ホラー映画のネタバレあらすじ一覧(4ページ目)

おすすめの最新作や最恐の名作、フィクションから実話まで、様々なホラー映画をまとめています。ホラー映画は幽霊や悪魔、呪い、エクソシスト、クリーチャー、ゾンビ、殺人鬼、などが題材として扱われることが多いです。舞台は廃屋、廃病院、館などが多く、恐怖を徹底的に追求した演出が魅力です。

レジデントの紹介:2015年製作のデンマーク映画。『アンチクライスト』のプロデューサーが放つゾンビホラー。特集企画『未体験ゾーンの映画たち2017』の一作。不審死を遂げたある老人の死体が消えた一件をきっかけに、平穏な町が制限区域となり外出禁止令が発令される…。

ネタバレを読む

パッセージ 牙剥く森の紹介:2015年製作のオーストラリア映画。オーストラリア北西部に伝わる都市伝説をベースにしたシチュエーションホラー。バイカーの幽霊が出るという伝説を確かめるため、“レモンツリーパッセージ”と呼ばれる森を訪れたアメリカ人バックパッカーたち5人の若者が、不可解な現象に襲われてゆく…。

ネタバレを読む

ほんとにあった!呪いのビデオ6の紹介:一般から投稿された不可思議な映像を紹介、検証するドキュメンタリー風のオリジナルビデオで、2000年にビデオ版として発売され、後にDVD化された「ほんとにあった!呪いのビデオ」シリーズ第6作。一般投稿6本、霊媒師中田の関連作品、「~呪いのビデオ3」に登場した録音スタジオに再び起こった怪異などを紹介する。構成・演出は「白ゆき姫殺人事件」「予告犯」の中村義洋と「仄暗い水の底から」「アヒルと鴨のコインロッカー」などで共同脚本を担当した鈴木謙一。

ネタバレを読む

アンダーワールド ビギンズの紹介:2009年公開のアメリカ映画。映画『アンダーワールド』シリーズ第3弾。第1弾で触れられていた、ライカン族のルシアンと、ヴァンパイア族のソーニャの禁断の恋の詳細が描かれる。

ネタバレを読む

アンダーワールド:エボリューションの紹介:2006年公開のアメリカ映画。映画『アンダーワールド』の続編。ヴァンパイア族の女処刑人・セリーンの新たな戦いを描く。ヴァンパイア族とライカン族両方から追われる身となったセリーンとマイケルは、ある作戦を考えるが…。

ネタバレを読む

アンダーワールドの紹介:2003年公開のアメリカ映画。人間の知らない「闇の世界=アンダーワールド」で吸血鬼一族と狼男一族の間に続く、何百年にもおよぶ戦いと謎を描いた作品。ヒットに恵まれて、続編も次々に制作された。

ネタバレを読む

人狼ゲーム ラヴァーズの紹介:2017年1月28日公開の日本映画。原作小説やコミカライズがシリーズ累計70万部を突破した『人狼ゲーム』実写化第5弾。「L エル」の古畑星夏の映画初主演作。家族を借金から救うため参加した蘭子は、新しく追加された“キューピッド”と“恋人”のルールで混迷するなか完全勝利を目指す。監督・脚本は、「人狼ゲーム クレイジーフォックス」「人狼ゲーム プリズン・ブレイク」の綾部真弥。

ネタバレを読む

キラー・インフェルノの紹介:2016年製作のアメリカ映画。ジェフとクリッシィはハネムーンの最中に車がパンクしてしまう。何もない田舎でふたりは1軒の家を訪ねる。そこでクリッシィは住人のエメリーに惨殺された男の死体を発見するが…。

ネタバレを読む

ネイバーズ(2016年)の紹介:2017年販売のアメリカ映画。「ソウ」シリーズの脚本を手掛けたマーカス・ダンスタン監督によるホラー。山奥で暮らすジョンとロージー。ある日、ロージーは隣人のトロイが血まみれの男を撃つ現場を目撃し、トロイに監禁されてしまう…。

ネタバレを読む

フリークス・シティの紹介:2015年製作のアメリカ映画。映画化されていない脚本を掲載した2010年のブラック・リストで“最も好きな脚本”に選ばれたホラー・コメディ。ヴァンパイア、人間、ゾンビが平和に共存する街に、UFOに乗ったエイリアンが襲来。人間、ヴァンパイア、ゾンビの高校生3人が立ち向かう。

ネタバレを読む

夜明けのゾンビの紹介:2011年制作のアメリカ映画。南北戦争期にゾンビが大量発生し、家族を失った男性の使命を全うする姿を描いている。ゾンビ映画界のテレンス・マリック、ジョン・ゲデスが監督・脚本を務めた作品。原題はEXIT HUMANITY。

ネタバレを読む

ジュラシック・リボーンの紹介:2016年製作のアメリカ映画。絶滅したはずの恐竜が襲い来るSFパニックアクション。宇宙から隕石が飛来し、一攫千金を狙って現場へ向かったジョナスとラース。ふたりは大喜びで隕石を持ち帰るが、謎の翼竜たちに襲撃されてしまう。ジョナスたちが持ち帰ったのは、実は翼竜の卵で…。

ネタバレを読む

柔らかい殻の紹介:1990年制作のイギリス映画。アメリカの田舎町を舞台に、人の内なる狂気や不条理を幻想的な映像で描いている。画家・小説家でカルト的人気を誇るフィリップ・リドリーの初監督作品。ヴィゴ・モーテンセン、リンゼイ・ダンカンが出演。原題はTHE REFLECTING SKIN。

ネタバレを読む