ラブストーリーのネタバレあらすじ一覧

号泣必至の泣ける純愛や感動の実話、ハッピーなラブストーリーなど、邦画、洋画を問わず、おすすめのラブストーリーの映画のネタバレをまとめています。主に恋愛を題材としている物が多く、学園、外国、クリスマス、バレンタイン、遠距離恋愛など、物語の背景は様々です。

恋するリストランテの紹介:2010年制作。人気レストランの職場で出会った男女の恋愛模様を描いた作品。脚本には「トカレフ」のパコ・カベサスが参加。出演は「アラトリステ」のウナクス・ウガルデ、「踊るアイラブユー♪」のジュリオ・ベルーチ、「アグネスと彼の兄弟」のヘルベルト・クナウプなど。

ネタバレを読む

カンフー・マスター!の紹介:娘の同級生に恋をしてしまった40歳の女性の儚き恋愛模様を描く。
ヌーヴェルヴァーグの女性監督アニエス・ヴァルダの1987年の公開作で、原作は主演のジェーン・バーキン。バーキンの娘と、ヴァルダの息子が共演している。

ネタバレを読む

アナーキスト 愛と革命の時代の紹介:2015年製作のフランス映画。19世紀末のパリを舞台に、革命を画策する無政府主義者とその恋人、彼らを捜査する警官の三角関係を描いたラブロマンス。「アデル、ブルーは熱い色」のアデル・エグザルコプロスらが出演。第68回カンヌ国際映画祭批評家週間オープニング作品。

ネタバレを読む

抱擁のかけらの紹介:2009年公開のスペイン映画。過去の悲劇によって、愛する人を失った映画監督の記憶の解放と人生の再生を描いた作品。監督・脚本は「ボルベール<帰郷>」のペドロ・アルモドバル。音楽は「ナイロビの蜂」のアルベルト・イグレシアス。撮影は「アルゴ」のロドリゴ・プリエト。主演は「それでも恋するバロセロナ」のペネロペ・クルス。

ネタバレを読む

カフーを待ちわびての紹介:2009年公開の日本映画。沖縄の孤島で暮らす一人の青年の家に、謎の美女がやってきて始まるラブ・ストーリーを描いた作品。カフーとは、沖縄の古い言葉で「幸せ」や「良い知らせ」を意味する。原田マハの小説が原作。脚本は「ダーリンは外国人」の大島里美。音楽は「最終兵器彼女」の池頼広。主演は「逆境ナイン」の玉山鉄二。主題歌はmoumoonで「EVERGREEN」。

ネタバレを読む

無伴奏の紹介:2016年公開の日本映画。直木賞作家、小池真理子の半自伝的小説を若手実力派キャストの共演で映画化。学生運動華やかなりし1969年の仙台を舞台に、クラシック音楽の流れる喫茶店で2人の青年と出会った女子高生が、恋を経験して大人の女性に成長してゆく。

ネタバレを読む

ヴィクトリア女王 世紀の愛の紹介:2009年公開の伝記映画。19世紀を舞台に、イギリスの女王ヴィクトリアの純愛を描いた作品。アカデミー賞では衣装デザイン賞を受賞し、メイクアップ賞と美術賞にノミネートされた。今作の発案者は、エリザベス2世女王の次男の元妻、セーラ・ファーガソン。監督は「わたしに会うまでの1600キロ」のジャン=マルク・ヴァレ。脚本は「ゴスフォード・パーク」のジュリアン・フェロウズ。主演は「イントゥ・ザ・ウッズ」のエミリー・ブラント。

ネタバレを読む

マン・アップ! 60億分の1のサイテーな恋のはじまりの紹介:2015年製作のフランス&イギリス映画。元妻に未練たっぷりのバツイチ男と34歳の理屈っぽい女性が人違いから出会い、巻き起こす大騒動を描く。主人公をサイモン・ペッグが、ヒロインをレイク・ベルが演じるほか、ロリー・キニア、ケン・ストットらが共演。

ネタバレを読む

憧れのモニカ・ヴェロアの紹介:2010年の映画。憧れのポルノ女優に会いに行った少年と、女優とのロマンスを描いた作品。主演は「ポリス・アカデミー」のキム・キャトラル。「ランボー」のブライアン・デネヒーや「ガーゴイルズ」のキース・デイヴィッドも出演。

ネタバレを読む

プライスレス 素敵な恋の見つけ方の紹介:玉の輿を狙う美女と、彼女に本気で惚れてしまったお人よしのウェイターとの恋模様を、ちょとセクシーでコミカルに描いた物語。2006年の仏映画で、『アメリ』のオドレイ・トトゥが小悪魔のような女性を演じている。日本公開は2008年。

ネタバレを読む

MARS(マース)~ただ、君を愛してる~の紹介:2016年公開の日本映画。90年代に「別冊フレンド」に連載され、ディープなテーマや禁断の世界観で人気を博した惣領冬実による少女漫画が原作のテレビドラマの劇場版。ドラマでは描ききれなかった物語が描かれる。

ネタバレを読む