SF映画のネタバレあらすじ一覧(2ページ目)

最新作からおすすめの名作まで、様々なSF映画をまとめています。SF映画はエイリアンや宇宙船、宇宙戦争、深海、タイムトラベル、超能力などの題材が多く扱われます。

ロスト・イン・スペースの紹介:1998年公開。地球の未来を担って、宇宙空間に飛び出した科学者一家の冒険を描いた作品。1960年代に人気を博したテレビシリーズ「宇宙家族ロビンソン」を映画化。監督は「プレデター2」のスティーヴン・ホプキンス。脚本は「ビューティフル・マインド」のアキヴァ・ゴールズマン。制作総指揮には「オーメン」のメイス・ニューフェルドや「ブレイド」のマイケル・デ・ルカが参加。主演は「蜘蛛女のキス」のウィリアム・ハート。

ネタバレを読む

ハルクの紹介:2003年公開。強大なパワーを持つ緑色の超人へと変身する男の苦悩を描いている。マーベル・コミックの「超人ハルク」を映画化した作品。監督は「ブロークバック・マウンテン」のアン・リー。音楽は「メン・イン・ブラック」や「スパイダーマン」のダニー・エルフマン。主演は「ミュンヘン」のエリック・バナ。主題歌はヴェルヴェット・リヴォルヴァーの「Set Me Free」。

ネタバレを読む

イーグル・アイの紹介:2008年公開。現代のネットワーク社会から起こる国家の危機を描いている。主演のシャイア・ラブーフと監督のD・J・カルーソーが「ディスタービア」から再びタッグを組んだ作品。製作総指揮には「ジュラシック・ワールド」のスティーヴン・スピルバーグが参加。音楽は「エクスペンダブルズ」シリーズのブライアン・テイラー。撮影は「パイレーツ・オブ・カリビアン」シリーズのダリウス・ウォルスキー。

ネタバレを読む

D.N.A./ドクター・モローの島の紹介:H・G・ウェルズのSF小説「ドクター・モローの島」の3度目の映画化作品で、飛行機事故により漂流していたダグラスは貨物船で謎の男モンゴメリーと出会い孤島へと連れて行かれるが、そこはモロー博士が遺伝子操作により創造した獣人たちにかしずかれて暮らす異様な島だったという1996年公開のSF映画。監督は「フレンチ・コネクション2」「ブラック・サンデー」の ジョン・フランケンハイマー。脚本は「ハードウェア」のリチャード・スタンリーと「逆転無罪」のロン・ハッチソン。特殊メイクは「エイリアン2」「プレデター2」のスタン・ウィンストン。美術は「マッドマックス・サンダードーム」のグラハム・ウォーカー。

ネタバレを読む

10 クローバーフィールド・レーンの紹介:2002年公開の日本映画。『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』のJ.J.エイブラムスが製作を手がけたミステリアスな物語。見知らぬ男に連れられ、シェルターでの共同生活を余儀なくされる女性が体験する出来事がつづられる。

ネタバレを読む

トワイライトゾーン/超次元の体験の紹介:往年の人気TVドラマ「トワイライトゾーン」(1959~1964年放送)のリメイク作品で、1983年公開のオムニバス・SFホラー・ファンタジー。製作はスティーヴン・スピルバーグとジョン・ランディス。各話をジョン・ランディス、スティーブン・スピルバーグ、ジョージ・ミラー、ジョー・ダンテの4大監督が手掛けた。主人公をダン・エイクロイド、ヴィック・モロー、スキャットマン・クローザース、ジョン・リスゴーが演じ、ヴィック・モローは本作の撮影中の事故で亡くなり遺作となった。音楽はジェリー・ゴールドスミス。懐かしいテーマ曲とクリーデンス・クリアウォーター・リバイバルの「ミッドナイトスペシャル」は特に印象的。

ネタバレを読む

クローバーフィールド/HAKAISHAの紹介:2008年公開のアメリカ映画。「M:I:III」やテレビドラマ「LOST」のJ・J・エイブラムス製作によるSFパニック。巨大モンスターのNY襲撃をVFX映像とドキュメンタリー・タッチの演出でスリリングに描く。

ネタバレを読む

フィフス・ウェイブの紹介:2016年公開のアメリカ映画。リック・ヤンシーのヒット小説を実写化したSFミステリー。知的生命体の襲撃で荒廃した地球で、一人の少女が離れ離れになった弟を捜し出そうとする。地球侵略の描写に加え、人間の内側に侵入した知的生命体たちとの心理戦にも手に汗握る。

ネタバレを読む

モンスターズ/地球外生命体の紹介:2010年公開。地球外生命体が増殖した地域からの脱出を描いた作品。設備機材費は1万5千ドルで製作費は50万ドルの低予算にも関わらず、興行収入は420万ドルを超えるヒットとなった。監督は「GODZILLA ゴジラ」のギャレス・エドワーズ。英国インディペンデント映画賞では監督賞など受賞やノミネートした作品。他にも海外の賞でノミネートや受賞した。続編に「モンスターズ/新種襲来」がある。

ネタバレを読む

ワールズ・エンド 酔っぱらいが世界を救う!の紹介:2013年のイギリス映画。監督・脚本はエドガー・ライト。同監督と主演のサイモン・ペグとニック・フロストによる「スリー・フレーバー・コルネット」のシリーズで、同じ3人による作品としては2004年の『ショーン・オブ・ザ・デッド』、2007年の『ホット・ファズ-俺たちスーパーポリスメン!-』に続く3作目である。

ネタバレを読む

ウルトラヴァイオレットの紹介:2006年公開。近未来を舞台に、ファージと呼ばれる超人間の女性が人間の少年の守るために戦う姿を描いた作品。日本では、この映画を原案としてテレビアニメ化された。監督・脚本は「リベリオン」のカート・ウィマー。主演は「バイオハザード」シリーズのミラ・ジョヴォヴィッチ。脇役で活躍するニック・チンランド、ウィリアム・フィクナーも出演。

ネタバレを読む

アイ・アム・ナンバー4の紹介:2011年公開のSFアクション映画。異星人モガドリアンに追われるロリアン星人の生き残り、ナンバー4と仲間達の戦いを描いた作品。監督は「ディスタービア」のD・J・カルーソー。制作は「アルマゲドン」「トランスフォーマー」のマイケル・ベイ。出演は「ビーストリー」のアレックス・ぺティファー、「ダイ・ハード4.0」のティモシー・オリファントなど。

ネタバレを読む