ホラー映画のネタバレあらすじ一覧(43ページ目)

おすすめの最新作や最恐の名作、フィクションから実話まで、様々なホラー映画をまとめています。ホラー映画は幽霊や悪魔、呪い、エクソシスト、クリーチャー、ゾンビ、殺人鬼、などが題材として扱われることが多いです。舞台は廃屋、廃病院、館などが多く、恐怖を徹底的に追求した演出が魅力です。

ザ・リング2の紹介:2005年公開のアメリカ映画。日本でヒットした鈴木光司原作の映画『リング』をハリウッドでリメイクした作品である『ザ・リング』の続編にあたる。さらに『The Ring 3D』も製作済みで、名称を『Rings』に変更して2016年10月28日に全米公開されることが決まった。日本での公開は未定。

ネタバレを読む

親指さがしの紹介:2006年公開の日本映画。山田悠介の同名小説の映画化。小学生時代の何気ない遊びで友だちを行方不明にしてしまった青年たちが、次々と恐ろしい目に遭ってゆくストーリー。コックリさんなどに代表される、都市伝説を題材にしたホラー。

ネタバレを読む

リアル鬼ごっこ5の紹介:2012年公開の日本映画。山田悠介・原作。リアル鬼ごっこ新シリーズ(新三部作)として3~5は血液型B型の人間が鬼ごっこの対象で、3~5はお互いにリンクする内容になっている。5ではすべての謎が明らかになる。

ネタバレを読む

リアル鬼ごっこ4の紹介:2012年公開の日本映画。山田悠介・原作。リアル鬼ごっこ新シリーズ(新三部作)として3~5は血液型B型の人間が鬼ごっこの対象で、3~5はお互いにリンクする内容になっている。4では女子高校で鬼ごっこが開かれる。

ネタバレを読む

リアル鬼ごっこ3の紹介:2012年公開の日本映画。山田悠介・原作。佐藤姓が追われた旧シリーズ(1と2)に替わり、新シリーズ(新三部作)として3~5は血液型B型の人間が鬼ごっこの対象で、3~5はお互いにリンクする内容になっている。

ネタバレを読む

悪霊島の紹介:1981年公開の日本映画。横溝正史の原作を映画化。鹿賀丈史・主演。瀬戸内海に浮かぶ刑部島を舞台に繰り広げられる事件に金田一が挑む。映画完成直後に横溝が急逝したこともあり、集客を呼んだ。

ネタバレを読む

悪魔が来りて笛を吹く(1979年)の紹介:1979年公開の日本映画。横溝正史の同名小説を映画化。主演は西田敏行。元子爵の椿家の兄妹が起こす連続殺人事件を、金田一耕助が解決する。

ネタバレを読む

×(バツ)ゲーム2の紹介:2012年公開の日本映画。山田悠介の同名作の映画化『×(バツ)ゲーム』の設定をベースにしたホラー・サスペンス映画。過去にいじめに遭った人が、かつてのいじめっ子に復讐するストーリー。

ネタバレを読む

八つ墓村(1996年)の紹介:1996年公開の日本映画。横溝正史の同名小説を、市川崑・監督が映画化。主演は豊川悦司。岡山県で戦前に実際に起きた大量殺人事件(津山事件)をモデルにしていることで有名。

ネタバレを読む

リアル鬼ごっこの紹介:2008年公開の日本映画。山田悠介のベストセラー小説が原作のサスペンスホラー映画で、シリーズ化もされた。現実世界で佐藤姓の変死が相次ぐ中、異世界にワープした主人公が体験したものとは…!?

ネタバレを読む