ラブストーリーのネタバレあらすじ一覧(3ページ目)

号泣必至の泣ける純愛や感動の実話、ハッピーなラブストーリーなど、邦画、洋画を問わず、おすすめのラブストーリーの映画のネタバレをまとめています。主に恋愛を題材としている物が多く、学園、外国、クリスマス、バレンタイン、遠距離恋愛など、物語の背景は様々です。

トイレのピエタの紹介:2015年公開。余命三カ月と宣告されたフリーターの男性が女子高生と出会って、その強さに惹かれていく姿を描いた作品。原案は手塚治虫。彼が亡くなる前に、日記の最後に書いていた作品の構想を監督の松永大司が脚本した。主演は「RADWIPS」ボーカルの野田洋次郎で俳優デビュー作。主題歌の「ピクニック」は松永大司からオファーを受けて、野田洋次郎が書き下ろした。「シェル・コレクター」のリリー・フランキー、「父と暮らせば」の宮沢りえ、「後事業の女」の大竹しのぶも出演。

ネタバレを読む

ドンファン(1995年)の紹介:1995年公開。伝説の色男ドンファンを名乗る謎の青年の恋を描いたラブロマンス。アカデミー賞では歌曲賞に、ゴールデングローブ賞では作曲賞と主題歌賞にノミネートされた。制作には「ゴッドファーザー」シリーズのフランシス・フォード・コッポラが参加し、音楽は「ロビン・フッド」のマイケル・ケイメンが担当した。出演は20世紀最高の俳優と名高いマーロン・ブランド、「シザーハンズ」のジョニー・デップ、「俺たちに明日はない」のボニー役のフェイ・ダナウェイなど。

ネタバレを読む

最後の初恋の紹介:2008年公開。一人の主婦と医師が、海辺の家で出会って運命的な恋に落ちてゆく姿を描いた作品。ニコラス・スパークスの小説が原作。主演は「シカゴ」のリチャード・ギアと「運命の女」のダイアン・レイン。二人は「コットンクラブ」や「運命の女」でも共演。「ヘルプ ~心がつなぐストーリー~」のヴァイオラ・デイヴィス、「スモーキング・ハイ」のジェームズ・フランコも出演。

ネタバレを読む

ヴァンパイアの紹介:女性の血を抜き取ることで欲望を満たす、孤独で気弱な青年サイモン。ある時彼は自分の血をあげると言う女性に出会う。岩井俊二監督が原作・脚本のほか6役を務めて製作された2012年の作品。日本・カナダ・アメリカの合作。ロケはカナダで行われ、劇中の台詞は全編英語である。PG12指定。ベルリン国際映画祭をはじめとする多数の映画祭で正式出品された。

ネタバレを読む

ユー・ガット・メールの紹介:1998年公開。インターネットで知り合った男女の運命的な恋を描いた作品。1940年公開の「桃色の店」のリメイク。監督は「めぐり逢えたら」のノーラ・エフロン。出演は「ダ・ヴィンチ・コード」のトム・ハンクス、「フレンチ・キス」のメグ・ライアン、「リトル・ミス・サンシャイン」のグレッグ・キニアなど。

ネタバレを読む

P.S. アイラヴユーの紹介:2007年公開。最愛の夫を亡くした女性が、亡き夫からの手紙をきっかけに立ち直っていく姿を描いた作品。セシリア・アハーンの小説が原作。監督・脚本は「マディソン郡の橋」で脚本を担当したリチャード・ラグラヴェネーズ。主演は「ミリオンダラー・ベイビー」のヒラリー・スワンク。「300<スリーハンドレッド>のジェラルド・バトラー、「イルカと少年」のハリー・コニック・ジュニア、「ミザリー」のキャシー・ベイツも出演。

ネタバレを読む

オールウェイズの紹介:1989年公開。仲間を助けるために死んだ消防隊員が、恋人を見守り続ける姿を描いた作品。1943年の「A Guy Named Joe」を「ジュラシック・パーク」などで知られるスティーヴン・スピルバーグが監督してリメイク。天使のハップ役にはオードリー・ヘプバーンが演じ、彼女が最後に出演した映画になる。「グッバイガール」のリチャード・ドレイファスや「ピアノ・レッスン」のホリー・ハンター、「夢を生きた男/ザ・ベーブ」のジョン・グッドマンも出演。

ネタバレを読む

きみといた2日間の紹介:ネットサイトで知り合ったメーガンとアレックの2日間を綴ったラブコメディ。脚本家マーク・ハマーの知人の体験談をもとに制作されたマック・ニコルズ監督の初長編作。主演は『セッション』で注目されたマイルズ・テラー。日本では2014年12月に公開されたR15+指定作品。

ネタバレを読む

素敵なウソの恋まじないの紹介:「チャーリーとチョコレート工場」の原作者、イギリスの小説家ロアルド・ダールの「ことっとスタート」を映像化した作品。シニア世代のラブロマンスがテーマの作品で、主人公の老人ホッピーさんをダスティン・ホフマン、ホッピーさんが想いを寄せる未亡人のシルバーさんをジュディ・デンチが演じた。

ネタバレを読む

近距離恋愛の紹介:2008年公開。親友だった女性が結婚することになって、彼女を好きなことに気づいた男性の恋を描いた作品。トムは大学生の時に相手を間違ってハンナを襲ってしまう。事なきをえて、彼女の考えに気に入って10年。親友同士となったトムとハンナ。二人はお互いの好みなど全て把握していた。ある日、ハンナが出張になってスコットランドに行くことに。ハンナのいない生活にトムは自分の気持ちに気づく。しかし、ハンナは結婚を決めたコリンを連れて帰ってくるのだった。

ネタバレを読む

四月物語の紹介:旭川から上京し、一人暮らしを始めた女子大生の卯月。彼女にはこの地にやってきた理由があった…。東京・武蔵野での新たな生活や春の風景をやわらかな映像で爽やかに綴った恋の物語。1998年公開の岩井俊二監督作。松たか子にとって初めての主演映画であり、卯月を駅で見送る役を松たか子の実の家族が演じている。
※劇中に登場する武蔵野大学は公開時は架空の大学だったため、現在実在する武蔵野大学とは異なる。

ネタバレを読む

橋の上の娘の紹介:パリ・セーヌ川、橋の上で運命的に出会った男と女。二人の究極の愛を綴ったロマンス映画。監督は『髪結いの亭主』でその名を世界に轟かせたフランス映画の名将パトリス・ルコント。今作は1999年にゴールデン・グローブ賞、2000年に英国アカデミー賞共に外国語映画賞にノミネート、ダニエル・オートゥイユは99年のセザール賞にて主演男優賞を受賞した。

ネタバレを読む

フットルースの紹介:1984年製作のアメリカのミュージカルドラマ映画。ダンサー、振付師の経験を持つハーバート・ロスが監督を務め、街のダンス禁止令に立ち向かう若者たちの姿が瑞々しく描かれている。メインテーマであるケニー・ロギンスのフットルースを含め、劇中では多くのヒット楽曲が使用されている。

ネタバレを読む

スリーピング・ディクショナリーの紹介:2003年公開。20世紀前半、植民地のインドネシアに派遣されたイギリスの行政官の青年が、「スリーピング・ディクショナリー」と呼ばれる風習に反発しながらも現地の女性と恋をする姿を描いた作品。出演はテレビシリーズ「ダークエンジェル」のジェシカ・アルバ、「モナリザ」のボブ・ホスキンス、「秘密の嘘」のブレンダ・ブレッシン。

ネタバレを読む