ホラー映画のネタバレあらすじ一覧

おすすめの最新作や最恐の名作、フィクションから実話まで、様々なホラー映画をまとめています。ホラー映画は幽霊や悪魔、呪い、エクソシスト、クリーチャー、ゾンビ、殺人鬼、などが題材として扱われることが多いです。舞台は廃屋、廃病院、館などが多く、恐怖を徹底的に追求した演出が魅力です。

ネイバーズ(2016年)の紹介:2017年販売のアメリカ映画。「ソウ」シリーズの脚本を手掛けたマーカス・ダンスタン監督によるホラー。山奥で暮らすジョンとロージー。ある日、ロージーは隣人のトロイが血まみれの男を撃つ現場を目撃し、トロイに監禁されてしまう…。

ネタバレを読む

フリークス・シティの紹介:2015年製作のアメリカ映画。映画化されていない脚本を掲載した2010年のブラック・リストで“最も好きな脚本”に選ばれたホラー・コメディ。ヴァンパイア、人間、ゾンビが平和に共存する街に、UFOに乗ったエイリアンが襲来。人間、ヴァンパイア、ゾンビの高校生3人が立ち向かう。

ネタバレを読む

夜明けのゾンビの紹介:2011年制作のアメリカ映画。南北戦争期にゾンビが大量発生し、家族を失った男性の使命を全うする姿を描いている。ゾンビ映画界のテレンス・マリック、ジョン・ゲデスが監督・脚本を務めた作品。原題はEXIT HUMANITY。

ネタバレを読む

ジュラシック・リボーンの紹介:2016年製作のアメリカ映画。絶滅したはずの恐竜が襲い来るSFパニックアクション。宇宙から隕石が飛来し、一攫千金を狙って現場へ向かったジョナスとラース。ふたりは大喜びで隕石を持ち帰るが、謎の翼竜たちに襲撃されてしまう。ジョナスたちが持ち帰ったのは、実は翼竜の卵で…。

ネタバレを読む

柔らかい殻の紹介:1990年制作のイギリス映画。アメリカの田舎町を舞台に、人の内なる狂気や不条理を幻想的な映像で描いている。画家・小説家でカルト的人気を誇るフィリップ・リドリーの初監督作品。ヴィゴ・モーテンセン、リンゼイ・ダンカンが出演。原題はTHE REFLECTING SKIN。

ネタバレを読む

アリス・スウィート・アリスの紹介:初めての聖餐式を迎える妹カレンが惨殺され、その姉で奇行の目立つ12歳のアリスが疑われるが、母親が無実を訴える中、彼女の異常性は次々と実証され…という1877年制作のアメリカのスラッシャー・ホラー。当時12歳だった美少女子役ブルック・シールズのデビュー作として知られているが、邦訳版では初のDVD化。監督/脚本は「秘宮のタニア」のアルフレッド・ソウル。N・ローグ監督の「赤い影」、D・アルジェント監督作品などを強く意識したイタリアン・ホラー風の佳作である。旧タイトルは「アリス・スイート・アリス」。

ネタバレを読む

壁男の紹介:”壁の中に存在し人々を見つめる壁男”と言う”噂”に取り憑かれたカメラマンが崩壊していく様をシュールに描いた2007年公開のホラー映画。原作は諸星大二郎の同名漫画。監督/脚本/プロデューサーは第34回札幌文化奨励賞を受賞し、「7/25」で知られる早川渉。主演は「半沢直樹」「リーガル・ハイ」の堺雅人。

ネタバレを読む

ゾンビハーレムの紹介:2009年制作のイギリス映画。ゾンビ化した女性ばかりの町にやってきた男たちの生き様を描いている。原題はDOGHOUSE。男に飢えた女性ゾンビが襲ってくる痛快ホラーコメディ。歯医者のゾンビや美容師のゾンビなど様々な職業のゾンビが襲ってくる作品。

ネタバレを読む

ゾンビ・リミットの紹介:2013年制作のホラー・サスペンス映画。原題はTHE RETURNED。ゾンビ化を防ぐワクチンを巡って、人間達の本性が露わになる様を描いている。RECの制作チームが手がけた作品。シッチェス映画祭ファンタスティック・セレクション2014にて全国劇場公開された。

ネタバレを読む

最後の晩餐-The Last Supperの紹介:神の手と称賛される美貌のカリスマ美容整形外科医小鳥田が、人肉食の魅力に取り憑かれ次々と殺人を犯していくという、2004年公開の日中合作スプラッタ・ホラー映画。原作は大石圭の小説「湘南人肉医」。監督/脚本は「渋谷怪談」「心霊写真部」シリーズで知られる福谷修。香港編監督は「孔雀王」のラン・ナイチョイ。特殊メイクは「コンクリート」の広瀬諭、音楽は「DOORⅢ」のトルステン・ラッシュ。主演は「BROTHER」「荒神」の加藤雅也。スコットランド国際ホラー映画祭で準グランプリを獲得している。

ネタバレを読む

アメリカンギニーピッグの紹介:2016年製作のアメリカ映画。1980年代に日本で一大ブームを起こした、人体切断などの残酷描写を主眼としたシリーズ『ギニーピッグ』のハリウッド化。捕らわれた女性たちが仮面をかぶった男性たちに殺されていく過程を描く。

ネタバレを読む

ビラボン BILLABONGの紹介:2016年製作のオーストラリア映画。オーストラリアの先住民・アボリジニに伝わる謎の怪物が襲い来るモンスターパニック。亡くなった祖父から、土地をアボリジニに返すよう遺言を受けていた兄弟。ふたりはある日、近くの森で不気味な咆哮を耳にする…。

ネタバレを読む

ほんとにあった!呪いのビデオ Specialの紹介:一般から投稿された不可思議な映像を紹介、検証するドキュメンタリー風のオリジナルビデオ「ほんとにあった!呪いのビデオ」シリーズの番外編で、2000年にビデオ版として発売され、後にDVD化された「ほんとにあった!呪いのビデオ Special」シリーズ第1作。本編の第1~3巻で紹介された「作業服の男」「父を呼ぶ声」「タイムカプセル」の後日談や追跡取材、ストーカーの恐怖などを収録。構成/演出は「白ゆき姫殺人事件」「予告犯」の中村義洋と「仄暗い水の底から」「アヒルと鴨のコインロッカー」などで共同脚本を担当した鈴木謙一。

ネタバレを読む