SF映画のネタバレあらすじ一覧(5ページ目)

最新作からおすすめの名作まで、様々なSF映画をまとめています。SF映画はエイリアンや宇宙船、宇宙戦争、深海、タイムトラベル、超能力などの題材が多く扱われます。

スカイライン -征服-の紹介:2010年公開のSFパニック映画。ロサンゼルスの高級マンションに集まった人々が、エイリアンによる地球征服の3日間を体験する様子を描いた作品。テリーの誕生日パーティーに呼ばれたジャロッドとエレイン。パーティーが終わって寝ていると、辺り一面が青い光に包まれる。エイリアンがやってきて人々をさらっていったのだ。ジャロッドは連れ去られずに済むのだが…。

ネタバレを読む

バビロンA.D.の紹介:2008年公開。特殊な能力を持つ女性を守るため、邪悪な陰謀に立ち向かう男の姿を描いた作品。舞台は秩序が崩壊した近未来。トーロップは金のために危険な仕事を引き受けてきた凄腕の傭兵。セルビアに潜伏していた所をマフィアのボスのゴルスキーに見つかってしまう。ゴルスキーはトーロップに若い娘をアメリカまで連れ出してほしいと依頼する。多額の報酬とアメリカに入国できることに魅力を感じたトーロップは引き受けるのだが…。

ネタバレを読む

紀元前1万年の紹介:2008年公開。邪悪な支配者に囚われの身になった愛する女性を救う男の姿を描いた作品。紀元前の世界を舞台にしたアドベンチャー大作で、フルCGのマンモスや獣達、復元した巨大なピラミッドが登場する。「インデペンデンス・デイ」「デイ・アフター・トゥモロー」のローランド・エメリッヒ監督の作品。「ストレンジャー・コール」のカミーラ・ベル、「スカイ・ハイ」のスティーブン・ストレイトが出演。

ネタバレを読む

トランス・ワールドの紹介:謎めいた森の小屋で、全く状況の違う3人の男女が出会い、閉じ込められるうち、その理由と意義を模索していく2011年公開のアメリカのSF・サスペンス映画。監督は「スティーヴ・オースティン ザ・ダメージ」のジャック・ヘラー。脚本はアカデミー短編実写映画賞受賞作「リッチーとの一日」のショーン・クリステンセンとジェイソン・ドラン。音楽はダーレン・モルゼ。地味ながらじんわり心に染みる佳作です。

ネタバレを読む

ロックアウトの紹介:2012年公開。宇宙空間にある刑務所を占拠した500人の囚人を相手に、たった一人のCIA工作員が人質を救う活躍を描いた作品。2079年、重罪人の刑務所を宇宙空間に築いていた。その刑務所はMS-1と呼ばれ、脱獄率は0%だった。CIA工作員のスノーは濡れ衣をきせられて、MS-1に収監されることに。丁度その頃、大統領の娘のエミリーを重罪人達は人質にとり、MS-1を占拠していた。政府はスノーをエミリー救出に向かわせることにするのだが…。

ネタバレを読む

星空のむこうの国の紹介:平凡な高校生の昭雄はある日交通事故に遭うが奇跡的に助かる。その日から夢の中に見知らぬ美少女が現れるようになり、自分があの事故で死んでしまった別の世界“パラレル・ワールド”へ迷い込む。1986年公開。監督:小中和哉。小中和哉の商業映画監督デビュー作で有森也実の映画デビュー作である。本作は1970年代にNHKで放送された少年ドラマシリーズのオマージュ作品となっている。小中和哉は小学生の頃に兄で脚本家の千昭と8ミリカメラで映画を撮り始めた。低予算作品のため主人公の家のシーンは監督の実家で撮影されている。(主人公の部屋は千昭、主人公の妹の部屋は和哉の部屋)黒沢清が通行人としてワンカット出演している。

ネタバレを読む

ジャッジ・ドレッド(2012年)の紹介:2012年公開。秩序の番人ドレッドが正義を取り戻すために戦う様を描いた作品。1995年にイギリスのコミックを映画化した作品を再映画化した。核戦争によって荒廃した世界。メガシティーに暮らす人々のために秩序を守る執行人(ジャッジ)達がいた。英雄的存在のドレッドは新人のアンダーソンの最終試験をすることに。法を犯すママをリーダーとする組織にドレッドとアンダーソンが立ち向かう。

ネタバレを読む

スピーシーズXX 寄生獣の誘惑の紹介:ある大学で男子学生の失踪事件が多発する。犯人は美女に変身しているエイリアンだった。エイリアン達は自分達の子孫を残すために男を利用していく。唯一生き残ったルークはエイリアンを絶滅させるために奮闘するが…。エイリアンの美女に誘惑される男達と、立ち向かう人達の様子を描いた作品。

ネタバレを読む

エリジウムの紹介:地球は大気汚染が酷い一方で、宇宙に浮かぶスペースコロニー「エリジウム」は理想郷のような世界。地球で不幸な事故に見舞われたマット・デイモン演じるマックスは、自らの命のために「エリジウム」を目指します。『第9地区』で注目を集めたニール・ブロムカンプ監督作で、低予算だった同作から一転、製作費1億1500万ドルをかけた大作SF映画となっています。

ネタバレを読む

X-MEN: アポカリプスの紹介:2016年のアメリカ映画。配給は20世紀フォックス。マーベル・コミックのスーパーヒーロー作品『X-MEN』を原作とする同名シリーズの8作目にあたる。「ミュータント」と呼ばれる特殊能力者が数多く出現するようになった世界で、社会の迫害を受けたミュータントたちの苦悩と対立や和解を描く物語。さまざまな超能力をもったヒーローたちの活躍を描き、世界中で数多くのファンに支持されたシリーズでもある。1作目と2作目を監督し、シリーズの立ち上げに貢献したブライアン・シンガーが前作に引き続き、本作でもメガホンをとっている。

ネタバレを読む

TIME/タイムの紹介:未来の話。科学の進歩で人類は遺伝子操作され25歳から年を取らなくなる。だが寿命は存在し、残り時間が腕に表示される。寿命は機械でチャージするか、人同士で分け与えることができる。そして寿命が通貨の役割を果たす。命の格差が広がるこの世界の真相を知った主人公ウィルは、このシステムを破壊する事を決意する。

ネタバレを読む

パラサイトの紹介:オハイオ州の平凡な高校で発見された小さなさなぎが人体に寄生し人々を操るという、古典SFジャック・フィニィの「盗まれた街」(1955年)をベースにした1998年公開のアメリカのSF映画。監督は「フロム・ダスク ティル・ドーン」「シン・シティ」のロバート・ロドリゲス。脚本は「スクリーム」のケヴィン・ウィリアムソン。クリーチャーデザインはベルニ・ライトソン、特殊メイク&クリーチャー効果は「フロム・ダスク・ティル・ドーン」などのKNBエフェクツが手掛けている。音楽は「バイオハザード」のマルコ・ベルトラミ。

ネタバレを読む

パンドラムの紹介:2174年人口過密となった地球を旅立った巨大宇宙船エリジウムの船内で乗員を蝕む病”パンドラム”とは?…という2009年公開の米/独合作のSF・ホラー映画。製作は「バイオハザード」「イベント・ホライゾン」のポール・W・S・アンダーソン他、監督は「ケース39」のクリスティアン・アルヴァルト。製作総指揮/原案/脚本は「ストリート・ガン」のトラヴィス・ミロイ。

ネタバレを読む

宇宙人王さんとの遭遇の紹介:中国語の翻訳者であるガイアは、高給につられて急に入ってきた通訳の仕事を引き受ける。連れてこられた取調室にいたのはなんと中国語を喋る宇宙人だった。人間の抱く偏見や信頼について強烈な風刺を交えたこの作品は、ベネチア国際映画祭を始め各国で評価された。

ネタバレを読む