ホラー映画のネタバレあらすじ一覧(2ページ目)

おすすめの最新作や最恐の名作、フィクションから実話まで、様々なホラー映画をまとめています。ホラー映画は幽霊や悪魔、呪い、エクソシスト、クリーチャー、ゾンビ、殺人鬼、などが題材として扱われることが多いです。舞台は廃屋、廃病院、館などが多く、恐怖を徹底的に追求した演出が魅力です。

パラノーマル・エクスペリエンスの紹介:2011年製作のスペイン映画。未解決事件の起こった村に、6名の若者が単位を取得するためにやってきて、恐ろしい恐怖に襲われる様を描いている。逃れられない死の運命にさらされる若者たちの姿を映し出す。

ネタバレを読む

バニーマン 殺戮のカーニバルの紹介:2016年製作のアメリカ映画。ウサギの着ぐるみを身に着けた怪人が起こす殺戮劇を描くス〝バニーマン〟シリーズ第2弾。幼少期に受けた虐待で顔が焼けただれ、ウサギの着ぐるみを脱ぐことができなくなった通称“バニーマン”。彼の家族と元同僚は、ホラー小屋を建て恐ろしい計画を企てる…。

ネタバレを読む

バニーマン/鮮血のチェーンソーの紹介:2013年製作のアメリカ映画。ウサギの着ぐるみを着た男がチェーンソー片手に殺戮を繰り広げるホラー。ラスベガスに向かう道中、トラックの運転手とトラブルになった3組のカップル。そのトラックから姿を現したのはウサギの着ぐるみを身にまとった男だった…。続編も作られた。

ネタバレを読む

バッド・マイロ!の紹介:2013年製作のアメリカ映画。ストレスによって腸腫瘍となった怪物が、人間たちを襲う恐怖を描いている。主人公と怪物との交流等も描かれているホラー・コメディ。CGを使ってない怪物の姿や動きにも注目の作品。

ネタバレを読む

WE GO ON -死霊の証明-の紹介:2017年2月7日公開のアメリカ映画。2016ダンス・ウィズ・フィルムズ映画祭で観客賞を受賞したホラー。死後の世界が実在することを証明した者に懸賞金を渡すという新聞広告を出したマイルズ。3人の候補者を選び、彼らに会うためロサンゼルス縦断の旅に出るが、それは悪夢への入り口だった…。

ネタバレを読む

ブラッド ハザードの紹介:2016年製作のアメリカ映画。覆面殺人鬼が若い女性に襲い掛かるスラッシャーホラー。気が付くと下着姿で監禁されていたチョイとアンジェラ。部屋には複数の女性がおり、覆面の男に次々と殺されていく。一方、アンドリューは若い女性の血を集めるという仕事を依頼されるが…。

ネタバレを読む

ディープ・ライジングの紹介:2000年製作のアメリカ映画。突然変異した人食いザメと戦う海洋学者たちの姿を描いている。5メートルにも及ぶ人食いザメの恐怖を映し出す。「シャークアタック」の続編で、サメを題材にしたモンスター・パニック映画。トーステン・ケイやニキータ・エイガー出演で贈る作品。

ネタバレを読む

クジョーの紹介:メイン州の田舎町で暮らす主婦ドナと幼い息子が町外れの自動車修理屋で、狂犬病のセント・バーナードに襲われ、猛暑の車中に閉じ込められるという1983年公開のアメリカのホラー映画。原作はスティーヴン・キングの長編小説「クージョ」。監督は「ネイビー・シールズ」のルイス・ティーグ。撮影は「スピード」「ツイスター」のヤン・デ・ボン。ドナを演じたのは「E.T.」のディー・ウォレス、クージョの飼主キャンバーを「ロンゲスト・ヤード」のエド・ローターが演じている。

ネタバレを読む

ほんとにあった!呪いのビデオ Ver.X4の紹介:一般から投稿された不可思議な映像を紹介、検証するドキュメンタリー風のオリジナルビデオ「ほんとにあった!呪いのビデオ」シリーズの派生作品で、2002年にリリースされた「ほんとにあった!呪いのビデオ Ver.X」シリーズ第4作。呪詛らしき意味不明の手紙が添えられた「差出人不明のビデオ」、かつて甚大な被害をもたらした鉱毒事件の舞台で起きた「廃坑をさまよう霊」など13本を紹介する。構成/演出は「ノロイ」「コワすぎ!」シリーズの白石晃士。ナレ―ションは宮川宏司。

ネタバレを読む

スプライスの紹介:2009年公開。人と動物の遺伝子を組み合わせ、新種の生命体を生み出した科学者夫妻の姿を描いている。新種の生命体の姿と、創造した科学者夫妻の心理が注目の作品。鬼才ヴィンチェンゾ・ナタリが監督を務め、エイドリアン・ブロディ、サラ・ポーリー出演で贈るSFホラー。

ネタバレを読む

ドント・ハングアップの紹介:2016年製作のイギリス映画。イタズラ電話をきっかけに正体不明の恐怖が迫るシチュエーションスリラー。サムとブレイディはイタズラ電話にハマっていた。ある日、ふたりはいつものように電話するが、相手の男は乗って来ず、電話を切る。すると、家の電話が突然鳴り出し…。

ネタバレを読む