読む

ハリー・ポッターと賢者の石の紹介:2001年公開のイギリス&アメリカ映画。イギリス作家・J・K・ローリングによる同名のファンタジー小説の映画化で、ハリウッドのワーナー・ブラザーズ製作のシリーズ第1弾の作品である。

ネタバレを読む

地下鉄(メトロ)に乗っての紹介:2006年公開の日本映画。浅田次郎の作品を原作とし、東京地下鉄(東京メトロ)の全面協力を得て撮影をおこなった。それまで舞台でミュージカルとして上演されてきた内容や原作と異なる部分もある。

ネタバレを読む

アリス・イン・ワンダーランドの紹介。英国名作童話をディズニーがアレンジした、モーションキャプチャーによる実写とアニメ合成のファンタジー作品。ハリウッドの高峰ジョニー・デップがマッドハッター役で、成長したアリスを守りともに怪物と戦う。

ネタバレを読む

ハリー・ポッターと謎のプリンスの紹介:イギリスの作家J・K・ローリング原作の「ハリー・ポッター」シリーズ第6作。復活した宿敵ヴォルデモートを倒す為にヴォルデモートの過去を探る主人公の少年ハリー。そしてホグワーツ魔法魔術学校の校長ダンブルドアと共に、ヴォルデモートを倒す鍵となる”分霊箱”を探す旅に出ます。

ネタバレを読む

魔法にかけられての紹介:ディズニーで初めての実写版プリンセス。CGと実写が入り混じっている作品で、サターン賞の主演女優賞、ファンタジー映画賞、等様々な賞を受賞。キャッチコピーは「それは、ディズニー史上最も“アリエナイ”魔法」

ネタバレを読む