ファンタジー映画のネタバレあらすじ一覧(9ページ目)

子供向けから大人向けまで、おすすめのファンタジー映画をまとめています。ファンタジー映画は主に魔法や異世界、ドラゴン、魔法生物などが題材として扱われます。ファンタジーと聞くとディズニーや洋画の印象が強いですが、邦画にも魅力的な作品が数多くあります。

パウダーの紹介:農場で自然死した老人の地下室で、パウダー・スノーのような白い肌の少年が発見される。ジェレミーと名乗る彼は高い知能を持ち、不思議な能力を持っていた。異形の姿をした主人公と、周囲の人間との交流が描かれる。1997年公開。

ネタバレを読む

ディック・トレイシーの紹介:1990年公開のアメリカ映画。半世紀以上にわたって人気を誇る、チェスター・グールドの同名人気コミックを実写化した作品である。原色のみで構成される架空の都市に、コミック的ワールドを再現させている。

ネタバレを読む

センター・オブ・ジ・アース2 神秘の島の紹介:2012年公開のアメリカ映画。2008年の映画『センター・オブ・ジ・アース』の続編にあたる。ジュール・ヴェルヌの『神秘の島』などに題材を得た作品。

ネタバレを読む

ライラの冒険 黄金の羅針盤の紹介:2007年制作のアメリカ映画。フィリップ・プルマンの『ライラの冒険』シリーズの第1作だが続編制作は諸事情で叶わなかった。現実世界に似たパラレルワールドに住む少女が全世界を巻き込む戦いの鍵を握るストーリー。

ネタバレを読む

里見八犬伝(1983年)の紹介:1983年公開の日本映画。江戸時代後期に滝沢馬琴によって書かれた『南総里見八犬伝』を翻案した鎌田敏夫の『新・里見八犬伝』を深作欣二・監督が映画化。それまでの時代劇にはない斬新なアイデアを盛り込んだ作品。

ネタバレを読む

ナイト ミュージアムの紹介:2006年公開のアメリカ映画。展示された恐竜の骨格や剥製、人形たちが、夜になると動き出す博物館を舞台に、夜間警備員として働く主人公の活躍を描いたファンタジー・コメディ作品。2009年には続編が作られた。

ネタバレを読む

ナイト ミュージアム2の紹介:2009年公開のアメリカ映画。真夜中の博物館で人形や恐竜の骨格といった展示物たちが、大暴れする様子を描いたファンタジーの第2弾である。第3弾『ナイトミュージアム/エジプト王の秘密』も2014年12月公開予定。

ネタバレを読む

ガリバー旅行記(2010年)の紹介:2010年公開のアメリカ映画。ジョナサン・スウィフトの古典文学を、ジャック・ブラック主演で映画化した。原作を大胆に翻案し、小人の国に流れ着いた旅行記者ガリバーが繰り広げるファンタジー・アドベンチャー作品。

ネタバレを読む

遠くの空に消えたの紹介:2007年公開の日本映画。行定勲監督のオリジナル作品。空港建設をめぐる北海道の田舎村で、反対派と推進派で動く大人たちの思惑をよそに、ある少女の夢をかなえるために少年たちが奮闘する物語である。

ネタバレを読む