SF映画のネタバレあらすじ一覧(14ページ目)

最新作からおすすめの名作まで、様々なSF映画をまとめています。SF映画はエイリアンや宇宙船、宇宙戦争、深海、タイムトラベル、超能力などの題材が多く扱われます。

時をかける少女(1983年):1983年公開の日本映画。筒井康隆のSF小説を原作とし、大林宣彦が監督を務めた。大林監督の「尾道三部作」(他2作は『転校生』・『さびしんぼう』)の2作目に数えられる。またこの作品はリメイク版・アニメ化もされた。

ネタバレを読む

ジュラシック・パークⅢの紹介:2001年公開のアメリカ映画。「ジュラシック・パーク」シリーズの3作目にあたる。ジョー・ジョンストンが監督、スティーブン・スピルバーグが製作総指揮を務める。4作目「ジュラシック・ワールド」も2015年制作予定。

ネタバレを読む

ロスト・ワールド/ジュラシック・パークの紹介:1997年公開のアメリカ映画。公開直後に大人気を博した「ジュラシック・パーク」の続編にあたる。前作同様、スティーブン・スピルバーグが監督を務めた。

ネタバレを読む

ゴジラ 60周年記念 デジタルリマスター版の紹介:1954年公開の日本映画でゴジラシリーズ第1作で、60周年にあたる今年2014年7月25日にハリウッド版「GODZILLA」公開に先駆け、デジタルリマスター(最新技術)で蘇らせた作品である。

ネタバレを読む

ジュラシック・パークの紹介:1993年公開のアメリカ映画。マイケル・クライトンの同名小説を原作に、クライトン自身とデイヴィッド・コープが脚本を執筆し、スティーヴン・スピルバーグが監督を務めた。映画は大ヒットし、続編も3つ作られた。

ネタバレを読む

アバターの紹介:戦争で足が動かなくなった主人公(地球人)が双子の兄弟が死亡し代理としてアバターになる。アバターとは異星人の体を遠隔操作すること。異星人の星には大量の有用資源が眠る。アバターを操作し現住民(異星人)と交渉にあたる。しかし地球乱暴なやり方に不満を持つ主人公はやがて反抗していく。

ネタバレを読む

メン・イン・ブラック3の紹介:2012年公開のアメリカSFアクション・コメディ映画。メン・イン・ブラック(MIB)シリーズの3作目にあたる。地球で暮らすエイリアンを監視する最高機密機関『MIB』の活躍を描く人気作である。

ネタバレを読む

メン・イン・ブラック2の紹介:2002年公開のアメリカSFアクション・コメディ映画。『メン・イン・ブラック(MIB)』の続編にあたる。地球で暮らすエイリアンを監視する最高機密機関『MIB』の活躍を描く人気作である。

ネタバレを読む

ターミネーター4の紹介:2009年公開のアメリカSF映画。ターミネーターシリーズの第4作にあたる。前3作で断片的に語られていた、核戦争後の世界で生き残った人類とそれを絶滅しようとするスカイネットの機械軍との全面戦争を描く。

ネタバレを読む