ホラー映画のネタバレあらすじ一覧(43ページ目)

おすすめの最新作や最恐の名作、フィクションから実話まで、様々なホラー映画をまとめています。ホラー映画は幽霊や悪魔、呪い、エクソシスト、クリーチャー、ゾンビ、殺人鬼、などが題材として扱われることが多いです。舞台は廃屋、廃病院、館などが多く、恐怖を徹底的に追求した演出が魅力です。

アバター(2011年日本)の紹介:2011年公開の日本映画。『リアル鬼ごっこ』などで有名な山田悠介の同名小説を原作とする。ネット上の分身となるアバターに異常なほどのめり込む女子高校生の、虚実入り混じった学園世界を描く。

ネタバレを読む

インシディアスの紹介:2011年公開のアメリカ&カナダ映画。『ソウ』1作目のジェームズ・ワンとリー・ワネルが再び組み『パラノーマル・アクティビティ』のオーレン・ペリが制作を務める。表題は「油断のならない狡猾な」「知らぬ間に進行する」の意。

ネタバレを読む

呪怨 ザ・グラッジ3の紹介:2009年制作のアメリカ映画。日本映画『呪怨』のハリウッド・リメイク版『THE JUON-呪怨-』『呪怨 パンデミック』に続き、同シリーズの第3弾で完結編。トビー・ウィルキンスが監督を務め、清水崇は製作総指揮。

ネタバレを読む

呪怨 パンデミックの紹介:2006年制作のアメリカ映画。日本映画『呪怨』のハリウッド・リメイク版『THE JUON-呪怨-』(2004年)の続編にあたる、同シリーズの第2弾。第3弾で完結編にあたる『呪怨 ザ・グラッジ3』も作られた。

ネタバレを読む

THE JUON -呪怨- ディレクターズカットの紹介:2004年制作のアメリカ映画。日本映画『呪怨』のアメリカ・リメイク作品で、日本版に引き続き清水崇が監督を務めた。呪いの家に関わった米国人の恐怖を、オール日本ロケで描く。続編も作られた。

ネタバレを読む

エクソシストの紹介:1973年制作のアメリカ映画。20世紀後半のアメリカで少女に取り憑いた悪魔と悪魔祓い(エクソシスト)の神父との壮絶な闘いを描いた、オカルトホラー映画の代表作品であり、オカルトブームの先駆けともなった作品である。

ネタバレを読む

ファイナル・デッドブリッジの紹介:2011年制作のアメリカ映画。『ファイナル・デスティネーション』シリーズの第5弾。製紙会社に勤務する主人公が社員研修のバスに乗った直後に橋崩落の事故を予知して…。今シリーズを知る者には嬉しいラストがある。

ネタバレを読む

ルームメイトの紹介:晴海は、交通事故で入院した先で出会った看護婦の麗子と意気投合し、ルームシェアを始める。“ずっと一緒にいたい”と言っていた春海だが、麗子の不審な言動とともに次々と起こる事件に恐怖と猜疑心を募らせていく。麗子の中にはマリという別人格がいることが判明して…

ネタバレを読む

AUDITION オーディションの紹介:1999年公開の日本映画。村上龍の同名小説を原作とし、三池崇史が監督を手がけた。海外での評価が非常に高いホラー作品。再婚相手を探すために映画のオーディションを開いた中年男性が体験する恐怖の体験を描く。

ネタバレを読む

着信アリFinalの紹介:2006年公開の日本映画。携帯電話を通して死の呪いが伝染していく『着信アリ』シリーズ3作目にして、完結編にあたる。韓国へ修学旅行に出かけた高校生たちが、次々に死の予告電話を受けて死を遂げる…。

ネタバレを読む