ラブストーリーのネタバレあらすじ一覧(19ページ目)

号泣必至の泣ける純愛や感動の実話、ハッピーなラブストーリーなど、邦画、洋画を問わず、おすすめのラブストーリーの映画のネタバレをまとめています。主に恋愛を題材としている物が多く、学園、外国、クリスマス、バレンタイン、遠距離恋愛など、物語の背景は様々です。

フィフティ・シェイズ・オブ・グレイの紹介:2015年公開のアメリカ映画。巨大企業の若手CEOと平凡な女子大生との恋を描いてベストセラーとなった同名小説を映画化。タイトルは「グレイ氏のフィフティ・シェイズ(50通り)に歪んだ人格」という意味。

ネタバレを読む

小さいおうちの紹介:2014年公開の日本映画。第143回直木賞に輝いた中島京子の同名ベストセラー小説を、山田洋次監督が映画化。60年前にある一家で起きた恋愛事件の行方について、その手記を手にした青年の視点によって描く。

ネタバレを読む

風と共に去りぬの紹介:1939年制作のアメリカ映画。監督はヴィクター・フレミング、主演はヴィヴィアン・リーとクラーク・ゲーブルで、文学的にも映画史的にも非常に有名な作品である。実に4時間にわたる超大作で、前編と後編で構成される。

ネタバレを読む

理想の恋人.comの紹介:2005年公開のアメリカ映画。恋に奮闘する女性をダイアン・レインが演じるラブ・コメディ。ヒロインがバツイチパパと、出会い系サイトで知り合ったピュアな男性との間で揺れ動く姿をコミカルに描く。

ネタバレを読む

タイタニック(1997年)の紹介:1997年公開のアメリカ映画。20世紀最大の海難事故・タイタニック号沈没事故を基に、貧しい青年と上流階級の娘の悲恋を描く。主題歌「マイ・ハート・ウィル・ゴー・オン」(セリーヌ・ディオン・歌)もヒットした。

ネタバレを読む

早春物語の紹介:1985年公開の日本映画。赤川次郎・原作の同名小説の内容・設定を大幅に変更した上で映画化した。角川映画10周年記念映画。大人に変わりつつある17歳の少女が春休みに経験した恋を通じて成長していく過程を描く。

ネタバレを読む

イングリッシュ・ペイシェントの紹介:1996年制作のアメリカ映画。第二次大戦時代の北アフリカを舞台に繰り広げられる愛のロマンを描く、官能的な映像叙事詩。タイトルは『イギリス人の患者』の意。

ネタバレを読む