ラブストーリーのネタバレあらすじ一覧(4ページ目)

号泣必至の泣ける純愛や感動の実話、ハッピーなラブストーリーなど、邦画、洋画を問わず、おすすめのラブストーリーの映画のネタバレをまとめています。主に恋愛を題材としている物が多く、学園、外国、クリスマス、バレンタイン、遠距離恋愛など、物語の背景は様々です。

アルビノの紹介:2016年製作の日本映画。女性2人が性愛の泥沼に落ちていく姿を、『私の奴隷になりなさい』や『幼獣マメシバ』シリーズなどの亀井亨監督が官能的かつドライに描くラブストーリー。女であることに違和感を抱く主人公が、仕事で訪れた家で若い娘と出会って求め合うようになり、相手とその父親の秘密の関係を知ってバランスを失っていく様子を描く。

ネタバレを読む

おとぎ話みたいの紹介:2014年公開の日本映画。『あの娘が海辺で踊ってる』などの山戸結希監督がメガホンを取り、ロックバンドのおとぎ話とコラボレーションした中編の青春ムービー。田舎に暮らす女子高校生の初恋をみずみずしく描く。主演は、『東京無印女子物語』などの趣里。『千年の愉楽』などの岡部尚や、『ふたりのシーズン』などの監督である井土紀州が共演するほか、音楽を担当するおとぎ話も出演する。思春期の少女の心理をすくい取る繊細でいてポップなストーリーと映像に注目。

ネタバレを読む

アメリの紹介:空想好きなアメリは人を幸せにすることに喜びを覚え、多くのいたずらを仕掛ける。そんなアメリに突然恋がやってくる。人とのコミュニケーションが苦手で、恋愛に内気なアメリの恋の行方はいかに…。
2001年セザール賞の4部門を獲得したほか、多くの賞を受賞・ノミネートされた。世界的にヒットしたが、特に制作国のフランスと日本で爆発的な大ヒット。日本ではアメリの髪型や劇中に登場するクレームブリュレが流行した。

ネタバレを読む

マリリン 7日間の恋の紹介:2011年公開。「王子と踊子」の出演でやってきたマリリン・モンローと、第3助監督のコリン・クラークの恋を実話に基づいて描いた作品。第84回アカデミー賞でミシェル・ウィリアムズが主演女優賞を、ケネス・ブラナーが助演男優賞にノミネートされた。また、ミシェル・ウィリアムズはゴールデングローブ賞など多数の海外の賞で主演女優賞を受賞した。「博士と彼女のセオリー」のエディ・レッドメイン、「ハリー・ポッター」シリーズのエマ・ワトソンも出演。

ネタバレを読む

ふたりの5つの分かれ路の紹介:離婚を決めた夫婦のこれまでの軌跡を、現在から出会いまでさかのぼり、5つのエピソードで展開していく。 二人が別れに至った経緯がミステリアスに浮かび上がっていくラブトーリー。監督は『スイミング・プール』や『彼は秘密の女ともだち』のフランソワ・オゾン。2004年製作の仏映画で、原題は『5×2』。

ネタバレを読む

undoの紹介:何かを縛らずにはいられない“強迫性緊縛症”(架空の病)という精神障害を患う萌実と、彼女を助けたい一心の夫の由起夫。狂う女性を美しい映像で捉えた異色のラブストーリー。1994年に公開された岩井俊二監督の中編映画で、翌年のベルリン国際映画祭ではフォーラム部門NETPACを受賞した。

ネタバレを読む

ボレロの紹介: ギタリストのフトシにさまざまな試練が起きる。そんな中でフトシはと美しく健気な女性に出会い、人間として蘇っていく。
和製チャップリンとも呼ばれる田島基博監督の第二作。サイレントのモノクロ映画で綴るラブストーリー。2012年に公開された作品。

ネタバレを読む

天使の入江の紹介:真面目な銀行員のジャックはルーレットで大当たりしてからギャンブルにはまっていく。カジノで出会った女性ジャッキーと共にゲームにのめり込むジャック。惹かれあう二人を繋ぐものは、愛か賭博か。
1963年公開のジャック・ドゥミ監督の長編第二作。ミシェル・ルグランのピアノスコアがカジノや恋愛の躍動感を表現している。

ネタバレを読む

フローズン・タイムの紹介:2006年公開。失恋のショックで不眠症になった男性がバイト先の女性と恋をする姿を描いた作品。監督・脚本は写真家のショーン・エリスで、長編映画処女作品。主演は「ハリー・ポッターと秘密の部屋」のショーン・ビガースタッフ、「戦場のピアニスト」のエミリア・フォックス。美大生のベンはスージーと別れて不眠症に陥る。夜勤のスーパーのバイトに応募して、シャロンと知り合う。ベンは悪化する不眠症によって自分以外の時間を凍らせてしまうのだった。

ネタバレを読む

巴里のアメリカ人の紹介:第24回 アカデミー賞で作品賞を含む計6部門で受賞に輝いたミュージカル映画の傑作。パリで画家を志すアメリカ人青年をミュージカルスターのジーン・ケリーが熱演、ラストシーンでは映画史に残る素晴らしいダンスを披露している。1951年製作のアメリカ映画。

ネタバレを読む

シグナル~月曜日のルカ~の紹介:2012年公開。ひなびた映画館でアルバイトをすることになった大学生が、事情を抱えた若い映写技師に惹かれていくラブストーリーを描いた作品。原作は関口尚の「シグナル」。監督は「時をかける少女」で第32回ヨコハマ映画祭で新人監督賞を受賞した谷口正晃。本作がデビュー作の三根梓、AAAの西島隆弘、井上順、宇津井健など豪華キャストが出演。三根梓は今作で第34回ヨコハマ映画祭最優秀新人賞を受賞した。

ネタバレを読む

ウォーム・ボディーズの紹介:2013年公開。食料である人間に恋をしたゾンビと人間との恋愛を描いた作品。許されない恋をして成長していく青春ラブコメディ。終末世界、ゾンビは人間を食料として捕食していた。ある日、医薬品を取りに来たジュリー達にゾンビ達が襲いかかる。ゾンビのRは人間のジュリーに一目惚れして、自分の家へと連れて行く。最初は怯えていたジュリーだったが、次第にRの優しさに心惹かれていくのだった。

ネタバレを読む