ラブストーリーのネタバレあらすじ一覧(4ページ目)

号泣必至の泣ける純愛や感動の実話、ハッピーなラブストーリーなど、邦画、洋画を問わず、おすすめのラブストーリーの映画のネタバレをまとめています。主に恋愛を題材としている物が多く、学園、外国、クリスマス、バレンタイン、遠距離恋愛など、物語の背景は様々です。

レインツリーの国の紹介:2015年公開の日本映画。メールから始まる男女の恋を描き、ベストセラーとなった有川浩の同名小説を映画化したラブストーリー。Kis-My-Ft2の玉森裕太とモデルや歌手として活躍する西内まりやが不思議な出会いをする男女役で映画初出演を果たした。

ネタバレを読む

プライドと偏見の紹介:2005年公開。18世紀末のイギリスの上流社会で、プライドと偏見から誤解を招いていた男女の恋愛を描いた作品。第78回アカデミー賞でキーラ・ナイトレイは主演女優賞にノミネート、他にも作曲賞、美術賞、衣装デザイン賞にノミネートされた。大富豪のビングリーと友人のダーシーが田舎町の舞踏会にやってくる。ベネット家の次女エリザベスは神経質で気難しいダーシーに嫌悪感を抱く。しかし、しばらくして再会したダーシーからエリザベスはプロポーズされる。

ネタバレを読む

ハッピーエンドが書けるまでの紹介:2012年公開。愛に関して様々な悩みを抱えた家族が新しい一歩を踏み出す姿を描いた作品。小説家のビルは3年前に離婚した元妻のエリカを今も愛していた。娘のサマンサは母を嫌っていて、本当の愛を信じれないでいた。同じ大学生のルイスに思いを寄せられても応えられないでいた。サマンサの弟のラスティはクラスメイトのケイトに恋をしていたが、臆病なため行動を起こせないでいた。3人が新しい人生を踏み出す時、変化が訪れる。

ネタバレを読む

宇田川町で待っててよ。の紹介:女装している同級生に恋をしてしまった男子高校生の百瀬と、彼に想いを寄せられ戸惑う八代。少年二人の揺れ動く気持ちや、危うい初恋を描いたBL青春劇。原作は秀良子の同名コミックで、2014年版の「このBLがやばい!」で5位に輝いた。翌年には早速映像化され、監督は今作が商業映画デビューとなった湯浅典子が担当した。

ネタバレを読む

ブルーラグーン(1991年)の紹介:1991年公開。1980年の映画「青い珊瑚礁」の続編。無人島に漂流した少年少女の愛をミラ・ジョヴォヴィッチ主演で描いた作品。航海していた1隻の船が、漂流している小舟を発見する。乗っていた男女は死亡していたが、子供だけは生きていた。ある日、船の中でコレラが発生して、サラは幼い自分の娘と漂流していた子供を連れて小舟で離れることに。長い漂流の末、サラ達は漂流していた男女の住んでいた島にたどり着く。

ネタバレを読む

ピース オブ ケイクの紹介:2015年公開の日本映画。PG12指定。ジョージ朝倉の人気漫画を実写映画化、恋愛に依存し流されるままに男性と付き合ってしまうダメ女の主人公に、『君に届け』などの多部未華子。彼女と恋人との間で揺れ動く年上の男性を、『シャニダールの花』『そこのみにて光輝く』などの綾野剛が演じる。

ネタバレを読む

ニューヨークの恋人の紹介:2001年公開。タイムスリップによって出会った男女2人の恋愛を描いた作品。1876年、レオポルド公爵は家系の財政難から結婚するように叔父に言われる。そんな時パーティーに参加していた挙動不審の男性を追いかけて、レオポルドは橋から落下してしまう。現代のニューヨークにタイムスリップしたレオポルドは、キャリアウーマンのケイトと出会う。レオポルドのおかしな行動に戸惑うケイトだったが、二人は次第に惹かれあっていく。

ネタバレを読む

妹になりたくて。の紹介:2016年製作の日本作品。母とふたり暮らしのみひろは、母から交際相手の沢田と同居生活を始めたいと告げられる。沢田にはひとり息子の健一がおり、気の早いみひろは健一に甘えるが…。人気の“妹系”Vシネマ! “清楚で過激”セクシー女優 阿部乃みく最新作!

ネタバレを読む

ぼくのエリ 200歳の少女の紹介:2008年公開。12歳の少年と12歳の少女のまま200年の時を重ねたヴァンパイアとの恋愛を描いた作品。トライベッカ国際映画祭など世界各国で60以上もの賞を受賞した。ストックホルムに住む少年のオスカーは学校でいじめにあっていた。反抗する勇気のないオスカーの前に少女エリが現れる。その頃街では残虐な殺人事件が起きていた。起こした犯人はエリに血を与えるために犯行に及んでいたのだった。

ネタバレを読む

ラブ・ダイアリーズの紹介:離婚することになったウィルは、娘のマーヤから母との馴れ初めについて聞かれる。困ったウィルはマーヤに昔話を聞かせてあげることに。それはウィルの今までの恋人達との物語。相手の名前を仮名にして、誰がママか当てることにする。話を聞いていくうちに誰がママか分からなくなっていくマーヤだった。ウィルの過去の恋愛事情と今の気持ちを描いた作品。

ネタバレを読む

スプリング・フィーバーの紹介:現代の中国を舞台に、春の嵐に翻弄されるように彷徨い交錯する5人の若者の愛を描く。2008年香港、フランス、中国。監督:ロウ・イエ、脚本:メイ・フォン。原題は「春風沉醉的晚上」。第62回カンヌ国際映画祭脚本賞受賞。ロウ・イエは2006年に天安門事件を描いた「天安門、恋人たち」を制作して中国当局から国内での5年間の映画制作・上映禁止処分を受けたが、それを無視して家庭用デジタルカメラを使用してゲリラ的撮影で本作を撮った。中国当局の検閲を受けないことで、かえって自由な(当局が見たら卒倒しそうな)表現が可能になった。劇中で郁達夫(ユイ・ダーフ)の『春風沈酔の夜』の文章がモチーフとしてくり返し使われている。

ネタバレを読む

世界にひとつのプレイブックの紹介:妻に浮気されたショックから心を病んだパット。最愛の夫を事故で亡くして心を病んだティファニー。友人同士の紹介で知り合った二人はダンスをする仲に。最愛の人を失った男女の再起をユーモアを交えながら描いている。アカデミー賞では8部門でノミネートし、ゴールデングローブ賞など数々の賞を受賞した作品。

ネタバレを読む

セレステ&ジェシーの紹介:仲の良い夫婦のセレステとジェシー。セレステは仕事が多忙で、ジェシーの生活費も出していた。ジェシーは売れないアーティストで暇を持て余している生活。セレステはジェシーと親友でいたいと言い、離婚することを決める。離婚することになって、別居していても仲の良い二人。しかしある日、ジェシーから他に好きな人ができたとセレステは告げられる…。ラシダ・ジョーンズが主演、脚本、製作総指揮をしたラブストーリーを描いた作品。

ネタバレを読む