サスペンス映画のネタバレあらすじ一覧(39ページ目)

邦画、洋画を問わず、映画史に残る名作やおすすめの新作などのサスペンス映画をまとめています。サスペンス映画は多重人格や謎解き、心理戦等が扱われることが多く、どんでん返しのあるストーリーが多いことも魅力の一つです。

「トワイライト~初恋~」のキャサリン・ハードウィックの描く、女性ならではの美しい幻想性と残虐性が融合したダークファンタジー・サスペンス。メルヘンの世界で最も有名なヒロイン・赤ずきんの少女から女性へと成長した姿と、彼女を取り巻く複雑な人間関係と映像美に目が離せない。

ネタバレを読む

期待の大型新人、アダム・グリーン監督の記念すべき第一作目となるソリッド・シチュエーション・スリラー。極寒のスキー場の、地上15mのリフト上で長期間孤立という極限状態に置かれた3人の男女の心理状況と、徐々に確実に死に向かう肉体状況を、目を覆いたくなるほどの緻密さで描いた衝撃作。

ネタバレを読む

ミストの紹介:スティーブン・キングの同名小説(和訳タイトル『霧』)が原作の、パニックホラー映画。フランク・ダラボン監督にとって、キングの三作目の映像化作品。うっそうとした霧の中、未知の生物と人間同士の集団心理に追い詰められていく恐怖を描く。原作と異なるラストは世界中で賛否両論を引き起こした。

ネタバレを読む

ブライアン・シンガー監督が放つ、珠玉のサスペンス。密輸船爆破襲撃により消えた大量のコカインと現金。事件の生存者キントが語った、大物ギャング ソゼとは誰か?秀逸なストーリー構成そしてケヴィン・スペンシーの怪演でアカデミー助演男優賞、オリジナル脚本賞ほか、数々の映画賞を受賞しました。

ネタバレを読む

「悪の教典」は原作 貴志祐介のサスペンスホラー小説で、第1回山田風太郎賞を受賞しました。映画化にあたり監督を務めたのは三池崇史、主演俳優は伊藤英明です。映画が公開されるにあたり、初日2日間で興収2億9,894万5,000円、動員21万5,059人を動員し、大成功を収めました。

ネタバレを読む