SF映画のネタバレあらすじ一覧(2ページ目)

最新作からおすすめの名作まで、様々なSF映画をまとめています。SF映画はエイリアンや宇宙船、宇宙戦争、深海、タイムトラベル、超能力などの題材が多く扱われます。

フライト・デスティネーションの紹介:2007年公開のカナダ映画。国家の最機密技術が盗まれ、飛行機と共に消え去った家族を追う捜査官の姿を描いている。取り残された乗客を救うために、政府の人たちが対策を講じる一方、裏で何者かによる陰謀が動き出す。ジェイソン・プリーストリー主演で贈るSFスカイ・アクション。

ネタバレを読む

アポロ18の紹介:2011年制作。月面で襲われる宇宙飛行士の恐怖を描いたSFホラー作品。ティムール・ベクマンベドフが制作に参加し、ゴンサーロ・ロペス=ガィエゴが監督を務める。秘密裏に存在したとされる「アポロ18号」の謎をドキュメンタリータッチで映し出す。

ネタバレを読む

ロスト・エモーションの紹介:2015年製作のアメリカ映画。リドリー・スコット監督が製作総指揮を務めたSFラブサスペンス。世界戦争後、平和を守るために遺伝子操作で人間から感情が排除された。しかし感情を呼び起こす伝染病が発生、感情を持ったサイラスとニアは見つかれば殺されると知りながら惹かれ合っていく。日本でもロケが行なわれ、世界的建築家の安藤忠雄の建築物が撮影に使用された。

ネタバレを読む

エリア0<ゼロ>の紹介:2014年制作のアメリカ映画。失踪が相次いでいるというブラウン山の実話を映画化。未だ謎に包まれている怪光に、ある家族が遭遇して起こる恐怖を描いている。マッティ・ベッカーマンが監督、マイク・フライス、ガイ・イースト、ローレンス・ベンダーが製作を務めた作品。

ネタバレを読む

ギヴァー 記憶を注ぐ者の紹介:2014年公開のアメリカ映画。争いなど排除された近未来の管理社会を舞台に、記憶を受け継ぐ使命を与えられた若者が、ある男性と出会って大切なことが何か気づいていく姿を描いている。ロイス・ローリーの児童文学が原作。フィリップ・ノイスが監督を務め、ジェフ・ブリッジス、メリル・ストリープ、ブレントン・スウェイツ、テイラー・スウィフトなど豪華出演で贈る作品。

ネタバレを読む

パワーレンジャー(2017年)の紹介:日本・東映の特撮テレビ作品『スーパー戦隊シリーズ』の英語版として制作されたテレビシリーズ『パワーレンジャー』を元にした長編劇場用映画。パワーレンジャーのシリーズとしては過去にも2度映画化されているが、今回は設定・キャストを一新し、完全新作としてリブートされた。監督は南アフリカ出身で、本作が長編2作目となる新鋭ディーン・イズラライト。製作総指揮として東映で数々のスーパー戦隊シリーズに携わってきたプロデューサーの鈴木武幸も参加している。

ネタバレを読む

アサシン クリードの紹介:2016年公開のアメリカ映画。世界的にヒットしたゲーム「アサシン クリード」を実写映画化した作品。アサシンとして活躍した先祖の記憶を体験させられる男が、歴史に隠された謎に挑む姿を描いている。マイケル・ファスベンダー、マリオン・コティヤール、ジェレミー・アイアンズらが出演したSFアクション。

ネタバレを読む

ユニバーサル・ソルジャー 殺戮の黙示録の紹介:2012年公開のアメリカ映画。妻と娘を殺されて苦悩する男が、記憶がほとんどない状態で、事件に巻き込まれながらも犯人に復讐する様を描いた作品。ユニバーサル・ソルジャーシリーズの4作目。ジャン=クロード・ヴァン・ダム、ドルフ・ラングレン、スコット・アドキンスら出演で贈るSFアクション。

ネタバレを読む

アンドロイドコップの紹介:2014年制作のアメリカ映画。未来の世界を舞台に、極秘開発されたアンドロイドコップの活躍を描いた作品。犯罪者の集まる無法地帯と化した地域に、警官ハモンドとアンドロイドコップが市長の娘を助けに向かうSF・アクション。

ネタバレを読む

マックス・スティールの紹介:2016年公開のアメリカ映画。全米で人気のアクション・フィギュア・シリーズを映画化したSFアクション。地球外生命体と融合し、スーパーヒーロー、マックス・スティールに変身する高校生が、父親の死の謎に迫っていく姿を描く。

ネタバレを読む

アップサイドダウン 重力の恋人の紹介:2012年公開。二重引力が存在する世界で、下の貧民層の世界に住む男性と、上の富裕層の世界に住む女性との恋を描いたSF・ラブ・ファンタジー。上下さかさまの世界を舞台に、ジム・スタージェスとキルスティン・ダンスト共演で贈る作品。

ネタバレを読む