ホラー映画のネタバレあらすじ一覧(2ページ目)

おすすめの最新作や最恐の名作、フィクションから実話まで、様々なホラー映画をまとめています。ホラー映画は幽霊や悪魔、呪い、エクソシスト、クリーチャー、ゾンビ、殺人鬼、などが題材として扱われることが多いです。舞台は廃屋、廃病院、館などが多く、恐怖を徹底的に追求した演出が魅力です。

デッド・フレンド・リクエストの紹介:2017年2月公開のドイツ映画。ドラマ『フィアー・ザ・ウォーキング・デッド』のアリシア・デブナム=ケアリー主演のホラー。充実した大学生活を送るローラは、孤独なクラスメイト、マリーナに同情したことがきっかけで呪われてしまう。そして、その呪いはSNSの“友達”に広がっていく。『未体験ゾーンの映画たち 2017』で上映。

ネタバレを読む

ほんとにあった!呪いのビデオ Special4の紹介:一般から投稿された不可思議な映像を紹介、検証するドキュメンタリー風のオリジナルビデオ「ほんとにあった!呪いのビデオ」シリーズの番外編で、2003年にビデオ版として発売され、後にDVD化された「ほんとにあった!呪いのビデオ Special」シリーズ第4作。屋根裏で発見された不気味なテープ、ヒッチハイクで出会った謎の女性たち、「~呪いのビデオ11」の「ランドセルの少女」にまつわる不可思議な続報など10本を紹介する。構成/演出/撮影/編集は「自殺霊」の坂本一雪。ナレーターは中村義洋。

ネタバレを読む

バチカン・テープの紹介:2015年製作のアメリカ映画。バチカンに保管されている悪魔祓いに関する秘密文書から着想を得たスリラー。ある出来事をきっかけに、25歳の女性アンジェラの周りで恐ろしい事件が続発。それが、彼女に取り憑いた悪魔の仕業と知ったバチカンのブルン枢機卿は、悪魔祓いに挑むが…。

ネタバレを読む

ザ・シェフ 悪魔のレシピの紹介:2015年製作のイギリス映画。包丁を片手に狂気の復讐を繰り広げる男の姿を映すホラー。荒廃したロンドン郊外の街で父と共にケバブ屋を切り盛りするサラール。ある日、酔客に絡まれ暴行を受けた父が死亡、怒りに震えるサラールは、店に来る若者を殺しては遺体をミンチにしていく…。

ネタバレを読む

シャークネード ザ・フォース・アウェイクンズの紹介:2016年製作のアメリカ映画。サメを巻き込んだ竜巻、シャークネードが発生してアメリカを襲う映画『シャークネード』シリーズ第4弾。天候安定システムで竜巻が起こらなくなったはずのアメリカで、またシャークネードが発生し…。

ネタバレを読む

スガラムルディの魔女の紹介:2013年公開のスペイン映画。強盗計画の逃亡中に、魔女伝説で有名な村に迷い込んだ強盗団の脱出劇を描いた作品。バスク地方のスガラムルディに残る魔女伝説をテーマにしたホラー・コメディ。

ネタバレを読む

ほんとにあった!呪いのビデオ12の紹介:一般から投稿された不可思議な映像を紹介、検証するドキュメンタリー風のオリジナルビデオで、2004年にビデオ版として発売され、後にDVD化された「ほんとにあった!呪いのビデオ」シリーズ第12作。廃ホテルらしき場所の渡り廊下に不気味なモノが出現する「謎の廃墟」、「~Special3」の「コンビニの噂」の続報、見知らぬ行き止まりに迷い込んだ3人の男女の恐怖体験「憑りつかれた車」など12本を紹介する。構成・演出・編集は「自殺霊」の坂本一雪。ナレーターは中村義洋。

ネタバレを読む

ほんとにあった!呪いのビデオ Special3の紹介:一般から投稿された不可思議な映像を紹介、検証するドキュメンタリー風のオリジナルビデオ「ほんとにあった!呪いのビデオ」シリーズの番外編で、2002年にビデオ版として発売され、後にDVD化された「ほんとにあった!呪いのビデオ Special」シリーズ第3作。かつて自殺者が相次いだ某巨大団地で撮影された不気味な顔、某水門付近で漂うモノ、中古ビデオに遺された謎の女など10本を紹介する。構成/演出は近藤太、坂本一雪(撮影兼任)。監修は中村義洋、ナレーションは本シリーズでは異色の朝コータロー。

ネタバレを読む

シン・ジョーズの紹介:2016年製作のアメリカ映画。核弾頭シャークが人類を絶望の渦に陥れるパニックアクション。サンディエゴのビーチに、突如焼死体が浮かび上がる。ライフセーバーのジーナとカプランが死体を調べると、核実験の影響により進化したサメの犠牲者だと判明する。サメは次々に人を襲い…。

ネタバレを読む