ファンタジー映画のネタバレあらすじ一覧(3ページ目)

子供向けから大人向けまで、おすすめのファンタジー映画をまとめています。ファンタジー映画は主に魔法や異世界、ドラゴン、魔法生物などが題材として扱われます。ファンタジーと聞くとディズニーや洋画の印象が強いですが、邦画にも魅力的な作品が数多くあります。

スマーフの紹介:2011年公開。世界中で大人気の青い妖精「スマーフ」を映画化。悪い魔法使いに追われて、人間界にやってきたスマーフ達の大冒険を描いた作品。ペヨによるコミックや1980年代のTVアニメが原作。スマーフシリーズの第一作目。監督は「25年目のキス」のラジャ・ゴズネル。撮影は「マスク・オブ・ゾロ」のフィル・メヒュー。出演は「天才少年ドギー・ハウザー」のニール・パトリック・ハリスや「glee/グリー」のジェイマ・メイズなど。

ネタバレを読む

シェル・コレクターの紹介:沖縄の離島で暮らす盲目の貝類学者は、偶然にもイモガイの毒で奇病を治す。噂を聞いた人々が島に次々と訪れるが…。原作であるアンソニー・ドーアの同名小説に惚れ込んだ『美代子阿佐ヶ谷気分』の坪田義史監督が、設定を沖縄にして映像化。リリー・フランキーにとっては15年ぶりの単独主演作で、2016年に公開されたファンタジー・サスペンス。

ネタバレを読む

オーロラの彼方への紹介:2000年公開のSFファンタジー・サスペンス映画。30年の時を超えて、「声のタイムトラベル」で結ばれる親子の絆を描いた作品。監督は「ブラックサイト」のグレゴリー・ホブリット。音楽は「ロビン・フッド」のマイケル・ケイメン。主演は「パッション」のジェームズ・カヴィーゼル。主題歌はガース・ブルックスで「When You Come Back To Me, Again」。

ネタバレを読む

ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたちの紹介:2016年のアメリカ映画。ランサム・リグズによる同名小説を原作に製作されたダーク・ファンタジー作品(日本では当初『ハヤブサが守る家』という題名で出版されたが、この映画公開に合わせて同名タイトルで再版された)。監督は『アリス・イン・ワンダーランド』『チャーリーとチョコレート工場』などのティム・バートン。脚本は『X-MEN:ファースト・ジェネレーション』『キック・アス』などのジェーン・ゴールドマン。

ネタバレを読む

シルク・ドゥ・ソレイユ3D 彼方からの物語の紹介:2012年公開。異世界に飛び込んだ女性が、不思議な人々と出会いながら旅をする姿を描いた作品。世界最高峰のエンターテイメント集団「シルク・ドゥ・ソレイユ」のパフォーマンスを映画化。監督・脚本は「ナルニア国物語」シリーズのアンドリュー・アダムソン。製作総指揮には「アバター」のジェームズ・キャメロンが参加。

ネタバレを読む

神様メールの紹介:2016年公開のフランス&ベルギー&ルクセンブルク合作映画。ベルギーのアカデミー賞にあたるマグリット賞で最優秀作品賞に輝くなど、数々の映画賞に輝いたユニークでブラックコメディな内容。世界中の人々に余命を知らせるメールを送ってしまった神様の娘が、パニックに陥りながらも、それぞれの生きがいを見つけようとする人々に手を差し伸べようとする姿を描く。

ネタバレを読む

グーニーズの紹介:1985年公開。海賊が隠した宝物を探す子供達の冒険を描いた作品。製作総指揮は「バック・トゥ・ザ・フューチャー」シリーズのスティーヴン・スピルバーグ、フランク・マーシャル、キャスリーン・ケネディ。監督は「オーメン」のリチャード・ドナー。脚本は「ホームアローン」で監督を務めたクリス・コロンバス。音楽は「ミラグロ/奇跡の地」のデイヴ・グルーシン。主題歌はシンディー・ローパーで「The Goonies ‘R’ Good Enough」。

ネタバレを読む

グリンチの紹介:2000年製作のアメリカ映画。ドクター・スースが1957年に刊行した児童向け絵本『いじわるグリンチのクリスマス』 (How the Grinch Stole Christmas!)を原作とするファンタジー映画。クリスマスが嫌いなグリンチは、隣の村のクリスマスを台無しにしようとするが…。

ネタバレを読む

レモニー・スニケットの世にも不幸せな物語の紹介:2004年公開のアメリカ映画。両親を亡くして孤児となった子供達が、遺産を狙ってくる伯爵に立ち向かう姿を描いた作品。アカデミー賞では最優秀メイクアップ賞に選ばれた。レモニー・スニケットの「世にも不幸なできごと」が原作。監督は「キャスパー」のブラッド・シルバーリング。音楽は「ファインディング・ニモ」のトーマス・ニューマン。編集は「シンドラーのリスト」のマイケル・カーン。主演は「マスク」のジム・キャリー。

ネタバレを読む

ベッドタイム・ストーリーの紹介:2008年公開のファンタジーアドベンチャー映画。毎晩、子供達に聞かせた物語が次の日に実現しているといった、おとぎ話を描いた作品。監督は「ヘアスプレー」のアダム・シャンクマン。出演は「ウェディング・シンガー」のアダム・サンドラー、テレビシリーズ「ジ・アメリカンズ」のケリー・ラッセル、「メメント」のガイ・ピアース、「未来世紀ブラジル」のジョナサン・プライスなど。

ネタバレを読む

ビッグ・フィッシュの紹介:2003年公開。自分の人生を作り話のように語る男と、彼の家族との絆を描いた感動作品。ダニエル・ウォレスの小説が原作。アカデミー賞では作曲賞にノミネートされた。監督は「チャーリーとチョコレート工場」のティム・バートン。脚本は「チャーリーズ・エンジェル」のジョン・オーガスト。豪華な出演者は「ゴーストライター」のユアン・マクレガー、「ブルースカイ」のジェシカ・ラング、「鳩の翼」のヘレナ・ボナム=カーター、「スペル」のアリソン・ローマン、「エディット・ピアフ~愛の讃歌~」のマリオン・コティヤールなど。

ネタバレを読む

ベンジャミン・バトン 数奇な人生の紹介:2008年公開。老人として生まれ、年齢を重ねていくにつれて若返っていく男の姿を描いている。F・スコット・フィッツジェラルドの小説が原作。アカデミー賞では13部門にノミネートされ、3部門を受賞した作品。監督は「ソーシャル・ネットワーク」のデヴィッド・フィンチャー。脚本は「フォレスト・ガンプ/一期一会」のエリック・ロス。音楽は「英国王のスピーチ」のアレクサンドル・デスプラ。主演は「セブン」のブラッド・ピットと「ブルージャスミン」のケイト・ブランシェット。

ネタバレを読む

ニューヨーク東8番街の奇跡の紹介:1987年公開。古いアパートから立ち退きを迫られた住人達が、UFOの形をした宇宙人に助けられる姿を描いた作品。製作総指揮は「バック・トゥ・ザ・フューチャー」シリーズのスティーヴン・スピルバーグ、フランク・マーシャル、キャスリーン・ケネディ。出演は「ドライビング Miss デイジー」のジェシカ・タンディなど。

ネタバレを読む

ダーククリスタルの紹介:1982年に公開されたアメリカのファンタジー映画。監督は『セサミストリート』『マペットショー』などのジム・ヘンソンと、『スター・ウォーズ帝国の逆襲』でヨーダを操演し、声もあてたフランク・オズの共同監督である。ヘンソンのアイデアをもとに、英国のファンタジー画家ブライアン・フロードのコンセプトアートで描かれた世界観をもとに誰も見たことのない不思議な異世界を完璧に作り上げ、アヴォリアッツ国際ファンタスティック映画祭のグランプリなどを始め、世界各国のファンタジー賞に輝いた。

ネタバレを読む