SF映画のネタバレあらすじ一覧

最新作からおすすめの名作まで、様々なSF映画をまとめています。SF映画はエイリアンや宇宙船、宇宙戦争、深海、タイムトラベル、超能力などの題材が多く扱われます。

劇場版 ソードアート・オンライン -オーディナル・スケール-の紹介:全世界で1,900万部を突破し、テレビアニメ化もされた川原礫のライトノベル『ソードアート・オンライン』の2017年に公開された完全新作劇場作品。2024年という近未来を舞台に、世界初のバーチャルMMO(大規模多人数同時参加型オンライン)RPG「ソードアート・オンライン」に数多くの若者たちが囚われた事件を解決した主人公・キリト=桐ヶ谷和人が、現実世界で新たなバーチャルゲームを巡る陰謀と対決する物語で、2度に渡って放送されたテレピアニメ版に続くストーリーである。

ネタバレを読む

タイムソルジャー(2010年)の紹介:2010年の映画。現代から第二次世界大戦の激戦地へタイムスリップした4人の奮闘を描いた作品。2008年の「タイム・ジャンパー」の続編。大学講師のセルゲイと戦争遺跡発掘家のオレグは、ウクライナで第二次世界大戦のドイツ軍とソ連軍の戦いを再現するイベントに参加する。現地で何かと突っかかってくるタラスとセルィが爆竹を投げたことで、4人は1944年の戦争真っ只中の激戦地にタイムスリップをしてしまう…。

ネタバレを読む

ラ・ジュテの紹介:近未来の廃墟と化したパリ。捕虜となった男はタイムトラベルの実験台となる…。
ヌーヴェル・ヴァーグの映像作家クリス・マイケルが監督した中篇SF。“フォトロマン”と呼ばれる全編スチールカットで構成された作品。1963年のトリエステSF国際映画祭でグランプリ受賞し、伝説の名作と称されている。

ネタバレを読む

IMPACT2インパクト2の紹介:2009年の映画。惑星が激突した月によって、地球に危機が訪れる様を描いた作品。「IMPACT インパクト」の続編で、IMPACTシリーズの2作目。出演は「スピーシーズ 種の起源」のナターシャ・ヘンストリッジや「ベイブ」シリーズのジェームズ・クロムウェル。

ネタバレを読む

遊星からの物体X ファーストコンタクトの紹介:1982年のある日、南極で発見された宇宙船の第一発見者となったノルウェー隊が”地球外生命体”に襲われ、決死の攻防を繰り広げるが…という「遊星からの物体X」(1982年)の前日譚に当たる、2011年公開のアメリカのSF・ホラー映画。原作はジョン・W・キャンベル『影が行く』。監督は本作が長編デビュー作となるマティス・ヴァン・ヘイニンゲンJr.。脚本は「ライト/オフ」「ファイナル・デッドブリッジ」のエリック・ハイセラー。主演は「ファイナル・デッドコースター」のメアリー・エリザベス・ウィンステッド。音楽は「ブレイド2」「ヘルボーイ」のマルコ・ベルトラミ。

ネタバレを読む

ボディ・スナッチャーズの紹介:1993年のSFホラー映画。軍事基地にやってきた一家が、謎の物体に襲われる様を描いている。ジャック・フィニィのSF小説「盗まれた街」の3度目の映画化作品。監督は「バッド・ルーテナント/刑事とドラッグとキリスト」のアベル・フェラーラ。主演は「バーン・ノーティス 元スパイの逆襲」のガブリエル・アンウォー。

ネタバレを読む

サウンド・オブ・サンダーの紹介:2005年公開。近未来を舞台に、生態系の破壊による人類の滅亡危機を描いた作品。レイ・ブラッドベリの小説「雷のような音」が原作。監督は「エンド・オブ・デイズ」のピーター・ハイアムズ。音楽は「ワンス・アンド・フォーエバー」のニック・グレニー=スミス。主演は「コンフィデンス」のエドワード・バーンズ。

ネタバレを読む

イベント・ホライゾンの紹介:西暦2047年。7年間行方不明となっていた最新鋭の重力推進エンジン搭載の超深宇宙探査船イベント・ホライゾン号が海王星付近に突如帰還し、その乗組員救助と調査のため派遣されたルイス&クラーク号のクルーたちが遭遇する恐怖を描いた1997年公開のアメリカのSF・ホラー映画。監督は「バイオハザード」「パンドラム」のポール・W・S・アンダーソン。視覚効果スーパーバイザーは「ブレードランナー」「スター・トレック」(1979年)などで知られ、1980年にはSFファンタジー&ホラー映画協会最優秀特殊効果賞に輝いたリチャード・ユーリチッヒ。

ネタバレを読む

ムーンウォーカーの紹介:1988年公開。子供達を悪の手から助けるマイケル・ジャクソン(ムーンウォーカー)の活躍を描いた作品。主演・原案・制作総指揮は「キング・オブ・ポップ」と称されるマイケル・ジャクソン。彼のミュージックビデオやライブ映像など劇中で多数登場する。制作総指揮にはフランク・ディレオも参加。音楽は「ロスト・イン・スペース」のブルース・ブロートン。

ネタバレを読む

13Fの紹介:1999年公開。コンピューターソフト開発者が仮想世界を行き来し、現実と混乱していく姿を描いた作品。制作には「インデペンデンス・デイ」シリーズのローランド・エメリッヒが参加。音楽は「デイ・アフター・トゥモロー」のハラルド・クローサー。出演は「最終絶叫計画4」のクレイグ・ビアーコや「セレブリティ」のグレッチェン・モル、「24 -TWENTY FOUR-」のデニス・へイスバートら。

ネタバレを読む

ハプニングの紹介:アメリカで実際にあった怪現象”ミツバチ失踪事件”をベースに、もしそれが人間に起ったら?という恐怖を描いた2008年公開のアメリカのミステリー・SF・パニック映画。製作/製作総指揮/監督/脚本は「シックスセンス」「サイン」のM・ナイト・シャマラン。音楽は「ダークナイト」「ヴィレッジ」のジェームズ・ニュートン・ハワード。主演は「PLANET OF THE APES 猿の惑星」のマーク・ウォールバーグ。

ネタバレを読む

エクス・マキナの紹介:2015年製作のイギリス映画。人間と人工知能の主従関係を巡る心理戦を斬新なビジュアルで描き、第88回アカデミー賞で視覚効果賞に輝いたSFスリラー。『リリーのすべて』で同じくアカデミー賞助演女優賞を受賞したアリシア・ヴィキャンデルが女性型ロボットのエヴァを演じる。『わたしを離さないで』の脚本家、アレックス・ガーランドの初監督作となる。

ネタバレを読む

ピッチブラックの紹介:2000年公開。未知の惑星に不時着した人々が、肉食エイリアンに襲われる恐怖を描いた作品。監督は「パーフェクト・ゲッタウェイ」のデヴィッド・トゥーヒー。制作は「ラストサムライ」のトム・エンゲルマン。音楽は「トゥームレイダー」のグレーム・レヴェル。主演は「トリプルX」のヴィン・ディーゼルと「サイレントヒル」のラダ・ミッチェル。

ネタバレを読む