ラブストーリーのネタバレあらすじ一覧(3ページ目)

号泣必至の泣ける純愛や感動の実話、ハッピーなラブストーリーなど、邦画、洋画を問わず、おすすめのラブストーリーの映画のネタバレをまとめています。主に恋愛を題材としている物が多く、学園、外国、クリスマス、バレンタイン、遠距離恋愛など、物語の背景は様々です。

undoの紹介:何かを縛らずにはいられない“強迫性緊縛症”(架空の病)という精神障害を患う萌実と、彼女を助けたい一心の夫の由起夫。狂う女性を美しい映像で捉えた異色のラブストーリー。1994年に公開された岩井俊二監督の中編映画で、翌年のベルリン国際映画祭ではフォーラム部門NETPACを受賞した。

ネタバレを読む

ボレロの紹介: ギタリストのフトシにさまざまな試練が起きる。そんな中でフトシはと美しく健気な女性に出会い、人間として蘇っていく。
和製チャップリンとも呼ばれる田島基博監督の第二作。サイレントのモノクロ映画で綴るラブストーリー。2012年に公開された作品。

ネタバレを読む

天使の入江の紹介:真面目な銀行員のジャックはルーレットで大当たりしてからギャンブルにはまっていく。カジノで出会った女性ジャッキーと共にゲームにのめり込むジャック。惹かれあう二人を繋ぐものは、愛か賭博か。
1963年公開のジャック・ドゥミ監督の長編第二作。ミシェル・ルグランのピアノスコアがカジノや恋愛の躍動感を表現している。

ネタバレを読む

フローズン・タイムの紹介:2006年公開。失恋のショックで不眠症になった男性がバイト先の女性と恋をする姿を描いた作品。監督・脚本は写真家のショーン・エリスで、長編映画処女作品。主演は「ハリー・ポッターと秘密の部屋」のショーン・ビガースタッフ、「戦場のピアニスト」のエミリア・フォックス。美大生のベンはスージーと別れて不眠症に陥る。夜勤のスーパーのバイトに応募して、シャロンと知り合う。ベンは悪化する不眠症によって自分以外の時間を凍らせてしまうのだった。

ネタバレを読む

巴里のアメリカ人の紹介:第24回 アカデミー賞で作品賞を含む計6部門で受賞に輝いたミュージカル映画の傑作。パリで画家を志すアメリカ人青年をミュージカルスターのジーン・ケリーが熱演、ラストシーンでは映画史に残る素晴らしいダンスを披露している。1951年製作のアメリカ映画。

ネタバレを読む

シグナル~月曜日のルカ~の紹介:2012年公開。ひなびた映画館でアルバイトをすることになった大学生が、事情を抱えた若い映写技師に惹かれていくラブストーリーを描いた作品。原作は関口尚の「シグナル」。監督は「時をかける少女」で第32回ヨコハマ映画祭で新人監督賞を受賞した谷口正晃。本作がデビュー作の三根梓、AAAの西島隆弘、井上順、宇津井健など豪華キャストが出演。三根梓は今作で第34回ヨコハマ映画祭最優秀新人賞を受賞した。

ネタバレを読む

ウォーム・ボディーズの紹介:2013年公開。食料である人間に恋をしたゾンビと人間との恋愛を描いた作品。許されない恋をして成長していく青春ラブコメディ。終末世界、ゾンビは人間を食料として捕食していた。ある日、医薬品を取りに来たジュリー達にゾンビ達が襲いかかる。ゾンビのRは人間のジュリーに一目惚れして、自分の家へと連れて行く。最初は怯えていたジュリーだったが、次第にRの優しさに心惹かれていくのだった。

ネタバレを読む

ロルナの祈りの紹介:2008年公開。国籍を取得するために偽装結婚をした男女の間に生まれた愛の奇跡を描いた作品。第61回カンヌ国際映画祭脚本賞受賞。「ロゼッタ」「ある子供」でカンヌ国際映画祭のパルムドールを受賞したジャン・ピエール&リュック・ダルデンヌ兄弟が監督・脚本・制作を務めた。「MAGIC EYE」のアルタ・ドブロシ、「つぐない」のジェレミー・レニエが出演。

ネタバレを読む

一枚のめぐり逢いの紹介:2012年公開。戦争中、見知らぬ女性の写真を拾って生還を果たした軍曹が、帰還後に女性を探して恋に落ち、いくつもの困難を乗り越えて結ばれる姿を描いている。「きみに読む物語」の原作者のニコラス・スパークスのベストセラー「The Lucky One」を映画化した作品。映画「シャイン」でアカデミー賞にノミネートされたスコット・ヒックスが監督を務めた。

ネタバレを読む

打ち上げ花火、下から見るか? 横から見るか?の紹介:転校が決まっている少女が、同級生と駆け落ちしようと企てる。早熟な少女と彼女に恋する少年たちの甘酸っぱい交流をノスタルジックな映像で綴った恋物語。元々は1993年放送のテレビドラマだったが、監督した岩井俊二がドラマとしては異例の日本映画監督協会新人賞を受賞したため、2年後に再編集した作品が映画化された。

ネタバレを読む