ファンタジー映画のネタバレあらすじ一覧(9ページ目)

子供向けから大人向けまで、おすすめのファンタジー映画をまとめています。ファンタジー映画は主に魔法や異世界、ドラゴン、魔法生物などが題材として扱われます。ファンタジーと聞くとディズニーや洋画の印象が強いですが、邦画にも魅力的な作品が数多くあります。

ナイト ミュージアム2の紹介:2009年公開のアメリカ映画。真夜中の博物館で人形や恐竜の骨格といった展示物たちが、大暴れする様子を描いたファンタジーの第2弾である。第3弾『ナイトミュージアム/エジプト王の秘密』も2014年12月公開予定。

ネタバレを読む

ガリバー旅行記(2010年)の紹介:2010年公開のアメリカ映画。ジョナサン・スウィフトの古典文学を、ジャック・ブラック主演で映画化した。原作を大胆に翻案し、小人の国に流れ着いた旅行記者ガリバーが繰り広げるファンタジー・アドベンチャー作品。

ネタバレを読む

遠くの空に消えたの紹介:2007年公開の日本映画。行定勲監督のオリジナル作品。空港建設をめぐる北海道の田舎村で、反対派と推進派で動く大人たちの思惑をよそに、ある少女の夢をかなえるために少年たちが奮闘する物語である。

ネタバレを読む

ナルニア国物語 第3章 アスラン王と魔法の島の紹介:2010年公開のアメリカ映画。C・S・ルイスの児童文学『ナルニア国物語』の第3作『朝びらき丸 東の海へ』を映画化したものだが、原作と大幅に異なる展開がある。

ネタバレを読む

ナルニア国物語 第2章 カスピアン王子の角笛の紹介:2008年公開のアメリカ映画。C・S・ルイスの児童文学『ナルニア国物語』の第2作を映画化したもので、キャストも前回と同じ出演者である。

ネタバレを読む

ナルニア国物語 第1章 ライオンと魔女の紹介:2005年公開のアメリカ映画。C・S・ルイスの児童文学『ナルニア国物語』の第1作を映画化したもので、シリーズ化されている。原作は英米児童文学の中でも、非常に有名な作品である。

ネタバレを読む

飛ぶ夢をしばらく見ないの紹介:1990年公開の日本映画。ごく平凡な中年男性が、徐々に若返っていく女性と出会い愛し合う奇妙なファンタジーの世界を描く。映画公開当時、石田えりが大胆なヌード姿を披露したことが話題を呼んだ。

ネタバレを読む

モモ(1986年)の紹介:1986年公開の西ドイツ&イタリア映画。ミファエル・エンデの不朽の名作(児童文学)『モモ』を、ヨハネス・シャーフ監督が映像化した。生きることの喜び、時間の大切さなどを描いたファンタジー映画。

ネタバレを読む

ハンサム★スーツの紹介:2008年公開の日本映画。鈴木おさむの同名小説を原作とする。谷原章介、塚地武雅が主演を務め、着るだけでハンサムになれるスーツを手にしたブサイク男が、モデル級のイケメンに変身し大騒動を繰り広げる内容である。

ネタバレを読む

ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2の紹介:2011年公開のイギリス&アメリカ映画。ハリー・ポッターシリーズ第8弾、正真正銘最後の作品。原作をより忠実に映像化するためシリーズ中「死の秘宝」のみ前編と後編の2部作で制作・公開された。

ネタバレを読む

ハリー・ポッターと死の秘宝 PART1の紹介:2010年公開のイギリス&アメリカ映画。ハリー・ポッターシリーズ第7弾(最終章の前編)の作品。原作をより忠実に映像化するために、この最後の作品のみ前編と後編の2部作で制作・公開された。

ネタバレを読む