ラブストーリーのネタバレあらすじ一覧

号泣必至の泣ける純愛や感動の実話、ハッピーなラブストーリーなど、邦画、洋画を問わず、おすすめのラブストーリーの映画のネタバレをまとめています。主に恋愛を題材としている物が多く、学園、外国、クリスマス、バレンタイン、遠距離恋愛など、物語の背景は様々です。

スタア誕生の紹介:1954年製作のアメリカのミュージカル映画で、ジョージ・キューカーが監督を、ジュディ・ガーランド、ジェームズ・メイスンが主演を務めた。スターの階段を昇る女性歌手と彼女を支える映画スターとの悲恋を描いていく。第12回ゴールデングローブ賞では主演二人がそれぞれ主演男優賞、主演女優賞を獲得した。

ネタバレを読む

ラブ・アフェア 年下の彼(2012年)の紹介:2012年製作のアメリカ映画。夫の出張でイタリアに同行した女性と、年下の男性との恋の行方を描いている。ケイト・ボスワース主演で贈るラブストーリーで、年下の相手役を演じるのはジェイミー・ブラックリー。

ネタバレを読む

たそがれ清兵衛の紹介:2002年製作の真田広之、宮沢りえ主演の時代劇ドラマ。山田洋二監督による藤沢周平原作映画三部作の一作目に当たる作品で、東北の小さな藩に生きる武士の貧しくも幸せに満ちた日々を描いていく。第28回日本アカデミー賞では最優秀作品賞を受賞し、第76回アカデミー賞では外国語映画賞の最終候補にノミネートされた。

ネタバレを読む

隠し剣 鬼の爪の紹介:2004年製作の永瀬正敏、松たか子主演の人情時代劇。山田洋二監督による藤沢周平原作映画三部作の二作目に当たる作品で、幕末の時代に東北の小さな藩に生きる下級武士の恋と葛藤を描いていく。第28回日本アカデミー賞では最優秀美術賞に輝いた。

ネタバレを読む

わすれた恋のはじめかたの紹介:2009年公開のアメリカ映画。悲しい過去を引きずる作家の男性と、恋愛よりも仕事を重視する女性との恋の行方を描いている。ジェニファー・アニストンとアーロン・エッカート共演によるハートフルラブストーリー。

ネタバレを読む

愛と哀しみの果ての紹介:1985年製作のアメリカ映画で、名匠シドニー・ポラック監督による歴史ドラマ。原作はアイザック・ディネーセンの自伝的小説「アフリカの日々」で、メリル・ストリープ、ロバート・レッドフォードら実力派俳優が出演。20世紀初頭のアフリカをたくましく生きた女性の姿を描いていく。第58回アカデミー賞では作品賞を始め7部門を制した。

ネタバレを読む

僕らのごはんは明日で待ってるの紹介:2017年1月7日公開の日本映画。正反対の性格の男女の恋を描いた瀬尾まいこの人気小説を、中島裕翔&新木優子主演で映画化したラブストーリー。高校生から社会人になるまで、出会ってから7年間の男女の愛の行方を、『箱入り息子の恋』の市井昌秀監督が丁寧につづる。

ネタバレを読む

オンディーヌ 海辺の恋人(2009年)の紹介:2009年製作のアイルランド映画。田舎町を舞台に、網にかかっていた女性と漁師との恋を描いている。ニール・ジョーダンが監督・脚本・製作を務めたファンタジックなラブストーリー。アイルランドの美しい海辺の風景や、おとぎ話を取り入れたストーリーに注目の作品。コリン・ファレルとアリシア・バックレーダ主演で贈る。

ネタバレを読む

一週間フレンズ。の紹介:2017年2月18日公開の日本映画。高校生のせつない愛を描き、テレビアニメや舞台にもなった葉月抹茶の人気コミックを、川口春奈&山崎賢人主演で映画化したラブストーリー。一週間で相手の事を忘れてしまう記憶障害をもつヒロインと、彼女を必死に守ろうとする青年の純粋な思いがつづられる。

ネタバレを読む

ダウン・イン・ザ・バレーの紹介:2005年公開のアメリカ映画。父親の束縛に息苦しさを感じている少女が、カウボーイ気取りの風変わりな男性と出会って、恋に落ちる様を描いている。エドワード・ノートン主演・製作で贈るラブ・ロマンス。彼の相手役を務めるのは、エヴァン・レイチェル・ウッド。17歳の少女を演じる彼女の演技にも注目の作品。

ネタバレを読む

ロシュフォールの恋人たちの紹介:仏・ロシュフォールの町を舞台に、双子の姉妹の夢や恋をロマンチックに綴った映画史に名を刻むミュージカル。
『シェルブールの雨傘』に続くジャック・ドゥミ監督の1967年の公開作。音楽はドゥミ作品には欠かせないミシェル・ルグラン。カトリーヌ・ドヌーブとフランソワーズ・ドルレアックの実姉妹が双子を演じたが、姉のフランソワーズは今作の公開年に事故で亡くなったため、最初で最後の共演作となった。

ネタバレを読む

ロング・エンゲージメントの紹介:婚約者の戦死を知らされても彼の生存を信じる女性。謎解きしながら愛する人の行方を追う主人公の粘り強さや、戦争に翻弄された人々の苦悩を描いたミステリー・ロマンス。
『アメリ』のジャン=ピエール・ジュネ監督が再びオドレイ・トトゥを主演に迎えた2004年の作品。原作は仏のベストセラー小説『長い日曜日』。映画原題は日本語で“婚約中の長い日曜日”という意。セザール賞をはじめ世界の映画賞で受賞、ノミネートされた。R15+指定。

ネタバレを読む