サスペンス映画のネタバレあらすじ一覧(3ページ目)

邦画、洋画を問わず、映画史に残る名作やおすすめの新作などのサスペンス映画をまとめています。サスペンス映画は多重人格や謎解き、心理戦等が扱われることが多く、どんでん返しのあるストーリーが多いことも魅力の一つです。

美しい女は、嘘をつくの紹介:2013年製作の韓国映画。幸せだと見栄を張って互いに嘘を吐き合う女たちの姿と実情を描いていくブラックコメディ。互いに恋人自慢をするジュヨンたち3人。だが実際はダメ男ばかりだった。そんな3人の前に、整形で美人になった元クラスメイト・ソンヒが現れる…。

ネタバレを読む

ブラッド・ダイヤモンドの紹介:2006年公開のアメリカ映画。1999年のシエラレオネを舞台に、ダイヤを巡る内戦を描いている。武器の購入など、紛争の資金調達に不法に取引されている「ブラッド・ダイヤモンド」の現実問題に言及した作品。エドワード・ズウィック監督、レオナルド・ディカプリオ主演で贈るサスペンス。

ネタバレを読む

殺人の才能の紹介:2016年製作の韓国映画。『プンサンケ』のチョン・ジェホン監督によるスリラー。リストラされ、恋人にも振られたミンス。そんなある日、再会した元上司に見下されたミンスは、怒りのあまり衝動的に殺害してしまう。自らの「殺人の才能」に気付いた彼は、快楽殺人鬼と化し…。

ネタバレを読む

スリリングな日常の紹介:2016年6月公開の日本映画。豊島圭介はじめ4人の監督がメガホンを取り、都会の日常に潜むスリリングな出来事を綴った、4本のミステリー短編をまとめたオムニバス映画。アルバイトの帰りに“捨てドラキュラ”のQちゃんと出会った留学生のイム。こうして2人の奇妙な共同生活が始まるが……(「Qちゃん」)。

ネタバレを読む

哭声/コクソンの紹介:韓国の田舎町コクソン(谷城)で相次ぐ心中事件に1人の日本人が関わっていると噂され、次第にその狂態が明らかになると同時に、事件を俯瞰していた中年警官の娘に加害者と同様の異変が始まり、噂が信憑性を帯びて行くという2016年公開の韓国のオカルト・サスペンス。監督/脚本は「チェイサー」「哀しき獣」のナ・ホンジン。主人公ジョングを「哀しき獣」「弁護人」のカク・トウォン、祈祷師イルグァンを「新しき世界」のファン・ジョンミン、謎の女ムミョンを「ハン・ゴンジュ 17歳の涙」「笛を吹く男」のチャン・ウヒが演じ、第37回青龍映画賞監督賞、音楽賞、編集賞、そして謎の日本人を演じた國村隼は外国人としては初の男優助演賞/人気スター賞を獲得した。

ネタバレを読む

ランズ・エンド -闇の孤島-の紹介:2012年製作のイギリス映画。元刑事の父親と同じ道を歩もうとし、恐ろしい過ちを犯してしまった兄弟刑事の苦悩を描いた作品。製作総指揮にはサム・メンデス、ポール・ペダニー主演で贈るサスペンス・ミステリー。

ネタバレを読む

ユナイテッド93の紹介:2006年公開のアメリカ映画。アメリカ同時多発テロでハイジャックされた4機のうちの1機、ユナイテッド空港93便の様子や、地上の関係者たちの姿を描いている。ポール・グリーングラスが監督・脚本を務めた作品。

ネタバレを読む

パシフィック・ハイツの紹介:1990年製作のアメリカ映画。サイコパス(社会病質者)に間貸ししたことから、若いカップルが体験する恐怖を描くサイコ・サスペンス。マシュー・モディーン、メラニー・グリフィス、マイケル・キートンらが出演。

ネタバレを読む

英雄の証明の紹介:2011年公開のイギリス映画。ローマの将軍と小国のリーダーとの運命的な戦いを描いている。ウィリアム・シェイクスピアの悲劇「コリオレイナス」の舞台を現代に置いた作品。レイフ・ファインズが監督・主演を務めた。彼の監督デビュー作でもある。

ネタバレを読む

スタンドオフの紹介:2016年製作のカナダ映画。「ミスト」のトーマス・ジェーンと「マトリックス」シリーズのローレンス・フィッシュバーンがぶつかり合うシチュエーションスリラー。元軍人カーターの家に、暗殺者に追われた少女が逃げ込んでくる。カーターは少女を守るため、銃を手に死闘を繰り広げる。

ネタバレを読む