ホラー映画のネタバレあらすじ一覧(39ページ目)

おすすめの最新作や最恐の名作、フィクションから実話まで、様々なホラー映画をまとめています。ホラー映画は幽霊や悪魔、呪い、エクソシスト、クリーチャー、ゾンビ、殺人鬼、などが題材として扱われることが多いです。舞台は廃屋、廃病院、館などが多く、恐怖を徹底的に追求した演出が魅力です。

ヘルレイザーの紹介:ホラー小説の大家スティーブン・キングにも称賛されたイギリスのホラー作家、クライブ・バーガーが自作の小説『ヘルバウンド・ハート』をもとに、自ら脚本・監督を務めたホラー映画。究極の快楽は究極の苦痛より生まれるという妖しくもおぞましい世界観が全世界のホラーファンに熱狂的に支持され、その後9作目までシリーズが製作された。本作はその記念すべき第一作である。

ネタバレを読む

人狼ゲーム クレイジーフォックスの紹介:2015年12月5日公開の日本映画。小説やコミック、ゲームなどで人気の“人狼ゲーム”をモチーフにした映画シリーズ第3弾。命を賭けた究極の頭脳ゲームを通じて、若者たちの欲望が剥き出しになってゆく。

ネタバレを読む

4人の食卓の紹介:韓国の新興都市で知らずに事件に遭遇し、幼い少女の霊を見るようになった男と、最悪のタイミングで出会うミステリアスな女を描いた、2003年の韓国のサイコ・ホラー映画。監督/脚本は、本作が劇場映画デビューの若手女流監督イ・スヨンで、女性ならではの繊細でデリケートな心の機微を描いた秀作です。製作は「箪笥<箪笥>」「H[エイチ]」のオ・ジョンワン。

ネタバレを読む

悪魔はそこにいるの紹介:2014年製作のアメリカ映画。廃墟と化した農場で起きた恐怖の出来事を捉えたPOVホラー。かつて狂信的なカルト集団による殺し合いが起きたプレーンソング農場。40年が経ち、そこを訪れた7人の若者が姿を消す。遺されたビデオカメラには恐ろしいものが映されていて…。

ネタバレを読む

戦慄怪奇ファイル コワすぎ! FILE-03 人喰い河童伝説の紹介:「ノロイ」「オカルト」などPOV方式のフェイク・ドキュメンタリー・ホラーで知られる白石晃士監督による連作で、2013年に公開された「戦慄怪奇ファイル コワすぎ!」シリーズの第3作。前作の超常現象で入院中の工藤Dに代わりAD市川とカメラマン田代が挑むのは、山中の池に伝わる河童伝説の検証と河童と呼ばれる未確認生物の捕獲です。特殊造形は「殺人ワークショップ」の相蘇敬介。本作から監督・脚本・撮影に加え、VFXも監督自身が担当しています。

ネタバレを読む

戦慄怪奇ファイル コワすぎ! FILE-02 震える幽霊の紹介:「ノロイ」「オカルト」などPOV方式のフェイク・ドキュメンタリー・ホラーで知られる白石晃士監督による連作で、2012年公開の「戦慄怪奇ファイル コワすぎ!」シリーズの第2作。”必ず出る”と噂の廃墟を訪れた若者4人が遭遇した”震える幽霊”を撮影するという野望に燃えた工藤Dらスタッフたちは、さらに不可思議な超常現象に巻き込まれて行くことに。特殊造形は「殺人ワークショップ」の相蘇敬介。

ネタバレを読む

戦慄怪奇ファイル コワすぎ! FILE-01 口裂け女捕獲作戦の紹介:「ノロイ」「オカルト」などPOV方式のフェイク・ドキュメンタリー・ホラーで知られる白石晃士監督による連作、2012年公開の「戦慄怪奇ファイル コワすぎ!」シリーズの第1作。映像制作会社に届いた投稿映像に映った”口裂け女”と思しき人物をインタビュー取材と検証によって追い詰め捕獲しようと企てるスタッフたち。果たして口裂け女は実在するのか?!捕獲できるのか?!特殊造形は「殺人ワークショップ」の相蘇敬介。

ネタバレを読む

新エクソシスト 悪霊祓いの紹介:2013年製作のカナダ映画。クリスチャン・スレイター主演×ヴィニー・ジョーンズ競演! 神父が追う悪魔の存在を描く、禁断のミステリー・スリラー! ひとりのエクソシスト≪悪魔祓い師≫が体験した5年間。ラスト明らかになる衝撃の真実とは! ?

ネタバレを読む

南極日誌の紹介:南極の”到達不能点”を目指す探検隊が陥る恐怖と狂気を描いた、2004年公開の韓国のミステリー・ホラー映画。「ヘンゼルとグレーテル」「愛のタリオ」のイム・ピルソン監督の長編デビュー作です。脚本には同監督他「グエムル-漢江の怪物-」のポンジュノが参加、音楽は「イノセンス」「美しき野獣」の川井憲次、撮影は「オールド・ボーイ」のチョン・ジョフン、特殊効果には「ロード・オブ・ザ・リング」を手がけたスタッフが参加しています。

ネタバレを読む

パージ:アナーキーの紹介:2014年製作のアメリカ&フランス合作映画。1年に一晩だけ殺人を含むすべての犯罪が合法になる法律〝パージ法〟が存在する世界を舞台にしたエクストリーム・スリラーの第2弾。無法地帯となった街を舞台に、命懸けの戦いを描く。

ネタバレを読む

ワールド・ウォー・Zの紹介:2013年公開のアメリカ映画。世界規模で急激に蔓延し、全人類を滅亡に誘う謎のウイルスの発生と、それに立ち向かう人々との戦いを描いた作品。ブラッド・ピットは人類の希望を担う、元国連の職員を熱演した。

ネタバレを読む

魔鬼雨の紹介:嵐の夜、帰宅した父が雨に打たれて溶けて消え、母も悪魔を崇拝する教団に攫われてしまったマークは、教団の司祭コービスに戦いを挑み捕われる。マークの兄トムは妻のジュリーと共に教団の秘密を調べるうちに、300年に渡って一族へかけられた呪いを知ることになる。1975年米国。監督:ロバート・フュースト。原題は「THE DEVIL’S RAIN」。悪魔の雨が人を溶かす!衝撃の特撮シーンが公開当時話題となった。特殊メイクを担当したのは「猿の惑星」のエリス・バーマンとトム・バーマン。台詞なしの端役ではあるが、ジョン・トラボルタの映画デビュー作品である。

ネタバレを読む

トリプルヘッド・ジョーズの紹介:2015年製作のアメリカ映画。海洋に投棄された産業廃棄物の影響で、3つの頭を持つホホジロザメが生まれ、人を襲い始めるモンスターパニック映画。頭が2つある『ダブルヘッド・ジョーズ』からさらに発展して(?)できた映画。

ネタバレを読む

ある優しき殺人者の記録の紹介:2014年公開の日本&韓国合作映画。『ノロイ』『カルト』などドキュメンタリー風のホラー作品を多く手がける白石晃士監督が、POV方式を用いたサスペンス・スリラー。18人殺したとの疑いがかけられる容疑者に呼び出された女性ジャーナリストらが撮影した凄惨な現場を映し出す。

ネタバレを読む