サスペンス映画のネタバレあらすじ一覧(2ページ目)

邦画、洋画を問わず、映画史に残る名作やおすすめの新作などのサスペンス映画をまとめています。サスペンス映画は多重人格や謎解き、心理戦等が扱われることが多く、どんでん返しのあるストーリーが多いことも魅力の一つです。

バンク・ジョブの紹介:2008年公開。1971年のロンドンを舞台に、銀行強盗で思わぬ品を手に入れたことで追われる身となった強盗団の姿を描いた作品。実際に起こった事件を元に描いている。監督は「スパイ・レジェンド」のロジャー・ドナルドソン。制作には「ダークナイト」のチャールズ・ローヴェンが参加。撮影は「いつか晴れた日に」のマイケル・コールター。編集は「テラビシアにかける橋」のジョン・ギルバート。主演は「トランスポーター」シリーズのジェイソン・ステイサム。

ネタバレを読む

星ガ丘ワンダーランドの紹介:2016年公開の日本映画。20年前に自分を捨てた母の死に直面し、その原因を探ろうとする青年の姿を描くミステリー。舞台やテレビなどで活躍する中村倫也が主人公を演じるほか、その兄役に新井浩文、義理の姉弟に佐々木希と菅田将暉など実力派が共演し、ミステリアスな物語を盛り上げる。数々のCMを手がける柳沢翔の映画初監督作品。

ネタバレを読む

マネー・ゲームの紹介:2000年の映画。証券取引所を舞台に、ブローカー達の知力を尽くしたサバイバルを描いた作品。製作総指揮は「ファイナル・デスティネーション」のリチャード・ブレナーと「15ミニッツ」のクレア・ラドニック・ポルスタイン。主演は「ヘヴン」のジョヴァンニ・リビシ。「アルゴ」のベン・アフレックや「ワイルド・スピード」シリーズのヴィン・ディーゼルも出演。

ネタバレを読む

レイヤー・ケーキの紹介:2004年公開。引退を考えた麻薬ディーラーの男が、窮地に追い込まれていく様を描いた作品。監督は「キック・アス」のマシュー・ヴォーン。今作が監督デビュー作品となる。撮影は「スターダスト」のベン・デイヴィス。編集は「127時間」のジョン・ハリス。主演は6代目ジェームズ・ボンドのダニエル・クレイグ。

ネタバレを読む

アメリカン・ハッスルの紹介:2013年公開。1980年のニューヨークを舞台に、天才詐欺師がFBI捜査官との司法取引に応じて、おとり捜査に加担する様を描いた作品。1970年代に実際に起きた収賄スキャンダル「アブスキャム事件」を基に制作され、アカデミー賞では作品賞など10部門にノミネートされた。監督は「世界にひとつのプレイブック」のデヴィッド・O・ラッセル。クリスチャン・ベールやブラッドレイ・クーパー、ジェニファー・ローレンス、ロバート・デ・ニーロなど豪華キャストで贈る映画。

ネタバレを読む

ピンクとグレーの紹介:2016年公開の日本映画。NEWSの加藤シゲアキが、芸能界の嘘とリアルを描き、衝撃を呼んだ同名小説を行定勲監督が映画化。亡き親友の伝記を書いた事で時の人となった主人公が、喪失感や偽りの名声に苦しみ、次第に自分を見失っていく姿がつづられる。

ネタバレを読む

FRIED DRAGON FISH THOMAS EARWING’S AROWANAの紹介:PCオペレーターのプーはあることをきっかけに時価数千万円する熱帯魚を探すことに。そんななか熱帯魚と暮らす不思議な少年夏郎と出会う。
岩井俊二監督作。深夜ドラマのスペシャル版として製作されたものを1996年に映画化。同じく岩井作品の『PiCNiC』と併映された。

ネタバレを読む

ダンテズ・ピークの紹介:1997年公開。火山の噴火の脅威とそれに立ち向かう人々の姿を描いた作品。監督は「バウンティ/愛と反乱の航海」のロジャー・ドナルドソン。脚本は「デイライト」のレスリー・ボーム。制作には「アルマゲドン」のゲイル・アン・ハードが参加。音楽は「シックス・センス」のジェームズ・ニュートン・ハワードと「レギオン」のジョン・フリッゼル。主演は5代目ジェームズ・ボンドのピアース・ブロスナンと「ターミネーター」のリンダ・ハミルトン。

ネタバレを読む

二重生活の紹介:2016年公開の日本映画。小池真理子の小説を、文化庁・芸術祭大賞に輝いたドラマ「ラジオ」などを手がけた映像作家の岸善幸が大胆に脚色し映画化したサスペンス。大学院の修士論文のため、見知らぬ男の尾行を始めた女子学生が、男の知られざる姿を知り、尾行にはまっていく姿を描く。

ネタバレを読む

雨の午後の降霊祭の紹介:マーク・マクシェーンの同名原作の映画化作品で、霊媒師の妻が自分の能力を世に知らしめたいがために策略した誘拐計画を、その助手を務めていた夫は阻止できず、ついに実行に移してしまうが…という、1964年制作のイギリスのサスペンス映画。監督/脚本は「紳士同盟」「チャーリー」のブライアン・フォーブス。共同製作はビリー役を務めたリチャード・アッテンボロー。音楽は「冬のライオン」のジョン・バリー。1999年にTVM「降霊KOUREI」(黒沢清監督)としてリメイクされたモノクロ作品である。

ネタバレを読む