ホラー映画のネタバレあらすじ一覧(3ページ目)

おすすめの最新作や最恐の名作、フィクションから実話まで、様々なホラー映画をまとめています。ホラー映画は幽霊や悪魔、呪い、エクソシスト、クリーチャー、ゾンビ、殺人鬼、などが題材として扱われることが多いです。舞台は廃屋、廃病院、館などが多く、恐怖を徹底的に追求した演出が魅力です。

華魂 幻影の紹介:2016年公開の日本映画。閉館間際の映画館で働く映写技師の前に、禍々しい華魂を咲かせた謎の少女が現れ、やがて狂気が暴走する…。映画館の映写技師を「さよなら渓谷」の大西信満が、映画館に現れる黒ずくめの少女をオーディションで抜擢されたイオリが演じる。

ネタバレを読む

パトリック 戦慄病棟の紹介:2013年制作のオーストラリア映画。郊外の不気味な病院を舞台に、昏睡状態の青年を世話する看護師や周りの人々に起こる恐怖を描いている。伝説的サイキックホラー映画「パトリック」のリメイク。シャーニ・ヴィンソンが主演を務め、大ベテラン俳優のチャールズ・ダンス、レイチェル・グリフィスらも出演。

ネタバレを読む

ミミックⅢの紹介:2003年製作のアメリカ映画。人間に擬態し、捕食する昆虫“ユダの血統”の恐怖を描いたSF・ホラー映画『ミミック』シリーズ第3弾。ストリックラー病の後遺症に悩む青年・マーヴィンを主人公に据えて、ユダの血統との戦いが描かれる。

ネタバレを読む

ミミック2の紹介:2001年製作のアメリカ映画。映画『ミミック』の続編。遺伝子操作により生み出された新種の昆虫“ユダの血統”が人間を襲うSFホラーの続編。顔を剥ぎ取られ、内臓も抜かれた無惨な死体が発見される。教師となった昆虫学者のレミ・パノスはいまだに悪夢にうなされていたが…。

ネタバレを読む

彼岸島 デラックスの紹介:2016年製作の日本映画。2013年に放送されたドラマ版の映画化。「週刊ヤングマガジン」連載の松本光司による人気コミックを、白石隼也、鈴木亮平ら13年放送のテレビドラマ版のキャストを再度起用し、映画化したアクション・ホラー。吸血鬼伝説の残る孤島・彼岸島を舞台に、“邪鬼(おに)”と呼ばれる大小さまざまなモンスターと戦う人間たちの姿を描く。

ネタバレを読む

ブレアウィッチ2 刻印バージョンの紹介:2000年製作のアメリカ映画。大ヒットを記録した映画「ブレア・ウィチ・プロジェクト」の続編。舞台となったバーキッツヴェルには、世界中から観光客が訪れていた。地元で生まれ育ったジェフはその客を当て込み、“ブレア・ウィッチ・ハント”ツアーを企画するのだが…。

ネタバレを読む

デッドクックの紹介:2016年製作の日本映画。佐々木勝己・監督作品。登場人物が次々と血に染まるハイテンション・ゴア映画。カリスマ料理研究家・井頭静香から届いた試食会の招待状。料理の専門学校に通うフミカは喜んで出席しようとするが…。

ネタバレを読む

カジノ・ゾンビ BET OR DEADの紹介:2011年制作のアメリカ映画。世界屈指のカジノシティを舞台に、ゾンビ相手にサバイバルを繰り広げる人々を描いている。グラフィック・ノベル界の売れっ子、スティーヴ・ナイルズの原作を映画化した作品。

ネタバレを読む

ほんとにあった!呪いのビデオ11の紹介:一般から投稿された不可思議な映像を紹介、検証するドキュメンタリー風のオリジナルビデオで、2003年にビデオ版として発売され、後にDVD化された「ほんとにあった!呪いのビデオ」シリーズ第11作。湖の湖畔に佇む「ランドセルの少女」、楽しげなわんこそばの映像に滲み出す不気味な少年「謎の影」など8本を紹介する。構成・演出・撮影・編集はこれまで撮影スタッフとして参加していた「自殺霊」の坂本一雪。ナレーターは中村義洋。

ネタバレを読む

ブレア・ウィッチの紹介:2016年製作のアメリカ映画。低予算ながら世界中で大ブームを巻き起こした1999年のホラー映画『ブレア・ウィッチ・プロジェクト』の正統な続編。“ブレアの魔女”の謎を解こうと森に入り、行方不明となったヒロインの弟が、姉を救うため、森へ足を踏み入れていく様がつづられる。

ネタバレを読む

フォービドゥン/呪縛館の紹介:2016年製作のアメリカ映画。D・J・カルーソ監督がケイト・ベッキンセイル主演で描くホラーサスペンス。田舎町の邸宅で夫と息子と家族3人での生活をスタートさせたデイナ。ところが、引っ越して早々不可解な出来事が連続して起こり始め、さらにデイナは屋根裏にある部屋を発見するが…。

ネタバレを読む