ホラー映画のネタバレあらすじ一覧(45ページ目)

おすすめの最新作や最恐の名作、フィクションから実話まで、様々なホラー映画をまとめています。ホラー映画は幽霊や悪魔、呪い、エクソシスト、クリーチャー、ゾンビ、殺人鬼、などが題材として扱われることが多いです。舞台は廃屋、廃病院、館などが多く、恐怖を徹底的に追求した演出が魅力です。

呪怨(ビデオオリジナル版)(1999年)の紹介:1999年、日本のビデオオリジナル作品。この作品並びに続編『呪怨2(ビデオオリジナル版)』を発表すると話題を呼び、後に劇場版が作られシリーズ化される。恐怖の発端となる佐伯家の惨劇を描いた作品。

ネタバレを読む

呪怨 白い老女の紹介:2009年公開の日本映画。「呪怨」シリーズ第5弾(ビデオ版も含む)で番外編にあたる。キャッチコピーは「呪いつづけて、10周年。」、『呪怨 黒い少女』(この作品とリンクする内容の映画)と同時上映された。

ネタバレを読む

呪怨 黒い少女の紹介:2009年公開の日本映画。「呪怨」シリーズ第6弾(ビデオ版も含む)で番外編となり、今作品は『呪怨 白い老女』と連動する内容。シリーズの最新作として2014年6月28日に劇場版『呪怨 -終わりの始まり-』が公開予定。

ネタバレを読む

呪怨2(劇場版)の紹介:2003年公開の日本映画。清水崇・監督が1999年にビデオ作品を発表し(DVDも発売)、続いて映画化した「呪怨」シリーズ。ビデオ作品から数えるとシリーズ4作目となる。ビデオ版と劇場版は関連性があり、話は繋がっている。

ネタバレを読む

呪怨2(ビデオオリジナル版)(2000年)の紹介:2000年、日本のビデオオリジナル作品。呪怨シリーズの2作目にあたるビデオ作品。後に劇場版が続々と作られるなど注目を集めた。佐伯家の惨劇後に住み始めた住人と関係者が襲われる恐怖を描く。

ネタバレを読む

呪怨(劇場版)の紹介:2003年公開の日本映画。清水崇監督が1999年にビデオ作品を発表し(DVDも発売)、あまりの恐さに話題を呼び映画化の運びとなった。ハリウッドでも映画化され、日本版の「呪怨」シリーズ続編も次々に制作されている。

ネタバレを読む

リング2の紹介:1999年公開の日本映画。映画版『リング』の続編で映画版オリジナル。『リング』には原作、映画版ともに正規の続編『らせん』が存在するが、本作は『らせん』とは異なる展開を見せる一種のパラレルワールド的な作品である

ネタバレを読む

呪怨 -終わりの始まり-の紹介:2014年公開の日本映画。「呪怨」シリーズの第7弾(ビデオ版、番外編も含む)。ハリウッド映画化もされた呪怨シリーズの最新作で劇場版の3作目にあたり、全作品の集大成といったもので、新たな設定にも驚かされる。

ネタバレを読む