SF映画のネタバレあらすじ一覧(14ページ目)

最新作からおすすめの名作まで、様々なSF映画をまとめています。SF映画はエイリアンや宇宙船、宇宙戦争、深海、タイムトラベル、超能力などの題材が多く扱われます。

ゴジラvsデストロイアの紹介:1995年公開の日本映画。ゴジラシリーズの第22作目にあたる。平成vsシリーズの完結編で、ゴジラのハリウッド進出を前に、日本版のゴジラ終焉が話題となった。1954年公開の第1作「ゴジラ」の影響が強い作品。

ネタバレを読む

X-MEN(X-メン)の紹介:2000年公開のアメリカ映画。ブライアン・シンガー監督によるアメコミ『X-メン』の映画化で、人気を博し続編が次々と作られた。日本でのタイトル表記は今作のみ『X-メン』で、2作目以降は『X-MEN』で統一された。

ネタバレを読む

X-MEN:ファイナル ディシジョンの紹介:2006年公開のアメリカ映画。アメコミ『X-メン』シリーズの映画化第3弾。かつて眠ったはずの史上最強のミュータントが復活を果たし、人類vsミュータントvsX-MENの三つ巴の争いが巻き起こる。

ネタバレを読む

ウルヴァリン:X-MEN ZEROの紹介:2009年公開のアメリカ映画。アメコミ『X-メン』シリーズのスピンオフ作品で前日譚となる。『ウルヴァリン』も当たりシリーズ化され、同シリーズの第1作にあたる。ウルヴァリンの隠された過去にせまる作品。

ネタバレを読む

X-MEN:ファースト・ジェネレーションの紹介:2011年公開のアメリカ映画。アメコミ『X-メン』シリーズの5作目である。初期三部作の前日譚、時系列では最も過去を描いたものとなる。マグニートーとプロフェッサーXの若かりし頃を描いた作品。

ネタバレを読む

トランスフォーマー ロストエイジの紹介:前作から五年後の世界。人間との同名が破棄されオートボット狩りがはじまった世界に新しい脅威が迫る。オートボット達は再度人類の為に戦うのか。前作に引き続きロボット達のアクションは必見の映画。

ネタバレを読む

時をかける少女(1983年):1983年公開の日本映画。筒井康隆のSF小説を原作とし、大林宣彦が監督を務めた。大林監督の「尾道三部作」(他2作は『転校生』・『さびしんぼう』)の2作目に数えられる。またこの作品はリメイク版・アニメ化もされた。

ネタバレを読む

ジュラシック・パークⅢの紹介:2001年公開のアメリカ映画。「ジュラシック・パーク」シリーズの3作目にあたる。ジョー・ジョンストンが監督、スティーブン・スピルバーグが製作総指揮を務める。4作目「ジュラシック・ワールド」も2015年制作予定。

ネタバレを読む

ロスト・ワールド/ジュラシック・パークの紹介:1997年公開のアメリカ映画。公開直後に大人気を博した「ジュラシック・パーク」の続編にあたる。前作同様、スティーブン・スピルバーグが監督を務めた。

ネタバレを読む

ゴジラ 60周年記念 デジタルリマスター版の紹介:1954年公開の日本映画でゴジラシリーズ第1作で、60周年にあたる今年2014年7月25日にハリウッド版「GODZILLA」公開に先駆け、デジタルリマスター(最新技術)で蘇らせた作品である。

ネタバレを読む

ジュラシック・パークの紹介:1993年公開のアメリカ映画。マイケル・クライトンの同名小説を原作に、クライトン自身とデイヴィッド・コープが脚本を執筆し、スティーヴン・スピルバーグが監督を務めた。映画は大ヒットし、続編も3つ作られた。

ネタバレを読む