SF映画のネタバレあらすじ一覧

最新作からおすすめの名作まで、様々なSF映画をまとめています。SF映画はエイリアンや宇宙船、宇宙戦争、深海、タイムトラベル、超能力などの題材が多く扱われます。

モーガン プロトタイプL-9の紹介:2016年製作のアメリカ&イギリス合作映画。『ブレードランナー』のリドリー・スコットが製作を手掛けたSFアクションスリラー。人工生命体のL-9・モーガンが研究者を襲う事故が発生する。調査のためにリー・ウェザーズが派遣されるが、モーガンが心理評価中に混乱し始め…。

ネタバレを読む

バトルランナーの紹介:1987年のアメリカ映画。数多くのホラー映画の原作者として有名なスティーヴン・キングが、リチャード・バックマンの名義で発表した同名小説の映画化作品。アクション映画スターとしての地位を築いたアーノルド・シュワルツェネッガーの主演により、サスペンス色の強い原作をより娯楽志向なアクション映画として製作された。監督はテレビシリーズ『刑事スタスキー&ハッチ』の主演を務め、同作で監督としてデビューしたポール・マイケル・グレイザー。脚本は
『コマンドー』『ダイ・ハード』などで知られるスティーヴン・E・デ・スーザ。

ネタバレを読む

LOGAN/ローガンの紹介:2017年のアメリカ映画。マーベル社のアメリカンコミック『X-メン』シリーズの映画化作品で、同作に登場する人気キャラクター「ウルヴァリン」を主人公にしたシリーズの3作目。監督は前作『ウルヴァリン: SAMURAI』と同じくジェームズ・マンゴールド。ミュータントの死に絶えた近未来のアメリカで、わずかに残された希望を守るためのウルヴァリンたちの絶望的な逃避行を描く。

ネタバレを読む

プロメテウスの紹介:2012年公開のアメリカ映画。当初はリドリー・スコット監督自身の映画『エイリアン』(1979年)の前日譚として企画されたが、後にその見解の確定性を弱める発言がなされるようになった。地球の古代遺跡から発見された“人類の起源”を解き明かすヒントを基に、未知の惑星を訪れた人々が体験する想像を絶する出来事の数々が描かれる。

ネタバレを読む

インベージョン(2007年)の紹介:2007年公開のアメリカ映画。宇宙からやってきた未知の生物による恐怖を描いている。ジャック・フィニィのSF小説「盗まれた街」が原作で4度目の映画化。出演はニコール・キッドマン、ダニエル・クレイグら。

ネタバレを読む

メッセージの紹介:2016年のアメリカ映画。アメリカでSF作品に与えられる最高峰のネビュラ賞を受賞したテッド・チャンの短編小説『あなたの人生の物語』を原作に、『プリズナーズ』『複製された男』などのドゥニ・ヴィルヌーヴ監督によって製作されたSF映画。言語学者のヒロインが異星人との対話を通じて、自分の人生を見つめ直していくという物語である。2016年度のアカデミー賞で8部門にノミネートされ、音響効果賞を受賞した。

ネタバレを読む

アフター・アースの紹介:2013年製作のアメリカ映画で、M・ナイト・シャマラン監督によるSFヒューマンドラマ。物語の原案はウィル・スミスによるもので、息子のジェイデンとともに主演も務めている。31世紀の宇宙を舞台にした物語で、伝説の戦士である父親とその息子が謎の惑星に不時着し、そこから脱出するために奮闘する姿を描いていく。

ネタバレを読む

ハードウェア・ウォーズの紹介:『スター・ウォーズ』の元祖パロディ。ハードウェア(家電)でSF作品を再現した抱腹絶倒?!の短編映画。フェイクの予告編として製作された。本家ジョージ・ルーカス監督がお気に入りだと公言した1977年製作の映画で、世界で20以上の映画賞に輝いている。監督は本家作品にも携わったアーニー・フォセリアス。日本では未公開の作品で、2013年に待望のDVD化となった。

ネタバレを読む

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシーの紹介:2014年のアメリカ映画。マーベル社の同名のスーパーヒーローコミックを原作に、マーベル・スタジオの製作、ウォルト・ディズニー・スタジオ・モーション・ピクチャーズの配給によって公開された。長いタイトルは「GotG」と略されることもある。監督・脚本は『スクービー・ドゥー』『ドーン・オブ・ザ・デッド』などの脚本で知られるジェームズ・ガン。主演のクリス・プラットはSF・ファンタジー・ホラー作品に贈られるサターン賞で主演男優賞を受賞した。同じくマーベル・コミックの世界観を共有する実写映画シリーズ『マーベル・シネマティック・ユニバース』の一つであり、以降のシリーズではアベンジャーズなどとの共演も予定されている。

ネタバレを読む

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー: リミックスの紹介:2017年公開のアメリカ映画。マーベル・コミックのスーパーヒーロー作品『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』を原作とした2014年の同名映画の続編で、「マーベル・コミック」の作品を同じ世界観で映像化した『マーベル・シネマティック・ユニバース』のシリーズの一作でもあり、予定されている3作目以降はアベンジャーズとの共演も予想されている。監督は前作に引き続きジェームズ・ガン。主演のクリス・プラットをはじめ、前作の主要キャストも続投し、同じ作品のテイストで世界的に大ヒットを記録した。

ネタバレを読む

トラベラーズ 次元警察の紹介:2013年制作の日本映画。次元警察官を主人公に、セクシーなヒロインたちが火花を散らす姿をハードに描いた作品。監督は坂本浩一が務め、主演は長澤奈央、木下あゆ美で贈るSFアクション。セクシーなヒロインたちの熱いバトルは見もの。

ネタバレを読む

マッド・ガンズの紹介:2014年公開。近未来を舞台に、砂漠で暮らす家族に起こった悲劇と復讐を描いた作品。監督・脚本・制作は「恋愛上手になるために」のジェイク・パルトロー。豪華な出演陣は「テイク・シェルター」のマイケル・シャノン、「アバウト・ア・ボーイ」のニコラス・ホルト、「マレフィセント」のエル・ファニング、「モールス」のコディ・スミット=マクフィー。

ネタバレを読む

グシャノビンヅメの紹介:百層超の階層都市に住む女子高生ルキノが乗り込んだ大型高速エレベーター”移動機筒”が事故により停止、護送中の囚人により瞬く間に崩壊、”愚者の瓶詰”に成り果てる…という2003年製作のSF・ホラー。監督/脚本は「血まみれスケバンチェーンソー」「少女椿」で知られる山口洋輝。撮影当時22歳の現役大学生で本作が劇場デビュー作。自主制作作品「深夜臓器」で第2回インディーズムービーフェスティバルのグランプリを受賞したことから助力を得て、劇場公開用インディーズ作品として製作された。特殊メイクは「ナルニア国物語」「エイリアンVSプレデター」などで知られるAKIHITO。美術は宮下忠也、音楽は岡田修、no.9、サカタマコトなど。

ネタバレを読む