ラブストーリーのネタバレあらすじ一覧

号泣必至の泣ける純愛や感動の実話、ハッピーなラブストーリーなど、邦画、洋画を問わず、おすすめのラブストーリーの映画のネタバレをまとめています。主に恋愛を題材としている物が多く、学園、外国、クリスマス、バレンタイン、遠距離恋愛など、物語の背景は様々です。

そのときは彼によろしくの紹介:2007年公開の日本映画。再会を果たした幼馴染の3人の運命を描いた作品。市川拓司の小説が原作。主題歌は柴咲コウの「Prism」。監督は「陰日向に咲く」の平川雄一朗。主演は「涙そうそう」の長澤まさみ。「闇金ウシジマくん」シリーズの山田孝之、「イエスタデイズ」の塚本高史、「Paradise Kiss」の北川景子も出演。

ネタバレを読む

ラブファイトの紹介:2008年公開の日本映画。いじめられっ子の男子高校生と喧嘩の強い女子高生の、幼馴染二人のラブストーリーを描いた作品。まきの・えりの「聖母少女」が原作。大沢たかおが初めて映画プロデュースした作品。主演は「バッテリー」の林遣都と「幸福な食卓」の北乃きい。主題歌はFUNKY MONKEY BABYSの「希望の唄」。

ネタバレを読む

トゥルー・ロマンスの紹介:若手時代のクエンティン・タランティーノが脚本を務めた1993年製作のアメリカ映画。思いがけず麻薬を手に入れたカップルが幸せを手に入れるためにロサンゼルスへと向かう。主人公カップルをクリスチャン・スレイター、パトリシア・アークエットが演じた。

ネタバレを読む

ワン・デイ 23年のラブストーリーの紹介:2011年公開。お互いに惹かれつつも親友である事を選んだ男女の、23年に渡る出会った日の7月15日を切り取り、二人の移り変わりを描いた作品。デヴィッド・ニコルズの小説が原作。監督は「17歳の肖像」のロネ・シェルフィグ。主演は「レイチェルの結婚」のアン・ハサウェイと、「ラスベガスをぶっつぶせ」のジム・スタージェス。

ネタバレを読む

トイレのピエタの紹介:2015年公開。余命三カ月と宣告されたフリーターの男性が女子高生と出会って、その強さに惹かれていく姿を描いた作品。原案は手塚治虫。彼が亡くなる前に、日記の最後に書いていた作品の構想を監督の松永大司が脚本した。主演は「RADWIPS」ボーカルの野田洋次郎で俳優デビュー作。主題歌の「ピクニック」は松永大司からオファーを受けて、野田洋次郎が書き下ろした。「シェル・コレクター」のリリー・フランキー、「父と暮らせば」の宮沢りえ、「後事業の女」の大竹しのぶも出演。

ネタバレを読む

ドンファン(1995年)の紹介:1995年公開。伝説の色男ドンファンを名乗る謎の青年の恋を描いたラブロマンス。アカデミー賞では歌曲賞に、ゴールデングローブ賞では作曲賞と主題歌賞にノミネートされた。制作には「ゴッドファーザー」シリーズのフランシス・フォード・コッポラが参加し、音楽は「ロビン・フッド」のマイケル・ケイメンが担当した。出演は20世紀最高の俳優と名高いマーロン・ブランド、「シザーハンズ」のジョニー・デップ、「俺たちに明日はない」のボニー役のフェイ・ダナウェイなど。

ネタバレを読む

最後の初恋の紹介:2008年公開。一人の主婦と医師が、海辺の家で出会って運命的な恋に落ちてゆく姿を描いた作品。ニコラス・スパークスの小説が原作。主演は「シカゴ」のリチャード・ギアと「運命の女」のダイアン・レイン。二人は「コットンクラブ」や「運命の女」でも共演。「ヘルプ ~心がつなぐストーリー~」のヴァイオラ・デイヴィス、「スモーキング・ハイ」のジェームズ・フランコも出演。

ネタバレを読む

ヴァンパイアの紹介:女性の血を抜き取ることで欲望を満たす、孤独で気弱な青年サイモン。ある時彼は自分の血をあげると言う女性に出会う。岩井俊二監督が原作・脚本のほか6役を務めて製作された2012年の作品。日本・カナダ・アメリカの合作。ロケはカナダで行われ、劇中の台詞は全編英語である。PG12指定。ベルリン国際映画祭をはじめとする多数の映画祭で正式出品された。

ネタバレを読む

ユー・ガット・メールの紹介:1998年公開。インターネットで知り合った男女の運命的な恋を描いた作品。1940年公開の「桃色の店」のリメイク。監督は「めぐり逢えたら」のノーラ・エフロン。出演は「ダ・ヴィンチ・コード」のトム・ハンクス、「フレンチ・キス」のメグ・ライアン、「リトル・ミス・サンシャイン」のグレッグ・キニアなど。

ネタバレを読む

P.S. アイラヴユーの紹介:2007年公開。最愛の夫を亡くした女性が、亡き夫からの手紙をきっかけに立ち直っていく姿を描いた作品。セシリア・アハーンの小説が原作。監督・脚本は「マディソン郡の橋」で脚本を担当したリチャード・ラグラヴェネーズ。主演は「ミリオンダラー・ベイビー」のヒラリー・スワンク。「300<スリーハンドレッド>のジェラルド・バトラー、「イルカと少年」のハリー・コニック・ジュニア、「ミザリー」のキャシー・ベイツも出演。

ネタバレを読む

オールウェイズの紹介:1989年公開。仲間を助けるために死んだ消防隊員が、恋人を見守り続ける姿を描いた作品。1943年の「A Guy Named Joe」を「ジュラシック・パーク」などで知られるスティーヴン・スピルバーグが監督してリメイク。天使のハップ役にはオードリー・ヘプバーンが演じ、彼女が最後に出演した映画になる。「グッバイガール」のリチャード・ドレイファスや「ピアノ・レッスン」のホリー・ハンター、「夢を生きた男/ザ・ベーブ」のジョン・グッドマンも出演。

ネタバレを読む

きみといた2日間の紹介:ネットサイトで知り合ったメーガンとアレックの2日間を綴ったラブコメディ。脚本家マーク・ハマーの知人の体験談をもとに制作されたマック・ニコルズ監督の初長編作。主演は『セッション』で注目されたマイルズ・テラー。日本では2014年12月に公開されたR15+指定作品。

ネタバレを読む