サスペンス映画のネタバレあらすじ一覧(39ページ目)

邦画、洋画を問わず、映画史に残る名作やおすすめの新作などのサスペンス映画をまとめています。サスペンス映画は多重人格や謎解き、心理戦等が扱われることが多く、どんでん返しのあるストーリーが多いことも魅力の一つです。

ストロベリーナイト(映画)の紹介:2013年公開の日本映画。誉田哲也の警察小説シリーズ「姫川玲子シリーズ」を原作とする、フジテレビの刑事ドラマ『ストロベリーナイト』の劇場版作品。監督は佐藤祐市、主演は竹内結子。

ネタバレを読む

探偵はBARにいるの紹介:2011年公開の日本映画。東直己の推理小説シリーズ『ススキノ探偵シリーズ』を原作とし、第2作『探偵はBARにいる2 ススキノ大交差点』が2013年に公開され、また第3作の制作も予定されている。

ネタバレを読む

ジョーズ2の紹介:1978年のアメリカ映画。1975年の作品『ジョーズ』の続編にあたる。前作の監督・スティーヴン・スピルバーグが辞退し、ヤノット・シュワルツが監督を務める。前作の3年後という設定で、海辺の町アミティを再びサメの恐怖が襲う。

ネタバレを読む

ジョーズの紹介:1975年のアメリカ映画。1974年に出版されたピーター・ベンチリーによる同名の小説を原作とし、スティーヴン・スピルバーグの監督作品。平和なビーチを襲う巨大人食いサメ(ホオジロザメ)の恐怖と、それに立ち向う人々を描いた作品。

ネタバレを読む

レクイエム・フォー・ドリームの紹介:2000年のアメリカ映画。監督は「ブラックスワン」などで知られるダーレン・アロノフスキー。年代問わず、麻薬に侵される恐怖を視覚的に表現した作品。2009年「落ち込む映画」ランキングで1位を獲得した。

ネタバレを読む

チーム・バチスタFINAL ケルベロスの肖像の紹介:フジテレビ系列の人気ドラマとして名高いチーム・バチスタシリーズの完結編。痛快なユーモアと共に最高難度の医療ミステリー、思いもよらないストーリー展開に目が離せない。

ネタバレを読む

プラチナデータの紹介:2013年制作の日本映画。東野圭吾の同作品が原作。DNA捜査により犯罪検挙率100%となった近未来の日本を舞台に、DNA情報「プラチナデータ」により犯罪に巻き込まれた科学者と、それを追う刑事の攻防を描いた作品。

ネタバレを読む

少年は残酷な弓を射るの紹介:自由奔放に生きてきた作家のエヴァは、子どもを授かります。ケヴィンと名付けられたその赤ん坊は、幼い頃から母親のエヴァにだけ反抗を繰り返します。そして成長した美しい悪魔のようなケヴィンは、恐ろしい事件を引き起します。

ネタバレを読む