ラブストーリーのネタバレあらすじ一覧(19ページ目)

号泣必至の泣ける純愛や感動の実話、ハッピーなラブストーリーなど、邦画、洋画を問わず、おすすめのラブストーリーの映画のネタバレをまとめています。主に恋愛を題材としている物が多く、学園、外国、クリスマス、バレンタイン、遠距離恋愛など、物語の背景は様々です。

パラダイス・キスの紹介:2011年公開の日本映画。矢沢あいの同名コミックの原作ストーリーを再現しながらも、ラストシーンは映画オリジナルとなっている。キャッチコピーは「自分の可能性を信じなきゃ何も始まらない。」

ネタバレを読む

オンリー・ユー(1994年)の紹介:1994年公開のアメリカ映画。古都・ローマを舞台に、運命の糸に結ばれた男女の恋を描くロマンティックなラヴ・ストーリー。「ローマの休日」など古き良き恋愛映画をアレンジした「おとぎ話」風の演出がなされている。

ネタバレを読む

ハナミズキの紹介:2010年公開の日本映画。一青窈の代表曲である「ハナミズキ」をモチーフにした10年の時をかける純愛ラブストーリー。監督は『いま、会いにゆきます』、『涙そうそう』の土井裕泰で、主演は『恋空』の新垣結衣。

ネタバレを読む

あいつと私(1961年)の紹介:1961年公開の日本映画。週刊読売連載の石坂洋次郎の同名小説を中平康・監督が映画化した、裕次郎回復後の第一作である。裕次郎は同年に志賀高原スキー場でスキーヤーと衝突し、右足首粉砕複雑骨折で入院していた。

ネタバレを読む

ノッティングヒルの恋人の紹介:1999年制作のアメリカ映画。ロンドン西部のノッティング・ヒルを舞台に、さえない書店主とハリウッド女優との恋愛を描いた作品。人気俳優陣の出演もあり、今なお人気の高いラブ・ストーリーである。

ネタバレを読む

フォー・ウェディングの紹介:1994年制作のイギリス映画。4つの結婚式と1つの葬式を基に真実の愛を見つける男女を描いた作品で、後に『ノッティングヒルの恋人』でヒットする脚本家リチャード・カーティスとヒュー・グラントのコンビの一作目に当たる。

ネタバレを読む

BALLAD 名もなき恋のうたの紹介:2009年公開の日本映画。アニメ映画『クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ アッパレ!戦国大合戦』を原作とした作品で、主演の草彅剛が演じる武士と新垣結衣が演じる姫のラブストーリーを実写化した。

ネタバレを読む

50回目のファーストキスの紹介:ハワイ在住の獣医の男。プレイボーイで鳴らした彼が、素朴な女性に恋をする。しかし、女性はある深刻な病気を抱えており、恋愛上手なはずの男が、恋に七転八倒する様子を描いた作品。ハワイの自然と家族愛が印象的で、ハートウォーミングな恋愛コメディ。

ネタバレを読む

セックスと嘘とビデオテープの紹介:一見理想的な夫婦生活を送っていた夫婦が、夫の友人グレアムの出現と、彼のビデオテープによって、日常をかき乱されていきます。真実が暴かれていく人々の内面。カンヌ映画祭グランプリを受賞した作品です。

ネタバレを読む

銀座の恋の物語の紹介:1962年公開の日本映画。その前年に同名の石原裕次郎と牧村旬子によるデュエット曲が発売され、売り上げが300万枚を超えるミリオンセラーとなった。この曲はいまなおカラオケなどの定番曲として知られている。

ネタバレを読む