SF映画のネタバレあらすじ一覧(17ページ目)

最新作からおすすめの名作まで、様々なSF映画をまとめています。SF映画はエイリアンや宇宙船、宇宙戦争、深海、タイムトラベル、超能力などの題材が多く扱われます。

エイリアン4の紹介:1997年のアメリカ映画。シリーズ第4作。原題「Resurrection」は「復活」を意味し、前作『エイリアン3』のラストで自決したはずのリプリーとエイリアンの復活、完結したと思われたシリーズの復活の両方を表している。

ネタバレを読む

エイリアン3の紹介:1992年のアメリカ映画。シリーズ第3作。今作では撮影にあたってシガニー・ウィーバーは頭髪をすべて刈り、坊主頭にするなど、強い印象を残した。「セブン」「ファイト・クラブ」などで有名なデヴィット・フィンチャーの初監督作品。

ネタバレを読む

エイリアンの紹介:1979年のアメリカ映画。宇宙船の中で異星生物(エイリアン)に襲われる乗組員の恐怖と葛藤を描く。SFホラーの古典として知られ、続編も製作されている。公開時のキャッチコピーは「宇宙では、あなたの悲鳴は誰にも聞こえない」。

ネタバレを読む

エイリアン2の紹介:1986年のアメリカ映画。シリーズ第2作。SFホラーの古典となった前作から一変、エイリアンと兵士との戦いを描くアクション映画として製作された。キャッチコピーは「This time it’s war.(今度は戦争だ)」。

ネタバレを読む

リアルスティールの紹介:人間のボクシングが廃れ、より迫力のあるロボットボクシングが主流になった時代設定で、元ボクサーが、息子と共にロボットボクシングの頂点に挑みながら、父子の絆を取り戻していくアクション・エンターテイメントです。

ネタバレを読む

トム・クルーズ主演の本格SF大作です。「トロン・レガシー」のジョセフ・コシンスキー監督とプロダクション・デザイナーが、「猿の惑星:創世記」のプロデューサーがスタッフに名を連ねています。高度1000mにそびえ立つスカイタワーをはじめとした独特なビジュアルデザインが話題となりました。

ネタバレを読む

興行収入ランキングでは初登場6位で、2013年に開催されたハリウッド映画祭において、ジョン・ノールが視覚効果賞を受賞した。日本では通常のテレビCMに加え、日本語吹き替え版やその映像に往年の東宝特撮映画風の手書き字幕を重ねたテレビCMも公開された。

ネタバレを読む