ラブストーリーのネタバレあらすじ一覧(4ページ目)

号泣必至の泣ける純愛や感動の実話、ハッピーなラブストーリーなど、邦画、洋画を問わず、おすすめのラブストーリーの映画のネタバレをまとめています。主に恋愛を題材としている物が多く、学園、外国、クリスマス、バレンタイン、遠距離恋愛など、物語の背景は様々です。

ヴィクトリア女王 世紀の愛の紹介:2009年公開の伝記映画。19世紀を舞台に、イギリスの女王ヴィクトリアの純愛を描いた作品。アカデミー賞では衣装デザイン賞を受賞し、メイクアップ賞と美術賞にノミネートされた。今作の発案者は、エリザベス2世女王の次男の元妻、セーラ・ファーガソン。監督は「わたしに会うまでの1600キロ」のジャン=マルク・ヴァレ。脚本は「ゴスフォード・パーク」のジュリアン・フェロウズ。主演は「イントゥ・ザ・ウッズ」のエミリー・ブラント。

ネタバレを読む

マン・アップ! 60億分の1のサイテーな恋のはじまりの紹介:2015年製作のフランス&イギリス映画。元妻に未練たっぷりのバツイチ男と34歳の理屈っぽい女性が人違いから出会い、巻き起こす大騒動を描く。主人公をサイモン・ペッグが、ヒロインをレイク・ベルが演じるほか、ロリー・キニア、ケン・ストットらが共演。

ネタバレを読む

憧れのモニカ・ヴェロアの紹介:2010年の映画。憧れのポルノ女優に会いに行った少年と、女優とのロマンスを描いた作品。主演は「ポリス・アカデミー」のキム・キャトラル。「ランボー」のブライアン・デネヒーや「ガーゴイルズ」のキース・デイヴィッドも出演。

ネタバレを読む

プライスレス 素敵な恋の見つけ方の紹介:玉の輿を狙う美女と、彼女に本気で惚れてしまったお人よしのウェイターとの恋模様を、ちょとセクシーでコミカルに描いた物語。2006年の仏映画で、『アメリ』のオドレイ・トトゥが小悪魔のような女性を演じている。日本公開は2008年。

ネタバレを読む

MARS(マース)~ただ、君を愛してる~の紹介:2016年公開の日本映画。90年代に「別冊フレンド」に連載され、ディープなテーマや禁断の世界観で人気を博した惣領冬実による少女漫画が原作のテレビドラマの劇場版。ドラマでは描ききれなかった物語が描かれる。

ネタバレを読む

おさな妻の紹介:天涯孤独になった女子高生と、年の離れた男性とのラブストーリー。原作は『ジュニア文芸』に連載された富島健夫の人気同名小説で、たびたび映画・ドラマ化されている。本作は関根恵子(現高橋惠子)主演作の第二弾として話題となった、大映制作の1970年版。

ネタバレを読む

初恋(2006年)の紹介:2006年公開の日本映画。日本犯罪史上最大の未解決事件「府中三億円強奪事件」の実行犯は、女子高生だったという設定の元に切ない青春を描いた作品。中原みすずの小説が原作。監督は「死にゆく妻との旅路」の塙幸成。撮影は「八日目の蝉」の藤澤順一。編集は「壬生義士伝」の冨田伸子。主演は「きいろいゾウ」の宮崎あおい。兄の宮崎将と共演した作品。主題歌は元ちとせで「青のレクイエム」。

ネタバレを読む

植物図鑑 運命の恋、ひろいましたの紹介:2016年公開の日本映画。「図書館戦争」「阪急電車」など数々の作品が映像化されている有川浩の人気小説を、EXILE/三代目J Soul Brothersのパフォーマーである岩田剛典と高畑充希の主演で映画化したラブストーリー。突然現れた謎の青年と同居する事になった少女の恋の行方が描かれる。

ネタバレを読む

猟奇的な彼女 in NYの紹介:2007年制作。生意気で凶暴で曲がったことが大嫌いな女性と、お人好しの男性との恋愛を描いた作品。2001年の韓国映画「猟奇的な彼女」のハリウッドリメイク版。監督は「世界でいちばん不運で幸せな私」のヤン・サミュエル。主演は「ガール・ネクスト・ドア」やテレビドラマ「24 -TWENTY FOUR-」のエリシャ・カスバートと「父親たちの星条旗」のジェシー・ブラッドフォード。

ネタバレを読む

スイートリトルライズの紹介:2010年公開の日本映画。別の相手と恋に落ちた夫婦の行方を描いた作品。江國香織の小説が原作。監督は「三月のライオン」の矢崎仁司。脚本は「百瀬、こっちを向いて。」の狗飼恭子。主演は「自虐の詩」の中谷美紀と「ハゲタカ」の大森南朋。主題歌はスガシカオで「雨あがりの朝に」。キャッチコピーは「人は守りたいものに嘘をつくの。あるいは守ろうとするものに。」。

ネタバレを読む

青い珊瑚礁の紹介:1980年公開。孤島に流された幼い男女が、成長して大人になっていく過程を描いた作品。1948年の「青い珊瑚礁」のリメイクで、続編の作品は「ブルーラグーン」。監督は「グリース」のランダル・クレイザー。音楽は「ロボコップ」のベイジル・ポールドゥリス。撮影は「クレイマー・クレイマー」のネストール・アルメンドロスで、今作でアカデミー賞撮影賞にノミネートされた。主演は「エンドレス・ラブ」のブルック・シールズ。

ネタバレを読む

8月のクリスマスの紹介:2005年公開の日本映画。小さな写真館を営む青年と臨時教師の女性との淡い恋を描いている。1998年の韓国映画「八月のクリスマス」のリメイク作品。主演は「月とキャベツ」の山崎まさよし。監督・脚本は「少女たちの羅針盤」の長崎俊一。編集は「象の背中」の阿部浩英。主題歌は山崎まさよしで「8月のクリスマス」。

ネタバレを読む